風あい工房Web係2 さん プロフィール

  •  
風あい工房Web係2さん: 風あい工房 教室だより
ハンドル名風あい工房Web係2 さん
ブログタイトル風あい工房 教室だより
ブログURLhttps://fuuaiclass.exblog.jp/
サイト紹介文染織教室の作品や教室の様子など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2006/09/22 01:31

風あい工房Web係2 さんのブログ記事

  • 秋深まる
  • ようよう、季節が安定したようです。教室ではウールを扱う人が増えました。蚕室では無事に蔟に入り繭を作っています。5,000頭ほどの蚕が回転蔟に入った様は壮観です。蚕もお世話してくれた古川さん舞子ちゃんを褒めてあげたい。そして今日、何年ぶりかの銀座に出かけた。子供の頃から一番好きだった銀座はもうない、、、全く別の味のない街になっている。ギンザシックス、6回の蔦屋で写真集を買う。伊藤 さんのご主人、星野 [続きを読む]
  • 蚕の上族
  • 昨日から少しずつ蚕が糸を吐き始めました。さきがけグループ。4,000頭の蚕を丹念に糸を吐き始めそうな子を選びます。   数を数えて、、、重なったまぶし(繭を個室で作るための蚕のアパート)の上から、ザーッと落とします。蚕にしてみればエッフェル塔の上から突き落とされるよう、、、イエ、東京タワーですよね。上から下までどこかのまぶしに引っかかりそこで、自分の気にいる部屋に落ち着き糸を吐き始める。蚕が繭を作 [続きを読む]
  • 羊の毛刈リバサミ
  • 秦野にある北欧のビンテージショップにフラリと入った。下の棚から大きな変わったハサミらしき柄が見えた、、、手に取ってみたら〜これって、羊の毛を刈るハサミ?店員さんに聞いたら、さあ〜そうよね、こんなオタクなモノ知らないわね、よーく見ると、確かに小さな羊が彫り込んである。もう消えかかっているけど。今は大きな電動バリカンで刈ってしまうけれど、一昔前はこんなユーモラスな鋏を使っていたのですね。3,000円で [続きを読む]
  • 夏日に逆戻り
  • ようやく、涼しさに慣れたと思ったら、また暑くなってしまった。蚕は5令でそれでなくとも大食い種のピユアーマイソウル(ネーミングと違う)バンバン桑葉を食べ、すご〜く太ってきた。背中に黒い斑点のあるのがメスです。桑の葉をあげて、鎌倉へお茶のお稽古へ、、、。2時間ほど至福の時を過ごし、帰ってすぐまた桑を与え、弾けた綿花を積んで、忙しい1日でした。 [続きを読む]
  • 10月5日
  • ボルドー君おはよう、、、なかなか秋晴れの気持ちの良い日がないわね〜去年のお飾りしていた稲穂をあげたら、ヤギにとっても米って美味しいんですね、ぽりぽり、美味しそうに、、、昨夜、桑葉をたっぷり与えておきました、朝にはこのように葉を食べつくし、葉脈の上で新しい葉を待っている。ウールリネンのショール、薄手ですが、季節を問わず使えて重宝します。90過ぎのお婆様からの綺麗なピンク色のショールを、と希望されまし [続きを読む]
  • 可愛い訪問者・森の幼稚園
  • 毎月1回、山羊に会いに可愛いお客さんたちが訪れます。自由保育の森の幼稚園児とそのママさんたちです。恐々、ボルドーにドングリをあげてます、、、。こんなに可愛いカードをもらいました、嬉しいです、ありがとう。また来てね〜5齢を迎え蚕たちはモリモリ桑を食べます。 [続きを読む]
  • 10月3日
  • 月の港の黒米もだいぶ稲穂が重くなってきました。いつ穫り入れになるのか楽しみです。一昨日の台風で蕎麦の畑は総倒れ状態、、、収穫できるかしら???綿畑も相当倒れてます、舞子ちゃんが丁寧に杭を打ち立て直し。来年は初めからしっかりした杭を打たないと、、、かなり重くなるほど綿の実が付いています。       綺麗に弾けた綿の実美咲ちゃん、ウールの原毛を糸車で紡ぐ練習中なかなか上手に紡げない〜でもまだ2回でし [続きを読む]
  • また、大型台風
  • 困る・困る、、、台風が来るので桑の葉を採っておかなくては、、でも、夏の猛暑の後急に涼しくなり、桑の葉が黄色くなり始めた。それでなくとも、今回は春蚕と違って大喰いの種類の蚕である。蚕の種もいろいろあり微妙な違いがある。ざんぶりの雨の中、残り少なくなった桑葉を採りながら心配は募る。 [続きを読む]
  • 9月29日
  • 先日、体験されたお二人のマフラーの縮絨・仕上げが出来ました。お二人ともお仕事をしてらして、土曜日クラスに参加希望。今、土曜クラスも満員、、、もう1クラス増やします。土曜の、第1、第3クラスと、第2クラスと第4クラスです。若い方でお仕事をしながらとなると、土曜日しかありませんものね。織物を始めるのに、少しでも若い方が楽です、教える側ではなく、ご本人が。肌寒い日が続き、蚕が眠に入っているのか、急な寒さ [続きを読む]
  • 水曜クラス
  • 急に寒くなりました。長々時間がかかった木綿藍着尺、やっと・やっと織り上がりました。ですから、言ったでしょ、お家で織りなさい、と、月3回の教室では1年以上かかってしまいました。次は絹糸で格子模様の紬に挑戦、家の機にかけ、教室では短いものを、、。美咲ちゃんは初めて原毛の紡ぎにトライです。城戸ちゃんはウールで服地、ジャケット。吉浜さんもウールで服地、整経完了。涼しくなると、急にウールが恋しくなります。 [続きを読む]
  • 京都とんぼ返り
  • 小田原8時8分のヒカリで京都着10時11分京都12時35分のヒカリで小田原着14時38分。京都駅から地下鉄で3つ目の烏丸御池下車、徒歩5分の法衣屋さんに紙布の反物を持って行きました。8月に織りあがっていたが暑さが治るまで京都へは足が向かなかった。こんな名前の通りがあるなんて、なんだか雅を感じます。草木 兵助法衣店、江戸中期からの臨済宗の法衣を扱うお店です。泉田 玉堂 御老師ご推薦、と伺いお願いいた [続きを読む]
  • 9月23日
  •        蕎麦の花が満開      布袋葵も綺麗に咲いてます、この花、春と秋に咲くみたい。黒米の稲穂も重そうになりました。あの句見たいになりそう、、、実るほど、頭を垂れる、稲穂かな、、、なんてね、、、年寄りくさい。      カマキリ発見、、   誰、、満願寺唐辛子を茎ごと食べちゃったの?    私は知らない、、、   私もし〜らない、、、2匹とも、トボケッチャて、、怪しいんだから、最近、2匹 [続きを読む]
  • クワコ
  • 蚕の先祖、人間が手を加える前、大昔の野生の蚕、桑の葉裏に繭を作っていました。家蚕はお蚕様でクワコは桑の葉を食べる害虫、、、なんか、勝手、差別ですね。この、真っ赤なドット、草間彌生も負けそう、いい赤です。ゴーヤの種です。 [続きを読む]
  • ルエッカと月の港コラボレーション
  • 11月から月一回、5ヶ月コースで羊の原毛を紡いでマフラーを織る講座です。糸を紡ぐだけでなくマフラーの完成までの短期間コース。ルエッカの木下 愛さんが中心になり月の港は場所と道具を提供しながらお役に立つことがありましたら、協力させていただきます。予定日 11月20日・12月18日・1月22日・2月19日・3月19日    毎月火曜日    11時〜15時、ランチ付き     1ヶ月 5,000円 定 [続きを読む]
  • 10月の開講日
  •       水曜日クラス、、、、3日・10日・17日      木曜日クラス、、、、4日・11日・18日      金曜日クラス、、、、5日・12日・19日      土曜日クラス、、、、6日・20日 [続きを読む]
  • 今日から2学期
  • 白萩が綺麗です、、今日からお教室が始まりです。実質1ヶ月の夏休みでしたが、2ヶ月もお休みしたような感じ。皆さん久しぶりで疲れた〜。今朝2回目の眠が明けた3令の蚕を古川さんが運んできてくれました。春蚕は改良曙、3000頭でしたが、今回はピユア・マイ・ソウルと言う品種で4000頭。だんだん雄と雌の体の色が違ってくる、とか。楽しみです、、、。 [続きを読む]
  • 9月17日・月の港
  • スピパで三日ほど畑を放ったらかし、、、綿花が弾け過ぎて落ちてしまった?心配をよそに、結構しぶとく萼の中、、、秋は春のように成長が早くない。ゆっくり熟成を待つようです。  なんか、自然に教えられる〜蕎麦の畑もゆっくり、白い花が広がってゆく。内藤とうがらし、たくさん収穫できそう。ザーサイもこのとうり、、、大根のような苗です。鳥よけネットのおかげで稲も随分穂が伸びてきました。レモンも甘夏みかんも色づくの [続きを読む]
  • スピニング・パーティー
  • 無事今年のスピパも終わり、懐かしい方々に再会でき嬉しかった。また、思いがけず、宮崎、綾の紬織の名工と讃えられる、秋山 真和先生とお話もできました。ふら〜っと会場に入って来られ、あっ秋山先生、、、に似てる、、、でもこんな所にお顔を出されるはずはない、他人のそら似、、しばらくして、うちのブースの傍にいらしたので、秋山先生?どうしてここに?いや〜飲み会があるので、、。藍の事、絹、養蚕の事などお話しする事 [続きを読む]
  • スピニング・パーティー
  • 無事今年のスピパも終わり、懐かしい方々に再会でき嬉しかった。また、思いがけず、宮崎、綾の紬織の名工と讃えられる、秋山 真和先生とお話もできました。ふら〜っと会場に入って来られ、あっ秋山先生、、、に似てる、、、でもこんな所にお顔を出されるはずはない、他人のそら似、、しばらくして、うちのブースの傍にいらしたので、秋山先生?どうしてここに?いや〜飲み会があるので、、。藍の事、絹、養蚕の事などお話しする事 [続きを読む]
  • 竹林の手入れ
  • だいぶ涼しくなったので、来春のために竹林の手入れをした。毎年、100本ほども筍を収穫するだけで、何の手入れもしていなかった。そこで、古い竹や細い竹を間引いて、肥料も与えることになりました。チエンソーの音に何事? [続きを読む]
  • 女性作家が面白い
  • しばらく読書に遠退いていた。ひどい肩こりに織り物は少しお休み。桐野夏生の本を初めて読んだ、、、結構面白い。次いで、美咲ちゃんが読んでいた、この本、作者は25年お茶のお稽古を続けているとか、、、私は50年、、、でも迷いや、喜びは同じ。それらを、このように言葉でわかりやすく表現してもらえると、頭の中がスッキリ。もう少し、心を入れてお稽古しなければ、もったいない。せっかく、良い先生の処でお稽古できるのだから [続きを読む]
  • 伊勢丹カルチャーOTOMANA
  • 10月から3ヶ月、6回の講座を新宿・伊勢丹で持つことになりました。風あい工房のオリジナル、折りたたみ卓上機で、マフラ−2枚織る講座です。一作目は英国羊毛、2作目はカシミヤを予定しています。初心者対象で、素材の良い糸を使い、正しい仕上げをするので、思う以上素敵なマフラーが織れる楽しみな講座です。興味のある方は伊勢丹OTOMANA のHPをご覧ください。以前、ジュネーヴから1時間ほどのフランスの保養地・マルビッソ [続きを読む]
  • さくら
  • いつものさくらは上、、、トリミング後のさくらはこんな感じ、、もう11歳過ぎなのにいつまでも子犬のよう。シミもシワも白髪も目立たなくてイイね、、人間もサルから進化するとき体毛を捨て去ったのは失敗ね〜トリミングの仕方で、ブスにも美人にも自在だったのに。 [続きを読む]
  • 9月9日
  • 空は高く、なんとなく秋風、でも日差しは強く暑さも厳しい。実りの秋はすぐそこまで来ています。蕎麦の花、、、もうすぐ真っ白な花に覆われ、信州みたいになるのかな〜収穫の遅い品種の黒米にもやっと穂が出てきた。和綿も実をたくさんつけています。弾けたら収穫。来週から秋蚕の養蚕が始まります。春に丸坊主になった桑の葉もこのように復活です。山羊のボルドーの大好物で通りかかった時、すかさず、ぱっくりするのです。 [続きを読む]