ボンビーリーマン さん プロフィール

  •  
ボンビーリーマンさん: 悲喜こもごもなスイングトレード日記
ハンドル名ボンビーリーマン さん
ブログタイトル悲喜こもごもなスイングトレード日記
ブログURLhttp://korekawa.blog80.fc2.com/
サイト紹介文貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語るブログ!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2006/11/11 16:38

ボンビーリーマン さんのブログ記事

  • 半導体関連が売られ、日経平均は続落
  • 米国株高ではあったものの、エヌビディアの時間外での大幅下落などが重しとなり半導体株の大幅下落に押される格好で失速すると下げに転じ、下値模索の展開に日経平均は続落この中、KDDIや花王、日本郵政など内需株が買われていたほか、JR4社など鉄道株もしっかりとなり、国際帝石が原油安一服で押し目買いが入り業務提携が好感されたJMCが大幅高反面、アドバンテストやSUMCO、東京エレクトロンなど大幅安となってい [続きを読む]
  • 世界経済の先行き懸念から重い値動き
  • 米国株安を嫌気して、日経平均は一気に下げ幅を200円超に広げた後は値を戻せば売られるものの、大きく下げれば買いが入るという動きとなり下値はしっかり拾われて終盤にかけて持ち直したが、結局反落この中、下方修正を発表したスルガ銀行が悪材料出尽くしで大幅上昇となり立会外での自己株取得が続いている東芝が商いを伴って大幅高また、増配を発表した日本マイクロニクスやセレスが急騰したほか、決算が好感されたクラウドワー [続きを読む]
  • 昨日の大幅下落の反動で反発
  • 昨日の大幅安の反動で上昇スタートとなり、日経平均は上げ幅を広げたが22,000円に迫ったところで押し戻されて失速すると、小幅高でのもみ合いが続き方向感に乏しい展開のなか小幅反発東証1部騰落銘柄数は値上がり756/値下がり1292と、指数はプラスでも値下がり銘柄は結構多い状況この中、ソフトバンクGが、9000円台回復から上げ幅を広げて4%超の大幅高となり上方修正と増配発表の東京精密が急騰し、決算が好感されたキャリアイン [続きを読む]
  • 売り一色!日経平均は大幅反落
  • 米国株急落を受けて東京市場もスタートから大きく水準を切り下げる展開となりその後も売りが止まらず、日経平均は一時下げ幅を700円超に広げたが21,500円を割り込んだところで売り一服安倍首相とペンス米副大統領が共同会見を実施したことでドル円が円安方向に傾いたことから、後場は押し目買いが優勢となり緩慢ながら下げ幅縮小売り一色の中で、東芝が4%を超える大幅上昇となったほか、資生堂やコーセーなどがしっかりの値動きと [続きを読む]
  • 売り買い交錯で方向感に欠ける展開?
  • 先週末の米国株の大幅安を嫌気して、東京市場は売り先行したものの日経平均は、一時200円強下落したところで下げ止まると、急速に値を戻してプラス圏に浮上した後は方向感に乏しい地合いとなり、強弱感が入り交じる中動意薄に、小幅反発での引けこの中、安川電機やファナックなどFA関連が売り一巡後に切り返して大幅上昇し上方修正を発表した三井不動産やダイフクが買い人気となっていたまた、決算を材料に大きく動いたものが多く [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 11月 12日 〜 11月 16日 》12日(月) 【國島】10月企業物価指数(8:50)10月工作機械受注(15:00)《決算発表》大林組、前田建、住友ベ、ふくおか、京都銀、近鉄GHD、TATERU、前田道、GMOPG東和薬品、ホトニクス、めぶきFG、ヤオコー、アイフル、ソニーFH、GMO、ユー・エス・エス【海外】−−−−−−−13日(火) 【国内】30年国債入札《決算発表》三菱UFJ、リクルー [続きを読む]
  • 利益確定売り?に反落
  • 11月FOMC後に米長期金利が上昇し、米国株にも不安定な動きが見られたことから東京市場は売りが優勢の展開となり、日経平均は纏まった売りに押されて下げ幅を広げその後は安値圏でのもみ合いが続き2日ぶりに反落東証1部騰落銘柄数は値上がり1047/値下がり971と、日経平均の下落の割には買い優勢この中、好決算に加えてVテクノロジーとの提携や自己株取得を材料にイノテックが大幅上昇し上方修正や自己株取得を発表したセーレンが急 [続きを読む]
  • 米国株の大幅上昇を受けて東京市場も大幅高
  • 米国株が中間選挙の結果を好感して大幅高となったことを受け、日経平均はスタートから300円を超える上昇となり、そこから上げ幅を広げて22500円台を回復その後は高値圏でのもみ合いが続き、失速するわけでもなく大幅上昇での大引けこの中、日経観測を受けて悪材料出尽くし感が強まったスルガ銀行が急騰し一時ストップ高をつけたほか、任天堂やリクルートなどに強い動きまた、昨日決算で急落したダイキンは一転大幅高となったほか、 [続きを読む]
  • 米中間選挙に振り回されて乱高下
  • 米中間選挙をにらんで荒い動きが続き、共和党が下院でも接戦と伝わったことで楽観ムードが強まる中、日経平均は一時大幅上昇となったが、昼休み中に上院は共和党、下院は民主党が勝利したと各メディアが報じ大方の予想通りの結果となり、議会のねじれも警戒され、後場からはジリジリと上げ幅を縮めると終盤にかけては下げに転じ下げ幅を拡大し反落ファーストリテイリングが強い動きだったほか、決算や自己株取得が好感されたNTT [続きを読む]
  • 反動高?日経平均は大幅反発
  • 昨日の大幅安の反動で買い優勢のスタートとなり、日経平均は22,000円台に乗せると、じわじわと上げ幅を広げるシッカリ地合いが続き大幅反発この中、上方修正を発表したトヨタは、急伸した後に伸び悩んだが、自動車株に見直し買いが入っていたほか、決算が好感されたワコムや図研が大幅上昇また、ゴールドウインやシステムソフトはストップ高まで買われ、SUBARUが下方修正を発表したものの、売り先行後は早々にプラス圏に浮上 [続きを読む]
  • 米中貿易摩擦交渉に先行き不透明感
  • 米国株安を嫌気して序盤から大きく下落する展開となり、日経平均は節目の22,000円を割り込んだ後も下を試した後は売り圧力が和らいだものの米中間選挙を控える中、戻りは限定的となり、様子見ムードに膠着相場が続き引けにかけては弱含み大幅続落この中、決算が好感されたアカツキがストップ高をつけるなど急伸したほかガンホーやドリコムが物色され、ゲーム関連株が賑わっていたまた、KYBは上期の最終赤字が100億円になったと [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 11月 5日 〜 11月 9日 》5日(月) 【国内】9/18〜19開催の日銀金融政策決定会合議事要旨《決算発表》帝人、ユニチャーム、日水、清水建、SUBARU、東センチュリー、日立キャピ、京王京阪HD、マルハニチロ、サントリーBF、アルフレッサHD、日産化、ライオン、三浦工全国保証、第一興商、ケーズHD、NTT都市、JR九州、ソフトバンクG、パイロット 【海外】米10月ISM非製造業景況 [続きを読む]
  • 日経平均は大幅反発!今年二番目の上げ幅
  • 米国株の連日の上昇を好感して買い優勢の流れとなり、日経平均は早い時間に22,000円台を回復すると、トランプ大統領が中国との貿易合意の草案作成を指示との報道が流れて一気に騰勢を強め買いが買いを呼ぶ流れとなり、一時600円超上昇と今年二番目の上げ幅となったこの中、昨日急落したNTTやドコモなど大手通信株がそろって反発となったほか東京エレクトロンやアドバンテストなど半導体株に強い動きまた、決算が好感されたキー [続きを読む]
  • 日経平均は3日ぶり大幅反落
  • 日経平均は通信株の急落に警戒感が強まり終日軟調の展開で寄り付き高値の引け間際が安値と引け味も悪く3日ぶりに大幅反落この中、上方修正を発表したTDKがストップ高となるなど強い動きとなり村田製作所も上方修正が好感されて大幅高また、太陽誘電は証券会社の投資判断引き上げを受けて急伸し、楽天がKDDIとの業務提携観測が流れたことから買い人気となったほか、ロコンドが月次好調を受けて一時ストップ高その一方で、通 [続きを読む]
  • 連日の大幅高で下値不安は遠のいた?
  • 米国株の大幅高とドル円の113円台回復を受けて、日経平均は寄り付きから21,500円台を回復すると、リバウンド狙いの買いが継続して入って上げ幅拡大日銀金融政策決定会合は、大方の予想通り金融政策は現状維持を受けた後場から波乱がなかったことを好感する格好で強い動きが続き大幅続伸となり高値引けに21,900円台に乗せての引けこの中、決算を材料にソニーやホンダ、アドバンテストなど注目度の高い銘柄が強い動きだったほか、ス [続きを読む]
  • 日経平均は、4日ぶりに大幅反発
  • 米国株安を受けて始まりは弱かったものの、直ぐに切り返してプラス転換すると決算銘柄の上昇がけん引して上げ幅を広げ、先物が買われ一段と強含み幅広い銘柄に買いが入り、日経平均は一時21,500円台を回復その後は伸び悩んだものの、4日ぶりに大幅反発この中、上方修正と増配を発表したコマツが大幅上昇となったほか、ファナックは下方修正を発表したものの、中間配当の大幅増などが好感され売り一巡後買直されたまた、東京エレク [続きを読む]
  • 東京市場は続落、7ヶ月ぶりの安値
  • 日経平均は、一時上げ幅を200円超に広げる強い動きを見せたものの買い一巡後に伸び悩むと失速し、上昇に向かえばを試せば押し戻されるも大きくは崩れず模様眺めが続いた後に、下げに転じて続落この中、上方修正を発表した信越化学が大幅上昇となったほか、電力株が総じて強く、中でも決算が安心材料となった関西電は6%を超える上昇また、上方修正を発表した幸楽苑HDや富士通ゼネラル、日本車輌が急伸し日本システムウェアが上期 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 10月 29日 〜 11月 2日 》29日(月) 【国内】日印首脳会談9月商業動態統計(8:50)《決算発表》大和証G、JR東日本、マネックスG、インフォコム、大正薬HD、JPX、マクニカ富士、積水化塩野義、三菱電、OBC、特殊陶、カルビー、野村不HD、JSR、オービック、小林製薬日電硝、TOTO、コマツ、アマノ、日精工、スタンレ電、ファナック、JR西日本、JR東海カプコン、SCSK、 [続きを読む]
  • 日経平均は続落し7か月ぶり安値
  • 米国株の大幅高を受けて、日経平均は朝方こそ強かったものの買いが続かず上げ幅を縮める展開となり、マイナス圏に沈むと先物が売られたことから一段水準を切り下げたが、そこでは流石に押し目買いが入っていた模様その後は大きく崩なかったものの結局続落この中、自動車株が総じてしっかりで、トヨタやスズキに強い動きが見られたほか上方修正を発表したタカラトミーやリンクバル、オイシックスが大幅上昇また、日立ハイテクは上期 [続きを読む]
  • 世界同時株安に東京市場も暴落
  • 米国株の大幅安を嫌気して東京市場も大きく水準を切り下げる展開となり日経平均は、節目の21,500円をあっさり割り込むと下げ幅を広げ一時やや持ち直した場面もあったものの、見切り売りに押され822円安とほぼ安値圏数少ない値上がり銘柄には、米テスラの時間外の急騰にパナソニックがシッカリ決算好調のベリサーブや太洋工業が大幅高となり、上期が営業黒字に転換した月島機械は後場プラス転換から上げ幅を広げ、幸和製作所は連日 [続きを読む]
  • 昨日の大幅安の反動高・・?
  • 昨日の大幅安の反動で、日経平均は寄り付きから上昇となったが上を試す動きは見られず失速、その後は上海株の堅調が安心材料となり上げ幅を広げる場面もあったものの、戻り売りに押され伸び悩みながら反発この中、上方修正を発表した東京製鉄が強い動きを見せていたほか幸和製作所が介護分野でパナソニックの研究開発に協力と発表してストップ高また、J&JのTOBに賛同の意を示したシーズHDはストップ高比例配分反面、証券会社 [続きを読む]
  • 一本調子の下げが続き大幅安
  • 欧米株が総じて軟調であったことを嫌気して大幅安スタートし、日経平均は寄り付き直後が高値となり、その後は下げが続き、上海株が反落したことで一段と売り圧力が強まり下値模索の展開指数は終盤にかけて下げ幅を広げ、22,000円を割り込む場面もあった大幅安この中、数少ない上昇銘柄には、決算や配当政策が好感されたLIFULLがストップ高と非常に強い動きとなったほか、上方修正を発表したエスティックやCEHDが急伸し、 [続きを読む]
  • 上海総合指数の上昇が続き、日経平均は3日ぶりに反発
  • 先週末の米国株が冴えなかったことで、日経平均は下落スタートし下げ幅を広げたが売りが一巡した後は強い戻りを見せて、先物に強い動きが見られたことで後場からプラス圏入りすると、地合い一変を受けて上げ幅を広げる展開となり上海総合指数の強い上昇が続く中、押し目買いが入り3日ぶりに反発この中、資生堂やコーセーなど化粧品株が大幅高となったほか、トランプ米大統領が核廃棄条約の破棄を表明したことで小型の防衛株が動意 [続きを読む]
  • 今週の市場スケジュール
  • 市場スケジュール 《 10月 22日 〜 10月 26日 》22日(月) 【国内】8月全産業活動指数(13:30)《決算発表》日証金、ナガワ、日立化成、ADワークス 【海外】米9月シカゴ連銀活動指数(21:30)《米決算発表》ハリバートン、キンバリークラーク、ハズブロ、ケイデンス・デザイン・システムズ23日(火) 【国内】《決算発表》日電産、シマノ、栄研化、高純度化、東製鉄、小松ウオル、両毛シス 【海外】米2年国債入 [続きを読む]
  • 中国・サウジ問題を警戒し一時大幅安
  • 米国株の大幅安を嫌気して、日経平均は一時22,200円台までげ下落し中国の経済指標は概ね市場予想の範囲内だったことで、その後は手がかり難暫く閑散展開が続くかと思いきや、じわじわと値を戻す展開に変わって終始マイナス圏ではあったものの、終盤に22,500円台を回復この中、安川電機や東京エレクトロンが売り先行から切り返して強い動きとなりファストリや資生堂が後場にプラス転換また、不祥事発覚で今週急落したKYBに押し目 [続きを読む]