nishinayuu さん プロフィール

  •  
nishinayuuさん: 晴読雨読ときどき韓国語
ハンドル名nishinayuu さん
ブログタイトル晴読雨読ときどき韓国語
ブログURLhttps://nishina.exblog.jp
サイト紹介文読書と韓国語学習の備忘録。読書ノートと、韓国語による翻訳・ESSAY・古典文学の再話など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2006/11/30 17:29

nishinayuu さんのブログ記事

  • 『海の見える理髪店』(荻原 浩、集英社、2016)
  • 読書会「かんあおい」2018年9月の課題図書。本書は6つの作品からなる短編集で、各作品の初出はいずれも『小説すばる』。*『海の見える理髪店』――理髪店主が客を相手に「声に出して語る」部分と、客である男性が心の中で繰り広げる「声を出さずに語る」部分からなる。理髪の細かい手順を踏みながら自分の半生を語り続ける店主。その細かい手順と私事をさらけ出す語りのひとつひとつに集中する客。海の見える爽やかな理髪店がしだ [続きを読む]
  • 『A Quiver Full of Arrows』(Jeffrey Archer, Kodansha English Library)
  • 永井 淳の訳で新潮社から出ている版のタイトルは『十二本の毒矢』で、12の短編が収録されている。本書はそれより2編少ない10編の短編集となっている。講談社の出版なので、和書に分類すべきかもしれないが、英文の本なので原書としておく。収録作品のなかで面白かったのは……。*The Chinese Statue――サザビーズのオークションに出品された中国の皇帝像。像そのものより台座に高額の値がつく。(ところでポンドとギニーという貨 [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題19
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.6.25&7.2)動詞11-間に合う意味:제시간에 도착하다, 충분하다原文1:飛行機に間に合わないかと思い、空港バスをあきらめてタクシーに乗った。訳文:비행기를 놓칠세라 공항버스는 포기하고 택시를 탔다.原文2:(保険の勧誘電話を受けて)「今ので間に合ってます」訳文:지금든 보험으로충분해요. /더는 필요 없어요.原文3:議員は、年内に予算編成を間 [続きを読む]
  • 『居心地の悪い部屋』(編・訳=岸本佐知子、角川書店)
  • 編訳者あとがきによると「昔から、うっすら不安な気持ちになる小説が好きだった。(…)夢の中で、電車を一本乗り違えただけなのに、もう二度と許の世界には帰れないような(…)というものばかり選んで翻訳し、『野性時代』に連載したものをまとめた」のが本書だという。さてその居心地の悪い小説とは……*ヘベはジャリを殺す(HB KILLS JARRY ブライアン・エヴンソン, 1994) まぶたの縫合で始まりまぶたの縫合で終わる殺しの儀式 [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題18
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.6.11&6.18)動詞6-言い聞かせる意味:타일다,설득하다原文1:ちゃんと鍵を閉めるように子どもに言い聞かせて、両親は急いで出かけて行った。訳文:문을 꼭 잠그라고 아이에게 다짐하고 부모는 서들러 집을 나갔다.原文2:バナナは貴重品だと言い聞かせられて育った世代訳文:바나나가 귀한 음식이라고 들면서 자란 세대   (1950年頃までの日本も同じ [続きを読む]
  • 『不明解日本語辞典』(高橋秀実、新潮社)
  • 本書は『波』の2010年1月号〜2014年9月号に掲載された「とかなんとか言語学」と、『熱風』(スタジオジブリ)の2012年1月号に掲載された「問答無用の「健康」印」に加筆修正したものだという。著者はノンフィクション作家。英実を「ひでみね」と読むのにはびっくり。本書にはそれほどびっくりすることは書かれていないが、共感した部分、印象に残った部分を列挙しておく。*「日本語は難しいよね」とつぶやく人をよく見かける(…)難し [続きを読む]
  • 『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介、文藝春秋)
  • 本作は第153回上半期の芥川賞受賞作。同時受賞の『火花』が読書会「かんあおい」の7月の課題図書だったので、ついでに読んだ。選考委員・島田雅彦の評にある通り、「間もなくお迎えが来る祖父を在宅看護せざるを得なくなった孫の悪戦苦闘を描きながら、今日の〈家族の肖像〉を鮮やかに定着させている」小説である。家族は作中で88回目の誕生日を迎える祖父、今年還暦を迎えて嘱託勤務に切り替わった母、そして語り手である28歳の青年 [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題17
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.5.21〜6.4)動詞1-いう/話す/語る意味:말하다,이야기하다 등(「語る」にはストーリーのある話を筋道を立てて話すという意味がある)原文1:身の上話を細かく語る。訳文:자신의 처지에 대해서 자세히 아야기하다. /구구절절이 사연을 풀어 놓는다.原文2:朝礼の時間、校長先生のお話を聞く。訳文:조회시간에 교장선생님의 말씀을 듣는다.原文3:誰か [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題16
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.5.14&5.21)名詞37-どちらかというと意味:어느 쪽인가 하면原文1:犯人は黒い服を着て、どちらかというと背が低く青白い顔をしていた。訳文:범인은 검은 옷을 입었고, 키가 약간 작은 편이며 얼굴이 창백했다. (「どちらかというと」を直訳せずに、약간と편を使えば自然な韓国語になる。)原文2:スポーツ観戦か映画鑑賞なら、この休日はどちらかという [続きを読む]
  • 『Zlateh the Goat and Other Stories』(Issac Bashevis Singer)
  • 本作は『ショーシャ』の作家による最初の児童書で、ヨーロッパのユダヤ人社会に伝わる民話や伝説をもとにした7つの物語からなる。「Fool’sParadise」には怠け者の男が、「Grandmother’s Tale」には悪魔が、「The Snow in Chelm」「The Mixed-Up Feet and theSilly Bridegroom」「The First Shlemiel」の3編には愚か者たちの村「ヘルム」で起こったできごとが、「The Devil’sTrick」には悪魔より賢かった少年が、「Zlateh the Go [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題15
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.4.23&5.7)名詞32-ねた意味:(寿司の)재료、(話の)이야깃 거리, 레퍼토리原文1:東京でも新鮮なネタがそろっていると評判の寿司屋だ。訳文:이 집은 도교에서도 신선한 새료를 쓰는 것으로 소문난 초밥집이다.原文2:息子が机に向かって一生懸命勉強していると思ったら、文化祭で披露する漫才のネタを作っていた。訳文:아들이 책상에 앉아서 열십히 [続きを読む]
  • 翻訳練習 課題14
  • 2018年度前期の韓国語講座「翻訳の秘訣」で練習したものの記録です。(2018.4.9&4.16) 名詞26-〜づくり意味:前に来る名詞によって(기반)조성/활성화/~갖추기/창조原文1:まちづくりセンターは、住民全体のまちづくり活動を支援しています。訳文:지역 활성화 센터에서는 주민이 주도하는 지역 활성화 활동을 지원합니다.  「まちづくり」のような固定化した表現の場合、「まち」の訳語としては「지역」がふさわしい。原文2: [続きを読む]