ボンビーリーマン さん プロフィール

  •  
ボンビーリーマンさん: 悲喜こもごもなスイングトレード日記
ハンドル名ボンビーリーマン さん
ブログタイトル悲喜こもごもなスイングトレード日記
ブログURLhttp://korekawa.blog80.fc2.com/
サイト紹介文貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語るブログ!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供297回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2006/11/11 16:38

ボンビーリーマン さんのブログ記事

  • 後場から上げ幅縮小も日経平均は5日続伸
  • 日米首脳会談が友好ムードで終わったことを好感して東京市場は上昇スタート金融や市況関連など景気敏感セクターが上昇を主導したものの次第に伸び悩み終盤にかけてはマイナス圏に沈むかというところまで上げ幅を縮めたがそこからは持ち直し日経平均は5日続伸この中、市況関連が強く、住友鉱山や三井金属、大平洋金属などが大幅上昇しコマツや日立建機など建機株にも強い動きまた、上方修正を発表したミズノが大幅高となり年初来高 [続きを読む]
  • 日経平均は22,000円超えから一段高
  • 米国株高を受けて東京市場は買い先行となり上げ幅拡大日経平均は、節目の22,000円台に到達すると、その後も上値を伸ばし失速することなくじり高基調が継続して高値圏で終え4日続伸この中、上方修正を発表した戸田建設が大幅上昇となったほか大成建設や鹿島など大手も強く、建設株が全般的に強含みまた、キーエンスやファストリ、ファナック、SMCなど値がさ株が大幅高となりアドバンテストやロームなどハイテク株にも強い動き反 [続きを読む]
  • 方向感に欠ける展開ながら続伸
  • 米国株高への反応は鈍く、日経平均は昨日終値近辺を挟んで一進一退方向感に欠ける地合いが続き、一段と動意薄のなか3日続伸この中、決算が好感された古野電気やマネーフォワードが大幅上昇したほか上方修正発表の新日本建物が大幅高その一方で、競合薬の良好な試験結果を受けて小野薬品が大きく売られ昨日、急伸したチタン2社(東邦、大阪)はそろって急落明日は日米首脳会談が注目されるが、マーケットに影響を与える材料が出てく [続きを読む]
  • シリア攻撃は悪材料視はされず日経平均は続伸
  • 米英仏のシリア攻撃は悪材料視はされず、日経平均は上げ幅を広げたが上値は重く、次第に様子見姿勢が強まり一時マイナス圏入りしたもののそこでは買いが入り下値は堅く、日経平均は続伸この中、マネックスGが全市場の売買代金断トツトップと商いを集めて大幅上昇し決算が好感されたブロンコビリーやネクスG、U&Cなどがストップ高また、チタンの供給に関する思惑から大阪チタニウムと東邦チタニウムがそろって急伸グローバルウ [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 4月 16日 〜 4月 20日 》16日(月) 【国内】3月首都圏新規マンション発売(13:00)《決算発表》鉄人化、ライフフーズ、TKP、サイバーS、アクロディア、マネフォワ−ド、市進HDメタップス、ニューテック、古野電、テイツー、グラファイトD、東天紅、近鉄百 【海外】米3月小売売上高(21:30)米4月ニューヨーク連銀景気指数(21:30)米2月企業在庫(23:00)米4月NAHB住宅市場指数(23:00) [続きを読む]
  • 欧米株高を好感して日経平均は3日ぶりに反発
  • 欧米株高を好感して強い動きに日経平均は21,900円台に乗せその後は伸び悩み上げ幅を縮め、上値は重かった一方崩れることもなく3日ぶりに反発この中、金融株が強く三菱UFJや三井住友が大幅高となったほかSUMCOやルネサスなどハイテク株も買い人気を集め、1Qが大幅増益のリーバイスはストップ高また、好決算のCSPやサムティ、島忠などが急伸その一方で、決算が大きな注目を集めたファーストリテイリングと安川電機はどち [続きを読む]
  • 売り一巡後は下げ渋る展開
  • シリアの地政学リスクを警戒して欧米市場が下げたことで東京市場は続落ただ、売り一巡後は下げ渋る展開となり、動意に乏しく上値も重かったが引にかけて値を戻したものの日経平均は小幅続落この中、小売株が決算で明暗分かれる動きとなり、良品計画やイオンユナイテッドスーパー、コメダなどが買われた一方で、サイゼリヤや吉野家HDローソン、プレナス、白鳩などは大幅安また、日野自動車は独フォルクスワーゲンと包括提携と報じ [続きを読む]
  • 米国株は大幅高だったが東京市場は下落
  • 米国株は大幅高であったが、東京市場は昨日上昇していた分ポジティブ反応は限定的で、早々にマイナスに転じた展開となりシリア情勢への警戒から買い手控えられ、日経平均は3日ぶりに反落この中、証券会社が目標株価を引き上げたJXTGが大幅上昇となったほか海洋掘削や三井海洋が日経記事を手がかりに、レアアース関連として買い人気また、ソフトバンクGは傘下の米携帯会社の再編観測が刺激となり大幅高となりビックカメラや竹 [続きを読む]
  • 習主席の関税引き下げ受け続伸
  • 中国の習国家主席の講演内容を好感して、前場で大幅高となり日経平均は21,900円台に乗せたが、その後伸び悩む展開3桁上昇は維持したものの、膠着感の強い地合いこの中、ファナックや東京エレクトロン、安川電機、ソニーなどが強い動きとなり証券会社が目標株価を引き上げたトーセイが急伸また、ペッパーフードとFC契約を結んだワンダーコーポがストップ高まで変われペッパーも大幅高となったほか、シリアの地政学リスクが意識され [続きを読む]
  • NY市場急落を跳ね除けて意外高
  • 先週末の米国株急落の影響は限定的で、小安く始まった後はプラス転換し後場から買いの勢いが強まり一段高、日経平均は反発この中、資生堂や花王、OLCなど、内需で業績期待の高い銘柄が買いを集め決算が好感された大阪有機化学や古野電気が大幅上昇また、証券会社が目標株価を引き上げたKLabが急伸したほかITbookとの経営統合を発表したサムシングHDはストップ高比例配分反面、SMCやキーエンスなど値がさのFA関連 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 4月 9日 〜 4月 13日 》9日(月) 【国内】2月国際収支(8:50)3月消費動向調査(14:00)3月景気ウォッチャー調査(15:00)《決算発表》高島屋、ライク、ネクステージ、フェリシモ、リソー教育、北興化、エスクローAJコジマ、ヨンドシーHD、パルコ、東武ストア、フジ 【海外】休場: フィリピン10日(火) 【国内】工作機械受注(15:00)《決算発表》Jフロント、ABCマート、スギHD、フ [続きを読む]
  • 貿易戦争への警戒から反落
  • 米国株は大幅高となったが、トランプ大統領の発言を受けて貿易戦争への警戒が再び強まったことや、円安方向に戻していたドル円が失速したでマイナス圏入りしその後は軟調な展開となり、日経平均は3日ぶりに反落この中、業務提携を発表したセブン&アイとイズミがそろって大幅高となったほかダイセキ環境や放電精密、薬王堂が決算を手がかりに急伸また、株式分割を発表したレノバはストップ高となり、雪印メグミルクが家庭用チーズ [続きを読む]
  • 大幅高にテクニカル節目を次々突破
  • 米国株の大幅高を好感して東京市場も大幅高日経平均は、節目の21,500円を上回ったことで買い安心感が強まり上げ幅拡大強い基調の中、ドル円が一時107円台に到達するなど円安が進行したこと受け一時21,700円台に乗せる場面もあったこの中、中国のスーパーなどにPOSシステムの提供と報じられたヴィンクスがストップ高し飲食業向けPOSシステムを手がけるジャストプランニングなどにも連想買いまた、中期経営計画が好感されたヒノキヤ [続きを読む]
  • 押し目買いにプラス転換しシッカリ
  • 米国株の大幅高を受けて上昇スタートとなったものの、寄り付きを高値に失速その後は下げに転じ小幅安で推移していたが、押し目買いにプラス圏に浮上し引けまでしっかりの展開となり、日経平均は3日ぶりに反発この中、月次好調のファーストリテイリングが大幅上昇となったほか、スシローGHDや大東建託、ジーンズメイトなども月次を手がかりに買い人気となっていたまた、証券会社がレーティングを引き上げた西松建設が大幅高し西 [続きを読む]
  • 寄り付き安値から切り返し高値引け
  • 米国株安を受けて、日経平均は一時下げ幅を300円超に広げたもののその後は下げ止まって切り返し、プラス圏は遠かったものの、引け間際に今日の高値をつけ下げ幅を縮めたが続落この中、今期見通しが好感されたあさひが大幅高となったほか、減益着地のしまむらが悪材料出尽くしで買い優勢の展開また、資生堂やコーセー、ヤーマンなど美容関連の動きが良かったほか株式分割を発表したインソースは大幅高反面、任天堂やファナックなど [続きを読む]
  • 月替わり初日は極薄商い・・・・・・
  • 小幅安のスタートから早々にプラス転換して、中小型株が賑わう展開から上げ幅を広げたが、失速し商いも盛り上がらない中、マイナス圏に沈没日経平均は3日ぶりに反落この中、高浜原発の運転差し止めを求めた仮処分申請を大阪地裁が却下したことで関西電力が大幅上昇となったほか、子会社が弁護士ドットコムと業務提携すると発表したうるるが急伸また、メディア工房も業務提携のリリースが好感されて大幅高となり、3Q業績好調が確認 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 4月 2日 〜 4月 6日 》2日(月) 【国内】3月調査日銀短観(8:50)3月軽自動車新車販売台数(14:00)3月新車販売台数(14:00)《決算発表》しまむら、地域新聞、クリエイトSDH、あさひ、メディカネット、WNIウェザー日フイルコン、象印、オークワ 【海外】米2月建設支出(23:00)米3月ISM製造業景況指数(23:00)イースターマンデー休場: 英、香港3日(火) 【国内】3月マネタリーベース(8 [続きを読む]
  • 薄商いながら警戒感和らぎ大幅続伸
  • 米国株高を好感し買い優勢の展開となり日経平均は大幅続伸となり一時、心理的節目の21,500円を上回ったが、その後は伸び悩んだ東証1部の売買代金は概算で2.1兆円と商いは低水準この中、証券会社が投資判断を引き上げた三菱地所が大幅上昇となり上方修正と増配を発表した一工薬が急伸したほか、郵船や熊谷組は中期経営計画が好感されて大幅高また、サンケイリビングの子会社化を発表したRIZAPが値を飛ばしていた反面、カプコン [続きを読む]
  • 円安進行を買い材料に反発
  • 米国株は弱かったものの円安進行を買い材料に大幅高スタートしたが途中、失速して下げに転じたが、大きく崩れることはなく再びプラス圏に浮上し持ち直して日経平均は反発この中、上方修正と増配を発表したクリーク・アンド・リバー社が大幅高しフリーランス支援会社の設立を発表したメンバーズが急伸また、証券会社が目標株価を引き上げたニチイ学館が買い人気を集めリクルートやフルキャスト、ディップなど人材関連銘柄が賑わって [続きを読む]
  • 日経平均は3日ぶり大幅反落
  • 米国株の大幅安を受けて軟調な展開となり、安寄り後は下げ渋り下げ幅を縮める動きが続いたものの、日経平均は節目の21,000円が重く失速して再度下げ幅を広げたが、引け間際に買いが入り3日連続で高値引けこの中、決算が好感されたニトリHDが逆行高となったほか、上方修正を発表したトライステージやヒマラヤが買い人気となっていたまた、材料のある中小型株に資金が集中し、ASJやセルシード、カルナバイオがそれぞれリリース [続きを読む]
  • 米中への不安後退で大幅高
  • 米国株の急反発を受けて、東京市場は全面高スタートその後も継続的に買いが入り、日経平均は上げ幅を500円超に広げ昨日に続いての高値引けこの中、証券会社のリポートを材料にパナソニックや竹内製作所が大幅上昇したほか上方修正を発表したアルゴグラフィックスやニューテックが急伸また、シャディ株の取得を発表したロコンドがストップ高反面、業績見通しを取り下げたマイネットや、下方修正を発表したアイビー化粧品が大幅安し [続きを読む]
  • 売り一巡後は下げ渋り、プラス転換
  • 先週末の米国株の大幅下落を受けて軟調スタートとなったものの下値を試した後は持ち直して、その後は下値を切り上げる動きが続きプラス転換すると終盤にかけては一段高となり日経平均は反発この中、ファナックやファストリ、信越化学、SMCなど、値がさ株の一角が強い動きとなったほか、ヤフーとの提携を発表したイーブックがストップ高また、仮想通貨関連事業でアルデプロとの提携を発表したファステップスが急伸し岩井コスモは [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 3月 26日 〜 3月 30日 》26日(月) 【国内】-------------【海外】米2月シカゴ連銀全米活動指数(21:30)米2年国債入札《米決算発表》ペイチェックス、レッドハット27日(火) 【国内】2月企業向けサービス価格指数(8:50)3月配当・優待権利付き最終売買日40年国債入札《決算発表》ヒマラヤ、ハニーズHLD、ハピネス&D、アークランド、ニトリHD 【海外】米1月S&Pコアロジック・ケース [続きを読む]
  • 日経平均急落!5か月ぶりに21,000円割れ
  • 米国株の大幅安と円高進行を嫌気して東京市場は全面安一時下げ渋る動きも見られたが、後場からは週末で買い手控えの中売りが売りを呼ぶ展開となり、日経平均は大幅反落し21,000円割れ全業種が下落し、下げが緩かったのは電気・ガス、陸運、食料品で東証1部の騰落銘柄数は値上がり29/値下がり2042だったこの中、特にファストリや東京エレクなど値がさ株の下げがきつかったほか建機のコマツや日立建機、自動車ではホンダなどが大幅安 [続きを読む]
  • 日経平均は4日ぶりに反発
  • 米国株安を嫌気して東京市場は下落スタートとなったものの場中に米株価指数先物が上昇に転じたことで、買い戻しが入りじり高の展開となり、日経平均は上げ幅を広げ4日ぶりに反発この中、証券会社のリポートを手がかりにコマツや日立建機など建機株が大幅上昇し新規カバレッジが入った串カツ田中が急伸また、新規抗体の販売開始した免疫生物は後場にストップ高まで買われ株主優待の導入を発表したCasaが買い人気反面、JTが商 [続きを読む]