菅沼天虎 さん プロフィール

  •  
菅沼天虎さん: 菅沼天虎の紙屑談義
ハンドル名菅沼天虎 さん
ブログタイトル菅沼天虎の紙屑談義
ブログURLhttps://ameblo.jp/suganuma-tenko/
サイト紹介文交通機関を利用する為の切符に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/11/02 01:13

菅沼天虎 さんのブログ記事

  • 能代駅発行 津軽2号 急行券・B寝台券
  • 昭和57年に五能線能代駅で発行されました、「津軽2号」の急行券・B寝台券です。 新潟印刷調製の券となります。 最下段に「急行乗車駅東能代」のゴム印が押印されておりますが、当時の「津軽2号」のB寝台車3両のうち、1号車と2号車の2両は秋田からの増結車であり、青森発の3号車が東能代からは満席で、秋田からの増結車に余席のある場合には秋田からのB寝台券を発売して、東能代〜秋田間は自由席車に乗車し、普通急行 [続きを読む]
  • 茨城交通 茨鉄・水浜連絡 1箇月定期乗車券
  • 昭和35年に茨城交通茨城線那珂西駅で発行されました、「那珂西−南町四丁目」の茨鉄・水浜連絡1箇月定期乗車券です。 JPR/てつどう緑地紋券で、紙質は半硬券のような厚手の用紙となります。 左上に「茨鉄・水浜連絡」と記載された、上水戸接続の茨城線と水浜線の連絡定期券で、中央に縦方向に赤線が2本印刷され、区間表記の部分に「勤」と赤文字で印刷された通勤定期券となります。 券番、有効期間、有効区間、運賃、発 [続きを読む]
  • [西] 備前原⇔岡山 相互式乗車券
  • 平成2年に津山線備前原駅の乗車券類簡易委託発売所で発行されました、「備前原⇔岡山」の相互式乗車券です。 広島印刷調製のJRW赤地紋券となります。 発行箇所の表記は広島印刷調製の簡易委託駅発行の券に見られました、02福渡(備前原)駅発行となっており、備前原駅は岡山駅から2つ目の駅となりますが、当時の管理駅は福渡駅となっておりました。 現在、備前原駅の簡易委託による乗車券類の発売は委託解除されて廃止となり [続きを読む]
  • 電鉄バス乗車券 上田から 上和田 準常備式片道乗車券
  • 廃札券となりますが、(案)上田駅発行の「上田から 上和田」の電鉄バス乗車券で、準常備式片道乗車券となります。     TTD/てつどう/TETUDO青地紋券となります。 丸子町接続の国鉄バス和田峠北線への連絡乗車券で、着駅は長窪古町、古町上口、長久保、大門落合、下和田中組、下和田上組、上和田の7駅となっています。 「電鉄バス乗車券」となる点から、「上田交通」となる以前の「上田丸子電鉄」時代の券と考えら [続きを読む]
  • 石山駅発行 自由席特急券 京都→小松
  • 昭和58年に東海道本線石山駅で発行されました、「京都→小松」の自由席特急券です。 大阪印刷調製の券となります。 当時の自由席特急券の区間表示はキロ帯表示が一般的でしたが、この券は「京都→小松」と着駅表示なっており、「京都→200kmまで」のようにキロ帯表示とすれば、京都乗車の山陰本線特急列車に対しても発売が出来たハズで、着駅表示として北陸本線専用の券としているのは、企業の出張用などの事由で発売が多 [続きを読む]
  • (湘南モノレール) 普通入場券 大船駅
  • 拙ブログの2017年4月14日のエントリ「湘南モノレール 特別補充券」でご紹介いたしました「湘南モノレール」ですが、2017年4月29日から大船駅限定で硬券の普通入場券の発売が開始されています。 A型の無地紋券となります。 かつては硬券の通常発売のあった湘南モノレールですが、硬券を廃止して久しく、さすがにダッチングマシンは無かったようで、日付はダッチング風のゴム印による押印となります。 活字の特徴か [続きを読む]
  • 日本交通公社 一宮案内所発行 普通乗車券 上諏訪→豊橋
  • 昭和34年に日本交通公社一宮案内所で発行されました、「上諏訪→豊橋」の普通乗車券です。 名古屋印刷調製の3等券となります。 有効期間が7日間となりますので、一般周遊券のうちの1葉として発行された券と思われ、右側には報告片が存在していたハズですが、券の右端に縦書きで「五〇〇円まで」の記載がありますので、発売額によって報告片の切断線が複数設けられていたものと考えられます。 発行日のゴム印には右側に「○ [続きを読む]
  • (近畿日本鉄道) 京都から 京阪橋本ゆき
  • 昭和51年に近畿日本鉄道京都線京都駅で発行されました、「京都から 京阪橋本ゆき」の乗車券です。 近畿日本鉄道社章連続青地紋券となります。 丹波橋接続の京阪電気鉄道線への連絡乗車券で、着駅は「京阪橋本」と表記されておりますが、京阪電気鉄道の駅名は「橋本」であり、「橋本」は同名の駅が南海電気鉄道高野線と国鉄和歌山線、横浜線にも存在いたしますので、あえて「京阪」を冠して区別しているものと思われます。 [続きを読む]
  • 内郷駅発行 急行券・自由席グリーン券 内郷→二本松
  • 昭和53年12月に常磐線内郷駅で発行されました、「内郷→二本松」の急行券・自由席グリーン券です。 東京印刷調製の準常備式の券となります。 当時は水戸発磐越東線経由仙台ゆきの急行「いわき1号」が運転されており、この列車は内郷駅に停車し、水戸〜福島間には自由席グリーン車が連結されておりましたので、この券は「いわき1号」のグリーン車に乗車する旅客に対して発売されたものと推察されます。 [続きを読む]
  • (銚子電気鉄道)海鹿島から 銚子ゆき 臨時発売券
  • 発行日付の記載がありませんが、平成29年8月5日に千葉県銚子市で開催されました「銚子みなとまつり花火大会」の際に、銚子電気鉄道の海鹿島駅で臨時発売されました、「海鹿島から 銚子ゆき」の乗車券です。 CDK/ちょうし青地紋の半硬券となります。 こちらは小児専用券です。 小児専用券は地紋色が異なり、CDK/ちょうし橙地紋となっています。 小児専用券の裏面です。 運賃変更印押しですが券番は0066 [続きを読む]
  • 府中から 東京都区内ゆき
  • 昭和51年5月に福塩線府中駅で発行されました、「府中から 東京都区内ゆき」の常備式片道乗車券です。 広島印刷調製の券となります。 こちらは約2年後の昭和53年5月に発行されました、同じ区間の乗車券です。 発駅に(塩)の線名略号が入り、発行箇所の左側の窓口番号の記載が無くなっています。 この間、昭和51年11月16日に運賃改訂が行われておりますが、この時の運賃改訂で一挙に2000円近くも値上げさ [続きを読む]
  • 信楽高原鐵道 普通入場券 信楽駅
  • 信楽高原鐵道信楽駅の普通入場券です。 平成29年7月に発売された券です。 「関東交通印刷」の調製と推察される券です。 こちらは約2ヶ月後の平成29年9月に発売された券です。 「日本交通印刷」の調製と推察される券に切り替わっています。 信楽高原鐵道の乗車券類は、JR信楽線から転換された当初から「日本交通印刷」が調製しておりましたが、消費税率変更による運賃改訂後頃より、「関東交通印刷」で調製されたと [続きを読む]
  • 上北町駅発行 急行券 三沢→201km以上
  • 昭和55年10月に東北本線上北町駅で発行されました、「三沢→201km以上」の普通急行券です。 仙台印刷調製の券となります。 当時の上北町駅には定期の普通急行列車は停車したものの、停車する列車は盛岡ゆきの急行「しもきた号」のみで、盛岡以南へ直通する普通急行列車を利用するには三沢からの乗車となったため、乗車駅に「三沢」が印刷された常備券が設備されていたものと考えられます。 券番は00001となり [続きを読む]
  • (流山電鉄) 通学定期 馬橋⇔小金城趾
  • 昭和48年に総武流山電鉄(当時)馬橋駅で発行されました、「馬橋⇔小金城趾」の通学定期です。 JPR/てつどう赤地紋の補充式の券となります。 「流山電鉄」は、この定期券が発行される2年以上前の昭和46年1月20日に社名を「総武流山電鉄」に変更しており、旧社名が記載された券を継続して発売していたものと推察されます。 右下の発行箇所部分の拡大です。 「○東」馬橋駅発行と記載されておりますが、「○東」の [続きを読む]
  • 天王寺から 10円2等 地図式乗車券
  • 昭和38年11月に天王寺駅で発行されました、「天王寺から 10円2等」の地図式乗車券です。 大阪印刷調製の券となります。 着駅は大阪環状線の鶴橋、桃谷、寺田町、関西本線の今宮、阪和線の美章園、南田辺の6駅となります。 こちらは約2年余り後の昭和40年12月に発行されました、同じ区間の乗車券です。 昭和39年3月22日に大阪環状線に新今宮駅が開業した事により図版が改版され、阪和線の着駅が右側に移 [続きを読む]
  • 阿寒バス株式会社 (現)往復乗車券 釧路⇔動物園
  • 発行日付の記載がありませんが、阿寒バス株式会社の「釧路⇔動物園」の往復乗車券です。 AKAN/あかんバス緑地紋券となります。 区間表記の上下に赤線が2本印刷されており、逆さまですが中央に「○小」のゴム印が押印されており、この券には小児断片が設けられておりますが、断片を切断せずに小児用として発行されています。 左上には「ろ」と(現)の記載がありますが、「ろ」は循環符号、(現)は現金払いを表わしているもの [続きを読む]
  • ○日 名古屋中央発行 団体旅客乗車票
  • 昭和57年に「○日」名古屋中央で発行されました「団体旅客乗車票」です。 名古屋印刷調製のクーポンタイプの軟券で、JNR/こくてつ淡黄緑色地紋となります。 指定席の記入欄が設けられている「団体旅客乗車票」で、「しなの14号」の長野→名古屋で発行されており、発車時刻記入欄は左側の乗車駅記入欄の下に設けられています。 裏面です。 (ご案内)は連絡線と自動車にも対応した記載となっており、この「団体旅客 [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道 箱根登山電車 硬券入場券セット
  • 箱根登山鉄道が発売しております、「箱根登山電車 硬券入場券セット」です。 1枚ものの台紙に硬券入場券が11枚セットされ、台紙には駅名の他に小田急電鉄小田原線と通しの駅ナンバリングと、駅所在地の標高が記載されています。 セット内容の硬券入場券です。 いずれも赤線印刷の券で、日付はダッチングマシンによる事前印字となります。 (箱根登山鉄道)の社名の特活から、通常発売時代の硬券を調製してお [続きを読む]
  • 米山駅発行 柿崎・米山から 東京都区内ゆき
  • 昭和52年7月に信越本線米山駅で発行されました、「柿崎・米山から 東京都区内ゆき」の常備片道乗車券です。 新潟印刷調製の券となります。 新潟印刷券では良く見られた共通発駅表示の券で、「米山」の直江津方の隣駅の「柿崎」も発駅に含まれています。 こちらは、約7ヶ月余り後の昭和53年3月に発行されました、経路の異なる「屋代・熊谷経由」の常備片道乗車券です。 米山からの乗車方向が、先にご紹介いたしまし [続きを読む]
  • 水間鉄道 貝塚→石才ゆき 自動券売機券
  • 昭和47年に発行されました、水間鉄道の「貝塚→石才ゆき」の自動券売機券です。 NANKAIDENTETU赤地紋券となります。 水間鉄道貝塚駅の出改札業務は、南海電気鉄道貝塚駅が橋上駅化されるまでは南海電気鉄道に委託されており、この乗車券はNANKAIDENTETU地紋となりますので、貝塚駅の南海電気鉄道管理の自動券売機で発行されたものと推察されますが、「水間鉄道」の社名の記載は全くありません。 [続きを読む]
  • JR北海道 わがまちご当地入場券 (千)千歳駅
  • JR北海道が市町村と協力して発売する、「わがまちご当地入場券」の千歳線千歳駅発売分です。 普通入場券の駅名に(千)の線名略号が記載されており、これは内房線の(房)千歳駅との区別のためですが、札幌印刷調製の硬券だった時代には見られなかった記載で、現時点での「わがまちご当地入場券」の発売駅で、線名略号の記載される可能性があるのは千歳駅だけとなっています。 個人的には「わがまちご当地入場券」を全種類集めよ [続きを読む]
  • 日立電鐵 ○東 大甕より 川中子ゆき
  • 昭和26年に日立電鉄大甕駅で発行されました、「大甕より 川中子ゆき」の乗車券です。 PJR/てつどう赤地紋券となります。 券面左上と小児断片に「○東」の記号の記載がありますが、これは国鉄窓口で発行された事を表わす記号と推察され、昭和25年8月1日に水戸鉄道管理局が発足するまでは、大甕駅は東京鉄道局の管轄であったため、東京鉄道局の「○東」を用いているものと考えられます。 裏面には社名が記載されて [続きを読む]
  • 米子空港駅 常備軟券
  • 米子空港のターミナルビルで発売されております、境線米子空港駅からの普通乗車券です。 JRW赤地紋の金額式常備軟券で、発行箇所は「001米子駅発行」となります。 米子空港ターミナルビルで米子空港駅からの普通乗車券の発売が開始されたのは、平成29年7月24日からで、発売券種はご紹介した3種類のみとなりますが、簡易委託駅の委託解除等により常備軟券の発売箇所が減少する中で、新たに常備軟券の発売箇所が増え [続きを読む]
  • (神戸電気鉄道)電鉄小野から 野村ゆき
  • 昭和50年に神戸電気鉄道粟生線の電鉄小野駅で発行されました、「電鉄小野から 野村ゆき」の乗車券です。 神戸電気鉄道社章連続緑地紋券となります。 粟生接続の国鉄線連絡乗車券で、「発売当日限り有効」の区間となりますが、B型券では無くA型券となっています。 発駅の「電鉄小野」は昭和63年4月1日に「小野」に改称され、着駅の「野村」も平成2年4月1日に「西脇市」に改称されており、この乗車券の発着駅は双方の駅 [続きを読む]