七瀬 さん プロフィール

  •  
七瀬さん: 13月の迷宮
ハンドル名七瀬 さん
ブログタイトル13月の迷宮
ブログURLhttp://labyrinthundecimber.blog80.fc2.com/
サイト紹介文漫画(ジャンプ・刃牙等)感想やゲームプレイ日記です。ゲームはXBox360が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2006/11/01 18:16

七瀬 さんのブログ記事

  • ■「ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3」(510/1000G)/対戦格闘
  • 何かほぼ談合のみでしか起動していない印象だったが、実績的には510Gまでは来ていた。 360版と殆ど内容に変化は無い。なので、自分はコンプ出来ないだろう。ミッション系がのう。ワイには無理なんや。 実績は作業系多め。オンで30時間プレイとかあって、その為にoneコントローラー連射コントローラー化のアケコンチックなものも購入済み。なのに談合フレにそれをまだ伝えていないのであった。すまぬ。 [続きを読む]
  • ■「ライバル・メガガン」(340/1000G)/シューティング
  • 対戦型シューティング。このインタビューにある通り、元ネタは隠していない。 実績的には厳しそうな内容。難易度実績がまず厳しい。ベリーハードは果たしてクリア出来るのか。各キャラクリア実績に関しては、真ボスを倒す必要あり。真ボスの出現条件はノーコンティニュー必須のようだが、一旦出しちゃえばその後はコンティニューしても真ボスには挑める模様。 もっと具体的に言うと、最終面のレーザー三門ボスをノーコンティ [続きを読む]
  • ■「Forza Motorsport 7」(90/1000G)/レース
  • レースゲー。内容は、黙々とレースを続ける作業ゲーでありまする。 今作のウリは何なんだっけ? 天候? 雨かね? ウィキペディア見た感じ、ダイナミックウェザーシステムによって天候時間の動的変化が実装されたみたいなコト記載されておるのう。 もうこのシリーズは作業ゲーとしてプチプチレースを埋めていく認識。現状、まだ序盤も序盤をちょこっとやったぐらいかね。今日久々に起動させてみたけど、不労所得が溜まりに溜ま [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 1号/2019年
  • ■足芸少女こむらさん 読み切り時は鼠径部が金玉みたいになっていたのが緩和されておる。テンプレラブコメな流れなのに足という特化された武器で随分と新鮮に見えてくるのが素晴らしい。足に触って全裸まで想像出来る月長も良い。今後勝手に妄想してこむらを脱がせまくって頂きたい。 ■バキ道 オリバ、万力に固定された中でそこから脱出しようとしたようなもんだろうか。これは生々しい自爆。 ていうか骨を掴んでいたのか。 [続きを読む]
  • ■12月2日(日)/雑文
  • ・実績ストリークスを繋ぐだけのしなびた生き物と化していたが、サーバー停止前に「戦友」を片付けねばという使命感から、何だか10日ぐらい集中的に無理くりゲームをしていた感ある。就業中も情報収集したり、帰宅してからそれ試行してみたりと、こういう感覚はホント久しぶりであった。この流れを維持できないのがワイです。 ・それもあってか、以前よりも仕事への集中力が欠けてきている。拘束時間が長く感じるようになってしま [続きを読む]
  • ■11月まとめ/100冊読書/2018年
  • 11月の読了はゼロ。年間読了数は27冊。 扱いに困っているこのカテゴリも来月で終わる。マジ困っている。実は先々月ぐらいから、章単位でいいから本を無理矢理読もうと画策したコトがある。以下がその週間スケジュール。 月 イリアム 火 ひげよ、さらば 水 木 チャンピオン イリアム 金 土 レッドドワーフ号 日 月曜と木曜にダン・シモンズの「イリアム」を一章、火曜日に「ひげよ、さらば」を読む。で [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 53号/2018年
  • ■バキ道 先制を入れつつ追撃ぜずに会話を始めるのが今日日のこの漫画。うーむ、オリバVSゲバルでもこんな感じで刃牙がマリアに抱きついて寝始めたよなあ。ターン制バトル導入の元凶はオリバだったかも知れない。 二代目宿禰は激高せずに涼しい表情を崩さない。現状、宿禰はそういうキャラとして一貫している。相撲なる神事に携わる存在だし、ホーリー感維持している。この宿禰がなりふり構わない、獣性むき出しな攻撃を見せる [続きを読む]
  • ■DLC:戦友/「ファイナルファンタジー15」(120/2100G)/RPG
  • 前回武器の進化にミスをしたが、進化条件すら分かっていなかった。レベル下の白ゲージだけ見てたよ。武器によって上げるべき別の白ゲージが存在していた。多くのプレイヤーが一日二日で分かるコトに一週間かかってしまった。で、何とか今回はコルセスカと吉光を変化させるのに成功。 で、戦友アップデート前の一応のエンディングを迎えた。バハムートを倒してノクトが目覚めたトコロでエンディング。島に向かう前に「ここから先 [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 52号/2018年
  • ■あつまれ!ふしぎ研究部人気投票発表。先生が3位とは、健闘している印象。先生、セルフ脳内全裸とか見せていたしね。初期からの三人娘で千晶が一番低いのか。順番つけられないぐらい三人娘は頑張っているので何か不憫。本編は人気投票8位で見開き扉カラーに出てこれなかった大祐がいい思いをする回。いや、毎回いい思いしているけどな。■BEASTARSお爺ちゃん無双で爽快な話が終わったと思いきや後半でいきなりドロドロ系の展開に [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 51号/2018年
  • ■BEASTARS お爺ちゃん、やる時はやる。レゴシにその姿を見せるのは初風であるが、レゴシは懐かしく思っているという。壮獣ビースター候補だったお爺ちゃんも今は知名度ゼロのトカゲなのかな? それとも絡んできた連中がたまたま無知だっただけかね。野良バトルでドリアンに手首切られた独歩が外野にハゲ扱いされていたのを思い出したよ。独歩、有名人っぽいのに。 ■バキ道 相撲ルールなら宿禰に有利な三角形であるが、果た [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 50号/2018年
  • ■ハリガネサービスACE 奈良代表、これで終わりではないよな? 謎大仏イメージもあったし、全国大会での再戦を願う。帰宅時のバスの中で体に重しつけていたのを外すシーンとか入れて欲しい。本大会では本気で行こう的なコト言っていいのよ。 ラスボスと思しき鴫澤登場、タイトルに組まれたエースという単語が強調される。妹も今後活躍の場が増えるのだろうか。女キャラがどうでもよくなってきている漫画なので扱いがクローズア [続きを読む]
  • ■「アケアカNEOGEO STRIKERS 1945 PLUS」(1000/1000G)/シューティング
  • シリーズの中では、序盤は例の高速弾でもなくて見て避けられるし、遊びやすい部類かな。 ■ハイスコアモード40万点 フライングパンケーキ使用。一面につき約10万点入るので、4面ボス撃破前後で到達する。ボムは二面から惜しみなく使用する感じで良い。 ボムやパワーアップはマックス以上取るとスコアに、金塊はハイライトが最大の時に取ればスコアも上昇する。が、あんまそこは気にせず、とにかく4面をクリアまで生き延びる [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 49号/2018年
  • ■鬼のようなラブコメ 土田、手口はゲスいが度胸は素晴らしい。たんなる馬鹿なのだろうが、微妙に憎めないキャラに感じた。この調子で準レギュラー化してもいい。心から馬鹿だったというコトにすれば、善人化も可能だ。しかしまた新キャラの噛ませにされそうな雰囲気。 ■バキ道 バーベルの次はサンドバックで宿禰の試割が描かれる。リアルでまわし無しの人を相手にしたら、皮と肉掴んでマワシを作るんだろうなーというのが [続きを読む]
  • ■10月まとめ/100冊読書/2018年
  • ■2018年10月/読書 026:赤川次郎「悪魔のような女」(角川文庫)10/01読了 027:御影瑛路「空ろの箱と零のマリア 7」(電撃文庫)10/01読了 10月の読了は2冊、年間読了カウントは27冊。 気付けば今年も残り二ヶ月。早い。読書は全く予定通りに進まず、本業たるXboxでも日々実績ストリークスを繋げるだけの生活になっている。もういい。もうこれでいいんだ。自分の今年はこれでいい。 談合的なものも出来てないなあ。お誘 [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 48号/2018年
  • ■弱虫ペダル 知らん間に築かれていた因縁が明かされる模様。水族館で自転車競技者二人、勝負でしょう(何の?)。 あー、ようやくインターハイ二年目も最終決戦なのね。自分がチャンピオンの購読を再開したのは刃牙道連載開始時で、その時二年目が開始する直前だったんだよなあ。長い。実に長い。その戦いもようやく終わるようだ。 ■六道の悪女たち あっさり数珠つけてあっさり数珠外すテンポの良い流れ。悪女じゃなくなる [続きを読む]
  • ■「Conan Exiles」(1000/1000G)/RPG
  • オープンワールドな中、探索して敵と戦ったり家作ったり、何かそういうゲーム。実績をコンプする分には、管理パネルから設定を自由に弄って、実績条件をあっさり満たすコトが可能。実績視点で言えば2時間ゲー(一つだけ協力者が必要な実績あり)。 実績要項は大まかに以下。 ・特定行動一式 ・レベル関連(管理パネルであっさり) ・生成関連(管理パネルであっさり) ・ロケーション訪問関連(ワープ) ・特定ボス [続きを読む]
  • ■「Deployment」(1000/1000G)/シューティング
  • 操作感覚としては全方向シュー。が、何かパーティゲームなノリの内容。実績は容易。 ・チュートリアル関係 ノーデスでチュートリアルクリア実績がある。チュートリアルは3ステップと短いので問題がないが、2ステップ目、ワケも分からずただ撃ってるといつまでもその段階から先に進まない。RBだったかLB使用で敵を倒す必要あり。他、チュートリアルは死亡実績もあり。 ・特定武器(キャラ)で10キル実績 1マッチ内で10キル [続きを読む]
  • ■週刊少年チャンピオン感想 47号/2018年
  • ■もういっぽん! 剣道の子は今後どうなるの。カラー扉絵でも柔道着着ていないし、簡単には柔道部に参加するワケでも無さそう。コーチ的な存在? ピンチの時に人数合わせで参加してくれる立ち位置? というわけで新連載。柔道やってる三人娘、三者三様で未成熟でキャラも一話でしっかり立ってて面白い。牧歌的な部活漫画の面白さを感じる。今後ギラギラしたライバルキャラが出てきたらこの牧歌性が失われそうだが、それでも魅力 [続きを読む]
  • ■10月17日(水)/雑文
  • ・出勤して池袋に向かうようになって半年以上、ようやく蒙古タンメン中本で北極ラーメンを食すに至る。何年ぶりだろう。池袋店で食うのは。そして、久々に食った感想として、ボリュームがあった。また、スープがドロドロで、ちょっとしたつけ麺感覚にも陥った。あと、自分がイメージしていたよりも辛くない。板橋本店と互角ぐらい。過去の自分は何故あれほどまでに池袋店で死にかけていたのだろうか。数年経っているし、同じ池袋店 [続きを読む]