yunitake2000 さん プロフィール

  •  
yunitake2000さん: 仮想旅へ
ハンドル名yunitake2000 さん
ブログタイトル仮想旅へ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/yunitake2000
サイト紹介文仮想旅、「LOHAS」な世界へお誘いします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2006/10/12 09:50

yunitake2000 さんのブログ記事

  • 豊岡町の麗山神社の虫送り神事
  • 友人と二人で福島県双葉郡豊岡町にある、麗山神社(はやまじんじゃ)に虫送り神事を観に出かけました。8月15日盆の中日には東海道線で人身事故が遭ったので、特急「ひたち9号」は1時間以上遅延して、いわき駅に到着し、私達は予定していた常磐線に乗り損なってしまい、豊岡駅に着いたのは午後4時でした。駅員に”「火祭り」を観に来たのだが、バスは無いのか?”訊いても全く無関心です。駅舎に繋がっている「コンビニレストランに「 [続きを読む]
  • 8年振りの「虫送り」火祭り
  • 8月16日は「お盆の送り火」でした。NHKでは今年も中継していました。解説者(お坊さん等)は総じて、文字こそ仏教用語だが、考え方自体(故人の魂は山頂に行く)は日本人古来の考えで、仏教は日本人の世界観を宗教用語で説いたに過ぎない・・・・」東儀 秀樹氏の笙の響きも無常観を帯びて良かったです。日本の大自然は人間の命を振り回し圧倒的です。日本人は古来忍耐強く自然(神)に対して「忍ぶ事」、「絶える事」を美徳として生き [続きを読む]
  • 個性色々雪洞祭り
  • 既に鎌倉の鶴岡八幡宮の雪洞祭りは藤沢周氏の作品をアップしましたが。今日はその他の有名人の雪洞を紹介させて戴きます。毎年雛祭りが近づくとその時の世相を象徴するような創作雛人形が作られて、話題になる様に、雪洞も作者があ”受け”を狙って雪洞つくりに励んでいるようです。鎌倉では8月16日の送り火に「首塚祭り」を実施し、柏尾川の堰堤に雪洞が並びますし、最近は長谷寺や江の島神社の参道や御成り通り商店街でも雪洞祭 [続きを読む]
  • [粉食の文化」と[粒食の文化]
  • 日本人はラーメン好きです。ラーメンの麺は小麦粉を練って熟成させたものです。基本的にはピザやパスタ土台も小麦粉です。西欧文明は総じて粉食の文化です。私は胃癌で手術して以来、麺は苦手になってしまいました。大好きな蕎麦でさえ消化に自信を失い、食べた後に戻す癖がついてしまいました。『消化できるだろうか?』気にしながら食べても美味しくないのです。でもビーフンや春巻きは別です、素材が米なのですから、消化に心配 [続きを読む]
  • 「粉食の文化」と「粒食の文化」
  • 日本人はラーメン好きです。ラーメンの麺は小麦粉を練って熟成させて作ります。基本的にはピザやパスタ土台も原料は小麦粉です。西欧文明は総じて小麦粉の粉食の文化です。私は胃癌で手術して以来、麺は苦手になってしまいました。大好きな蕎麦でさえ消化に自信を失い、食べた後に戻す癖がついてしまいました。『消化できるだろうか?』気にしながら食べても美味しくないのです。でもビーフンや春巻きは別です、素材が米なのですか [続きを読む]
  • 油蝉の味は如何?
  • 寝ていると、深夜突然に玄関で蝉が鳴き出します。屹度深夜に羽化して玄関灯に誘われて玄関の壁に止って啼きだしたのでしょう。「油蝉の夜泣き」は迷惑です。それにしても熱帯夜なのですから・・・・。ワイフが私のノンレム睡眠を心配して、エアコンをつけてくれていますが、私は油蝉が心配です。何故なら今年羽化した油蝉は7年の間我が庭の地底で頑張って漸く陽の目を見れると思った瞬間に我家の玄関を猟場にしている「家守/ヤモ [続きを読む]
  • ゴーヤの「馬」はどうですか?
  • 8月11日は「盆」の大混雑だそうです。朝から東北道は矢板を先頭に30キロの渋滞と報じています。ワイフが訊いて来ます。「今年の盆の入りは何時ですか?」何時迎え火を焚き、盆提灯を灯すか、予定があるのです。私は答えます。盆の明けが8月16日だから、盆の中日が8月14日、盆の入りは8月13日でしょう。私は今年の盆は福島で過そうと常磐線の切符「戸塚〜豊岡」も購入しました。今春福島県楢葉町を旅しました。途中豊岡町を素通りし [続きを読む]
  • ノーエ節のルーツ
  • 昨日は横浜歴史博物館の工作室で作った「小田原提灯」の事を書きました、話は前後しますが、今日は歴史博物館に行った目的「戊申の横浜」の展示を紹介します戊申とは慶応4年大政奉還を意識していました。此れが「戊辰の横浜」のポスターです。上部の新政府の行列は藤沢宿を通る「大総督東下の図」で下部の凶刃の図は月岡芳年による「東叡山文殊楼焼き討ちの図」です。此れは横浜歴史博物館で展示中の「戊辰の横浜です。私の住む横 [続きを読む]
  • 「雑種強性」と純粋劣性」
  • テレビに後藤久美子さんとお嬢さんが映っていました。美女の誉れ高かった久美子さんは昔日の面影を残しながらもフランスセレブとして逞しく生きているようでした。両親とお嬢さんを観ながら想いました人類にも「雑種強勢」があるんだ!」生物学用語で雑種強勢とは雑種第1代がその生産性,耐性等の生活力で、両親のいずれの系統よりも優れる現象で,逆の場合の純粋劣勢に対する用語です。トウモロコシや稲や、鶏や蚕,鶏は著名で、 [続きを読む]
  • 小田原提灯を作る
  • 8月初めに、横浜歴史博物館に「戊申(慶応4年)の横浜」を観に行きました。此れが都築のセンター北に在る「横浜歴史博物館」港北ニュータウンの開発に際して縄文勝遺跡が発掘されたので、その保存を兼ねて、博物館が建てられたのでした、此処の屋上から東に平行移動すると大塚・歳勝土遺跡公園(復元施設)を見学できます。此れが国の史蹟の「大塚・歳勝土遺跡公園」です。港北ニュータウンのセンター施設群の中に在ります。その帰りに [続きを読む]
  • 「無愛想?」「武相荘?」
  • 町田市博物館を見学して考えました。この後どの道で家に帰るか?。相談です。実は私達夫婦は新婚当初鶴川に住んでいたのでした。当時の職場には「借り上げ社宅制度」が在って、銀行の共済組合から自宅取得資金を借りると銀行がその家を借り上げる約束になっていました。というのは地方転勤は本人の都合や希望に関係なく発令されます。地方や海外転勤を命じられると新住居も銀行が手配してくれるし空き家になる旧住居は銀行が借り上 [続きを読む]
  • 「蟹鍬用」の縄文土鍋
  • 私は長銀の銀行員時代の専門分野は不動産ゼネコンでした。本店の融資営業部は業種別になっていました、不動産ゼネコンは営業第五部で、同部の次長(課長」として働いていました。偶々長銀直系の不動産会社もありましたので、直系不動産会社の仕入れから販売まで監理する事が命じられていました。70年代は多摩田園都市開発が盛んな時期でしたので、多摩丘陵の宅地用地の仕入れ案件が多数寄せられ、その都度実査に赴きました。実査に [続きを読む]
  • 空也上人の鹿の杖
  • 愈々今週末から高校野球の甲子園全国大会が始まります。去年はこの時期奈良に行って蓮や布袋葵や百日紅の花を愛でて歩いていました。その前2年に渡っては京都で地蔵盆や大文字の送り火を観ました。今年はどうしようか?思案中です。「虫送りを観たい」思って福島の双葉郡富岡町に行く案もあれば、「(虫送り送り」なら奈良の宇陀でも観られそうです。福島に行けば桃が食べられると思えば奈良も桃は名産です。一昨年京都の六波羅密事 [続きを読む]
  • 高校野球神奈川予選大会の青春群像
  • 7月29日は台風一過の日曜日でした。今夏の甲子園は百回大会だそうで、神奈川県予選も南北別々に戦われています。息子の教育でお世話になった鎌倉学園は三十年ぶりに決勝戦に駒を進めて来ました。朝食でワイフと相談します。決勝戦をテレビ観戦するか?それとも横浜スタジアムに観戦に行くか?こんな疑問が出れば出た時に既に決まっています。何か機会が在ったら家にいるより出かけた方が良いに決まっています。試合開始は午前1 [続きを読む]
  • 中華街の「針鼠喫茶」
  • 女性の漫才カップルに「ハリセンボン」さんが居ます。此れがハリセンボンの提灯です。魔除け厄除けの呪物として観光地で商われています。此れは吉本興業の所属タレントとして人気の「ハリセンボン」です。右の細身の人が突っ込み役の「箕輪はるかさん」で左の太目の人がボケ役の「近藤春菜」さんです。「ハリセンボン」とは河豚の仲間です、危険を察知すると、体中から針が突き出ます。その姿が怖ろしいので「魔除け」「厄除け」モ [続きを読む]
  • 嫌われモノの昆虫の可愛らしさ
  • 7月26日(木)に上野のk0クリル科学博物館特別展「昆虫」を観に行きました。平日とは云え夏休みに入っていますから、子供達に導かれた家族で賑わっていました。これは上野の国立科学博物館で展示している「昆虫展」のポスターです。此れは昆虫展の会場案内です。今日の話題は展示中の「ゴキブリ」の展示です。真ん中上に在る導線を外れた小さなコーナーでした。展示室に入るなり巨大な昆虫に圧倒されます。実物の200倍、300倍の「蚊 [続きを読む]
  • 稲作の始まりは「縄文時代か弥生時代か?」
  • 私の学生時代は、『稲作が始まったのは弥生時代の初め、年代でいうと紀元前4〜5世紀』と教えられました。 ところが平成15年の国立歴史民俗博物館の報告によると、弥生時代の土器に付着している「ふきこぼれ」の放射性炭素を加速器質量分析法(AMS法)によって測定したところ、考えられていたよりも500年も時代を遡るという結論が出ました。我国稲作は紀元前10世紀頃に始まったということになります。 この報告は考古学の世界を震 [続きを読む]
  • 八幡宮の「鳩御籤」
  • 7月26日(金)に鎌倉の鶴岡八幡宮に出かけました。新調なった段蔓は石敷きにしたので砂利敷きに較べてズット歩き易いのですが、照り返しがきついので汗を拭き拭き八幡宮に辿り着きました。境内に入って早速休憩所で水分の補給です。境内では高齢の作業員が8月6日に始まる雪洞祭りの雪洞を建てる支柱を建てる作業中です。此れが八幡宮の雪洞祭りです。このお祭りが終われば立秋ですから暑さも峠を越します。八幡宮の境内では雪洞の支 [続きを読む]
  • 鎌倉での「工事中」2件の楽しみ
  • 京都で言えば「洛中」と「洛外」とは大違いです。「城下」と「城外」の違いが在るでしょう。鎌倉とて同じです。鎌倉の城壁が背後の山脈だとすれば、山脈の内側が「府内」で山脈の外側は「府外」です。「府内」には景観条例等で古都の景色が守られています。鶴岡八幡宮が背後の山を墓地開発しようとしたところ大仏次郎や小林秀雄が”府内の景観を守れ”と言って反対運動をしました。その結果鎌倉の風景が守られて来ています。今年3 [続きを読む]
  • 朝の楽しみは庭の花
  • 熱帯夜が続きます。でも、ワンちゃんも元気で食欲も旺盛ですし。婆さん鶉も毎日卵を産んでくれます。私はペットに挨拶して、庭の草花や野菜の表情を確認します。新聞を取にポストに行くと昨晩羽化した蝉が飛び立ちます。庭木のアッチコッチに空蝉(蝉の抜け殻)が付いています。蝉も羽化する場所を間違えると、蝙蝠(こうもり)や家守(家守)に食べられてしまいます。早朝私の足音に驚いて飛び立つ蝉は幸運なのです。今朝から精々1週間 [続きを読む]
  • 鎌倉の蓮花三景
  • 昨日は24日の「鎌倉花火大会」をブログにアップしました。私は花火会場に近い「光明寺」さんに登りました。光明寺には「記主庭園」があって、池を埋めつくす古代ハスの花を愛でる会が毎年7月21日22日に開かれます。今年は観蓮会には参加できませんでしたがせめて蓮は観ておきたい思って24日の夜7時に境内に入りました。鎌倉花火大会(7/24)の夜の光明寺境内、まだ二日前実施した「観蓮会」の提灯が灯されていました。光明寺の記主庭 [続きを読む]
  • 由比ヶ浜花火の美しさ
  • 7月24日(火)は鎌倉由比ヶ浜の花火大会でした。私の友人は多くが湘南、横浜に住んでいます、友人が顔を揃えると「何処がいちばん住み良いか?話題になります」「横浜は住民サービスは良いモノの地方税が高い」「鎌倉は地方税も高いし住民サービスは悪い」一方「藤沢は文教都市である事に加えて地方税も易いし住民サービスは行き届いている魚も野菜も水も美味しい」良いことづくめで棲むなら藤沢が最高!」という事になります。もう5 [続きを読む]
  • 「虫送り」を観たい
  • 「NHK」ラジオが「ラジオ宅急便」から「毎朝ラジオに代わると各地の「特派員」から地方情報が届けられます。7月24日の朝は「福島県富岡町」の方が報告しました。内容は8月15日の夜に富岡八幡宮に向けて松明行事をするというのです。此れは福島県富岡町にある「富岡八幡宮」です此処で8月15日「虫送り」行事が開催されるのだそうです。写真出典「双葉町未来会議https://futabafuture.com/2018/04/02/jinja-2018-tomioka/此れが富 [続きを読む]
  • 「コナラの樹」を枯らしたのは誰だ!
  • 総じて虫好き私ですが、大嫌いな虫もいます。一番嫌いなのは「紙きり、虫」です。最初に庭で見つけたのは「楪/ゆずりは」の樹が枯れたのでその原因を究明していた時、幹にカミキリムシの幼虫を確認した時でした。此れが樹木の敵「紙切り虫」です。ポスターは日大藤沢キャンパス内に掲示.カミキリムシの食害は全国の桜の名所で問題になっています。楪の樹は伐採してゴミ処理場で焼却して戴きました。でも、カミキリムシの食害は楪で [続きを読む]
  • 育ちすぎた茄子の収穫
  • 毎日炎暑続きで参ってしまいます。畑の野菜が心配になり、ワイフに付き添ってもらって水遣りに出かけました。前回収穫してから既に10日も経っているので心配です。畑に着いてみれば懸念した通りに、野菜は既に出来過ぎ、胡瓜も茄子も超巨大です。此れは私が麻雀仲間4人でお百姓から借りて家庭菜園を楽しんでいる畑です。向こうでトマトの面倒を見ているのは仲間のKさんです。手前の吊り下げられたカラス(模造品)はKさんがトウモ [続きを読む]