士月 さん プロフィール

  •  
士月さん: Moon of Samurai
ハンドル名士月 さん
ブログタイトルMoon of Samurai
ブログURLhttp://samuraimoon.blog67.fc2.com/
サイト紹介文 主にアニメや漫画のレビューを中心に活動しているサイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供240回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2006/09/27 10:33

士月 さんのブログ記事

  • キン肉マン 第221話 海賊式最終宣告!!の巻
  •  ハラボテの性悪発言三連発。「アイツ決めおった――っ」「やはりダメか〜〜っ」「カナディアンマン、あのお前がよくぞそこまで……」 どれもこれも内心カナディアンマンのことを見くだしていることが赤裸々なセリフの数々です。ここまでカナディアンマンをバカにしているなんて、ハラボテはまるで肉ファンみたいだな!(ぉ さてカナディアンマンはスペシャルマンとの特訓の成果あって前回ラストでパイレートマンに胴タックルを [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20171008〜20171014
  •    秋夕の前後は『火病(ファビョン)注意報』〜患者数最多、「はらわたが煮えくり返る」 [10/08]>医療界では火病を『我慢する事が美徳』という、韓国特有の文化などで始まった独特の精神疾患と見ている。 忍耐を美徳とみるのは日本もそうだし、よその国でもゴマンとあることでしょう。それなのに火病が朝鮮民族だけの精神疾患であるということは、医療界とやらの意見は見当はずれの謬見とみたほうが適切でしょう。   個人 [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20171001〜20171007
  •    解散は「独断と専横」と北朝鮮 [10/01] 衆議院の解散は憲法でみとめられた内閣総理大臣の正当な権利であり、解散のあとの総選挙で最終的に判断する権利は国民にあります。国民になんの権利もなく、独裁者の独断と専横で国家が私物化されている北朝鮮が日本の衆議院解散についてなにをいおうとも、それはすべて寝言にすぎません。   韓国の受賞者は2人いる?金大中元大統領と… 「面白いノーベル賞話」 [10/02]>1987年 [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年45号
  • ・『トマトイプーのリコピン』 『いぬまるだしっ』の大石浩二先生の新作漫画です。まえに読切りとして掲載されたのが連載に昇格しました。読切りはメルヘンチックでかわいらしい動物キャラが下ネタを連発したりゲス根性をかいまみせたりして見かけと言動のギャップのはげしいギャグ漫画で、正直イラッとくるところもいくつかありました。それが今回の連載版だとたまこ先生ポジションの女子高生がツッコミをやってくれたのでずいぶ [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年44号
  • ・『食戟のソーマ』「幸平創真の“強さ”は……少し異常だと感じる」「は? なにそれ負け惜しみっスか? ダッセ!」「彼と直接戦い……敗北した時からずっと違和感が拭えない。 幸平創真って、ほんとうにただの一年生……?」「……?」(何言ってんだ、このおさげちゃん) 遊戯王先輩のツッコミに心の底から同意するッ! クソ寒い会場でつめたいそばを出して自爆自滅しておいて、それを指摘されたうえでなお自分のミスではな [続きを読む]
  • キン肉マン 第220話 赤く燃ゆる楓!!の巻
  •  サブタイトルを見て「赤く燃えたあとは白い灰となって散りゆくのみか……」と思ったのは俺だけではないはずです。あと冒頭のアオリ文の“一世一代の楓舞台!”というのも「つまりカナディアンマンは舞台の建築資材にされたあげくにパイレートマンに踏みつけにされる運命にあるのか……」と思ったのも俺だけではないはずです。「地に堕ちきった名誉を……なんとしても取り戻す―――!」「おまえたちに名誉なんてもんがあったのか [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170924〜20170930
  •    韓国は堂々たるノーベル賞受賞国、平和賞は科学賞よりはるかに重要だ [09/25] そうですね、そういうことにしておいたほうが精神衛生上よろしいかと存じます。あとはその思いこみを貫徹し、ことし日本人がまたノーベル賞を受賞したとしてもニダニダさわがないことを祈るばかりです。   平昌五輪HP 世界地図に「日本列島なし」 [09/27] こういうのは韓国ではいつものことだからたいして腹もたちません。それよりも最初の [続きを読む]
  • 信長の忍び 第52話 「そして姉川へ」
  •  信長に第六天魔王フラグがたちました。 実の弟の信行、義理の弟の長政につづいて妹のお市まで自分からはなれていったことで信長はダークサイドに転落しかけたけれど奥方の帰蝶のおかげで闇は浄化されました。この作品、信長は味方サイドにいるので悪逆無道の暴君にはならないのです。 戦国史にのこる大規模野戦、織田徳川聯合軍対浅井朝倉聯合軍の姉川の戦いまで、あと、十日。 私たちの戦いはまだ始まったばかり! というわ [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年43号
  • ・『ONE PIECE』 ガトリング、スタンプ、象銃。ルフィがこれまで強敵に使用してきた技のどれもがカタクリには通用せず、それどころか自分に倍する手数と威力とで圧倒されました。ゴムとモチとで能力に差はないのだから純粋な力の差です。 さてここからルフィはどうやって逆転するのか……1. 逃げの一手をうつ。2. カタクリは予知能力者で敵の攻撃をくらったことがないから実はタフネスがゼロ。そのため一発食らっただけでダウン [続きを読む]
  • キン肉マン 第219話 武名を挙げよ! 楓!!の巻
  •  あのカナディアンマンが漢気を見せた――!! 冒頭のアオリ文の“あの”という部分に必要以上のふくみを感じとってしまう肉ファンは俺だけではないはずです。「ムマムマムマ達者な口だ。だがお前ごときの超人が吾輩に勝てると本気で思って言っておるのか?」「へっ、何様のつもりだよ。今日会ったばかりの“お前ごとき”がオレの何を知ってやがる?」「ここまで組んでみた感想だ。確かにパワーだけはそこそこある。 なのになぜ [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170917〜20170923
  •    金正恩氏は「ロケットマン」=トランプ氏が韓国大統領に [09/17] うまい表現だとは思うけれど、加藤元浩先生の漫画が好きなので『ロケットマン』が汚辱にまみれたような気がしていまいち釈然としません。   「金正恩は良いことをしている」サンデーモーニングの暴走がヤバイ [09/19] 兄を処刑し、おじを処刑し、二万人からの国民を粛清し、餓死者を続出させるのがいいことですか。地獄の最下層の悪魔でさえそんなことは [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170910〜20170916
  •    対北制裁決議修正案 石油輸出「制限」に [09/11] 支那やロシアの賛同をえるためとはいえ、実効性のうすい制裁になったものです。これもアメリカの唯一の超大国という立場が弱まりつつあることの証左のひとつでしょう。アメリカとの同盟の維持は日本にとって最重要のものではあるけれど、これまでどおりに何もかもアメリカ様だのみというわけにもゆかなくなってまいりました。そろそろ日本人も今まで目をそむけつづけてきた [続きを読む]
  • 信長の忍び 第51話 「お市争奪戦」
  •  信長はお市が長政と離縁して織田家にもどってくるようにと外交官と千鳥を派遣します。しかしお市はすでに浅井家と運命をともにすると心にきめていたのでした。 しかしそれよりも千鳥とお市が風呂場で背中をながしっこするシーンに気をとられてしかたがないぜッ!信長の忍び 13巻 TVアニメDVDつき初回限定版 (ヤングアニマルコミックス)重野 なおき 白泉社 2018-03-29売り上げランキング : 1243Amazonで詳しく見るby G-Tools [続きを読む]
  • 信長の忍び 第50話 「翼をください」
  •  翼をください? そんなものはいいから秀吉を殺せる手段をください。「あんたー! よかった生きてたー」 憎しみで人が殺せたら……! 千鳥の忍び刀の作り主、関兼定。通称ノサダ。和泉守兼定のほうがメジャーでしょう。かれの打った刀は司馬遼太郎の小説『燃えよ剣』の主人公土方歳三の愛刀としてドラマチックに登場、活躍します(実際には土方の刀は十一代兼定だったらしいけど)。 さてこの兼定さん、自分の打った刀を二本 [続きを読む]
  • キン肉マン 第218話 無葉の紅茶!!の巻
  •  万策尽きた―― のっけからひどいなオイ! まだティーバッグが使いものにならなくなっただけだろ! いくら紅茶超人といってもティーバッグのほかにまともな攻撃方法がないなんてことがあるわけないじゃないか! ティーバッグが切りさかれても考えなしにこれまでどおりの攻撃をつづけるものだから中の茶葉がどんどん飛びちってしまって最後には空っぽになってしまいました。当ったところでとうぜんノーダメージです。それでも [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年42号
  • ・『ONE PIECE』 三十六計逃げるにしかず。ペドロが命をかけて(?)作ってくれた一瞬の隙をムダにしないためにルフィはペドロのなきがら(??)を回収することも断念して退却の判断をくだしました。しかしルフィは少年漫画の主人公にはめずらしいくらいに強敵に対しては逃げの一手をうってばかりです。ひところのゴンよりもよく逃げる。兄貴のエースとはおおちがいです。 ところでエースは無駄死にだとかなんだとかいう意見を [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年41号
  • ・『ROBOT×LASERBEAM』 ロボが入れとさけんだらボールがカップに入りました。向こうに入らんか――っ!! 偉大なりテニヌ、偉大なり皇帝真田。 それはさておきロボのチップインイーグルが決め手となってチームは勝ったわけだけれどロボと皇帝……じゃなかった帝王朱雀との差は最終ホール直前で8でした。一対一では正直なところ足元にも及んでいないのです。このへんのバランス感覚はキチンとしていて見ていて安心できます。  [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170903〜20170909
  •    韓国の超モンスター級スーパールーキーWanna Oneが日本上陸!韓国デビューミニ・アルバムのJAPAN EDITIONが9月27日(水)緊急発売決定! [09/04] 超モンスター級ウーパールーパー? しかし韓国のアイドル連中はあいかわらずおなじ顔ばかりです。   「日本に5発の核ミサイルを」韓国ベストセラー小説の戦慄 [09/06] なにを今さらって感じです。『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』なんてコリアンウォッチャーにとっては基礎知識で [続きを読む]
  • 今週のお笑い半島 20170827〜20170902
  •    何でも完全にコピーする中国、韓国企業はお手上げ状態 韓国の被害年8兆ウォン 韓流制限令で広がる韓国コンテンツ盗作 [8/27] 泥棒が自分とおなじ手口で泥棒されたら手のひらをかえして被害者ぶっております。みっともないったらありゃしません。   韓国で建設中の橋が突然崩れ落ちる、映像に「衝撃」 [8/28] こういうのを見ると韓国が先進国の仲間入りを果したのはしょせん上っ面だけで内実はまだまだだという印象を [続きを読む]
  • 信長の忍び 第49話 「とある忍びの火縄銃」
  •  杉谷さんちの善住坊、織田家への復讐心をかたる。 千鳥に傷を負わされてから織田家への復讐だけを考え、夜な夜な織田木瓜をマトにして狙撃の腕をみがいてきたのでした。玉薬の費用をどこからひねりだしたのかが個人的に一番の疑問点です。甲賀の里からバックアップを受けてるの? そのわりに今ではフリーっぽい雰囲気だし。「ただひとつ問題は――拙者が信長めの顔を知らぬことです」「信長は南蛮のマントをよく着ているらしい [続きを読む]
  • 信長の忍び 第48話 「殿といつまでも」
  •  長政とお市がイチャコラしていました。 いつもの俺ならここで「長政は○ね」と言うところだけれどこれよりさきの歴史を知る身としてはさすがに軽々しいもの言いを自重せざるをえません。長政の無念、お市の悲哀、それらに思いを馳せながら「長政は二十六歳の身でバツ二になれ」と言うにとどめておきます。 浅井が敵にまわったのでこれまでの岐阜――北近江――京のルートがつかえなくなりました。そこで南近江から北伊勢をとお [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年40号
  • ・『Dr.STONE』 強力磁石ができたのでつぎにこしらえるのは発電所です。もちろん人力。その想像図で謎の装置をまわしている奴隷のひとり、ファッキンデブ! ファッキンデブじゃないか! あとなぜそこにいるケンシロウ。 千空がこどものころにはじめて読んだ伝記の主人公がエジソンでした。俺もむかしは伝記本をよく読んだものです。しかし今ではこども向けの本のものよりももっとうがった内容が記憶にのこっています。目をつぶ [続きを読む]
  • キン肉マン 第217話 スペイン茶会事件!!の巻
  •  このたびのサブタイトルの元ネタは、歴史の教科書にも載っているのでわざわざ説明する必要もないだろうけれど、あえて贅言を用いるとアメリカ独立のきっかけのひとつとなった事件です。当時は植民地だったアメリカが本国のイギリスとの間で茶の販売に関していろいろ軋轢があり、アメリカのボストンで愛国急進派が東インド会社の船を襲撃、百万ドル相当の茶を「ヒャッハー! お茶会だぜーっ!」とばかりに海に投げすてたのでした [続きを読む]
  • 今週のジャンプ一コマレビュー 2017年39号
  • ・『食戟のソーマ』 なぁにこれぇ。 唐突にスタミナ制が導入されました。なんでも食戟で強者とあたるとえらく疲労するそうで、たとえ一番手が負けても相手の体力をけずっておけば後続が有利になるそうです。そんな描写はこれまでぜんぜんなされなかったし、まえに宿泊研修のビュッフェで二百食をつくることとかおおぜいの客を相手にするスタジエールとかをこなしてもピンピンしていたのはいったいなんだったのか。いままで手抜き [続きを読む]
  • キン肉マン 第216話 滾れ!!紅茶!!の巻
  •  お土産買ってる場合じゃなかった! サブタイトルに第一ページのアオリ文……編集の仕事は今日もキレッキレです。最後のページの「紅茶はHOTに限るぜ!」もイカしています。 ティーパックマンの攻撃はティーパックウィップ。かつてのテリーマンの解説によればティーパックが紅茶を吸って鋼鉄のように堅くなっているそうです。いっぽうヘイルマンはブリザードハンドで、またたく間にリングを氷づけにしたり刃物のような切れ味で [続きを読む]