菅沼天虎 さん プロフィール

  •  
菅沼天虎さん: 菅沼天虎の紙屑談義
ハンドル名菅沼天虎 さん
ブログタイトル菅沼天虎の紙屑談義
ブログURLhttps://ameblo.jp/suganuma-tenko/
サイト紹介文交通機関を利用する為の切符に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2006/11/02 01:13

菅沼天虎 さんのブログ記事

  • (松本電鉄) 松本から 北新ゆき 自動券売機券
  • 昭和57年8月に松本電気鉄道上高地線松本駅の自動券売機で発行されました、「松本から 北新ゆき」の乗車券です。 無地紋のキレート式の券で、小児券として発行されています。 松本電気鉄道上高地線松本駅の出改札業務は国鉄に委託されており、この乗車券は国鉄線の自動券売機と並んで設置されておりました、上高地線専用の自動券売機で購入した券で、購入当時は気に留めませんでしたが、右下に券売機の番号と思われる「自(1 [続きを読む]
  • 阿波池田から 今治 準常備式片道乗車券
  • 昭和61年5月に土讃本線(当時)阿波池田駅で発行されました、「阿波池田から 今治」の準常備式片道乗車券です。 民間外注印刷で調製された券となります。 経由は「○自・川之江経由」となり、この乗車券は阿波池田〜川之江間を国鉄バス川池本線を経由する乗車券で、自動車線から鉄道線へ通しの乗車券となり、「当日限り有効区間下車前途無効」の下に「自動車線内下車前途無効」の記載があります。 着駅は予讃本線の新居浜以西 [続きを読む]
  • 東京湾フェリーの検札鋏?
  • 拙ブログの2007年9月25日のエントリにて、「東京湾フェリーから京浜急行への連絡乗車券」をご紹介しておりますが、先日コレクションを整理しておりましたら、検札鋏?と思われる鋏痕のある券を見つけました。 昭和51年に金谷港で発行されました、「金谷港⇔谷津坂」の京浜急行電鉄連絡乗車券です。 JPR/てつどう青地紋券で、着駅の「谷津坂」は昭和57年12月1日に駅名が現在の「能見台」に改称されております [続きを読む]
  • 尻内駅発行 特定特急券(割引) 尻内→青森
  • 昭和45年10月3日に東北本線尻内駅(当時)で発行されました「尻内→青森」の特定特急券(割引)です。 仙台印刷調製の券となります。 列車名記入欄が設けられて「はつかり1」号と記載されており、当時の「はつかり号」は全車指定席でしたが、青森ゆきの「はつかり1号」と「はつかり2号」の盛岡→青森間に限って、自由席特急券または特定特急券で乗車する事が可能でした。 裏面です。 券番は00034となります。 この [続きを読む]
  • (加悦鉄道) 加悦から 豊岡ゆき 往復乗車券
  • 廃札券となりますが、昭和60年5月1日に廃止となりました加悦鉄道の加悦駅発行の、「加悦から 豊岡ゆき」の国鉄線連絡となる往復乗車券です。 RJC/てつどうきっぷ青地紋券となります。 加悦鉄道線と国鉄線との接続駅は宮津線丹後山田駅(当時)となりますが、経由表記は接続の「丹後山田経由」では無く、国鉄線区間の途中駅の「久美浜経由」が右側の往路片のみに表記されています。 有効期間は「発売日共4日間有効」です [続きを読む]
  • JR九州 一生幸せきっぷ
  • JR九州肥薩線人吉駅発行の「一生幸せきっぷ」です。 2つ折りしますとハート型になる台紙に、乗車券が1枚セットされています。 セットされている乗車券です。 こちらもハート型で、JRK赤地紋の硬券となります。 乗車券の区間は肥薩線の「一勝地→真幸」で、発駅の「一勝地」の「一勝」と着駅の「真幸」の「幸」を合わせて、「一勝幸」→「一生幸せ」となります。 硬券の裏面です。 裏面にも地紋が印刷されてい [続きを読む]
  • 東武鉄道 伊香保温泉から 大宮ゆき
  • 昭和44年に東武鉄道自動車線伊香保線の伊香保温泉で発行されました、「伊香保温泉から 大宮ゆき」の国鉄線連絡乗車券です。 TRC/とぶてつ青地紋券となります。 接続駅は上越線渋川駅で、かつては渋川駅前〜伊香保間には東武鉄道伊香保軌道線が運行されており、国鉄線と連絡運輸を行っておりましたが、昭和31年12月に伊香保軌道線が廃止となった後も、東武鉄道自動車線伊香保線として、国鉄線と連絡運輸が継続されてお [続きを読む]
  • ○委 急行券 日高門別→200km 常備軟券
  • 昭和53年に日高本線日高門別駅の乗車券類簡易委託発売所で発行されました、「日高門別→200km」の普通急行券です。 札幌印刷調製の連綴式常備軟券で、乗車駅の「日高門別」は印刷となります。 拙ブログの2007年5月13日のエントリ、「北海道地区簡易委託駅の常備軟券式急行券」でご紹介いたしました簡易委託駅様式の券で、先のエントリでご紹介いたしました「静内」乗車の券は、普通急行列車の停車しない簡易委託駅 [続きを読む]
  • 黒部峡谷鉄道 一般乗車券 欅平→鐘釣
  • 平成26年に黒部峡谷鉄道の欅平駅の窓口端末機で発行されました、「欅平→鐘釣」の一般乗車券です。 黒部峡谷鉄道の社章がデザインされた地紋となります。 通常の鉄道であれば「普通乗車券」となり、同社のサイトにも「普通乗車券」と記載されているのですが、券面への記載は「一般乗車券」と余り聞かない名称となっています。 同社の列車は立席での乗車を認めないため全ての旅客列車は定員制で、観光シーズンには混雑しますの [続きを読む]
  • 高瀬から 50円2等 地図式乗車券
  • 昭和42年に仙山線高瀬駅で発行されました、「高瀬から 50円2等」の地図式乗車券です。 仙台印刷調製の券となります。 発駅を丸、着駅を楕円で囲み、その間を地図記号では鉄道を表わす線で結んだ、当時の仙台印刷券のみで見られた独特の様式の券で、地図式乗車券では少数派の小児断片の設けられた券となっており、発駅の「高瀬」と着駅の「高擶」の「高」の文字は、拙ブログの2007年7月5日のエントリ「札幌印刷場 「 [続きを読む]
  • 東京急行電鉄 横浜から 東急線→100円区間ゆき
  • 昭和50年に東京急行電鉄東横線の横浜駅で発行されました、「横浜から 東急線→100円区間ゆき」の金額式乗車券です。 PJR/てつどう緑地紋券となります。 当時の東京急行電鉄横浜駅には、既に自動券売機が設置されていたものと推察されますが、この券には窓口番号や符号の記載は全くありませんので、自動券売機の故障時や多客の際などに発売される非常用の券であったのかも知れません。 裏面です。 表裏面ともに「 [続きを読む]
  • 定期券購入乗車票 大宮→北与野
  • 発行箇所の記載はありませんが、昭和60年9月30日に東北本線大宮駅で発行されたものと考えられます、「大宮→北与野」の定期券購入乗車票です。 東京印刷調製の券となります。 発行日は北与野駅を含む埼京線の開業日で、開業当初の北与野駅は自動券売機のみの設置で窓口は無く、定期券を購入する場合は隣の大宮駅などで購入する必要があったため、埼京線の開業によって大宮駅にこのような「定期券購入乗車票」が設備されたも [続きを読む]
  • (花巻電鉄) 松山寺前から 花巻ゆき
  • 発行された時期は不明ですが、昭和47年2月に廃止となりました花巻電鉄鉄道線の「松山寺前から 花巻ゆき」の乗車券です。 TTD/てつどう/TETUDO青地紋の半硬券となります。 上段の横方向の数字が発行月、左側の縦方向の数字が発行日となり、該当する数字に概算鋏を入鋏して発行され、この乗車券は8月13日に発行された事になります。 この乗車券は車内で車掌が発行したものと思われますが、発着区間が固定された [続きを読む]
  • 伊那自動車営業所乗務員発行 国鉄バス乗車券 10円
  • 西日本、四国、九州地区での豪雨災害で被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。鉄道も各所で甚大な被害が発生しており、復旧までには相当な時間がかかるものと予想され、これから台風も襲来する時期となりますので、今後に被害が拡大しないよう祈るばかりです。 発行された時期は不明ですが、伊那自動車営業所乗務員発行の国鉄バス乗車券で運賃10円の券となります。 名古屋印刷調製の券となります。 所載駅名のうち、伊 [続きを読む]
  • ○交 大阪駅前発行 白鳥 特急券
  • 昭和53年に「○交」大阪駅前で発行されました、「白鳥」の特急券です。 大阪印刷調製の券で、発行箇所は「○交」大阪梅田と印刷された券をゴム印で訂正しています。 区間は青森→大阪となり、当時の特急「白鳥号」の全区間を乗車する券となりますが、当時の「白鳥号」の運転距離は1000キロを超え、上りの「白鳥号」の青森発は青函連絡船深夜便の接続を受けて、券面記載の通り早朝の4時50分、奥羽本線、羽越本線、白新線 [続きを読む]
  • 同和鉱業片上鉄道 美作飯岡から 周匝ゆき
  • 昭和45年に同和鉱業片上鉄道線美作飯岡駅で発行されました、「美作飯岡から 周匝ゆき」の乗車券で小児専用券となります。 どうわ・かたかみ青地紋券となります。 発駅の「美作飯岡駅」は駅が開業した昭和6年当時、既に千葉県の省線総武本線に「飯岡駅」が存在していたため、駅名に旧国名の「美作」を冠したものと推察されますが、「飯岡」の読み方は省線のように「いいおか」では無く、片上鉄道は「ゆうか」で「みまさかゆう [続きを読む]
  • JR西日本 王子保駅 常備軟券
  • 平成8年に北陸本線王子保駅の乗車券類簡易委託発売所で発行されました常備軟券の普通乗車券です。 いずれもJRW青地紋券となります。 上段の「南条」着の券と下段の「武生」着の券では文字のフォントが異なり、左側の綴じ代のミシン目も異なっています。様式としましては上段の「南条」着の券の方が古い様式で、下段の「武生」着の券の方が後の様式となり、後にJR西日本の常備軟券の普通乗車券は、簡易委託駅については下 [続きを読む]
  • (茨城交通) 阿字ヶ浦から 取手 我孫子 ゆき
  • 昭和52年に茨城交通湊線(当時)阿字ヶ浦駅で発行されました、「阿字ヶ浦から 取手 我孫子 ゆき」の国鉄線連絡乗車券です。 JPR/てつどう青地紋券となります。 着駅の「取手」と「我孫子」の間には途中駅の「天王台」が存在いたしますので、厳密には「取手 我孫子 間ゆき」と記載すべきところですが、「天王台」は昭和46年4月20日の開業であり、昭和49年10月1日と昭和51年11月16日の2回の国鉄線運賃改 [続きを読む]
  • 小月から 特牛ゆき
  • 昭和56年に山陽本線小月駅で発行されました、「小月から 特牛ゆき」の常備片道乗車券です。 広島印刷調製の券となります。 当時の運賃表でキロ程が51km〜60km帯となる券で、「特牛」の手前の「滝部」も同一運賃となりますが、駅の規模としては当時既に簡易委託駅となっておりました「特牛」よりも、普通急行列車も通年停車していた「滝部」の方が上で、この乗車券を購入した旅客の殆どは「滝部」までの旅客であったも [続きを読む]
  • 石狩月形→国鉄線80円区間 入場券 併用券
  • 日付の印字が薄くて見づらいのですが、昭和53年7月8日に札沼線石狩月形駅で発行されました、「石狩月形→国鉄線80円区間」の普通乗車券と普通入場券の併用券です。 札幌印刷調製の券となります。 札幌印刷で一時的に多く見られた併用券では、通常は「円区間」は一行書きとなりますが、駅名が4文字となる場合には「円」の活字を上に上げて、「円区間」を二行書きとしてスペースを確保しておりました。 裏面です。 券 [続きを読む]