風あい工房Web係2 さん プロフィール

  •  
風あい工房Web係2さん: 風あい工房 教室だより
ハンドル名風あい工房Web係2 さん
ブログタイトル風あい工房 教室だより
ブログURLhttps://fuuaiclass.exblog.jp/
サイト紹介文染織教室の作品や教室の様子など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2006/09/22 01:31

風あい工房Web係2 さんのブログ記事

  • ルエッカと月の港コラボレーション
  • 11月から月一回、5ヶ月コースで羊の原毛を紡いでマフラーを織る講座です。糸を紡ぐだけでなくマフラーの完成までの短期間コース。ルエッカの木下 愛さんが中心になり月の港は場所と道具を提供しながらお役に立つことがありましたら、協力させていただきます。予定日 11月20日・12月18日・1月22日・2月19日・3月19日    毎月火曜日    11時〜15時、ランチ付き     1ヶ月 5,000円 定 [続きを読む]
  • 10月の開講日
  •       水曜日クラス、、、、3日・10日・17日      木曜日クラス、、、、4日・11日・18日      金曜日クラス、、、、5日・12日・19日      土曜日クラス、、、、6日・20日 [続きを読む]
  • 今日から2学期
  • 白萩が綺麗です、、今日からお教室が始まりです。実質1ヶ月の夏休みでしたが、2ヶ月もお休みしたような感じ。皆さん久しぶりで疲れた〜。今朝2回目の眠が明けた3令の蚕を古川さんが運んできてくれました。春蚕は改良曙、3000頭でしたが、今回はピユア・マイ・ソウルと言う品種で4000頭。だんだん雄と雌の体の色が違ってくる、とか。楽しみです、、、。 [続きを読む]
  • 9月17日・月の港
  • スピパで三日ほど畑を放ったらかし、、、綿花が弾け過ぎて落ちてしまった?心配をよそに、結構しぶとく萼の中、、、秋は春のように成長が早くない。ゆっくり熟成を待つようです。  なんか、自然に教えられる〜蕎麦の畑もゆっくり、白い花が広がってゆく。内藤とうがらし、たくさん収穫できそう。ザーサイもこのとうり、、、大根のような苗です。鳥よけネットのおかげで稲も随分穂が伸びてきました。レモンも甘夏みかんも色づくの [続きを読む]
  • スピニング・パーティー
  • 無事今年のスピパも終わり、懐かしい方々に再会でき嬉しかった。また、思いがけず、宮崎、綾の紬織の名工と讃えられる、秋山 真和先生とお話もできました。ふら〜っと会場に入って来られ、あっ秋山先生、、、に似てる、、、でもこんな所にお顔を出されるはずはない、他人のそら似、、しばらくして、うちのブースの傍にいらしたので、秋山先生?どうしてここに?いや〜飲み会があるので、、。藍の事、絹、養蚕の事などお話しする事 [続きを読む]
  • スピニング・パーティー
  • 無事今年のスピパも終わり、懐かしい方々に再会でき嬉しかった。また、思いがけず、宮崎、綾の紬織の名工と讃えられる、秋山 真和先生とお話もできました。ふら〜っと会場に入って来られ、あっ秋山先生、、、に似てる、、、でもこんな所にお顔を出されるはずはない、他人のそら似、、しばらくして、うちのブースの傍にいらしたので、秋山先生?どうしてここに?いや〜飲み会があるので、、。藍の事、絹、養蚕の事などお話しする事 [続きを読む]
  • 竹林の手入れ
  • だいぶ涼しくなったので、来春のために竹林の手入れをした。毎年、100本ほども筍を収穫するだけで、何の手入れもしていなかった。そこで、古い竹や細い竹を間引いて、肥料も与えることになりました。チエンソーの音に何事? [続きを読む]
  • 女性作家が面白い
  • しばらく読書に遠退いていた。ひどい肩こりに織り物は少しお休み。桐野夏生の本を初めて読んだ、、、結構面白い。次いで、美咲ちゃんが読んでいた、この本、作者は25年お茶のお稽古を続けているとか、、、私は50年、、、でも迷いや、喜びは同じ。それらを、このように言葉でわかりやすく表現してもらえると、頭の中がスッキリ。もう少し、心を入れてお稽古しなければ、もったいない。せっかく、良い先生の処でお稽古できるのだから [続きを読む]
  • 伊勢丹カルチャーOTOMANA
  • 10月から3ヶ月、6回の講座を新宿・伊勢丹で持つことになりました。風あい工房のオリジナル、折りたたみ卓上機で、マフラ−2枚織る講座です。一作目は英国羊毛、2作目はカシミヤを予定しています。初心者対象で、素材の良い糸を使い、正しい仕上げをするので、思う以上素敵なマフラーが織れる楽しみな講座です。興味のある方は伊勢丹OTOMANA のHPをご覧ください。以前、ジュネーヴから1時間ほどのフランスの保養地・マルビッソ [続きを読む]
  • さくら
  • いつものさくらは上、、、トリミング後のさくらはこんな感じ、、もう11歳過ぎなのにいつまでも子犬のよう。シミもシワも白髪も目立たなくてイイね、、人間もサルから進化するとき体毛を捨て去ったのは失敗ね〜トリミングの仕方で、ブスにも美人にも自在だったのに。 [続きを読む]
  • 9月9日
  • 空は高く、なんとなく秋風、でも日差しは強く暑さも厳しい。実りの秋はすぐそこまで来ています。蕎麦の花、、、もうすぐ真っ白な花に覆われ、信州みたいになるのかな〜収穫の遅い品種の黒米にもやっと穂が出てきた。和綿も実をたくさんつけています。弾けたら収穫。来週から秋蚕の養蚕が始まります。春に丸坊主になった桑の葉もこのように復活です。山羊のボルドーの大好物で通りかかった時、すかさず、ぱっくりするのです。 [続きを読む]
  • ピンクッション・針山
  • 若い子って指先まで力がある、若い子にもよるけれどね〜巷のお嬢さん方はいざ知らず、風あい工房のマドモアゼルはやっぱり違う、手先を常に使っているので、心配した針山バスケットも見事に習得。こんもり染色した原毛を盛り込み可愛くできました、、いくつも並べると、いい感じ、、、。 [続きを読む]
  • 最後のスピニング・パーティー
  • スピニング・パーティーの前身、フリースデイから参加してもう20年?もっとかしら、、、今年でもう風あい工房は卒業です。若い方々にブースを譲った方が良さそうです。初めから、地味なパッとしないブースで、後になって出店してたんですか〜と言われ続けました。数年前から、やめよう、やめよう、と思いながらも、懐かしい方が来てくださり、それはそれで楽しくありました。どこのブースも満艦飾で、、、風あい工房は織り機以外 [続きを読む]
  • 9月3日
  • 9月になり、朝晩過ごしやすくなりました、が、明日また大型台風が日本をめがけて来るのです。舞子ちゃんが蕎麦畑の手入れに来てくれました。倒れた苗を起こして畝を整え土寄せもして、すっきりです。明日の台風が心配、、、、    早くも、葉陰に蕾老婆は手伝いもせず、と言うより出来ず、シルクスクリーンに没頭。卓上織り機、の袋をもう少し大きく作り直しています。左のしっかりしたキャンバス布より少し柔らかめの布で、経 [続きを読む]
  • 和綿の実がはじける
  • 最前列、向かって右側の綿花早くも弾けました。さくらが蕎麦畑に入り込む、、、ボルドーみたいに踏み荒らしません、賢い、、、。    ザーサイも芽が出ました。今日はお弁当を3っつ作りました。海苔段々、万願寺とうがらし、豚肉ピリ辛炒め、インゲン豆。お昼の支度が億劫、、、上げ膳、据え膳、、、いつになったらでしょうか。姨捨ホームに入ればしなくて済む。 [続きを読む]
  • 夏帯完成
  • そろそろ、夏も終わり、、、なのに夏帯を織り上げました。ともかく、何かしていなければ、狂ってしまいそうな暑さ、、、さて、お次は何に取り掛かりましょうか。こんなに仕事をした夏って初めて、この暑さに負けてはならない〜 [続きを読む]
  • 繭の塩蔵
  • 蚕が繭になって、糸にするまで熱を加えて乾燥させて保存するのが一般的。生のまま繭の中の蛹が蛾にならないうちに糸に引くと、生繰りと言われる生糸になる。冷蔵庫に入れながら時期を延ばし延ばしの仕事であるが、それでも限界があり急いで糸にしなければならない。冷凍してしまうと、言う手もあり、でも冷凍庫のスペースに限度がある。塩をまぶして中の蛹を殺し保存する方法があり、今回三分の一の繭を試みた、    これが生繰 [続きを読む]
  • 珍友長野ヒデ子
  • お昼前にメールが届いた、、、どうしていつも突然なのか??午後1時から小田原文化会館で外郎大会があり、歌舞伎の絵本(長野さん作)を舞台の上で読み聞かせがあるので来ない?そんなこと言ったて、今日私は予定が入っている。なにやら、鎌倉駅のホームからのメール、彼女は芭蕉布の着物を着ている、気合が入っています。いつになく緊張気味、、、可愛い〜この写真、メールを送る時、間違えたみたい、、無断でゴメン。そして夕方 [続きを読む]
  • 大根の種まき
  • 相変わらず、クソ熱い日が続きます。みなさん、お元気ですか?昨日、若者たちが大根の種子を蒔いてくれました。今年は沢庵漬に挑戦するつもりです。昔、祖母と母が力を合わせ、100本とか150本大根を干して大きな樽に漬け込んでいました。今思うと、母と娘が一緒に沢庵を漬けたり、布団の綿入れをしたり、着物を解いて洗い張りをしたり、、、良いものでしたね〜。年寄りは知恵を、若い人は体力を出し合って、、、私もその頃の [続きを読む]
  • めでたし
  • 一度、夕立もどきの雨が降ったが、この暑さの中水撒きをせずに芽が出た。蕎麦、めでたし、です・北杜市から新しいワンコと一緒にきつつき工房さんが来ました。前のワンコは真っ白で、ウメさんという名でした。拾った翌朝、子犬を3匹産んだので、産めや増やせや、でウメさん?と聞いたら白いから、梅です、、、と言われた。新しいワンコはクリ、、、なるほど、栗色です。いつも色からネーミングするのですね、何はともあれ、きつつ [続きを読む]
  • 完成!!
  • 今日の午後、3週間かかった御老師の法衣完成です。これから、湯どうしして、砧で叩き、様子を見ます。良し、となれば京都の法衣屋さんに持って行き、見ていただき、仕立てます。でも、そこでクレームがあれば再度挑戦です。この夏の暑さは格別、、無地で26メートルひたすら織り続ける仕事があって救われました。美大を卒業して今年はちょうど50年、、その節目の仕事として、なんの変哲も無い布を織ることは、この50年、地味 [続きを読む]
  • 小田原・清閑亭
  • 前々から一度行ってみたかった小田原板橋の清閑亭を訪ねた。何気ない数寄屋風の明治時代の別荘。華美ではないが全て本物の建築。もうなかなかこのような空間に身を置くことがない。小田原に住む美咲ちゃんが暖簾の制作を依頼され、私が及ばずながらバックアップさせてもらうことになった。観光客もほどほどに訪れていて、上手く室内を設えないともったいない。入り口の横にお土産品が置かれていた。ご多聞にもれず、ひどい、、、た [続きを読む]
  • 織りに疲れて、、、
  • 今日までに完成させようと頑張ってみたが、残すところ1メートル、、、なかなか気難しい糸で緯糸が絡むこのようになる、と、もう老眼鏡ではとてもダメ、拡大鏡を持ってきて、切らずに解けたら何か良いことがある、、、と我がお心を騙しだまし解くのである。草の海で山羊どもは無心に草を喰む、、、。ボルドー!お前たちは呑気でイイね〜   メエ〜 [続きを読む]