BUNTA さん プロフィール

  •  
BUNTAさん: 男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ハンドル名BUNTA さん
ブログタイトル男同士の国際結婚生活 -We're Here ! -
ブログURLhttps://quriquri.exblog.jp
サイト紹介文マジメな僕ら。男2人のひっそり生活・・・ 読んでタメにならない話題満載、凸凸同士おとぼけ夫夫生活。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2006/11/11 13:12

BUNTA さんのブログ記事

  • 樹木希林さん安らかに。
  • 樹木希林さんが亡くなって、世代を問わないお悔やみの声にその人柄が偲ばれます。歯に衣を着せぬ物言いも話題になる中で、共一貫しているのは「笑顔」「穏やかさ」「前向きさ」そして自分の核をしっかり持ちつつも、それを基準に人や世間を判断したり批評したりするような斜に構えた姿勢がなかったこと。 SNSはじめ匿名発信手段の隆盛の時世、自分の価値観を正当としてその考えを主張するにとどまらず、異なる手段や思考に対して、 [続きを読む]
  • 今となっては回顧のグアム話
  • 前回の更新が8月29日、で今日は9月18日かあ。更新に間が空くのはすっかり恒例になってしまいました。この間、僕らの間で何があったかというと、大きなイベントとしては2人で15年ぶりくらいにグアムに行ったこととかな。すみません、元気にしています。忙しいですけど。とはいえ、忙しいのは毎度のことでこれまでに増して忙しいってわけじゃありません。ただ、ちょっと前のようにまた結構頻繁に海外に毎月のように行くようにはなっ [続きを読む]
  • 千葉市の決断
  • 千葉市で同性同士以外の事実婚などを含む事実上のカップルをも含むパートナーシップ制度を導入するというニュースがありました。これもまた一歩前進。LGBTだけではなくて、男女の事実婚とか、夫婦別姓とか、さまざまに法的庇護のないカップルがいて、そういうところにスポットが当たったという意味では、素晴らしいことです。やはり千葉市長の30代という若さゆえの決断かな。あ、もう40代になったのかな。そして千葉市も政令指定都 [続きを読む]
  • 人間ドック
  • 栗助のおごりで?2人で2泊3日の人間ドック@鴨川に行ってきました。都内ではなく、外房にまで行くこと自体が小旅行な感じだけど、いい病院なので遠出する価値はあります。1日しっかりPET検査で総合ガン検診をした後に、あとは1泊2日、全部で2泊3日になるけれど、これでひとまずはおおよそのボディチェックはできたはず。かなりいいお値段なんだけど、栗助たっての「お願い」ってことで受けさせられて。まあ、人間ドックは定期的に [続きを読む]
  • ヨセミテの山火事の中を。
  • 先週からサンフランシスコやサンノゼ界隈、いわゆるシリコンバレーに来ていまして、仕事ではあるんだけれど途中から休みをとった栗助が合流して、週末はヨセミテに行ったりしてます。って、なんだかほぼここもある種の旅行(出張)ブログ化してますねえ・・・。先週末行ったヨセミテ。サンフランシスコから隣のネバダ州のリノまで渋滞もあったけど高速を飛ばして約3時間。そこから下道を飛ばして一気にヨセミテまで。6時間くらいか [続きを読む]
  • 13年の変化
  • このブログを開設したのはどうもタイトルから察するに2005年らしいんですが、もう当の書いてる本人がよく覚えていないという、、、要は今13年目なんですよね。気が付けば平成最後の夏だし、僕も当時の年齢に13を足すと、もう大変なことになってるわけです。もう冗談でも若いとか青年とか言ってられない。どう見てもオッサン以外何者でもない。僕もすっかり落ち着いて大人になりました、やっとw。13年って長いような短いような。毎 [続きを読む]
  • 新居と本宅と。
  • 新居なんですが、アゼルバイジャン+欧州行の3日前に引っ越しをして、帰国したのが1週間前ということで実際あまりまだあまり実際に住んでる感覚はなし。まだ家には空けていない段ボールがあちこちの部屋に。まあ要所要所はキレイに片づけたので、まあなんとかなってます。眺めは超絶いいんですよね。タワマンではないんですが普通の高さで180度展望が開け、視界に公園の緑もあり、角部屋なので北東方面にはスカイツリーも見えて、 [続きを読む]
  • 久々の更新(毎度です)
  • えっと、前回の投稿から約半月。みなさん、すっかり僕のこのペースに慣れたというか、この酷暑の中諦めずに相変わらずの粘着質系チェックをしていただき、本当に有難うございます。以前は毎日くらいの投稿していたというのに、やはり寄る年波には勝てないといいますか、そもそもあまりパソコンを叩かなくなった時代性と言いますか、、、まあ、そんなことはいいとして。アゼルバイジャンはなんか久々に新鮮な気持ち、学生の頃のバッ [続きを読む]
  • バクー散策
  • つらつらと、バクー(アゼルバイジャン)について書いてみようと思います。僕の訪問国もアゼルバイジャンで多分98か国目くらいになりました。正直、結構な国を行っているので、なかなかご新規的な初めて訪れる国ってあまりないんですが、アゼルバイジャンは今回は初めて。まあ、歴史的には僕はソ連にも来ているので、その当時はここも「ソ連」だったわけで、ある意味初めてともいえるし、そうじゃないとも言えるし微妙なところです [続きを読む]
  • アゼルバイジャン紀行
  • イスタンブールを経由してアゼルバイジャンンに来ています。名前は朧気に聞いたことはあっても、なかなかその位置関係などはわからないと思います。アゼルバイジャンはイランの北隣、バルト三国同様旧ソ連から独立した新興国家で、アルメニアやジョージア(グルジア)などと共に「コーカサス3国」とも言われています。油田があることから、今や近い将来ドバイを凌ぐと言われる年30%を超える経済成長を遂げており、首都バクーは市 [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間
  • 今日はもう6月最終週の週初め、25日だから多くは給料日な感じの月曜日?久しくの投稿が止まっておりましたが、なかなか僕もお忙しくしてました。3月末に上陸した栗パパママは既に3か月になりますが、台風から停滞型の温帯低気圧に変わりわしたもののまだ東京に。とはいえ、今回3か月いて、僕自身が会ったのは迎えに行った1日目とその後2回くらいだったかなあ。そういう意味では直接的コンタクトはなくて、ただ栗助があちらとの時間 [続きを読む]
  • 行きたい!リスト
  • そろそろ梅雨入りですね。というかニュース見てないけど関東はもう梅雨入りしたのかもしれません。今年の夏はなんだかすごく忙しそうで、天気以上にブルーです。今月末には引っ越しですが、その数日後には割と長期の欧州出張、帰ってきて少ししたらすぐ今度はアメリカ。よりによって西へ東へロングフライトばかりが続き、考えただけで凹みます。せめてアジアとか、っていうか飛行機乗らずにいける国内のどっか(まあ、国内線ならい [続きを読む]
  • 引っ越し予告
  • バタバタしていながら早くも今日で5月も終わり。ちなみに台風は沖縄あたりに上陸中なので、数日後にはまた東京に戻ることでしょう(天気予報風)。で、6月は栗助も僕も大忙しなんだけど、なんと月末には引っ越しという、、、買っちゃいましたwww ってことで、来月から入居開始〜。本宅の方は現在栗パパママが寄生しておりますが、帰国後はいよいよ賃貸に出すことに相成りました。まあ、家の中身は空っぽではないものの、もっと [続きを読む]
  • 抜歯の事後報告
  • そういえば、頻繁に更新してないんで書きそびれたけれど、例の「葉の抜歯に伴う大手術(自称)」は、先月欧州出張から帰った翌日にようやく実施。ということで、今は既に何事もなく過ごしています。半年前くらいに組織検査のための事前オペをした時に方が、その後の経過としては痛みとかご飯たべずらいとかが酷かった感じで、今回の本番の方が楽だったかなあ、という印象。組織検査の結果は嚢胞は悪性ではなかったのでひとまず安心 [続きを読む]
  • ウザテラス-沖縄‐
  • 事後報告ですけど、先週は月曜日から沖縄に行ってました。で、週末の金曜午後から日曜にかけてはプライベートでのんびり。して、約1週間の滞在でした。もうとっくの昔に梅雨入りしている沖縄なんだけど、先週はこのハレ男の登場でほぼいい天気続き、いわゆる空梅雨状態。そして僕が帰る翌日からは雨天傾向という、素晴らしい状況(笑)梅雨の晴れ間の沖縄は、僕が思うに10月に並ぶベストシーズンです。五月の連休は、下手をすると [続きを読む]
  • キリストと聖セバスチャンの接吻
  • ふと思い出したので書いてみる。)この絵は、たまたま時間があって入ったルーマニアの首都ブカレストにあるルーマニア国立美術館で見た絵。Sabin Poppという画家で1895-1928、30代にして亡くなっている若い画家の作品。特に何か下調べしたわけでもないし、その後、調べたわけでもない。ただ、やはりこの絵は僕のような人間からすると思わず足を止めてみてしまうわけです。これはキリストと、その弟子の1人である聖セバスチャンの接 [続きを読む]
  • よかったら(愚痴)聞いてw
  • 連休終わりましたねー。桜の開花が今年は早くて関東では3月末には散ってしまったわけだけど、その前から栗パパママは着ていたので、かれこれ1か月ちょい。帰国は6月半ばと聞いているので、まだ折り返し地点でもないことに、改めて茫然♪な文太です。物理的に一緒にいるわけではないけれど、やはり日々パパママべったり風の栗助が3か月続いていると、近くにいる人間としてはなんとも言葉に形容しがたいモヤモヤがあってですね。。。 [続きを読む]
  • ありゃ!
  • 散歩帰り、、、って、気づけばもう4月も晦日!長い欧州の出張から帰国してから怒涛のように日々は過ぎ去り、一応GWに突入した文太です。いやー、何気にこんなに何も大きなイベントのないGWって近年あったか!?と思うくらい暇です。いや、暇というと語弊があるけれど、毎日小さなアポイントやら用事は毎日あるんだけれど。栗助は今両親と小旅行に行っていて、明後日帰宅予定なので独身貴族を謳歌中。面白いもんで、やはり家にいる [続きを読む]
  • 和食的強制独創料理
  • まあ、なんだかんだで僕はそれこそ貴族の友人の自宅(城w)からラグジュアリーホテルもあっちゃこっちゃ泊まってきましたが、結局滞在型で一番のんびりできるのは、やっぱりアパートメント型のステイ先。それも、できればアパートメントホテルとして設計されたものではなく、いわゆる本当のアパート貸しみたいなやつ。それぞれ良さはあるし、豪華リゾートでのんびりっていうモードや雰囲気を楽しむ余暇もあるし、6畳一間の100円コ [続きを読む]
  • 早く日本に帰りたい〜
  • ヨーロッパに来て1週間が経ちました。既にワルシャワを出てブダペストに数日、そしてルーマニアに来ています。今回は少し長めなので途中からホテルをやめて、再び民泊的なアパートメントを借りました。ホテルだと、食事だとか、仮に広い部屋でもやはりくつろげない。基本、テーブル類とベッドがあるだけだし。生活する感じにはならない。今回借りた部屋は、60平米のメゾネットで2階が寝室、1階が広めの1ルームでそこにバスルームや [続きを読む]
  • ポーランドに来てます
  • 今、ワルシャワに来ています。今回はほぼ2週間以上の長旅で考えただけでも疲れてしまい、着いた夜に既に帰りたくなっている文太です。お宿は王宮の真ん前、窓からは御覧の通りにライトアップされた王居が。基本的にこのエリアは観光地なのでビジネスマンは泊まってません(笑)。ユネスコの文化遺産指定地域。周囲は飲食店やバーなどが立ち並び、ふらっと散歩するにもいい場所です。昔ながらの石畳なのでスーツケースをころころ転 [続きを読む]
  • 薩摩紀行
  • 仕事を絡めてながら、先週鹿児島を廻りました。結構一周した感じかな。まずは空港近辺では、前にも行った鉄道開業当時からの駅舎の残る嘉例川駅へ。木造の温かい雰囲気がどこか懐かしく、100年を超える風雪に耐えて今なお現役の無人駅舎が、明るい春の日差しの中で愛おしくさえ思えるような。まだ僕が子供の頃って、駅の大小問わず木造駅舎ってあったし、そもそも小学校なんかも木造校舎があった。途中で建て替えられて鉄筋になっ [続きを読む]
  • サクラの季節
  • 雪が降ったと思ったら、一気に20度越えの日々が続き、今年の桜が散るのも早そうです。今いる我が家の周りも都心とはいえ周囲は桜が多くて、栗助と何度となく一緒に散歩。桜は本当にいくら眺めていても飽きない花です。そして、それぞれ良さはあるけれど、やはり淡いピンクとシンプルな花弁、散り際の美しさ、、からソメイヨシノは絶品。山桜は白っぽくて素朴なかわいらしさが、八重桜は豪華かつ赤味も強く個性的で主張も強い。大島 [続きを読む]
  • 気象報告
  • 今日の東京。春だというのに空はどんよりと曇り、北風も強く、桜の蕾も固く閉ざしたまま冬物のコートにマフラーで完全防寒で出かけるようなそんな日和。あ、違った、それは僕の心象風景?すっかり春めいてますね、東京wまさに降雪もあり都心でも雪のちらついた数日前、無事台風が成田に上陸しました。栗助は仕事があって僕がクルマで迎えに行き、2人を到着ゲートで捕獲してきましたー。まあ、なんだかんでロングフライトなのでお [続きを読む]
  • 親の顔が見たい
  • 我が家では、よくこのようなものを見かけます。そもそも、関東で言えばスイカやPASMOが普及している中、今時切符を買って電車に乗っているのはたいがい外国人観光客だったりするのですが、そういえば家にもガイジンがいるのでした。とはいえ、栗助は観光客ではないしちゃんとスイカは持っているのだけど、あまりにも頻繁に失くすために保有することの利便性よりも年間を通した損失や様々なリスクを考慮した結果、切符生活に落ち着 [続きを読む]