hizuki さん プロフィール

  •  
hizukiさん: 日々の書付
ハンドル名hizuki さん
ブログタイトル日々の書付
ブログURLhttp://lbn.hizuki.lomo.jp/
サイト紹介文日々の小ネタ、マンガ、映画、レトロ、テレビ感想、読書はミステリー・ファンタジー・時代小説など。
自由文街で見かけたおかしなもの、笑いを誘うものを探しては
カメラに収めています。
・書道の展覧会で変なお題で書かれたもの
http://lbn.hizuki.lomo.jp/?eid=482648



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2006/11/19 21:45

hizuki さんのブログ記事

  • 案の定、はまってしまった向田邦子『父の詫び状』
  • 昔、向田邦子新春ドラマシリーズをみたことがあります。お正月に放送されたそのドラマは、たいてい戦争前の時代で、女系家族の穏やかで静かな生活が描かれる一方で、その家の長女(もしくは母親)が人に言えない相手との道ならぬ恋に落ちるストーリーに、こどもごころにス... [続きを読む]
  • 『花の降る午後』 宮本輝
  • 宮本輝の『花の降る午後』読了。久しぶりに宮本輝作品を読んだのですが、やはり宮本輝作品はいい。物語に出てくる人々がそれぞれ懸命に生き、困難に抗おうとしている姿が時に悲しく、愛おしいです。ヒューマンドラマであり、恋愛物語でありサスペンスでもある。読み始... [続きを読む]
  • 『また、桜の国で』 須賀しのぶ
  • 戦前のポーランドを舞台に、戦争の嵐のなかで、自らの思いを貫こうとした若者たち。その信念と友情を描いた『また、桜の国で』読了。須賀しのぶさんの近代(明治から昭和)作品はやっぱりすごい。激動の中に生きる人々の思いが詰まっています。『また、桜の国で』あら... [続きを読む]
  • [映画]アルゴ
  • さすがアカデミー賞受賞作。面白くて一気に見れました。飽きっぽい私が2時間画面に集中できた。「アルゴ」あらすじ1979年から80年にかけて起こったイラク革命。アメリカが圧政を敷いたイランの王をかくまったため、学生たちがアメリカ大使館を占拠。からくも逃げ延... [続きを読む]
  • 『陸王』池井戸 潤
  • 池井戸潤作品『陸王』読了。初めての池井戸作品だったのですが、テンポがよく、読みやすい文章と、巨悪…じゃなかった、大企業に立ち向かう弱小チームの活躍に、ページをめくる手が止まりませんでした。陸王posted with amazlet at 17.08.26池井戸 潤 集英社 売り上げ... [続きを読む]
  • 『アンマーとぼくら』有川浩
  • 有川浩さんのアンマーとぼくら読了。沖縄を舞台に描かれる、家族の物語。リョウは休みをとって沖縄のおかあさんと3日間過ごすことになった。おかあさんと家族の思い出の場所をいくつもをめぐるうち、北海道から沖縄に来たばかりの小学生の頃の自分と出会う。リョ... [続きを読む]
  • 『横浜駅SF』柞刈湯葉
  • 『横浜駅って、なんかずっと工事してない?』というのが、首都圏住民の共通認識だったりします。実は、駅が作られて以来ずっと、工事を続けているのだとか。そんな横浜駅の状況を逆手に取って、自己増殖する駅と、それに抗う人というSFに仕上げた『横浜駅SF』読んだと... [続きを読む]
  • [映画]80日間世界一周
  • 古き良きアドベンチャー映画「80日間世界一周」鑑賞。多少表現に昔っぽさが残るものの、当時としては良心的な表現で、素直に楽しめる作品でした。80日間世界一周 あらすじ19世紀ロンドン。紳士フォッグがクラブで他の紳士と話すうち「80日間で世界一周ができるか... [続きを読む]