桃猫 さん プロフィール

  •  
桃猫さん: 桃猫温泉三昧
ハンドル名桃猫 さん
ブログタイトル桃猫温泉三昧
ブログURLhttp://yaplog.jp/momo-kimock/
サイト紹介文音楽・温泉・中国茶・B級グルメ・石コレクションについての日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2006/09/19 18:11

桃猫 さんのブログ記事

  • 松原 イタリア風レストラン レッカレッカ
  • 松原 イタリア風レストラン レッカレッカ 松原駅から赤松通りを進み、オオゼキ越して、郵便局方向へ迂回せず、そのまま道沿いにあるのが、10周年迎えた、レッカレッカさん。ご自宅の一階を改装した、こじんまりとした隠れ家的スペース。有機野菜を軸として、創作イタリアンを提供、話好きなマダムとシェフおひとりで丁寧に一品ずつ調理されています、ゆったりとして家庭的な雰囲気のお店。* 世田谷区赤堤 水曜定休11:30 [続きを読む]
  • ぎんざ 鮨 まぐろや 築地店
  • ぎんざ 鮨 まぐろや 築地店ちらし寿司を食べ歩くシリーズ 第145軒目 この店、回転ずしではないけれど、寿司食べ放題で有名な行列店でテレビでも再三にわたって紹介されている。築地市場に対して晴海通りを渡った反対側、つまりは静かな本願寺裏手エリアにある、平日は、御覧の通り、商売っ気が無さそうで、暖簾すら出していないし、不愛想だが、土曜と祝日ともなると食べ放題目当てのがっついた客層でたいへんな賑わいとなる [続きを読む]
  • 築地 和食とパン はしば
  • 築地 和食とパン はしば 築地界隈といいますと、どうしても築地市場内・場外含めそれら周辺が話題になりますが、エリア自体は実は幅広く、築地本願寺裏手から隅田川に掛かる勝鬨橋西詰辺りには、昔ながらの木造建築で長屋が連なったなかに、個性的な個人経営の店がポツリ、ポツリと点在しています。そんななか、2008年オープン、寿司職人の大将と自家製パンを販売する奥様(わぱん)が開いた、カウンター割烹が、和の隠れ家を謳 [続きを読む]
  • 三軒茶屋 湖南菜 香辣里(シャンラーリー)
  • 三軒茶屋 湖南菜 香辣里(シャンラーリ―)2018年6月オープンした湖南省・家庭料理専門店 野村不動産が各地で仕掛ける飲食ビル=ジェムズが、三軒茶屋駅至近、茶沢通り沿いに今年6月にオープした。そのなか、7階には神田・味坊の姉妹店として、都内では珍しい湖南省・家庭料理(農家メシ)をメインに据えた、湖南菜 香辣里(シャンラーリー)が出店。現在流行りの辛味、発酵、燻製、ハーブなどを特色として強く打ち出しながら [続きを読む]
  • 世田谷 フレンチビストロ モデストリュクス
  • 世田谷 フレンチビストロ モデストリュクス 世田谷駅から世田谷通り沿いに歩いて、交差点脇ぐらいにフランス国旗で、それと分かる、、2015年夏にオープンした、フレンチビストロ モデストリュクス。若いシェフがおひとりで切り盛りするカウンターのみの食堂。* 世田谷区世田谷1−16−14 水曜&第3木曜定休11:45〜13:30(ランチは月・金土日のみ)18:00〜22:30 Wメインランチ : 1556円( [続きを読む]
  • 成城 ル・フルティエ
  • 成城 ル・フルティエ オテル・ドゥ・スズキが手掛けるケーキ屋とフルーツパーラーが、成城学園前郵便局の前ぐらいにある、ル・フルティエさん。かつては駅前で改札出た先、成城コルティー1階に店を構えていました。カウンターもあって店内でパフェやらフラッペなど季節ごとのスイーツがイートイン可能な白い空間。* 世田谷区成城6−8−5 不定休9:30〜19:30 白桃パフェ : 1300円(税込)☆☆☆☆ ワイングラ [続きを読む]
  • 松陰神社前 ラ・ゴダーユ
  • 松陰神社前 ラ・ゴダーユ 今や世田谷文化の担い手となった中核地=松陰神社前、その踏切の先にある南口、ノストスブックスから曲がった小路、実は、かつての共悦マーケット、アーケード商店街の名残である長屋建物の一番奥に位置しているのが、こじゃれたビオワイン食堂、ラ・ゴダーユさん。2012年オープン。* 世田谷区世田谷4−2−12 月曜定休12:00〜14:00(土日祝のみランチタイム有り)18:00〜21:3 [続きを読む]
  • 蔵前 カナイユ
  • 蔵前 カナイユ 大江戸線・蔵前駅と銀座線・田原町駅とのちょうど中間ぐらい、国際通り沿いに目立たず、ひっそりと自己主張する、フレンチ、カナイユさん。はじめてのひとには、かなりチョイスし難いけれど、フレンチという響きに引きが強い稀有なひとには、けっこう、どハマりな佳店。今年末で9年目を迎える。個人的には浅草〜蔵前界隈では飛びぬけてレベルが高いと睨む。分かる人には分かるけれど、なにも分からないひとには敢 [続きを読む]
  • 田原町・蔵前 ペリカン・カフェ
  • 田原町・蔵前 ペリカン・カフェ 浅草で創業70年を超えた老舗の食パン屋さん=ペリカンさんが同じく国際通り沿い、田原町駅と蔵前駅とのちょうど中間地点あたりにペリカン・カフェを夏にオープンさせて、もうすぐ1年経つことになる。ヤラセか口コミか知らぬがオープン当初は過剰な煽りが加わって行列もハンパなかったが徐々に落ち着いてきて空席も目立つぐらいとなった。ようやく静かな田原町界隈へ戻れるか心配である。* 台東 [続きを読む]
  • サン・イシドロ(おおつきちひろ)のパエリア弁当
  • サン・イシドロ(おおつきちひろ) スペイン弁当〜ヤスケサンフード水曜日の愉しみ ワンコインで、本格派スペイン料理が、お弁当で食べられて幸せです。大槻千尋さんという、著名なスペイン料理家の方が、ヤスケサンフード(焼き菓子屋さん)で毎週水曜日に極少量だけ店頭にて持ち込み販売していますのが限定数で、スペインお惣菜とスペイン弁当です。最近はオープンと同時に売り切れが多いのですが、もちろん委託販売ではなくヤ [続きを読む]
  • 小田急百貨店新宿店本館 カフェ・トロワグロ
  • 小田急百貨店新宿本館 カフェ・トロワグロ フランスで著名なグランメゾン、トロワグロは日本では小田急だけがライセンス契約を持っているらしく、系列のハイアットリージェンシー新宿にキュイジーヌ・ミッシェル・トロワグロがあり、カフェ・トロワグロが小田急百貨店新宿本館8階に、テイクアウトのブティックが地下2階・食品売り場にあります。そもそも、1990年、当時の小田急ハルクにサロン・ド・ティ・トロワグロとしてオープ [続きを読む]
  • 豪徳寺駅前 甘味 おじか
  • 豪徳寺駅前 甘味 おじか 地元の方々にはお馴染な豪徳寺駅前にある、小さな甘味処 おじかさんです。初代が店を閉めてから、しばらく途絶えていた時期もあったようですが、2006年に新装して再スタートを切りました。かつては、カタカナ表記だった=オジカさん、もとからの創業を紐解くに、戦後間もなくの頃からあるという古株なのだそうです。* 世田谷区豪徳寺1−43−2 水&日・祝定休11:00〜18:00 あんみつ  [続きを読む]
  • 赤坂 そば 沙伽羅(さがら)
  • 赤坂 そば 沙伽羅(さがら)  韓国料理や中華ならいざ知らず、赤坂で日本蕎麦を喰おうなどとは、ゆめゆめ思ふまい。むろん、室町・砂場・赤坂店を思い浮かべて、昼食と言うにボリューム少ない、花番さんが多くて落ち着かない、昔ながらの雰囲気が仇になることも多かろう、そんなときの助け舟が、エスプラナード赤坂通りで、焼牛屋・金舌さん隣にある大きな店構えは、そば 沙伽羅(さがら)さん。2012年オープン、近所にある観 [続きを読む]
  • シンガポールバクテー 赤坂店
  • シンガポールバクテー 赤坂店 店先にロンブー淳やらダレノガレ明美などの開店装花が届いてるだけで、なんとなく、うさん臭さの漂う、俄かに活気を呈した、新加坡肉骨茶専門店を高らかに喧伝する、昨年秋にオープンしたばかりの、赤坂通り沿い、その名も、シンガポールバクテー赤坂店。本来市場メシ、ファストフードなはずなのに、オペレーションがズタズタ。* 港区赤坂5−4−14 不定休11:30〜22:30 骨なし肉骨 [続きを読む]
  • 銀座 喜記(へいげい)
  • 銀座 喜記(へいげい)香港のシーフードレストランの有名店が銀座に初出店 避風塘料理(ホンコン漁師料理)という、香港で有名なシーフードレストラン、喜記(へいげい)が、2017年10月、デリーが入っている西銀座ビル二階にオープンしました。とはいうものの、ランチ時には、名物である本場テイストな海鮮料理の片鱗さえ見えず、今のところ限られたサービスメニューぐらいしか出していません。夜の豪勢な宴会向きの店のようです [続きを読む]
  • 銀座コリドー街 炭割烹 北野
  • 銀座コリドー街 炭割烹 北野 銀座コリドー街にある、焼鳥 鳥よしさんが同じくコリドー街の泰明小学校(制服がアルマーニでお馴染)寄りの2階に、2016年オープンさせた、炭割烹 北野。オープンキッチン、個室完備の大人向け居酒屋さんです。* 中央区銀座7−2 日定休11:30〜13:30(火曜〜金までランチ)17:00〜22:0012:00〜20:00(土・祝) さつきポーク肩ロース定食 : 1200円 [続きを読む]
  • 原宿・表参道ジャイル ビアンカ
  • 原宿・表参道ジャイル ビアンカ 表参道とキャットストリートが交わるところに建つのは、ブルガリが抜けて、ますます閑散としつつある複合商業施設=ジャイル。表向きは、MOMAデザインストアとシャネル、マルジェラだけが安泰と見えて、他はテナントの移り変わりも激しい。2013年にオープンした、リストランテ ビアンカ。経営母体はスティルフーズで、あの銀座・イル・ピノーロを手放したのち、こちらでイタリアンでのファイ [続きを読む]
  • ル・プティ・トノー 九段店
  • ル・プティ・トノー 九段店 東京のパリのビストロを掲げた、ル・プティ・トノー 九段店。2号店である=虎ノ門店と比べてしまいますと、こちらは、いささか手狭で、お昼時はどうしても客足が集中しますので、1時~2時ぐらいの来店がスムーズで快適でしょう。場所はホテル・グランドパレス正面から目白通りを渡った先の小路沿い、ワインレッドのひさしが目印。* 千代田区九段北1−10−2 日&祝定休朝8:00〜11:30( [続きを読む]
  • 九段下 錦福 香港美食 
  • 九段下 錦福 香港美食 福臨門銀座本店に居た方が2月にオープンさせた燒臘(香港式ロースト)の新店 思い起こせば、2015年、飯田橋に香港 贊記茶餐廳 がオープンした頃、けっこう、その筋では話題になりました。あれから吉祥寺店もオープンし、銀座には昨秋、香港・避風塘料理を掲げた喜記(へいげい)がオープンして、ますます都内にも、なにげに香港式の本格派が受け入れつつあります。そんな折、地味ながら、九段下に、2018 [続きを読む]
  • 東麻布 ラ・リューン
  • 東麻布 ラ・リューン 東麻布の目印と言えば、大きなスーパー=日進ワールドデリカテッセンですが、老朽化のため、8月末から、なんと、通りの反対側へと移転し新装オープンします。さて、そこからGSとの小路を住宅街へと入っていくとあるのが、2002年オープン、フレンチのラ・リューン。知らないと辿り着けないであろう、こじんまりとした佳店です。* 港区東麻布2−26−16 水曜定休12:00〜13:30(ランチ・要予 [続きを読む]
  • 日本橋 ここ滋賀&滋乃味
  • 日本橋 ここ滋賀&滋乃味〜滋賀県アンテナショップとお食事処 日本橋交差点近く、2017年10月にオープンしたばかり、都内初として滋賀県をPRすべく、一階が特産品ショップ、及び、地酒バー、二階が食事処=日本橋 滋乃味(じのみ)、そして屋上がテラスとなっています。大阪や京都に比べ、滋賀県の存在は希薄で知名度こそ東京では低いのですが、琵琶湖を中心に近江など古くから栄えた文化都市ではあります。* 中央区日本 [続きを読む]
  • 東京日本橋タワー スリランカ料理 キャンディー
  • 東京日本橋タワー スリランカ料理 キャンディー 日本橋駅から至近、コレド前にある東京日本橋タワー地下一階にある飲食店街一角、スリランカ国旗を掲げた、KANDY(キャンディー)。日替わりランチのほか、曜日ごとのサービスランチなど多数あり。価格帯はともかくも、都内では数少ない本格派を志向するスリランカレストラン。日本語も通じます。* 中央区日本橋2−7−1 地下一階 無休11:30〜14:30(ランチ)17 [続きを読む]
  • イータリー 三越日本橋本店  
  • イータリー 三越日本橋本店  半蔵門線・三越前駅から直結っぽい、日本橋三越本店、新館の地下一階フロアには、食材売り場と都内有名レストランの廉価版イートインコーナーがある。そのなかで大半を占めるのがイタリア食材売り場とカフェ、テイクアウト、イートインスペースが一緒くたになったイタリアンフードマーケット、イータリー。2009年オープン。その売り場脇のスペースで展開される、ピザとパスタやさんコーナー。日本国 [続きを読む]
  • グリル満天星・麻布十番 日本橋三越店
  • グリル満天星・麻布十番 日本橋三越店  ザ・洋食屋さんとして名を馳せています、グリル満天星・麻布十番、その三越日本橋本店にある旗艦店。満点な何があるというわけではなく、満点な何かが見つけられないがゆえの苦肉の選択肢とも言えましょう。系列店である洋食・麦星・小田急百貨店・新宿本店で食べたポークのグリルが異様に美味かったので、これなら賭けてみようと相成ったわけでございます。CPはもちろん度外視です。  [続きを読む]