龍之介 さん プロフィール

  •  
龍之介さん: キャリステニクス・ヨガトレーニング
ハンドル名龍之介 さん
ブログタイトルキャリステニクス・ヨガトレーニング
ブログURLhttp://hathayoga.jp/
サイト紹介文ヨガの難易度の高いポーズをキャリステニクス(自重トレーニング)に取り入れています。
自由文子どもの頃から柔道をはじめとする格闘技、体操、水泳競技に親しんできました。 ヨガ歴41年のヴィーガンです。本年62歳。 ヨガの倒立系、アームバランス系を中心としたキャリステニクス(自重トレーニング)を日課としています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供188回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2006/10/30 17:40

龍之介 さんのブログ記事

  • 「足を使ってアジャスト・アシスト」
  • 写真は、シルク・ドゥ・ソレイユなどで活躍する神業的なハンドバランサーのスラヴァ・ポポフ氏。ヨガでも登場するホローバック・エルボースタンドをアジャストしているところです。ホローバック・エルボースタンドは、そのまま、さそりのポーズにも移行出来ます。ポポフ氏は、このポーズをアジャストするために足(多分中足)を使っています。中足で押さえた部分をテコに、足先を手でつかみ、身体全体が無理なく曲がってホローバッ [続きを読む]
  • 「岩の上のアームバランス」
  • 「岩の上のアームバランス」 from idehiroyuki on Vimeo.以前は頻繁に岩の上で倒立やアームバランスをやっていましたが、今年は、昨日のこの映像で二度目です。ヨガでいうと、マユーラーサナですが、安全のため、肘の上に身体を乗せていません。肘の上に身体が乗っていると、バランスを失ったときに身体の自由がとれないで、このような場合は、落下したときに手が使えません。肘に身体を乗せないと、身体をキープするのは、相当な [続きを読む]
  • 「クールマーサナ・バリエーション」
  • 先日は台風で一日雨だったので、Mac仕事が終わったあとにヨガというかストレッチ。クールマーサナとスプタ・クールマーサナの後に、ぐっと開脚、片手だけ足下から外して、背中に回して手首をぐっと握って締めて見ました。インスタで海外の方が同じようなストレッチをやっているのを見てトライしてみました。この写真はレフト・スプリッツから、側前屈、手を回して締めていますが、センター・スプリッツからやる方法もあるようです [続きを読む]
  • 「ジャンプフォワードから倒立」
  • tuckhandstand from idehiroyuki on Vimeo.倒立で、足を折り畳んで太ももを下腹部につける体勢をタックポジションと言います。倒立の基本的な技術ですが、ぴしっと決めるのは結構厄介。インスタグラムで最近ヨガやアクロバット仲間がタックボジションの動画をアップしていたので、私も、約2年ぶりくらいにトライしてみました。タックポジションをしばらくキープできたら、通常、ストレートの倒立に持っていきます。この感覚を最初 [続きを読む]
  • 「肘に乗る」
  • ??倒立や逆転系では、「肩に乗る」。と姿勢を表現することがあります。肩の真上に体重が綺麗に乗っていると、倒立は楽で美しくなるので、肩に乗っている倒立、という表現になるのだと思います。しかし、肩の先には、肘と、手があります。体側にある二本の体幹の延長上に肩と腕がありますが、先日、倒立歩行のフォーミングをやっていて(動画)、ふと、肘までを体幹の延長として、ひとつの大きな幹と考えると、肘は、最終的に、重 [続きを読む]
  • 「後屈」
  • 男性は、大体後屈が苦手な人が多いですが、私もやらなきゃと思っていても億劫になってしまいます。いつも、前屈、後屈、ねじり、と偏りがないようにストレッチしていますが、普段生活で使わない後屈は、やはり、意識して多めにやった方がよい感じがします。現状維持と言った感じですが、やはり逆転系、アームバランス系をやるには、少しでも柔軟な方がトラブルの面からも良いと思います。余談ですが、体操コーチから聞いた話しです [続きを読む]
  • 「筋力に頼らない」
  • ?アームバランスのように、バランス的、造形的に考えられたバランスの上に成り立っているテクニックは、とても筋力が必要で、長くはキープできませんが、倒立や倒立歩行は、自分の自然な骨格のジオメトリーの上に体重を乗せることができるので、しっかりと肩上に体重が乗っていると、そんなに筋力は必要ないテクニックです。水泳にフォーミングという練習方法があります。ピッチを遅くして、理想的なフォームをイメージ、確認しな [続きを読む]
  • 「挑戦と無謀との間」
  • 登山家の栗城史多さんが、ヒマラヤで亡くなりました。数年前に、ブログで、自分の登山のためのスポンサー集めをやったり、自分で登山への積極的なアピールや考え方を述べたりしていたことは記憶に新しいです。自分としては、その頃、まだ栗城さんのことを全く知りませんでしたが、とても好感が持てて応援したくなったことを覚えています。というのも、栗城さんがこだわっていたエベレスト「無酸素・単独登頂(酸素ボンベなしで一人 [続きを読む]
  • 「玄米酵母のナン」
  • 自家製ナンがマイブームです。グルテン不耐症の傾向があるのですが、小麦粉は不耐症が見られない品種を買い置きしてあります。酵母は、無農薬の玄米を手持ちの製粉機でパウダー状にして、水を加えて約3日ほど、常温で少し蓋を開けて暗い場所に保存します。玄米一合に対して、水は800ccくらいでしょうか。しばらくすると発酵して泡がプクプク出てきます。これで元種(原液)の完成。これを冷蔵庫に保存しますが、使用に応じて原液 [続きを読む]
  • 「もう海で泳ぎました」
  • 先日、真夏日になったので、約、8km走った後に泳ぎました。いつも、ランニングパンツの下は、競泳用のパンツなので、ランニングパンツとシャツを脱いで、ゴーグルをすれば、そのまま海に飛び込めます。競泳パンツのまま、倒立歩行で海に突入。海水温は調べたところ、海面付近が20度くらい。まだまだ低いですが、走ったあとだったのでとても気持ちよくクールダウンできました。一般の屋内プールの水温は、子供やお年寄りのことを [続きを読む]
  • 「瞑想の効果?」
  • Splash from idehiroyuki on Vimeo.先日朝、無風で快晴だったので海岸の突堤で逆転しました。海は若干のうねりがあり、この突堤の海底には起伏があり、うねりが急に大きくなります。突堤の先は乾燥していて波をかぶった形跡がなかったので安心していたのですが、倒立で足が上がり始めてすぐに、思いっきり横殴りの波をかぶってびしょ濡れになってしまいました。大したことではないのですが、全く予想しなかったことであり、波をか [続きを読む]
  • 「整体」
  • 今から約20年前に出版され話題になった健体術。以前このブログで紹介したような気もしますが、切り口を変えて。この健体術の創始者、飯沼先生から、ある日相談を受けました。半ば密教として限られたお弟子さんだけに直接伝えてきた自分の整体を体系化してマニュアルにしたい。とのことでした。私も先生の施術の威力は良く知っていたので、大変な作業であることは予測できたのですが、喜んで引き受けさせていただきました。個人的 [続きを読む]
  • 「ボン教僧侶の教え」
  • 日本人のゾクチェン修行者であり研究家の箱寺孝彦師がYoutubeにアップされている瞑想のインタビュー。インタビュアは箱寺師のようですが、この、ボン教の修行僧の瞑想修行に対する説明がとても簡潔、明瞭、分かりやすく勉強になりました。備忘録のためにアップしました。ボン教は仏教の影響を多大に受けているチベット古来の宗教ですが、仏教を含め、チベットの宗教は、ヒンドゥー教の混沌とした分かりにくさに比べ、とても体系化 [続きを読む]
  • 「12cmの段差が」
  • 倒立歩行:段差超え from idehiroyuki on Vimeo.いつもヨガや自重トレをやっている近くの突堤。途中に段差があります。ちょっと測ってみたら約12cm。歩いていると、躓かないように注意が行く程度の高さでしょうか。これが、倒立歩行しながら超えて降りるとなると、12cmだとは信じられない重力とバランスとの闘いになります。一応、超えることはできますが、相当神経を集中しないと失敗します。この12cm。我々からした [続きを読む]
  • 「耐乳酸トレーニング」
  • 倒立歩行:坂道 from idehiroyuki on Vimeo.スプリント競技など、競技時間が短い種目では、特に、短時間に肉体に乳酸が溜まってきてパフォーマンスが落ちます。水泳競技などでこの乳酸でパフォーマンスが落ちないように、耐乳酸トレーニングというものをやっていました。乳酸が貯まるような強度で、短い距離を何度も繰り返し、乳酸が溜まった状態でもパフォーマンスがキープできるようにトレーニングするものです。乳酸が消えるく [続きを読む]
  • 「ストレッチ、ストレッチ」
  • いつも、走ったり、海岸で倒立系の練習をする前に、家で、簡単にストレッチをやっていますが、週に一回は、もっと時間をかけて入念にストレッチをしています。これは小学生の頃からの習慣で、柔道で徹底されていたストレッチの延長とも言えるものです。ちょっと前に、大学の後輩で、体育会の柔道部で選手をやっていたIさんと柔軟の話になりましたが、Iさん曰く、Iさんが小学校の頃からずっと柔道をやっていて、強い選手というもの [続きを読む]
  • 「日本でもいよいよポピュラーに」
  • ハンドスタンド・180度ターン from idehiroyuki on Vimeo.ヨガのアドムカブルクシャサーナ(倒立)は、世界的にはハンドスタンドと言いますが、このハンドスタンドが日本のヨガやピラティスの世界でもいよいよポピュラーになって来ました。というのも、Instagramの #ハンドスタンド のタグのページが急に盛況になって、多くのヨガやフィットネスの女性が画像や動画をアップしています。ヨガのカリキュラムの中にハンドスタンドを [続きを読む]
  • 「ヨガで体が…急増するトラブル、NHKニュースより」
  • 以下、表題リンクヨガで体が…急増するトラブル今朝気になる記事を 発見。ヨガのサイトやブログを見ると、著名なインストラクターや先生が、「正しい指導法、やり方だとケガをしない」と述べておられることがありますが、正しい指導法、やり方でも、ケガはします。ケガをすることがあるということを前提に教えないと、ケガを最小限に抑えることはできないと思っています。パリに住んでいる知り合いの女性が現地で、ヨガを始めよう [続きを読む]
  • 「モチベーション上がります」
  • 1080p from idehiroyuki on Vimeo.もう、とっくに1000kmは走りこんだ、アディダスのランニングシューズ、そろそろ換えないと足のトラブルに繋がるので、新しいシューズを購入しました。アディダスのアディゼロという、最も軽い部類に入るシューズですが、本日午後、快晴で暖かかったので、お披露目。青い空にオレンジが映えます。私の場合、ほぼ?日走っていないと体調が悪く、しっかりと走っていると身体が良く動いてくれます。そ [続きを読む]
  • 「倒立歩行 後退とタップ」
  • 倒立歩行:後退、タップ from idehiroyuki on Vimeo.動画の前半は、倒立歩行の後退ですが、後半は、タップという、静止倒立、歩行倒立、両方を安定させるドリルです。最初は、壁倒立でこれを行います。これは、左右の腕への重心の移動をスムーズにするためのもので、倒立だけでなく、アームバランスなどの安定にも役に立つ技術だと思います。倒立は前後へのバランスを主に意識しますが、実は、左右のバランスも、安定性に大きく関 [続きを読む]
  • 「集中力のトレーニングとして」
  • http:// 倒立歩行20m×10本 from idehiroyuki on Vimeo.集中力のトレーニングとして倒立歩行20mを10本やってみました。骨格に体重が乗るようになったので、それができていると、筋力的、体力的には、無理なくできる距離ですが、やはり、瞑想のときの雑念と同じで、何かの雑念や気の緩み、外的な刺激で、バランスが崩れることがあります。ヴィンヤサを淀み無く続けるときのような感じと同じかも知れません。しかし、掌底にうま [続きを読む]
  • 「集中力のトレーニングとして」
  • 集中力のトレーニングとして倒立歩行20mを10本やってみました。骨格に体重が乗るようになったので、それができていると、筋力的、体力的には、無理なくできる距離ですが、やはり、瞑想のときの雑念と同じで、何かの雑念や気の緩み、外的な刺激で、バランスが崩れることがあります。ヴィンヤサを淀み無く続けるときのような感じと同じかも知れません。しかし、掌底にうまく体重が乗ってしまうと、筋力はそんなに必要ではありません [続きを読む]
  • 「壁倒立について」
  • 倒立歩行・逆方向 from idehiroyuki on Vimeo.倒立(アドムカブルクシャサーナ)をマスターするときに、最もポピュラーな方法は、まず、壁を背にして足先を壁につけて壁倒立をして逆転の感覚を覚えます。それから、足先を徐々に離して倒立できるようにしますが、壁を背にして壁倒立ができるようになったら、すぐに、お腹を背に向けた格好で、同じように足先をつけて壁倒立をやる方法に移行した方がより、正しい、まっすぐな倒立の [続きを読む]