ボンビーリーマン さん プロフィール

  •  
ボンビーリーマンさん: 悲喜こもごもなスイングトレード日記
ハンドル名ボンビーリーマン さん
ブログタイトル悲喜こもごもなスイングトレード日記
ブログURLhttp://korekawa.blog80.fc2.com/
サイト紹介文貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語るブログ!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供290回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2006/11/11 16:38

ボンビーリーマン さんのブログ記事

  • 米国株の大幅高のおかげで日経平均は反発
  • 米中貿易協議の再開期待から米国株が大幅高となり、これを受けて東京市場も寄り付きから上昇となったものの、週末で様子見姿勢も強く、上値は抑えられ売り圧力も限定的であったことから、膠着感が強まり揉み合いとなり日経平均は3日ぶりに反発となったが、東証1部売買代金は概算で1兆8400億円と商いは低水準この中、証券会社の目標株価を引き上げなどを材料に協和発酵キリンが大幅高しツナグ・ソリューションズは日経新聞の業績記 [続きを読む]
  • 大幅安から急速に値を戻したものの・・・・・
  • 欧米株の下落を受けて大幅安スタートとなり、日経平均は22,000円を割り込み下げが加速したものの、中国商務次官が8月末に訪米して通商協議を行うと報じられ下げ幅を急速に縮めて一時プラス圏まで戻した後は、大きく売られることはなく22,100円台での小動きが続き、結局小幅続落この中、ファストリやファナックなど値がさの一角が強かったほか、JTや武田などディフェンシブ銘柄に資金が向かっていたまた、米国事業の再編を発表し [続きを読む]
  • 上海株安が下げの材料となった格好?
  • 日経平均は、小幅高スタートしたものの早々に失速し下げ幅を広げる展開で上海株安を受けて一段安となり、一時200円超下げる場面もあったが終盤にかけては押し目買いも入り、終値は22,200円台まで戻したこの中、リクルートやNTTなど内需大型に資金が向かっていたほか地合いが良くない分、材料銘柄には買いが集中し、上方修正を発表したバンクオブイノベーションや上期大幅増益のホットリンクが急伸し好決算に加えて増配も発表し [続きを読む]
  • トルコリラショックの激震
  • トルコリラの急落を嫌気して先週末の欧米株が下落した流れを受けて東京市場は大幅安リスクオフの様相が強まる中、下げが加速しトルコ中銀の声明を手がかりにリラが急速に値を戻したことから、若干持ち直す場面もあったものの、リラへの買いが続かなかったことから、売り圧力が強まり日経平均は440円安と大幅安この中、好決算のリクルートが大幅上昇となったほか、ドンキホーテやSGHDセイコーHDなども決算を受けて大幅高とな [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 8月 13日 〜 8月 17日 》13日(月) 【国内】《決算発表》ヨコレイ、東京綱、日工営、UKCHD、オイラ大地、ハウスドゥ、オプティムクラウドワクス、MDV、ラクス、アミューズ、サイボウズ、アドベンチャ、ワタミVテクノロジー、大分銀、レーサム、トリドールHD、ジャストシステ、ウェルビー 【海外】《米決算発表》シスコ14日(火) 【国内】《決算発表》出光興産、チェンジ、光通信、 [続きを読む]
  • 急落で揉み合い下放れ!
  • 日米貿易協議でポジティブな材料が出てこなかったことでリスク回避に売り優勢の展開となり、為替の荒い動きも警戒を強める材料となり日経平均の下げが加速し大幅安この中、上方修正や増配を発表した昭和シェル石油が大幅上昇と好決算銘柄はシッカリし、ハピネットやノーリツ鋼機、荏原などが急伸したほか河合楽器やヨータイはストップ高となり、鎌倉新書は株式分割を好感し買い人気その一方で、前期営業赤字拡大のメルカリが10%超 [続きを読む]
  • 米中貿易摩擦激化が警戒されて?続落
  • 米中貿易摩擦激化が警戒されて、日経平均は下げ幅を広げたものの22,500円を割り込んだことで押し目買いが入り、その後は上海株の堅調と円安進行を受けて一時プラス圏に浮上したが上値は重く小幅安東証1部の売買代金は概算で1兆0300億円この中、上方修正を発表した昭和電工が大幅上昇となったほか、1Q大幅増益のSECカーボンがストップ高まで買われ、東海カーボンや日本カーボンも買い人気また、パイオニアが再建支援に関する報道 [続きを読む]
  • 高値警戒感から急失速しマイナス圏沈没
  • 好決算銘柄を中心に買われ、じり高基調に日経平均は22,800円台に乗せたが上海株の軟調が続く中、高値警戒感から急失速強弱感が入り混じる展開にプラス圏とマイナス圏を行き来し結局小幅安この中、ソフトバンクGが連日の大幅高となっていたほか、好決算のダイキンやニコンなどが大幅上昇となり、NTTが決算とグループ再編も材料視され買い人気また、決算ではステラケミファやノジマ、プレサンスなどが急伸し、タカラトミーやジャ [続きを読む]
  • ソフトバンクGの大幅高などもあり、日経平均は反発
  • 日経平均は、瞬間的に下げに転じた場面もあったものの、好決算が確認されたソフトバンクGの大幅高などもあり、上げ幅を広げたが22,600円が壁となり次第にこう着感が強まる展開だったこの中、大幅高のソフトバンクGは終値で10,000円台を回復し年初来高値を更新楽天も決算が好感されて終日強い動きだったほか、手間いらずやあすか製薬なども決算を手がかりに大幅上昇また、上方修正を発表した日本製鋼所や和井田製作所はストップ高 [続きを読む]
  • ジリジリと値を消し日経平均は小幅反落
  • 米国株高を受けて上昇して始まったものの失速、一時切り返したが上海株の失速もあって、値を消す展開となり日経平均は小幅反落この中、ソフトバンクGが決算期待から買い人気となっていたほか先週、決算を受けて急伸したスズキが大幅高し、1Q決算が好感されたNTTデータが7%超の大幅上昇また、上方修正と増配の大平洋金属や1Q大幅増益のユナイテッドなどが急伸しレックが、決算に加えて殺虫剤ブランド「バルサン」の譲り受けに [続きを読む]
  • 週末を控えて動意薄ながら一応反発
  • 買い先行から日経平均は上げ幅を広げたものの、直ぐに上値が重くなり上げ幅を縮め週末を控えて動意薄となり、引けではプラスを確保TOPIXは小幅安で新興市場も軟調この中、1Qが大幅増益となったスズキが8%を超える大幅上昇となり売買代金は全市場で5位の大商いで年初来高値を更新したほかHOYAやフジミインコ、芝浦メカなども決算を受けて大幅高また、エクストリームは中国でのゲーム配信が好感されてストップ高し大塚家具はス [続きを読む]
  • 後場に値を崩し日経平均は一時22,500円割れ
  • 米中貿易摩擦懸念が再燃したことから売り優勢の展開となり後場から、上海株の下げ拡大を嫌気して一段安日経平均は、心理的節目の22500円を一時割り込み3日ぶりに反落この中、好決算銘柄は買われ、王子HDや三井海洋開発、旭化成アイ・エス・ビーなどが大幅上昇し、ニチダイはストップ高まで買われていたほかアドウェイズは2日連続のストップ高となり、いすゞやアルコニックスは業績観測報道を手がかりに買い人気となったその一方 [続きを読む]
  • 円安進行や米国株高を受けて8月新甫は大幅高
  • 円安進行や米国株高を受けて東京市場は上昇スタートすると上げ幅を広げ堅調な地合いが続いた中、金融株が騰勢を強めて日経平均は大幅続伸この中、決算銘柄ではソニーや任天堂の大幅高がとにかく目立ったほかJFEや日東電工、京セラなどが大幅上昇となり、大幅上方修正を発表した元気寿司がストップ高また、東亜DKKやアドウェイズ、昭和電線などは鋭角的な上昇を見せアイペット損保は決算と同時に発表した中期経営計画が好感さ [続きを読む]
  • 日銀会合結果を受けてプラス浮上
  • 米国株安への警戒が強まり、東京市場は下落スタートから下げ幅を拡大し日経平均は、一時200円近く下げる場面もあったものの、値がさ株に買いが入り急速に値を戻すと、日銀の金融緩和継続のための枠組み強化策などを発表を受けプラス転換し上げ幅を広げたが、内容的には新鮮味がなく買いは続かず失速この中、決算が好感されたTDKが大幅上昇となったほか、上方修正を発表したファンケルや冶金工が買い人気となり、1Qが2桁減益の日 [続きを読む]
  • 様子見機運強く、日経平均は反落
  • 米国株の下落を嫌気して下げて始まった後は、ジリ安展開となり明日に日銀金融政策決定会合の結果発表を控える中、商いも盛り上がらず様子見姿勢が続き、日経平均は反落この中、1Q決算および自己株取得を発表した塩野義製薬が上げ幅拡大し上方修正を発表したアルプス電気や東邦チタニウム、東映アニメなどが大幅高また、リコーやヤフー、マクニカ富士などが決算を手がかりに急伸したほか中期経営計画が好感された寺岡製作所はストッ [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 7月 30日 〜 8月 3日 》30日(月) 【国内】日銀金融政策決定会合(〜7/31)6月商業販売統計(8:50)《決算発表》大東建、ヒューリック、JPX、積水化、塩野義、三菱電、山九、九電工、M&Aハウス食G、大陽日酸、JSR、ポーラオルHD、TDK、シマノ、オリックス、大和証Gカプコン、SCSK、田辺三菱、OLC、三井住友、東電力HD、特殊陶、あおぞら 【海外】《米決算発表》キャタピ [続きを読む]
  • 海外市場の落ち着きを好感し日経平均は反発
  • 海外市場の落ち着きを好感して東京市場は上昇スタートとなったが個別物色の様相が強まる中で、指数の動きは限られ膠着感の強い状況が続き指数は終盤にかけて買いの勢いが強まり、日経平均は上げ幅を広げて22,700円台に到達し高値引けこの中、決算を受けて富士電機や花王が大幅高となったほかネットワンや日本精線、システナ、大同特殊鋼などが値を飛ばしていたほか、生産設備の増強を発表したJMCが急騰その一方で、決算を発表し [続きを読む]
  • 、日銀の政策変更への思惑から反落
  • 米国株の上昇を受けて、日経平均は22,700円台に乗せて始まったものの買いは続かず失速すると、日銀がETFの買い入れ方法を見直すとの見方が強まり225採用銘柄が売りに押され、3日ぶりに反落この中、1Q大幅増益のアドバンテストが大幅高となったほか、OBCや日本トリム栄研化学なども決算を受けて急伸また、上方修正を発表したディーエムエスはストップ高となり、後場にTOBに対して賛同の意を表明した富士通コンポーネントが急騰反 [続きを読む]
  • 動意薄ながら日経平均は続伸
  • おおむね良好な外部環境を好感し上げ幅を広げる展開となったものの買い一巡後はもみ合い状況が続き、動意薄のなか日経平均は続伸この中、信越化学が米国での新工場建設報道を受けて大幅高となりコマツやファナックなど中国関連銘柄が連日で強い動きまた、エーザイが証券会社の目標株価引き上げを受けて買いを集めたほか決算が好感された日本車輌やタツタ電線が急伸し、上方修正を発表したJMCやブロードリーフはストップ高反面、 [続きを読む]
  • 円高一服を好感して日経平均は4日ぶりに反発
  • 円高一服を好感して買い優勢の展開だったが、上値は重かったものの下げには転じることなく、膠着感を強め小動きが続き日経平均は4日ぶりに反発終値では22500円を上回ったこの中、昨日軒並み大幅高となった金融株は、多くが上昇はしたものの上値は抑えられる中、ファナックや安川電機などロボット関連株が後場に入って上げ幅を拡大SUMCOなどにも非常に強い動きまた、1Q決算が良好で分割も発表したコーエーテクモが急騰したほか [続きを読む]
  • トランプ大統領のドル高牽制発言に大幅反落
  • 円高進行や米国株安を嫌気して軟調な展開となり、日経平均は寄り付きから22,500円を下回ったことから警戒ムードが強まり、その後もさえない状況だったが日銀の金融政策変更への思惑から金融株には強い買いが入っていたこの中、三菱UFJ、三井住友、みずほのメガバンク3行が大幅上昇となり第一生命など保険株も買われていたまた、業務提携が好感されたパスがストップ高となったほか、上方修正を発表したバリューコマースや寺岡製 [続きを読む]
  • 人民元安を警戒して一転急落
  • 日経平均は、小幅安スタートからプラスに転じて上げ幅を広げたものの人民元安を警戒して一転急落となり、一時200円超下げる場面もあったがその後は、買い戻されて急速に下げ幅を縮めたこの中、富士急行や京浜急行、西武HDなど、私鉄の一角が買いを集めたほか証券会社の新規カバレッジが入ったシーイーシーやUUUMが大幅上昇し上方修正を発表したエランが急伸反面、決算失望でゲンキードラッグが急落となったほか、下方修正を [続きを読む]
  • 後場から失速し5日ぶりに反落
  • 買いが先行で始まったものの、上値は重く膠着感の強い展開となり後場から化粧品株の一角が急落したことから警戒ムードが強まり日経平均も下げに転じ5日ぶりに反落この中、三菱UFJや三井住友などメガバンクがしっかりだったほか安川電機やコマツ、三菱電機などの電機、機械株などが買われていたまた、インスペックが受注に関するリリースを手がかりに大幅上昇となりIR法案の進展期待から杉村倉庫などカジノ関連が賑わっていた反 [続きを読む]
  • 米国株高と円安を好感し4日続伸
  • 米国株高と円安を好感して大幅上昇スタートだったものの、日経平均は高寄り後に節目の23,000円を前に伸び悩む展開だったが、下値も堅く4日続伸この中、上方修正を発表したALBERTがストップ高となったほか、出資先であるZMPのリリースを手がかりにFVCが後場ストップ高まで買われていたまた、コマツと提携して土木関連の拡張現実サービスを開始すると報じられたカヤックや業務提携を発表したブイキューブ、中期経営計画 [続きを読む]
  • 先週の好地合いが継続し日経平均は3日続伸
  • 小幅高で始まった後は上げ幅を広げる展開となり、ドル円が112円台半ばまで円安が進む場面があるなど上昇を後押し、日経平均は3日続伸となったがマザーズ指数および日経ジャスダック平均は引けにかけて一段安この中、パソナGやタマホームが決算を材料に急騰となったほか、1Q大幅増益のネオスや、上方修正を発表したエスケイはストップ高また、米国で金融株が買われた流れを受けて三菱UFJが大幅上昇し、原油価格の大幅下落でコス [続きを読む]