ケント さん プロフィール

  •  
ケントさん: ケントのたそがれ劇場
ハンドル名ケント さん
ブログタイトルケントのたそがれ劇場
ブログURLhttp://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文映画や本が好きで、特に時間をテーマにしたお話が好きです。温泉やグルメもいいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2006/11/18 17:37

ケント さんのブログ記事

  • トレイン・ミッション
  • ★★★☆製作:2018年 米国、英国 上映時間:105分 監督:ジャウマ・コレット=セラ 全編を通してほとんどが通勤列車の中の出来事で占められている。それで原題は『THE COMMUTER』(通勤者?)ということなのだが、ミステリーとアクションが強調されているため、邦題のほうがぴったりしているかもしれない。 家族思いのマイケル(リーアム・ニーソン)は、警官を辞めて保険会社に転職して10年が経ち60歳を迎えてしまった [続きを読む]
  • ブラックパンサー
  • ★★★☆製作:2018年 米国 上映時間:134分 監督:ライアン・クーグラー あのマーベルコミックのヒーローなのだが、従来のヒーローものとは一味も二味も異なるキャラであり、ストーリー構成でもあった。 舞台はアフリカであり、当然ながら登場人物のほとんどは黒人である。もちろんヒーローのブラックパンサーも、黒人でありアフリカの秘境にあるワカンダの国王なのだ。そして表向きは何もない秘境の国ワカンダの正体は、地球 [続きを読む]
  • はじめてのおもてなし
  • ★★★★製作:2016年 ドイツ 上映時間:116分 監督:ジーモン・ファーフーフェン ドイツが創ったヒューマニズムコメディーで、いま国際的に大問題となっている『難民』問題を中心題材にしたファミリードラマである。従って家族全員と難民の青年が複数主人公となる。 病院を辞めず、がなり立ててばかりいる医長のリヒャルトと、元校長だった妻のアンゲリカの夫婦が二人だけで住んでいた。そこに離婚した長男が孫を連れ、31 [続きを読む]
  • クワイエット・プレイス
  • ★★★☆製作:2018年 米国 上映時間:90分 監督:ジョン・クラシンスキー 製作費が1700万ドルで、登場人物は約7人+モンスター3匹、主演は監督・脚本・製作総指揮の4役をこなしたジョン・クラシンスキーで、その妻役も実際の妻が演じている。なんとなく中小企業的な映画であるが、米国でのオープニングでなんと5000万ドルを超える興行収入を記録し、初登場第一位を獲得したのだという。 サブタイトルというかキャ [続きを読む]
  • 散り椿
  • ★★★★製作:2018年 日本 上映時間:112分 監督:木村大作 監督:木村大作、脚本:小泉堯史、音楽:加古隆と花の70代トリオが揃えば、まずは完璧な時代劇映画を連想してしまうだろう。もちろん期待通り超美麗な映像と、ジイーンと胸に沁み込むストーリーに、流れるような音楽はほぼ期待通りだった。それだけは間違いなかったのだが…。 主役の岡田准一をはじめとして、黒木華、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田英二な [続きを読む]
  • 百日告別
  • ★★★☆製作:2015年 台湾 上映時間:96分 監督:トム・リン 交通事故で婚約者を失ってしまった女性・シンミンと、同じ事故で妊娠中の妻を亡くしてしまったユーウェイの悲しみを描いたヒューマンドラマである。 最初は同じ悲しみを共有した二人の恋愛物語なのかと錯覚してしまったが、冒頭に記した通りあくまでもヒューマンドラマであり、ラブストーリーではなかった。突然最愛の伴侶を失った男女を襲った悲しみと苦しみを、 [続きを読む]
  • コーヒーが冷めないうちに
  • ★★★☆製作:2018年 日本 上映時間:117分 監督:塚原あゆ子 川口俊和の小説を映画化した作品である。過去に戻れる席(ある意味でタイムマシンの役割)のある喫茶店を舞台に、そこに訪れる客たちが体験する摩訶不思議な体験が描かれている。 ただ過去に戻るには、非常に面倒ないくつかの掟があった。1.過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。2.過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。3.過去に戻れ [続きを読む]
  • キングスマン:ゴールデン・サークル
  • ★★★☆製作:2017年 英国 上映時間:140分 監督:マシュー・ヴォーン  本作を一言で評価すれば、『007にコミカルタッチとエグいシーンを盛り込んだスパイ映画』と言ったところか。また本作より3年前に製作された初回作のほうが、好評価を得ているようだが、この続編もそれなりに楽しめたので大きな不満は湧かなかった。 ただ映画開始直後、キングスマンの組織がいきなり壊滅してしまうのは、ぶっ飛び過ぎではないだろ [続きを読む]
  • gifted/ギフテッド
  • ★★★★製作:2017年 米国 上映時間:101分 監督:マーク・ウェブ  ギフテッドとは、先天的に、かなり顕著に高度な知的能力を持っている人、またはその能力のことを指す。またアメリカ教育省は、「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義している。そしてその高度な知的能力は、誕生から死去するまで生涯にわたって見られるという。  それにしても [続きを読む]
  • ブレス しあわせの呼吸
  • ★★★★製作:2017年 英国 上映時間:118分 監督:アンディ・サーキス 映画プロデューサーのジョナサン・カベンデュッシュが、自身の両親の実話を自ら製作し映画化が実現した作品である。また「ロード・オブ・ザ・リング」「猿の惑星」シリーズで知られるイギリスの俳優アンディ・サーキスが初めて手掛けた長編映画だという。  1959年、妻・ダイアナのお腹には第一子を宿っているというのに、出張先のナイロビでポリオに感 [続きを読む]
  • 万引き家族
  • ★★★☆製作:2018年日本 上映時間:120分 監督:是枝裕和 リリー・フランキーの夫に対して安藤サクラの妻や子供たちとは、ちょっと年齢が離れ過ぎているよね。・・・なんて考えていたのだけれど、本作を鑑賞してその理由が分かった。 つまり何か変な祖母だと思っていた樹木希林や、安藤サクラの妹なのかなと考えていた松岡茉優も含めて全員が、赤の他人だったという結末なのである。それを言っちゃあネタバレじゃないのと、叱ら [続きを読む]
  • 三度目の殺人
  • ★★★製作:2017年 日本 上映時間:125分 監督:是枝裕和 一応表向きはサスペンス映画ということになっているのだが、裏のテーマは「嘘と慣れあいに塗れた裁判制度」に対する批判という形をした社会派作品なのだろう。もしそれが日常茶飯事の事実であれば重大な問題なのだが、「稀にそうしたこともあるのだろう」程度に承知しておこうではないか。 ストーリーの流れは、・・・真実よりも勝利に拘る弁護士・重盛(福山雅治)は、 [続きを読む]
  • レッド・スパロー
  • ★★★★製作:2018年 米国 上映時間:140分 監督:フランシス・ローレンス 主演はあの『ハンガー・ゲーム』から一躍スターダムに躍り出たジェニファー・ローレンスなのだが、いつの間にか美女になりオールヌードまで披露できる演技派大女優に成長していて度肝を抜かれてしまった。またかなりエグいシーンが多発するのだが、異色のスパイ映画としてかなり見応えのある作品に仕上がっていたと思う。  ボリショイバレエで人気沸 [続きを読む]
  • ベイビー・ドライバー
  • ★★★★製作:2017年 米国 上映時間:113分 監督:エドガー・ライト あの『キル・ビル』のタランティーノ感覚に、おバカ風味をブレンドしたアクション映画と言えば判り易いかもしれない。エドガー・ライト監督の作品は数本しか観ていないので確信している訳ではないが、その多くが本作のような作風のようである。 オープニングからいきなり銀行強盗と派手なカーアクションがはじまる。最近は超・ド派手なカーアクションが大流 [続きを読む]
  • 君の膵臓をたべたい
  • ★★★製作:2017年 日本 上映時間:115分 監督:月川翔 膵臓の病を患い余命いくばくかの女子高生と、偶然病院でその秘密を知ってしまった人見知りの激しい僕との奇妙な交流を描いた学園ロマンス作品。高校時代の僕を北村匠海が演じ、母校の教師になった現在の僕を小栗旬が演じ、現在と過去の話をパラレルに紡いでゆく。 膵臓を病むヒロイン役を演じた浜辺美波は、とても明るくて可愛い女の子なのだが、ちょっと図々しくオチ [続きを読む]
  • 奇跡のチェックメイト
  • ★★★☆ 製作:2016年 南ア・米国 上映時間:124分 監督:ミーラー・ナーイル なんと14歳でチェスのウガンダ共和国代表に選ばれた、スラム街出身の少女の実話をもとに描いた感動ドラマである。ウガンダのスラム街で暮らす少女フィオナは父を亡くし、厳しい母親に兄弟たちと、トウモロコシを売りながら貧しい生活を送っていた。 ある日弟が通うチェスクラブでチェスを知り、その魅力にはまってゆく。彼女の才能をいち早く察知 [続きを読む]
  • ホステージ 戦慄のテロ計画
  • ★★★製作:2017年 ジョージア、ロシア、ポーランド 上映時間:104分 監督:レゾ・ギジナイッシュビリ 本作は実話を基にして製作された作品であり、背景はまだロシアがガチンコの社会主義国だった1980年代のようである。当時のソ連国民は、反体制派の取り締まりをはじめ、国境警備、海外での情報収集などを行っていたKGB(ソ連国家保安委員会)の監視下におかれていた。 そして少しでも西側に興味を持つ発言や行動を [続きを読む]
  • エイリアン:コヴェナント
  • ★★★☆製作:2017年 米国 上映時間:122分 監督:リドリー・スコット ネットではかなり評価が低いのだが、そんなに悪い映画ではなかった。もしかすると、リドリー・スコット監督に期待し過ぎたエイリアンファンが多かったのかもしれない。 確かにシガニー・ウィーバーが演じたリプリーのような、強烈なイメージを発散する主役が不在だったり、エイリアンとの戦闘シーンが迫力不足だったことは否めない。だがそれだけで本作 [続きを読む]
  • きっと、いい日が待っている
  • ★★★★製作:2016年 デンマーク 上映時間:119分 監督:イェスパ・W・ネルスン 本作は実話に基づいて製作されたのだが、癌に侵された母親と、頼りない叔父だけしか親族のいない13歳と10歳の兄弟が、擁護施設に預けられるところからはじまる。そこで二人は目立つ行動をとったため、いじめの標的にされたり、教員たちから体罰を受けたりするのだった。 それで施設の先輩たちからは、出来るだけ目立たず幽霊のようにしていたほ [続きを読む]
  • アメイジング・ジャーニー 神の小屋より
  • ★★★製作:2017年 米国 上映時間:132分 監督:スチュアート・ヘイゼルダイン 決して悪い映画ではないのだが、脚本の構成と言うか流れに変則的な印象が残ってしまった。主人公のマック少年が、アル中の父親に虐待されていたと思ったら、いきなり大人になって三人の子供と愛する妻との幸せな家庭に納まっているではないか。父親への復讐やその結末は何となく想像できるものの、何の断りもなく一挙に20〜30年も未来へとス [続きを読む]
  • エンドレス 繰り返される悪夢
  • ★★★製作:2017年 韓国 上映時間:90分 監督:チョ・ソンホ 主人公の有名な医師が、旅客機に乗って娘に逢いに行くところからはじまる。ところがその娘は、交通事故に遭遇し死亡してしまうのである。だが次の瞬間、医師は旅客機の座席で目覚めるのだ。そして見たことのある風景と出来事が続く。つまり目覚めると、何度も同じ一日を繰り返すのである。 そして目覚めるたびに娘が事故に遭わないように奔走するのだが、どうして [続きを読む]
  • 帝一の國
  • ★★★★ 製作:2017年 日本 上映時間:118分 監督:永井聡 「政治とは流血を伴わぬ戦争である。ぼくの夢は総理大臣になること。ではどうしたら総理大臣になれるのか。超名門海帝高校の生徒会長になることだ。」海帝高校に入学した赤場帝一の独白ではじまる。そう本作は、古屋兎丸の同名コミックを実写化し、最初から最後まで生徒会長選挙戦に明け暮れる超おバカ映画なのである。 原作のコミックは読んだことがないのだが、 [続きを読む]
  • アンブレイカブル
  • ★★★☆製作:2000年 米国 上映時間:107分 監督:M・ナイト・シャマラン テレビのチャンネルを変えたら、ブルース・ウィリスが列車に乗っている映像が流れてきた。なんとなく気になる映像だったので番組表を開くとM・ナイト・シャマラン監督の『アンブレイカブル』というサスペンス映画であることが判った。それでそのまま約2時間テレビに釘付けとなってしまったのである。 そのあと、乗客・乗員131名が死亡するという悲惨 [続きを読む]
  • 社葬
  • ★★★☆製作:1989年日本 上映時間:129分 監督:舛田利雄 たたき上げの会長と二代目の社長の確執が社内派閥を生んでいる大手新聞社の取締役会。突然社長派の専務から会長解任の動議が提出される。どこかの会社にありそうな展開である。 そのショックで倒れて、緊急入院してしまう老会長。そのまま死亡してしまうだろうと社葬の手配をするのだが、なんと堅物で会長よりずっと若い社長のほうが、芸者と同衾中になんと腹上死し [続きを読む]
  • 神の手 血塗られた儀式
  • ★★製作:2016年 スウェーデン 上映時間:121分 監督:ラスムス・ティルジティス タイトル『神の手』とポスターに惹かれ、かつ珍しい北欧映画なので、つまらなければ輸入しないだろうと、下調べゼロでレンタルしてしまった。その後、家に帰ってネットで調べたら、余りにも評価が低いのでがっかり・・・。だが自分の眼で観てみないことには、本当に駄作なのかどうか分からないので、「怖いもの見たさ」という気分で鑑賞してみた。 結 [続きを読む]