平の家女将 さん プロフィール

  •  
平の家女将さん: 宮津駅前割烹 「平の家」 女将のうっちゃり
ハンドル名平の家女将 さん
ブログタイトル宮津駅前割烹 「平の家」 女将のうっちゃり
ブログURLhttp://hiranoya2419.blog53.fc2.com/
サイト紹介文京都府に海があるのをご存知ですか?丹後宮津駅を降りてすぐ左手「平の家」にお立ち寄り下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2006/10/10 23:21

平の家女将 さんのブログ記事

  • すずめ蜂に刺された その後
  • 金曜の午後に刺されたのですが、今も頭を触ると ボコボコ こんなに刺されてたの!!くらい 腫れは日を追うことに 顔に降りて 1日目 おでこ二日目に 目が腫れ 三日め 鼻が息苦しく 四日め頬に順番に腫れが降りてくる目がやっと開きました。病院では 痛み止めの注射と塗り薬と飲み薬始めおでこに貼るものをしていましたが、蓄冷剤をガーゼにくるむのが一番でした。結論 刺されたすぐ後の処置が大切と 分かりましたが頭に [続きを読む]
  • すずめ蜂の毒
  • すずめ蜂は、有毒生物による生物種類別犠牲者数はナンバーワンなのだそうで 7月から9月くらいは 危険期間だとか調べたものをまとめると、巣の近くでの振動や騒音は危険。動くもの黒いもの(頭や目)に反応 目に毒が入ると失明の可能性有り。刺すだけでなく 攻撃誘引物質を撒き散らし、仲間を呼び寄せる。果物 香水 清涼飲料等に寄ってくる2回目に刺された時アナ匕ィラキシーショックになる可能性が高い一匹の 探偵蜂は手だ [続きを読む]
  • 政治を蜂の攻撃から学ぶ
  • 写真は取れたて里芋親芋がホクホクで 大好きめちゃ 蜂に刺され げんなり ぐったりなぜ いきなり 攻撃なのかと 北朝鮮と比べてしまいましたうっかり 手や掃除機をふりふりしたばっかりに刺されしまいまいましたよく 雀蜂には 出逢いますが そーとそーと 動かずにいると 何もないなのに、余りのブンブン音に反応して、自分の持っていた撃退デキルかもの 掃除機に過信あれー これは政治的にもあることかも? どうか  [続きを読む]
  • 鷹?大江山参勤交代の道にて
  • 鳩を一回り大きくしたような鳥で、近づいてもあまり (((・・;) 逃げる様子もなくさらに 近寄ると 飛び立ちました(すすきをとりに行った先週)ほととぎすの花に見慣れないオレンジ色のトゲトゲの毛虫がいっぱい Σ(ノд<)きのうの朝方からずーと気温がぐんぐん下がると聞いて私達はともかく、高齢の両親の冬支度 炬燵を出して 冬もの下着着替えをだしやすくしましたみずやりは楽に今週は日曜まで予報ご来店の方々も少ないか [続きを読む]
  • 宮津城下町の和火
  • ガラシャで町おこしをとの桔梗の会さんは 松井康之の展示近くの花屋さんのお花本妙寺さんでのコンサートと傘灯り 昨日は暑かった今日は   月の綺麗な季節寒暖の激しい頃 まめな衣服調節が必要です。大きめの軽いブランケットは便利小さくなりおしゃれな手拭いは必 暑い時は汗ふきにお腹にまいたり首の保温にご予約お待ちしております [続きを読む]
  • 和火のお願い燈籠
  • 綺麗な鳥居は、宮津高校建築科の作品です。和火が又、来年も楽しめますようにと お願いしました。初日は 警報で中止三日めの最終日は沢山の方々で盛り上がってました。古川んの 宮津城のCG は二日めの1日だけでした。 [続きを読む]
  • 小川がおお大川になった爪跡
  • 標高が高い村に住む よっちゃんちそばの川が氾濫し、床下浸水まさか まさかのこの有り様もう少しで橋が流されそうに、そばのがけは崩れていました家のすぐそばでの物凄い雨量と崖崩 川の轟音怖かったでしょうね [続きを読む]
  • 宮津の台風18号被害
  • 定子さんちの前の橋が落ちてしまってます。功さんちのお家の下がえぐれていました上の方も被害があるとか一番下の写真は翌日19日の午後皆原水源地の細い川がつまり道にあふれてました携帯の不良でアップが遅くなりました [続きを読む]
  • 天橋立の海のライトアップ
  • 火曜日の夜は窓締めて就寝季節の変わり目 急に涼しくなりましたね日本冶金の銀杏が少し色づき始めてました。忙しい夏も終わりの日曜の夜に、弟家族と橋立のイベントにちょこっと出掛けてみましたが、小さな子供達の食べたいものが見つからなくて(ToT)大天橋では 若者が沢山賑わってました [続きを読む]
  • 宮津の地蔵盆とご詠歌
  • 今年も締めくくりは ご近所さんが集まりご詠歌♪成相寺のところには 特別に番外編がありました。お天気にも恵まれ よいお地蔵盆でした。さぁ 夏休みももう少しです。地蔵盆が終ると 宿題を片づけるのにあせっていた日々を思い出します。頑張って下さい [続きを読む]