satnbox7 さん プロフィール

  •  
satnbox7さん: BOXING MASTER
ハンドル名satnbox7 さん
ブログタイトルBOXING MASTER
ブログURLhttps://ameblo.jp/stanbox7/
サイト紹介文ボクシング最新情報、名勝負、名選手、業界の歴史。日本一のボクシングブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1180回 / 365日(平均22.6回/週) - 参加 2006/10/06 13:08

satnbox7 さんのブログ記事

  • 【Photo】 岩佐亮佑vsTJ・ドヘニー IBF世界スーパーバンタム級戦
  • IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。チャンピオン岩佐亮佑(セレス)vs同級1位TJ・ドヘニー(アイルランド)。8月16日、東京・後楽園ホール。試合前、好調ぶりが伝えられた岩佐選手は2度目の防衛戦。大声援に送られたリングへ登場。 ザ・パワーのニックネームを持つ、指名挑戦者ドヘニーは19戦全勝(14KO)。 IIBF立会人はアニバル・ミラモンテス(亜・米在住)。 ドヘニーの隣で気合が入るのは、小國以載(角海老宝石) [続きを読む]
  • 岩佐亮佑vsTJ・ドヘニー 「スコアカード」 IBF世界スーパーバンタム級戦
  • 16日に東京・後楽園ホールで開催されたIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチは、チャンピオン岩佐亮佑(セレス)選手が、挑戦者の同級1位TJ・ドヘニー(アイルランド)に12回判定負けで王座陥落。スコアは中村勝彦115-113、トニー・マレッタ(豪)117-112、ジョナサン・デービス(比)116-112で、いずれもドヘニー。 5ポイントも負けているとは思えませんでしたが、力を持て余して終了ゴングを聞いた感のある岩佐選手に対し、 [続きを読む]
  • 岩佐亮佑vsTJ・ドヘニー 「結果」 IBF世界スーパーバンタム級戦
  • 16日、東京・後楽園ホールで開催されたIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ。チャンピオン岩佐亮佑(セレス)選手に、挑戦者の同級1位TJ・ドヘニー(アイルランド)が挑んだ一戦は、ドヘニーが12回判定勝ちで新王者。スコアは115-113、116-112、117-112の3-0。 初回から右頬をカットした挑戦者は、苦しい戦いとなったが飛び込みながらの左ストレートは有効。しかし、中盤以降は疲れの色を見せ、王者はジャブ、ワン・ツーに左 [続きを読む]
  • 12/1 ステベンソンvsゴズディク WBC世界ライトヘビー級王座統一戦
  • WBCマウリシオ・スライマン会長は指令しているライトヘビー級王座統一戦。正規王者アドニス・ステベンソン(カナダ)と、暫定王者アレクサンデル・ゴズディク(ウクライナ)の一戦が、12月1日(日本時間2日)にカナダ・モントリオールで開催されることを示唆。来月41歳の誕生日を迎えるステベンソン=29勝(24KO)1敗1分=の長期政権を、31歳のゴズディク=15戦全勝(12KO)=が終わらせることが出来るのか。正式発表が待たれます [続きを読む]
  • 村田諒太 WBA世界ミドル級王座の行方!
  • WBAが開催した2位ロバート・ブラント(米)との指名戦入札に参加しなかった、WBA世界ミドル級正規王者村田諒太(帝拳)選手の持つ王座の行方が世界中から注目されているが、全ての関係者を満足させるために、ブラントには空位の暫定王座を与えるのではとの推測が出ている。 ブラント陣営が興行権を落札した為に、村田選手陣営はWBAからの通告を待つ立場にあり、WBAの裁定が待たれるが、WBAならではの暫定王座の活用は十分あり得る [続きを読む]
  • 村田諒太 「WBC3位14戦無敗クィグリーと対戦へ」
  • WBA世界ミドル級正規王者村田諒太(帝拳)選手をプロモートするボブ・アラムは、村田選手の次戦は10月20日(日本時間21日)に米・ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノで開催されるトップランク興行のメインで、ゴールデン・ボーイ・プロモーション所属のWBC世界同級3位ジェイソン・クィグリー(アイルランド)=14戦全勝(11KO)=と戦う計画であることを示唆すると共に、WBAに対する不信感をあらわにしている。 [続きを読む]
  • フーカーvsサウセド 「入札結果!」 WBO世界スーパーライト級指名戦
  • 14日(日本時間15日)、プエルトリコ・サンファンのWBO本部で開催された、スーパーライト級王者モーリス・フーカー(米・下写真)と、同級1位アレックス・サウセド(メキシコ)戦の入札は、エディ・ハーンのマッチルームルーム・ボクシングの150万ドル(約1億6680万円)を押えて、162万5千ドル(約1億8100万円)を提示したトップランクが勝利し興行権を獲得。最低落札価格は15万ドルだった。 ファイトマネーの分配は王者フー [続きを読む]
  • 村田諒太 「トップランク、入札不参加!」 WBA王座は放棄へ
  • WBA世界ミドル級正規王者村田諒太(帝拳)選手をプロモートするトップランクが、WBAから指令された2位ロバート・ブラント(米)戦の入札に参加しなかったのは、ファイトマネーの分配が、通常は王者70%、挑戦者30%であるのに反し、WBAが提示した王者の村田選手と挑戦者ブラントが、それぞれ50%づつであるのを不満とした事が原因。 トップランクのカール・モレッティ副社長は、村田選手の次戦は10月20日(日本時間21日)の [続きを読む]
  • 9/30 マーロン・タパレス 復帰戦&カバリョ 無冠戦
  • 元WBO世界バンタム級王者マーロン・タパレス(比・下写真)が、約17ヶ月ぶりにリング復帰。9月30日にフィリピン・ケソンの興行で、グッドラック・ムレマ(タンザニア)22勝(12KO)3敗=とのスーパーバンタム級10回戦に挑む。同日はWBA世界バンタム級暫定王者レイマート・ガバリョ(比)=19戦全勝(16KO)=も登場。ノンタイトル戦でジュリアス・キサラウェ(タンザニア)=29勝(15KO)6敗1分=とグローブを交える。 タパレスは [続きを読む]
  • 9/22 JBC活動停止処分 「ルイス・ネリ」 復帰戦!」
  • 山中慎介(帝拳)選手との2連戦で、昨年はド-ピング検査陽性。今年3月の再戦では確信犯的オーバーウェイトで計量失格、王座を剥奪されWBCから無期現の出場停止を通告されるも、その後、6ヶ月間の停止処分を受けているルイス・ネリ(メキシコ)が、9月22日(日本時間23日)にメキシコでリング復帰を計画。 現在、ネリは自らの費用でWBCが定めた医療チーム、栄養士の指示に従い、今後もバンタム級で戦って行くことが出来るのかを [続きを読む]
  • WBA世界フェザー級戦 「結果」 ロハスvsディアスJr
  • 11日(日本時間12日)、米・カリフォルニア州ハリウッドのアバロン・ハリウッドで開催されたWBA世界フェザー級タイトル戦。正規王者ヘスス・マヌエル・ロハス(プエルトリコ)と、オーバーウェイトで計量失格の同級11位ジョセフ・ディアスJr(米)の一戦は、ディアスJrが12回判定勝ち。スコアは115-113、116-111、117-111。しかし、WBAルールによりロハスの王座は動かない。 ★ミニグローブ! 【ペアセット】 【キーホルダー】 [続きを読む]
  • 9/29 アンカハスvsバリオス 「IBF世界スーパーフライ級戦」
  • IBF世界スーパーフライ級王者ジェルウィン・アンカハス(比・下写真)の6度目の防衛戦は、9月29日(日本時間30日)に米・カリフォルニア州で開催予定のトップランク興行=ESPN +放映=のメインで、WBO10位にランクされるアレハンドロ・バリオス(メキシコ)=16勝(7KO)2敗=を相手に行われる。 ★ミニグローブ! 【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッグ・キーホルダー】                [続きを読む]
  • WBA世界ヘビー級暫定王座戦 ブライアンvsフローレス
  • 11日(日本時間12日)に米・アリゾナ州フェニックスのセレブリティ・シアターで行われる、WBA世界ヘビー級4位のトレバー・ブライアン(米)と同級5位BJ・フローレス(米)の一戦が、WBA世界同級の暫定王座決定戦に。ブライアン陣営のドン・キング・プロモーターが明かしたもので、今のところWBAの正式アナウンスはないが、何でもありのWBAだけに信憑性は高い。 ★ミニグローブ! 【ペアセット】 【キーホルダー】 【ヘビーバッ [続きを読む]