ヒギリ さん プロフィール

  •  
ヒギリさん: MELANCHOLIDEA
ハンドル名ヒギリ さん
ブログタイトルMELANCHOLIDEA
ブログURLhttp://melancholidea.seesaa.net/
サイト紹介文ひきこもり系アセクシャルの考えること。多様性を認めない社会や教育にアンチです。たまに書評。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2006/12/04 04:10

ヒギリ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 誰でもトイレはどこでも使える私のためのトイレではない
  • マイノリティを受け入れる「誰でもいていい場所」でマジョリティが自分の「普通」を振りかざし、安心感をおびやかす。てことが時々おこる。当事者やそれに近い人が抗議すると、マジョリティ側の人は「普通のことを言っただけなのに何が悪い」「誰でも受け入れるといいつつ普通の人間は受け入れないのか」と憤る。(マジョリティでも素直に反省できる人はそもそも抗議される事態に陥らない)まあ、よくある話。たとえば「だれでもト [続きを読む]
  • 同性婚『合法化』ではなく『法制化』と呼ぼうよ
  • 世界のニュースを見ていると、近頃は正式に同性婚が可能になったよというニュースがよく流れる。喜ばしいことだ。(婚姻の是非はおいといて、二等市民じゃなくなったって部分で)ただ気になるのは、それが『同性婚合法化』と報じられること。合法化じゃなくて法制化じゃないかな。合法の反対って違法だと思うんだよ。それじゃ今まで禁止されていたみたいじゃないか。したら罪になるんじゃなくて、できないように疎外されていただけ [続きを読む]
  • 野村証券のCM「最高の誉め言葉」編
  • 野村証券のcmをみた。主人公の若い男性が客にいいプランを提案する。客「気に入った。いいひとを紹介しよう」主人公「ってことがあったんです」先輩「最高の誉め言葉じゃないか」後日?別の客「気に入った。いいひとを紹介しよう」とても嫌な気分になった。嫌、というか。心臓をぎゅっと握られる感じ。これは私の日常でもありふれた、精神をけずられる光景だから。このCMで言ってるのが「あなたの仕事ぶりが気に入った、良い客 [続きを読む]
  • 漫画を買ったことと読まない僕
  • 久しぶりに図書館に行った。5年ごとに更新するカードの期限がだいぶ前に切れてた。前回は更新開始と同時に手続きするくらい日常の中に図書館があったのに、今はカード番号すら忘れてる。(たいていの人は図書カードの番号なんて覚えてないと思うけど、私は自然に覚えちゃうくらい毎日使ってた)依存しなくなった。だけなのかな。久しぶりに図書館に入って、なつかしさになんかがこみあげてきそうで意外とこない。いつも必ず見る新 [続きを読む]
  • 定刻発車の世界
  • ここしばらく毎日電車が遅延してる。分単位から1時間単位まで、いつものに乗っても違う時間にのっても違う路線を使っても、はかったように行き帰り遅れる。先日は、帰り道で疲れてて体調も良くなくて、このままうっかり立ちくらみとかしてホームから落っこちないかなって思ってたのに轢いてくれそうな電車が来なかった。私より前に落っこちた人がいたらしい。うっかりさんとか酔っ払いとか急病とか辛い人とか、なんでそんなに多い [続きを読む]
  • パラリン特集と健康CM
  • 昼過ぎにテレビをつけたらパラリンピックに向けて有望な選手の特集をやってた。障害についても話してた。直後のCMは酵素だかグルコサミンだか健康サプリのもので、体験者の声をやっていた。「いつまでも元気でいたい」「介護される側になりたくない」そして「歩けなくなったら終わり」痛いのとか不便なのとかつらいとか苦しいとかをできればさけたいってのは人情だ。健康でいたいと思うのはいけないことじゃないし、健康じゃない状 [続きを読む]
  • 身心一如
  • 先月のメンタルがやばかった。自覚あったけど吐き出し用に書き散らしたメモを読んだら改めてやばかった。ここ数年はそういうのやってなかったんだけど、吐き出す必要がある時点でよくない状態になってる。なんかもう最近、薬物に手を出す人とかの気持ちがちょっとわかる気がしてきた。そんなんに手を出すのは馬鹿だと思うけど、でも今がつらくて今を楽にしてくれる手軽な誘惑があったらのるし、のっちゃったら手放せなくなるだろう [続きを読む]
  • 救いの手の格差
  • しにたくなったらこころの健康相談統一ダイヤルを、ぼへっと眺めてた。東京以外は土日祝日年末年始はお休みで、会社員が働いてる時間内が運用時間らしい。多分、相談に乗れる人を集められるかとか資金とか色々あるんだろうけど。土日祝日年末年始夜から朝が一番死にたい時間だと思うんだけどな。助けてもらえる可能性の数に地域差が出てしまうのは悲しい。生きる支える相談窓口 [続きを読む]
  • 年末メンタル
  • 盆暮れ正月と冠婚葬祭の前に読むべきは、『ムーミン谷の夏まつり』わたしたちみんなが楽しくないと思っているならあの人たちとむりにあわなくたっていいのよ。神経質で弱くて頭が固くて臆病なくせに気づきを立派に行動に移すフィリフヨンカさんだいすき。フィリフヨンカというのは、ムーミンシリーズにでてくるいきものの一種。フィリフヨンカたちの特徴は、やせ型神経質で強迫傾向の女性。(男性はフィリフヨンク)『夏まつり』に [続きを読む]
  • 『普通』化のための手術と本人の意思
  • 多指症のニュース記事を読んだ。多指症というのは文字通り生まれつき指が大抵の人より多い症状。先進国では幼児のうちに『余計な指』を切り取るのが一般的らしい。検索したけど『治療』しなきゃいけないもんなのかよくわからなかった。結合してたり遊離してたりで機能的に不便だから。というならまだわかる。人と違うといじめられやすいから物心つく前にってのも想像できる。けど、ただ多いだけのものを本人の同意なしに切り取って [続きを読む]
  • 災害のたびに思うこと
  •  私は、「ハーパーズ・バザー(Harper’s Bazaar)」誌の友人フランシス・マクファーデンと一緒にテーブルについて、第二次世界大戦の地獄から生き延びた人々が、本当に関心のあることはなんだろうかと頭をひねっていました。「『ハーパーズ・バザー』のモード写真でないことは確かね」といって、フランシスは賢そうな額にしわを寄せました。「あら、そうかしら」と、私は答えました。 「それだって考えられるわ。麻袋の布地で服 [続きを読む]
  • 過去の記事 …