horo さん プロフィール

  •  
horoさん: GP memos
ハンドル名horo さん
ブログタイトルGP memos
ブログURLhttp://gpblog.blog.jp/
サイト紹介文メモです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2006/10/13 08:00

horo さんのブログ記事

  • 意外と汚れている床
  • 実家で母が床をぞうきんで毎日拭いているので、大変そうでしたので、購入しました。 クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット [ヘルスケア&ケア用品]花王クイックルワイパー フロア用掃除道具本体+2種類シートセット 値段も手ごろで1000円台です。 注文する前に気になったところ 値段が安いため、「壊れやすいのでは?」、「構造が貧弱で使いにくいのでは?」、と思いつつ、お手頃な値段でしたので、「使いに [続きを読む]
  • 10年後に後悔しない転職の条件
  • 10年後に後悔しない転職の条件 [Kindle版]佐藤文男経済界2014-07-11 最近転職についての本を読んでいます。探してみると、それほど転職について記載している本はありませんでした。その中で、いくつか読んでいると、ある程度同じ内容を違った著者が推奨しているのがわかります。 それはそれで、大事な本質的な事項なのかな、と思います。まあ、それにしても、転職は用意周到にすべきですし、転職をするときには、自分なりの強い [続きを読む]
  • 血圧変動エビデンス&プラクティス
  • 血圧変動エビデンス&プラクティス―最新知見をアップデート [単行本]先端医学社2016-05  数年前から血圧変動が注目されています。 20年以上前から、血圧変動の重要性はすでに指摘されていました。ただし、1日の血圧変動についてで、例えば夜間の血圧低下が見られなくなると、心血管病の予後悪化につながる等といった内容でした。 最近では、診察室の血圧の変動等、24時間以上にわたる、数日、数か月おきの血圧変動や、季節性変 [続きを読む]
  • 一生、同じ会社で働きますか?
  • 一生、同じ会社で働きますか? [Kindle版]山崎元文響社2017-07-01この本は転職を考えるときに、とても参考になる本だと思いました。一般に、転職をそれほど楽観視しないようにと記載している本が多いような気がします。特に中年以降には注意が必要なのでしょう。もともと、それほど好条件で仕事が見つかる率も低くなるでしょうし。転職を考えて本を読むときは、少なからずというか、1/2以下の気持ちでもそうでしょうが、転職をする [続きを読む]
  • 会社を辞めて後悔しない39の質問
  • 会社を辞めて後悔しない39の質問 [単行本(ソフトカバー)]俣野 成敏青春出版社2016-02-27読みやすい本であっという間に読んでしまいました。職場を変えようとするときによく言われるのは、趣旨として、今の職場が嫌だから職場を変わるのでなく、何かをしたいから職場を変わるべきと、よく耳にします。職場で働きにくい、上司との関係性が悪い、と今の職場が嫌になって辞めると、その次も同じようなことの繰り返しで、職場を転々と [続きを読む]
  • 論文アクセプトされました
  •  もう、かれこれ長いことかかりましたが、ようやく取り組んだ臨床研究の1つの論文がアクセプトされました。 臨床研究についてあまり知らないところから、解析の方法を勉強しつつ、1から書いた論文の1つでした。最初に取り組んだ自分のテーマの臨床研究で、研究会や学会発表をしながら。そして、雑誌投稿して、rejectされ、他の雑誌に投稿。そして、延々と長い査読の期間を経てようやくですので、ホッとします。 この期間を通じ [続きを読む]
  • 土日は仕事
  •  先週は、週末に仕事を入れすぎました。 そのため、疲れが取れず、今週に突入です。 バランスよく仕事をすべきですね。 よかったことは、土日疲れている中にも、臨床研究について仕事をすすめたことです。忙しいながらにも空いている時間を有効に利用すると何かプラスアルファの収穫が得られます。もう一ついいことは、週末に仕事をしたため、普段合わないような同僚にあって話を聞くことができました。少し違う道に進んでいっ [続きを読む]
  • 5月のインデックス投資
  • どんなインデックス投資が良いのか、そのためにはどうしたらいいのか、等、漠然としていてよくわかってないものの、何もしないよりもまず実践、と考えてとりあえず今月のインデックス投資を行いました。内訳日本債権 1万円日本株式 2万円先進国債権 2万円先進国株式 2万円  ちなみに、日本債権が少ないのは、今のポートフォリオを見てみると、日本債権の割合が多かったからです。 これで投資を毎月続けても、10年でそれほど [続きを読む]
  • 1日にアルバイト3コマ詰め込んだ
  •  4月からアルバイトを1つ増やしました。投資のためのお金を確保するのが目的です。先日、ちょうど丸1日のうちに、午前と午後とアルバイトを詰め込んだ日があり、更にその日でないと、もう一つのアルバイトの日程をたてることができなかったため、更に夜にアルバイトを入れました。 Totalで、1) 午前、2) 午後、3) 夜です。夜のアルバイトは、午後のアルバイトが終わってから、2〜3時間。 まあ、やろうと思えばできてしまいまし [続きを読む]
  • 信頼できる指導者を持つ:守破離
  •  昔から両親に、言われた言葉。「良い先生を持つことは大切」。 小学校、中学校、高校と担任や授業の先生は必然的に決まってきていたため、いまいちピンときませんが、学校以外で、スポーツを習ったり、あるいは習い事をしたりするときに、は関係してきました。 信頼できる先生を持つと、その先生とのつながりができるし、その先生だったらどんなふうに行動するか、考えるかを身近で見ることができます。それを経験したうえで [続きを読む]
  • 器用貧乏。
  •  いろんなことに興味があり、またある程度できてしまうため、あれこれ手を付けすぎて、結局一つの道に深く精通できない。 そんなことはよくあるのかもしれません。 一方で、職場では、自分の専門分野を持つとともに、医療全般の基礎知識を併せ持つことが重要と言われてきました。専門分野も日進月歩です。技術面で常にその最先端で常時活躍できることは珍しいのかもしれません。その最先端を必要とするのは一部の医療機関のみで [続きを読む]
  • SIADH
  • 抗利尿ホルモン分泌異常症候群(SIADH, syndrome of inappropriate secretion of ADH) 検査血液: 浸透圧、ADH、fT4、TSH、Cortisol、BUN、Cr、UA、Na、K、PRA尿: 浸透圧、Na、K 診断下垂体・副腎機能正常、甲状腺機能正常 (甲状腺機能↓→心拍出↓・BP↓→GFR↓→ADH分泌↑。他に、腎尿細管でNa/K-ATPase活性↓→腎でのNa再吸収↓)。* 甲状腺機能低下に伴う低Naの機序について記載している本は少ない。低浸透圧血症で、尿[Na] [続きを読む]
  • 断捨離と節約
  •  実家に帰省して思ったこと。それは、節約の精神でした。日常のちょっとしたことでも、お金をかけずに、また、できるだけお金をかけないような心がけをしていることです。 例えば、ごみを捨てるとき。役場指定の袋に入れてだしますが、その袋は通常、有料です。ごみを捨てるときには、できるだけそのごみ袋にたくさんのものを入れるようにしていました。沢山ごみを詰め込むと、ごみ袋はそれほど丈夫でないため、破れたり穴が開 [続きを読む]
  • 実家に里帰り
  • テレビでニュースを見て思うのは、毎年GWの時期にどこかに出かけるというイベント。車や新幹線の渋滞のニュースが必ず放送されます。 出かける人たちも混雑するのがわかっていて、敢えて外出していると思います。毎年のことなので、混雑することは旅の予定を立てる時点ですぐにわかるでしょう。それでもあえてというのは、続けて休むことができる時期だからということなんだろうな、と思います。連続して休みをとれる時期、これ [続きを読む]
  • 会議資料は両面印刷が少ない―断捨離―
  • この数年溜まっていた書類や本を断捨離しています。ScanSnapで読み込んで、そのあとに捨てるという方法です。あっという間にいろんな資料や本を読み込んでくれます。 その中の1つに、職場で会議の時に、全員に配られる資料があります。保管の必要性もないため、捨ててしまって大丈夫な資料です。1〜2枚の資料ではなく、1枚目に会議の概要、2枚目以降にその関連資料が印刷されていることが多いです。この資料をScanSnapで読み込ん [続きを読む]
  • 英語で臨床論文を:最近の進捗状況
  • この1年程、臨床研究の解析や論文記載にコンスタントに携わってきました。当初は、解析ソフトの使い方や、吟味等、臨床研究の解析の方法もわからず、臨床研究の論文の英語の記載の方法も我流で、一風変わっていて、いわゆる英借文になっていて、ととんちんかんな状態でした。 幸いにも、臨床研究の方法や解析に詳しく、論文記載時に使用する英語にも長けている上司が近くにいました。すべてを気軽に教わるわけではなく、自分でも [続きを読む]
  • 大量の家の書類・本を断捨離しています。
  •  今、自宅にはたくさんのものが自分の部屋にあります。パソコンもいくつかありますが、それにもまして多いのは、書類や本です。 電子化の時代と言っても、書類を紙媒体でもらうことが依然として多いですし、それが数年たつとかなりの量になります。本にしても、医学関係の本をある程度は購入します。数年たてば、知識は古くなるため、同じ時間をかけて書物を調べるようなら、新しい情報が記載されている本を読むのが鉄則。そうな [続きを読む]
  • 透析患者の管理
  • 糖尿病の治療・管理について糖尿病を有する透析患者では、HbA1cが≧8.5、≦5.4で死亡率上昇 [3]。□DPP-4阻害薬: 透析患者でも血糖を低下させるためには有用で、安全に投与可能 [4]。 心房細動の治療について透析中の患者では、脳卒中発症頻度は高く、死亡原因として、心不全、感染症に次いで脳卒中は第3位。□ワルファリン心房細動を有する透析患者に対するワルファリンの有用性についてはまだ確立されていないし、かえって出血 [続きを読む]
  • 投資の資金を確保するためにアルバイトを増やした。
  •  将来の資金を有効に確保するために、インデックス投資を開始しました。 そのためには資金が必要です。普段の給料からその資金を調達するのも1つの方法ですが、それなりに投資に費やすお金を増やすために、アルバイトを1つ増やしました。 私が確保したアルバイトのいいところは、私の予定に応じて曜日や時間を調整できるので、他のアルバイトと比べて融通が利くのがいいところ。「今週は、〇〇曜日の〇〇時からでお願いします」 [続きを読む]
  • 腸間膜静脈硬化症
  • 腸間膜静脈硬化症=静脈硬化性大腸炎静脈硬化性大腸炎とも呼ばれ、虚血性大腸炎の一種と考えられている。 疫学右半結腸に多い(虚血性大腸炎は普通左半結腸に多い)。サンシンを含む漢方薬が原因の1つ。5年以上長期投与している患者で生じることがある。* サンシン含む漢方薬: 黄連解毒湯、加味逍遥散、辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)、茵ちん蒿湯(いんちんこうとう) 症状無症状慢性腹痛(急性腹症や腸閉塞のこともある) [続きを読む]
  • ワルファリン服用患者でセレコキシブ使用は注意必要
  • 日本で行われた18名を対象とした研究で、セレコキシブ投与後に、PT-INRは、1.53→2.18と軽度上昇(p=0.01)。ただし、大きな変動が生じることもあるため(個人差強い)、注意は必要な印象あり。セレコキシブとワルファリンの相互が作用は、Drug Interaction Facts(海外のガイド)で、相互作用が生じる可能性があるが、データは非常に限定的とされている。ただし、両者ともCYP2C9で代謝される。このvariantでは薬剤代謝が遅くなるた [続きを読む]
  • ニューモシスチス肺炎
  • Pneumocystisjirovecii (イロベジー)による。従来のcariniiはラットに感受性のあるもの。以前は原虫と思われていたが、真菌とわかった。多くの人は幼小児期に不顕性感染を経験している。AIDS患者の40%は、本症で発症するといわれる。▼検査比較的早期から、著明な低酸素血症を起こす。LDH↑、KL-6↑、β-D-glucan↑Grocott染色でシストが黒く染まる Diff-Quik染色で栄養体が紫色に染まる。 培養はできない。 BALF、TBLB生検等で [続きを読む]
  • ねこひっかき病
  • ねこひっかき病Bartonellahenselae(人畜共通感染症) 疫学小児から高齢者まで幅広い。 3〜10日後に皮膚局所の発赤。2週後に有痛性局所リンパ節腫脹が数か月持続。発熱、全身倦怠感、頭痛等がみられる。(参照: Pasteurella multocida感染) 診察発熱(不明熱のことあり)LN腫脹(90%以上): 数週〜数か月持続 診断1)猫との接触歴、2) 典型的な臨床症状、3) Bartonella henselae抗体陽性 [1]抗体検査: 海外への外注検査で、2 [続きを読む]
  • 投資を再開: インデックス投資
  • 以前にインデックス投資+αを行っていました。そのままほったらかしにして口座を再度確認すると、意外と20%増。ちょうどいい時期に投資していたのでしょうね。 将来のお金について考える必要性を感じたため、再度投資を開始することとしました。実際にどうするかというと、インデックス投資をまず再開します。ポートフォリオを作り、その割合を保つように適宜買い足していきたいと思います。今の時期に再開するのが果たしていい [続きを読む]
  • 労働時間と睡眠時間
  • 世界的に実労働時間は減少している。以前は日本のみが年間総労働時間は突出して高かった。日本も実労働時間は減少しているものの、いぜんとして水準は高く、年間1840時間と高い水準。米国、カナダ、イタリアと同程度。イギリスは少し少なく、フランス、ドイツは更に少ない。睡眠時間は、日本は海外と比べると少なく、韓国と同程度。→ 労働時間の長さは、睡眠時間の少なさと関連するといわれる。労働時間が長くなると、睡眠時間は [続きを読む]