ジョギング大好きおじさん さん プロフィール

  •  
ジョギング大好きおじさんさん: 写真日記
ハンドル名ジョギング大好きおじさん さん
ブログタイトル写真日記
ブログURLhttps://toyamahide.exblog.jp
サイト紹介文登山とマラソン。四国中央市の行事を中心に気まぐれに写真日記を公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2006/09/26 22:58

ジョギング大好きおじさん さんのブログ記事

  • 岩黒山
  • 2018.9.16日曜日。久し振りの登山。三島川之江ICから川内IC、国道33号線から久万高原町の面河石鎚スカイラインに入る。石鎚山の展望所から石鎚山南面が美しく見える。岩黒山からの展望が期待された。朝7時出発で土小屋を出発したのが10時30分であった。天気予報は晴れであったが、ガスが多く石鎚山は雲の中、帰りのトラバースコースからやっと顔をみせた。帰りは午後3時ころ瓶ガ森林道を東へ走り、よさこい峠から本川方面へ下る。 [続きを読む]
  • Face Bookの写真拝借。
  • 今年の夏は異常な暑さとパテ気味のため登山日記は当分休止である。その代わりにFace Bookの写真を拝借して紹介させて頂きます。一番は日本三百名山を登山中の田中陽希さんと四国の登山ガイド、松本智広さんだ。場所は徳島の剣山山頂付近のヒュッテだ。二番目はたしか松本さんが剣山付近から撮影した、四国山地に沈む夕日の光景。三番目はどなたかの石鎚山の絶景である。どれも印象的な素晴らしい写真だ。素晴らしい!!。中国の陶潛 [続きを読む]
  • 観音寺市琴弾公園の砂浜と銭形
  • 7月8日、山下いくよさんの写真展を観音寺市粟井の「ギャラリーおおきた」へ見に行く。山下いくよさんは私の家に近いご近所さんだ。登山家であるだけでなく、素晴らしい山岳写真家だ。今回は四国の石鎚山を中心とした写真展を無料展示している。私は四国の山が好きである。特に石鎚山はその美しさは他に比類するものがない。写真はすべてフィルムで撮影している。構図も色彩も山と霧、雲との幻想的な風景もこれ以上ない美しさである [続きを読む]
  • 堂が森登山。
  • 6月3日、梅雨入りながら全国的に好天の予想。二十年位前に西条市鞍瀬渓谷の終点「保井野」バス終点・登山用駐車場から堂が森と二の森へ行った記憶がある。まだデジカメが十分普及してなかった時代だ。体力の衰えとメタボ体形が気になるこの頃である。メタボ解消のために、少しハードなコースではあるが山頂には何とかたどり着けるだろうと保井野登山口を十時前に出発した。尾根道の分岐標識まではひたすら登りである、それから先も [続きを読む]
  • 国際交流協会総会、尾藤二洲顕彰会総会、第46回硯友会作品展
  • 国際交流協会総会、尾藤二洲顕彰会総会、第46回硯友会作品展四国中央市の二つの総会と川之江硯友会の作品展。4月19日土曜日、忙しく又勉強になった一日でした。尾藤二洲顕彰会では記念講演として副会長で四国中央市文化協会会長の加藤敏史先生の講演でした。演題は「子規と二洲」。100年近く年代が離れた郷土・愛媛県の偉人だが、以外に共通点が多い。お二人とも最後は東京で没して、お墓もすべて東京にある。後世に尊敬と偉大な遺 [続きを読む]
  • 三春の最後の行く春を花めぐり。法皇山脈、鋸山と豊受山。
  • 行く春を法皇山脈花めぐり4月29日・昭和の日祭日である。晩春の郷土の山を花めぐり。先ず翆波高原のワシントン桜が美しい。次にノコギリ山からカタクリの花群生地を見る。ツツジと曙ツツジを豊受山に見る。松山のコンパスグループや高松市からも大勢の団体登山客が来られている。高松からの方は年齢をお聞きすると85歳とのこと。非常にゆっくりながら着実な歩きである。暖かく春のまばゆいばかりの光に満ちた快適な一日となりまし [続きを読む]
  • 稲叢山登山
  • 稲叢山登山。三月18日小雨と霧で登山を諦めた高知県の稲叢山へ再チャレンジ。今回はご覧の通りお天気は良かった。しかしなんとデジカメのバッテリーを充電してカメラに装着するのを忘れてしまった。数日前に購入した新スマホ、シャープのSHV41で写真を撮ることにした。これはFaceBookやLineには便利がよいがType Cのケーブルでパソコンへつないでも内部のcdにつながらない。使い方が前のスマホに比べて少し複雑すぎる。アプリも課 [続きを読む]
  • 三島公園、2018年の桜。
  • 3月31日、三島公園2018年の桜。三島公園の桜祭りは四月8日来週の第二日曜である。それまでには恐らく今満開の桜はすべて散ってしまっていることだろう。これは今年全国的なことである。満開の桜を見たくて朝の散歩にカメラを提げて三島公園へ。桜は今フェイスブックで花盛りである。中央公園の桜も満開であるが古い木と新しい木のサクラでは、古いのはただ沢山咲いているというだけで、花のしおらしさ美しさは若木の桜に軍配が上が [続きを読む]
  • 満開の花見、高知県佐川町。
  • 三月25日、北四国の四国中央市では桜はまだ蕾がやっと膨らんできたばかりだ。高知県では桜がすでに満開という。今年の春は寒さにやられて何度も風邪を引いてしまった。暖かい春と光に満ちた桜の花が無性に見たくなった。高知市は四国中央市からは一時間で行けるごく近い素晴らしい地方である。十時出発で高知市には予定通り十一時についた。ところが物凄い車のラッシュで日曜市の道路は渋滞で駐車場はすべて「満車」である。高知城 [続きを読む]
  • 四国百名山、稲叢山と西条市民の森。考古博物館。
  • 今年初めての登山は西条市から新寒風山トンネルを抜けて長沢ダム湖の東、四国電力揚水発電所の上部ダムから登る稲叢山へ行くことにしました。日曜日は一日好天の予定であったが稲村トンネル南口の登山口に到着した時には小雨とガスでとても長時間の山行は出来そうにありません。あきらめて帰るのも癪だから峠の分岐点まで行くことに。その後四国電力の深夜電力を利用した揚水発電所がある上部のダムにある登山口まで行ってロックフ [続きを読む]
  • 今治市 桜井「網敷天満宮」観梅会2月25日
  • 毎年二月末の日曜日に今治市の桜井海岸、昔は唐子浜海水浴・遊園地で賑わっていた網敷天満宮梅林にて観梅会が開かれる。今年も梅の香りに誘われて家内とともに梅見に行った。午後はお天気が崩れて雨になるということで午前中の11時過ぎに到着。大勢の観光客で駐車場は満員であった。地元の志島ヶ原保護協会の役員の方々が総出で交通整理やあたっている。天満宮の拝殿前の絵馬堂では温かいショウガ入りのアメ湯を無料接待されている [続きを読む]
  • 久し振りの東京旅行。上野公園の西郷さんと国立博物館、科学館見学。
  • 上野公園で西郷隆盛と野口英世博士の銅像拝見、国立上野博物館と国立科学館見学。昨日に続いて板橋区の常盤台にある日本書道美術館の見学を計画していた。ところが大チョンボだ、ホームページを見ると月曜・火曜は休館日となっている。祝日はほとんどの施設は開館しているのですっかり油断していた。そこで昔から行きたかった上野公園の西洋美術館へ行くことにして9時の開館に合わせてホテルを出発した。ところがここも2月から3月 [続きを読む]
  • 正岡子規 終焉の地、東京根岸「子規庵」訪問。
  • 正岡子規 終焉の地、東京根岸「子規庵」訪問。2018年2月11日、甥の結婚式ご招待で東京へやってきた。式は翌日の12日だが四国から東京では当日参加は難しいので前日に一泊することにした。折角だから念願の台東区書道博物館をぜひ見てみたかった。ついでというより今回のメインは「子規庵」の訪問であった。書道博物館は洋画家の中村不折が子規没後たてた書道専門博物館である。不折は子規の「小日本」の挿絵画家として世に出た人 [続きを読む]
  • 正岡子規と松山市の俳人達の遺品展と講演会
  • 平成30年1月21日、松山市奥道後における子規記念館初代館長・和田茂樹氏の正岡子規関連文学作品展。四国中央市から朝八時出発で松山市奥道後へ見学に。昨夜南海放送と本日の愛媛新聞に無料観覧の展示会が紹介されていた。最近は「正岡子規」ドナルド・キーン氏の本や柳原極堂氏の俳句の本でかなり俳句に対する理解が進んできた。金子兜太氏の季語の本も読んで俳句の奥深さが理解できてきた。それにしても季語の種類の多さにはビッ [続きを読む]
  • 愛媛県生涯学習センター見学
  • 愛媛県生涯学習センター見学 柳原極堂 所蔵品展松山市の砥部陸上競技場近くに愛媛県生涯学習センターがある。最近の私は俳句の研究にとらわれています。今まで多少は関心があったが書道をやるようになって、俳句は最終的な課題かも知れません。日本の文化の究極は芭蕉に始まる俳句が一番素晴らしい。といっても俳句のどこがいいのか未熟な私には全然分かりません。幸い愛媛県は俳句王国というだけでなく、正岡子規を生んだ名門中 [続きを読む]
  • 久し振りの翆波峰散歩
  • 12月3日、今年の師走は本当に忙しい。その上風邪気味で喉が少し痛く、昨年よりは寒波が多く寒さに弱い私には厳しい季節だ。本日は最近では珍しい好天気の快晴だ。今日は西条の新寒風山トンネルを越えて高知県の稲叢山へ行く予定にしていた。余りの寒さに恐れをなして中止にした。残念……。家で年賀状作成をやっていたが全然気が進まない。山歩きの禁断症状らしい。午後から約20分で行ける翆波峰標高900mの散歩をすることにした。 [続きを読む]
  • 赤帽子山 丸笹山
  • 10月8日、体育の日の前日徳島県の名峰二山に登る。剣山系の衛星峰、ラフォーレつるぎホテルの前から先ず真っすぐ東の赤帽子山へ登る。帰りは分岐から500m西の丸笹山へ登り午後4時半ころ帰着。両方とも美しい縦走路と360度パノラマの大絶景で評判の山である。標高は1600mと1700mでアップダウンはあるが穏やかなトレッキングコースだ。石鎚山や剣山は恐らく物凄い人出だと思うがここは静かな自然を満喫できて絶景 [続きを読む]
  • えひめ国体 四国中央市 三島小学校
  • 2017年10月開催の愛媛国体の時期がきた。四国中央市のど真ん中、三島小学校の北側の壁に立派なイルミネーションが点灯した。猛暑の夏がようやく終わり、まだまだ暑い日が続いているが、秋らしい好天になってスポーツの季節になったらしい。色々と政治や国際関係のゴタゴタした中で国民体育大会が無事終了することを祈っています。一枚目は大失敗の手振れですが結構面白い画像になりました。失敗も作品になりますね。おまけの一枚。 [続きを読む]
  • 寒峰 H1604m
  • 寒峰登山。9月10日、本日は記録的な大失敗をしてしまいました。順番に公開する写真を見ると実に順調な登山に見えます。ところが少しばてていたのか下山方向の看板を見て、その矢印通りの方向が正解だと勘違いしてしまった。まっすぐH1518の手前のピークへ行き、そこからすぐに南へ下ればよいものを真っ直ぐ西へと尾根をおよそ5キロくらい来てしまった。尾根道には赤リボンが丁寧に立てられていかにも歩きやすいのが勘違いに輪をか [続きを読む]
  • 落合橋から兵庫山へ入り口偵察
  • 8月は都合が悪いのと天候不順でトレッキングが全くできなかった。9月3日も午前中は用事があって、山へは行くことができない。午後一時半過ぎに出発して、法皇湖・富郷ダムの先に津根山大橋がある。そこから南へ入り右へ行き、林道の突き当たりに車を止めて2時半ころ出発。落合橋から雌蛇渕、雄蛇渕の看板から左へ住友林業のチェーンを越えて歩き出す。途中の赤テープを木に二か所付けたところから山道に入る。550?ほど行った所 [続きを読む]
  • 赤星山野田コース第一渓谷
  • 8月13日、今年の夏は連日35度前後の強烈な暑さである。それと曇天の空は雲が厚く、いつ雷雨になるか分からない。四国の山も山頂付近はいつも雲がかかって、「山の日」がきてもあまり山へ行く気になれない。久しぶりの日曜日、午後三時過ぎの出発で一番涼しいと思われる渓谷歩きに出る。赤星山野田コースの第一渓谷です。ここで30分ほどこの景色を水彩色鉛筆でスケッチをする。強烈な涼しさ…?…。体が冷え切っておかしくなりそうだ [続きを読む]
  • 金砂湖ウォーキング
  • 7月23日、梅雨明け後の猛烈な暑さが続く毎日です。今月は7?平均に少し足りないウォーキングで好調を維持している。当地で一番涼しい散歩コースは嶺南の金砂ダム湖畔の新宮、奥の院まで続く319号である。平野橋手前の駐車場に車を置き、午前10時スタートした。ダム湖は以前のカラカラの状態よりは少し貯水量を増やしているが、湖底は草が生い茂って今まで見たことがない美しさだ。以前伐採していたところも草、灌木に覆われ [続きを読む]
  • 具定展望台散歩
  • 7月16日第三日曜日、今月は梅雨で天候がはっきりしない日が続いています。全国的に記録的な集中豪雨とかがあって、あまり行楽のシーズンとはいきません。月一の山行もこの調子では今月はゼロになりそうです。今日は久し振りに嶺南への美しい国道319号線をたどって、標高約400?の具定町展望台へ散歩を決行した。最近では歩くのが山歩きのペースが板について非常にゆっくりとなりました。8時ちょうどにスタートして、帰宅は1 [続きを読む]
  • 野地峰 黒岩山
  • 6月18日、大川村より野地峰、黒岩山登山。今年は異常なカラ梅雨の年である。梅雨入り後このところ雨の気配がまったくない。四国中央市の富郷のアジサイ祭りの会場付近のアジサイもこの少雨のせいか全く花をつけていない。月一登山隊の私としては雨が降らない本日は絶好の登山日和だ。法皇トンネルを抜けて湖水の水面が低下した金砂湖、富郷ダム湖を左にみて新居浜市の別子山村へ入る。筏津より銅山川を渡り大座礼山登山口の峠を越 [続きを読む]