バイオアソシエイツ さん プロフィール

  •  
バイオアソシエイツさん: BioQuick News 日本語版
ハンドル名バイオアソシエイツ さん
ブログタイトルBioQuick News 日本語版
ブログURLhttps://biomarket.jp/modules/bioquicknews/index.php?page=diarylist
サイト紹介文BioQuick Newsは世界中の生命科学関連のトピックスをタイムリーにお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2006/11/28 22:02

バイオアソシエイツ さんのブログ記事

  • 米国血液学会で急性骨髄性白血病(AML)の患者特異的治療法への取り組みが報告された
  • 急性骨髄性白血病(AML)の患者に合わせた治療のために、白血病細胞の薬物感受性および耐性の迅速スクリーニングに進歩がみられている。 白血病幹細胞の薬物応答に関する研究は、治療が成功しなかった理由、または最初は有望な治療結果がなぜ持続しなかった理由を明らかにするかもしれない。 AMLは、ある種の血液形成細胞の重大な障害である。この病気では、白血球に通常発達する骨髄中の特定の初期前駆細胞が適切に成熟しない。 [続きを読む]
  • 脊髄損傷の修復を促進する新しい幹細胞集団が同定された
  • イェール大学医学部とイタリアのピサ大学の生物学科のチームは、動物モデルで脊髄損傷の修復に特に効果的である特定の幹細胞集団(神経上皮幹細胞)を同定した。この実験では、これらの細胞が損傷組織内に組み込まれ、移植後に数センチメートルのプロセスを延長し、治療を受けた動物に運動機能回復をもたらすことを実証した。さらに、ラボの試験で示されているように、回復は傷害の程度に比例した。例えば、脊髄損傷が25%以下であ [続きを読む]
  • パーキンソン病の潜在的な出発点は盲腸だった
  • 虫垂の切除は、パーキンソン病の発症リスクを19〜25%低下させる可能性があることが2018年10月31日発行のScience Translational Medicineに掲載された。このオープンアクセスの論文は、「虫垂がパーキンソン病を発症するリスクに影響する(The Vermiform Appendix Impacts the Risk of Developing Parkinson’s Disease.)」と題されている。この発見はまた、パーキンソン病の発生における腸および免疫系の役割を明確にし、パーキ [続きを読む]
  • 抗精神病薬はトリプルネガティブ乳癌に対して有効かもしれない
  • 一般的に使用されている抗精神病薬は、治療が最も困難なトリプルネガティブ乳癌に対しても有効であるという新たな研究が発表された。英国のブラッドフォード大学が率いるこの研究では、ピモジド(pimozide)がトリプルネガティブ乳癌の他、最も一般的なタイプの肺がんをも治療できる可能性があることが示された。抗精神病薬は、抗癌特性を有することが知られており、精神分裂症を有する人々の間でがんの発生率が低下しているとは言 [続きを読む]
  • 幹細胞の健常時とストレス時の行動の主な違いが明らかに
  • カリフォルニア州のUCLA ジョンソン総合がんセンターは、健常時および傷害後の微小環境によって造血幹細胞がどのように維持されているか重要な違いを発見した。人体は、健常時や、例えば癌の放射線治療のようなストレスやけがの時に単一成長因子を産生する細胞種を切り替えているように思われる。この研究結果は、放射線治療で造血幹細胞が実質的に枯渇していそうな時や、骨髄移植を受けている人の治療に影響を及ぼす可能性がある [続きを読む]