Karakara さん プロフィール

  •  
Karakaraさん: KARAKARA-FACTORY
ハンドル名Karakara さん
ブログタイトルKARAKARA-FACTORY
ブログURLhttp://karakara.pepper.jp/blog/
サイト紹介文大自然のなかの引きこもり たまにおでかけ。美術鑑賞と考察、セルフビルドするギャラリーオーナー。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2006/10/21 02:25

Karakara さんのブログ記事

  • 野沢二郎 展「向こうのほうへ SomewhereBeyond」/ 殻々工房
  • 現在、殻々工房で開催中の 野沢二郎 展「向こうのほうへ Somewhere Byound」です。野沢二郎さんは殻々工房では5年ぶり、5回目の個展となります。いつも精力的な絵画制作と、東京、横浜、水戸を中心にした定期的な展覧会活動を続けておられます。そんな中で、那須高原でもこうして何度も質の高い現代美術を見せてくださることに感謝しています。作品とは関係ないのですが質問が多いので書いておきますと(笑)、僕と苗字が同じな [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン/ Bar Sport
  • 屋号がスポーツバーみたいだったので何度か素通りしていたバルBar Sport。宿泊先のペンションのオーナーがオススメしてたので行ってみたらカジュアルだけど勢いがあってピンチョも美味しい。日本語が少し話せる店員さんもいました。カウンターに並ぶ客を覚えて、追加注文が入るとタッチパネルで入力していくみたい。名前入力するようで、おなまえは!と聞かれました。1品ずつ皿とシルバーを交換して、とても働き者な人で、すごい [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン/ Ganbara
  • お昼ちょっと過ぎ、奥から出された大皿のピンチョが次から次に消えていく人気のGanbara。カウンターの立ち飲みでいかにもバルな造りなんだけど、ユニフォームや内装の色合いがナチュラルテイストにコーディネイトされていて現代的なバルでした。この木の部分がマイスペースな感じ。10センチあれば何とかなるもんだ。(笑どれも丁寧でビジュアルがシンプルに美しいピンチョでした。ゆでたまごとエビとアンチョビは定番ですね。で [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン/ Bar Gorritiで雨宿り。
  • 冬のバスクは、晴れたり雨が降ったりの繰り返しでした。外ではカーニバルの小さな楽団が旧市街を練り歩いています。雨音が近づいては離れていくように、彼らの音楽も近づいては遠ざかって行く。日下がりというよりは夕方近く。いくつかのバルは休憩時間だけど、ここBar Gorritiは朝からずっと開けっ放し。さすがにこの時間は客も疎らで、昼は3、4人いるカウンター内のおじさんも1人だけ。たまに奥にある厨房から、おばあちゃん [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン/ Bar Tamboril
  • 古い木調のイメージの店内で、休憩前で人が疎らだったからかとても静かだったBar Tamboril。この左にあるフリットがとても美味しかったです。一口目で牛肉の香り、ふわっとしていてとろみがついていて、オイスターソースっていうかチンジャウロースーみたいな味なんだよなぁ。。お替りしたけど結局何かは分かりませんでした。笑帰ってから、再現できないかと試してみたけど......なかなかねぇ。基本的に飾り気のないピンチョが並ん [続きを読む]
  • サンセバスチャン冬のカーニバル INSUTERIAK CARNAVALES 2018
  • 僕らがサンセバスチャンに着いた日はカーニバルの初日だったみたい。夜に少しパレードがあって、その翌日からは昼からあちこちで楽器を鳴らしながら列を組んだ行進が見られた。最終日には道路を閉鎖して昼から夜までたくさんの子供を中心としたグループが大通りを踊りながらすすむ姿が見られました。この日は広場で音楽に合わせて楽しそうに踊ってました。INSUTERIAKというのはバスク語でカーニバルのこと、日本語に訳せば、カーニ [続きを読む]
  • 真冬のサンセバスチャンの夕暮れ
  • いつもほろ酔いで過ごしたサンセバスチャン。旧市街を歩けば、バルか土産物屋かといった感じで飲み屋だらけですよ。日本では平素仕事ばかりで、ゆっくり夕日を見ることもないので、たまの休みにはマジックアワーを楽しもうかとビーチへ。すぐに海岸に出られるのが素晴らしいなぁ。海ではサーフィンしてますよ。実際には板の上でゆっくりとしてたまに来るなみに乗ってゆっくり砂浜に降りてるって感じ。とっても優雅に見える。波に空 [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン / Borda Berri
  • このところ仕事だらけなので、また旅の回想して気分転換でも。サンセバスチャンでつまんだピンチョの中で一番感動したのがここBorda Berriでした。ここのカウンターには作り置きのピンチョは一つもありませんでした。全てオーダーしてから盛ったり加熱されます。できたらカウンターで呼ばれるので取りに行きます。.....隣の女の子には運んでくれてたけど。笑しかも料理はレストラン並みに手が込んでいて美味しい。すごいバルだわ。 [続きを読む]
  • サンセバスチャンの貝のような形の静かな海
  • サンセバスチャンの旧市街とホテルの立ち並ぶ入江の冬の砂浜はとても静かな海でした。砂は細かく、海水を含んでいて硬く締まっている。冬のせいもあるのか、光は白く明るい。水を含んだ浜は鏡のように空を映している。光が白く明るく感じるのが、その反射のせいもあるのだとすれば、ヨーロッパ北側の海に面したオランダの光に近い明るさなのかもしれないと思ってみたりする。貝の形というのは、ホタテやアサリのような2枚貝の事で [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン / Atari Gastroteka
  • サンセバスチャンの旧市街の奥にあるSanta Maria basilikaという教会の目の前にあったバルAtari Gastroteka。アイドルタイムだったのでガーラガラでしたがカウンターにピンチョがあったのでつまんでみました。見た目はよかったのですが.........結構きつい。時間が経っているせいもあると思うけど、食べても美味しいとは思わないし、白身の魚はものすごいアンモニア臭で日本酒が必要かも。笑でもたまにスーパーでもスッゴいアンモ [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・サンセバスチャン/ Bar Gorriti
  • サンセバスチャン滞在中、毎日寄ったバル Bar Gorriti。ブレチャ市場のすぐ横にあって、朝からやってて気軽に入れる感じ。地元の店らしく日曜定休。小さい店で通りの角にあって、入口も複数、テーブルがなく立ち飲み専用というのがいろんな意味で風通しがいいのかもしれない。お会計の時に、ピンチョいくつ?と食べた数を聞かれるのもスペイン語の練習になっていい。バルで数字を覚えました。笑左の皿の一番左にあるのがめちゃくち [続きを読む]
  • まつい由美子 展「絵の中の海辺」/ 殻々工房
  • 現在、殻々工房で開催中の まつい由美子 展「絵の中の海辺」です。まつい由美子さんは東京を中心に制作、展覧会活動をされている美術作家です。展覧会も折り返し点を過ぎ、残りあとひと月足らずとなりました。すっかり夏、絵の中の海辺に立ち、記憶のなかにある海の匂いを、那須高原に居ながらにして感じるような展示となっております。栃木県には海がありませんが、僕らの住む日本という小さな島は海に囲まれています。車に乗って [続きを読む]
  • ビルバオ市街からサンセバスチャンへバスで移動。
  • マドリードから来た時もここだったビルバオのこじんまりとしたバスターミナル。すぐ隣がとても大きな建設現場なので、あと何年かしたらバスターミナルも含めてこの辺りは大きく変わるのかもしれないな。この日はビルバオ市街からサンセバスチャンへ移動です。チケットは当日買うつもりだったんですが、満席になることがよくあるというので、前日にGO EUROのサイトからiPhoneで購入しました。7ユーロくらい。実際、真冬(2月上旬 [続きを読む]
  • グッゲンハイム ビルバオ美術館 Museo Guggenheim Bilbao
  • バルで飲んでばかりいたように見えると思いますが、僕らのビルバオのメインはグッゲインハイム美術館でした。パリのルイヴィトン美術館でフランクゲーリー設計の美術館に行って、アミューズメント的にとても楽しかったので(笑)ビルバオにも行っとかないと!と思っていました。酒好きなので、実際はバルにいる時間の方が長かったりするのですが。。ビルバオといえばグッゲンハイム美術館。この街にこの建物が合ってるのかどうかは [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・ビルバオ / La Viña del Ensanche
  • ここは旧市街ではなくビルバオの鉄道駅からも比較的近い場所にあるLa Viña del Ensancheというバル。ビルバオで行ったバルの中でもう一度行くとしたらここに行きたいです。美味しいレストランのようなフードをバルのように出してくれるお店でした。カウンター上にタパスが並んでいたのですがシンプルな生ハムサンドが多かったので何を選ぼうか迷っていたら、店のお兄さんがピンチョ?と聞いてくれました。メニューが多言語になっ [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・ビルバオ / Víctor Montes jatetxea
  • 綺麗で落ち着いた雰囲気のレストランVíctor Montes jatetxeaのカウンター。ちょうどアイドルタイムでどんよりしていたのでワインだけ飲んでトイレを借りました。トイレに行きたい時はバルだよね。笑※ここは落ち着いて食事できそうなレストランでした。。ここはトイレが2階にあってレストランだったから普通に、トイレある?って聞いて入ったけど、フラットで小さい店では、ドアがロックされてることがありました。注文しないで [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・ビルバオ / Café Bar Bilbao
  • ビルバオ旧市街の新広場PlazaNuevaにあるバルCafé Bar Bilbao。同じ広場内にあるSorginzuloや他のバルに比べると洒落てない海のオヤジっぽいバルでした。床には使用済みの丸められた紙ナプキンが落ちてます。バスクじゃそれが流儀の店が幾つもあって、ゴミだらけ(?)の床は人気の証らしいよ。笑赤ワインを頼んだことを後悔しそうなピンチョスを選んでしまった。一番上には真っ赤な魚卵、その下にカニカマのマヨ和えみたいなの、 [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・ビルバオ / Sorginzulo
  • 美術館メインでバルはあまり下調べせずに行ったビルバオ。僕らはビルバオの鉄道駅エスタシオンデアヴァンドEstación Abando Indalecio Prietoの近くにホテルを取ったので、駅からビルバオ美術館やグッゲンハイム美術館に向かった方角のバルの方が行きやすかったのですが、駅の反対側、ビルバオ川を渡ったところにサンチャゴ大聖堂を中心とした旧市街があるのを現地で知りました。川を渡った旧市街入口のところに新広場PlazaNueva [続きを読む]
  • バスクのバル巡り・ビルバオ/ El Globo
  • バスクに来てはじめて入ったバル、 ホテルからわりと近かったEl Globo。ビルバオのバルはサンセバスチャンの旧市街ほどひしめき合ってはいないけど、魅力的なバルが幾つもありました。この時はまだ時間が早かったのでカウンターにタパスがあまり並んでなかったけど、あるものの中から注文しました。営業時間中ずっと何かしらある、というのがすごいのと同時に、鮮度的に当たり外れもありそうだな。笑手前のミートボールフライみた [続きを読む]