qoosuke さん プロフィール

  •  
qoosukeさん: boutie ☆ -ブティ-
ハンドル名qoosuke さん
ブログタイトルboutie ☆ -ブティ-
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/quiltq
サイト紹介文日々のこと、趣味のパッチワークのこと…☆気が向いた時、気儘に更新♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2006/10/14 22:55

qoosuke さんのブログ記事

  • いちじくジャム作る
  • 久しぶりに、JAの直販店に買い物にイチジクがパック売りで… 大好きないちじくジャム作ろうと購入(いちじくジャムはもっぱら、買う人でした)いちじくジャム作りは初めてですでも、皮剥いて、適当にカットして砂糖とレモン果汁入れてコトコト加熱するだけなので 問題なし砂糖はイチジクの15%にあっさりとしたジャムになりましたヨーグルトのトッピングだったり、トーストに塗ったり小さな種?がプチプチっとするのがお好み1 [続きを読む]
  • ひとり旅
  • 先日 クラブツーリズムの旅行のお話を聞く講演会に参加する機会があってカタログも何冊かいただき何と、気になっていたおひとり様旅行のツアーが載っていて海外旅行もあるのですおひとり様…夫は海外に出ると体調崩すし娘には断られ友人は それぞれしがらみがあるし私は海外旅行には行けないのか!と思っていましたが…大丈夫かも自分だけのタイミングで計画を練れるのは良いですよねお一人様も良いな〜なんて思っているんです実 [続きを読む]
  • 秋 ヘンリーつた
  • 塀に絡みに絡んでいますヘンリーつたの実がグリーンから紫に変化秋を実感です春からひたすらツルを伸ばして健気冬には落葉ですが、そこで更新され春にまた芽吹きます割とお手入れいらずで育て易いです [続きを読む]
  • 宿題 がま口ポーチ
  • このところ、気にしてはいるのだけれど更新が途絶えがち…↑の宿題のポーチ、授業でお披露目していないのですが先にネットでお披露目してしまいます(ネタ不足…ゆえ)口金に小さな穴が開いていて縫い付けるタイプ。紙紐を入れ込むタイプより口金から抜けてしまうことがないから安心です手前のは、刺しゅうをして…キルティングをしてありますなんて…〜と、云いたい ところですが刺しゅうを施した布、ゆえ輪郭だけキルティング [続きを読む]
  • HACOマルシェ
  • 静岡でもこんなに素敵なイベントが…職場のCHIちゃんから やってるよ!と前夜メールが母がお世話になっている施設から近いし期待しないで何となく寄ってみる静岡市の南にある建築工房が経営する店舗普段は雑貨とカフェ有機農法野菜、はちみつ、珈琲豆、アンティーク雑貨、彫金アクセ、木工雑貨扱う種類は少な目ですが クオリティ高い行って良かったと思えるイベントこのサラダ、サービスミニキュウリ、紫オクラ、トマト、ナス [続きを読む]
  • アップリケ
  • アップリケは苦手とずっと思っていましたある日やればできる!じゃん!って日が訪れアップリケが好きに…今回はソーイング関係のグッズをアップリケのテーマにしてみるただ、ぬり絵感覚で生地を選びひたすら 奥たてまつりで生地を縫い付けていくだけ一つの世界が浮かびあがります楽しい [続きを読む]
  • 宿題
  • 2か月間のお休みとなってしまいました老人を2人抱えておりますと、アクシデントは多々少し気持ちも落ち着いてきましたので 久しぶりに更新してみますパッチワーク教室の宿題を ただ今せっせとやっています課題はポーチ少し大きめのがま口ポーチになります以前、作り置いてあったベツレヘムの星のパターンを利用したもの口金に挟むので、いつも使うキルト綿より少し薄めになりますもう少し頑張ればキルティングが完了取敢えず、 [続きを読む]
  • ええでぇ〜
  • 買って 良かったというもの 一つ私…掃除が苦手な人と 云うか、掃除機を”えっこらさ”って 出してくるのが億劫な人ついつい、大きな埃さえ 目をつぶってしまう人だったが・・・きれいにしたい気持ちはあるので、安楽な道を求めお掃除ロボットに清潔を託そうとし、お掃除ロボットのリサーチをはじめたそんな頃友人にその旨を話したところマキタのハンディ掃除機意外と吸い込み良いわよって!値段も物凄く高い訳でもないので  [続きを読む]
  • アカンサスモリスの花
  • 一昨年前我が家に届いたアカンサスモリス。花が元気に咲いてます訪ねてきた人から 植物の名前聞かれます 必ず・・・存在感は充分結局 冬越し しまして・・・(静岡は温暖だからでしょうか)かなり、育て易い子です地植えですから 水もあまり与えておりません季節には花を咲かせてくれて感謝・感謝です [続きを読む]
  • ニゲラ
  • 去年咲いたニゲラの種を採取したものと種を購入して育てたもの(私、お得意の直播き)今がピークです花弁が一重のもの、重なってるもの、多種よ〜く見ると 1輪1輪微妙に形態が違っていておもしろい病気にも強く育て易い花赤花マツムシソウと一緒にこの時期 切り花は2日が限度かな [続きを読む]
  • カクテル??
  • GW中 風邪ひきさんでした、のどと鼻からスタート熱はびっくりするほど出ませんでしたから家で風邪薬を飲んでウトウトしてました大分体調も良くなったので 庭に出て 咲き始めたつるばらのカクテルをカット花器にさしてみましたココ子たちだけで部屋が華やぎますうっとおしい気持ちも吹っ飛びます [続きを読む]
  • 咲く・・・
  • 世はGWと騒いでおりますが 我が家はいたって普通今日などは 母はディサービスに行きましたから・・・いつもと変わりありませんゆえ 私は小さな庭のお手入れをただいまジキタリス、赤花マツムシソウが誇らしげに咲きそれを追うように アカンサスモリスの蕾が丈を伸ばしていますそうそうつるバラのカクテルも咲き始めクレマチスも咲き始め毎朝、庭に出るのが楽しみであり、作業は満載花柄摘み、草取り、水やり、時に虫退治でも [続きを読む]
  • スマホが起動しない・・・
  •  突然 スマホがストライキ充電は大丈夫、別に問題になる事なかったし・・・えぇ^^^^^なんで〜〜〜突然スイッチボタンを押しても、うんともすんとも言わないどうしたら良いのか頭が働かない深夜だし・・・充電のセットはして就寝で・・・ 時間に余裕の出来たところで(主婦なので いろいろとやること満載)パソコンで検索してみるべし、と思い・・・検索ありました。解決方法がそれは「スイッチONのボタンとスイッチOF [続きを読む]
  • 4月29日(土)のつぶやき
  • アカンサスモリスの蕾が生長中只今60?ほどの丈が、多分1m位には生長することでしょうちょっと、楽しみ pic.twitter.com/jE9NSUeEzg― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月29日 - 08:08あさりの砂抜きしましたら…凄い事になってました出水管と入水管が伸びきっています一晩で砂はバッチリ吐いてくれたと思います pic.twitter.com/XUGhbYpbM7― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月29日 - 08:19二階の窓から…雷と雨と西から射す太陽の光 [続きを読む]
  • hana
  • このところ、庭に出るのが楽しみ色々な植物が背丈を驚く速さで伸ばしていますパッチワークの作品は花のアップリケにとりかかっています家に咲く花を撮りためているけどいつか、アップリケの作品のヒントになると 良いなと思う [続きを読む]
  • 糠漬け
  • ぬか漬け、事始めは昨年6月もう少しで、満1年になる今のところ、順調に育っているけど・・・心細く、やっと、こんな感じかな・・・と思える漬かり具合にしかとにかく、難しいせめて、毎日 かき混ぜよう〜と思っている糠漬けは発酵食品発酵食品を定義すると「自然界に生息する微生物の力を借りて人間が人為的に作る食品」乳酸菌と酵母の働き(発酵)らしいけどピンとこない [続きを読む]
  • 4月20日(木)のつぶやき
  • 勿忘草の樹形が乱れてきたので切り戻しましたお花を捨ててしまうのも可哀そうバケツに挿してみましたまた、夏頃、咲くのを期待して… pic.twitter.com/5BNcCeRJZA― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月20日 - 15:54昨年の秋、葉が枯れてきたのでダメかな?と思ったけど、裏に放置何と、見事に返りざきですにっこりです pic.twitter.com/R5niPI2KO3― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月20日 - 15:59 [続きを読む]
  • 4月18日(火)のつぶやき
  • 静岡市の雨量、半端ではありませんでした一晩で、こんな‼?このブリキ、深さ17?ほどあるんですよ pic.twitter.com/Q3K2AXfn2w― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月18日 - 08:35久しぶりにキルティングしてますまん丸ポーチ、宿題です布を見て、針を触っていると 癒やされます pic.twitter.com/HS6nIloitJ― qoosuke (@qoosuke443) 2017年4月18日 - 11:28 [続きを読む]
  • 草花たちの静かな誓い(宮本輝著)
  • 宮本輝の対談番組を観て、昨年末新刊の存在を知りアマゾンで注文、購入軽いタッチのストーリーというかミステリー思わず引き込まれるストーリーには毎度脱帽です設定はアメリカ、ロサンデルス近郊のランチョ・パロス・ヴァーデス超高級住宅街にある主人公の叔母の家敷地には庭師が毎日手入れに入るほどの広いガーデンお花が咲き乱れている風景を想像されるちょっと、身近にはない風景の描写が 目新しく感じ宮本輝?と驚いている [続きを読む]