大谷 さん プロフィール

  •  
大谷さん: バンコクの日々
ハンドル名大谷 さん
ブログタイトルバンコクの日々
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pts999/
サイト紹介文バンコクに滞在し日本人とタイ人の国際結婚をお手伝いする日本人の日常生活をつづる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2006/12/14 18:32

大谷 さんのブログ記事

  • バンコクだけが、賑わっているだけじゃないんだね。
  •  先日の日曜日、弊社のタイ人スタッフとお客様を訪ねて、ウドンタニー県へ出張した。お客様と話が終わり、セントラルプラザデパートまで送ってもらう。 セントラルプラザに向かう道が渋滞しており、お客様が前方の乗用車を指さし「前の車は、ラオスから買い物に来ている車です。週末になるとラオスのお金持ちが、セントラルプラザへ買い物にやって来るので、渋滞するんです」と教えてくれた。 あ、そう言えばと思い出したのは、 [続きを読む]
  • やっぱり人次第なんですよね。
  •  私の休日は、1週間分の食料の買い出しで始まる。お肉を買うならここ、野菜を買うならここ、雑貨を買うならここと、行く場所は決まっている。 年を取ったのかもしれないが、最近、魚を食べたいと思うことが多く、刺身やサバ、サンマを買っては順番に食べていた。 ある日いつも食料を買いに行くスーパーの鮮魚売り場の人の顔ぶれが変わっていた。以前は「仕事だるいわ」という顔をしたおじさんが魚を売っていたので、良い魚があ [続きを読む]
  • バンコクで青空が見えるようになった。
  •  「何か歩き難いな、電線が置いてあって」と歩道を歩きながら思っていたのだが、 そういえばバンコクの電線を地中化するという、ニュースを読んだと思い出す。 バンコクへ最初に訪れた殆どの人が、まずびっくりすることは、電柱と電柱の間に からみつくように通っている電線と地震対策を全く考えていないような建築物である。 確かに電線ってこんなにゴチャゴチャして良いの?というぐらい、複雑に絡み合っている。どうしてこ [続きを読む]
  • ONとOFFの切り替え。
  •  先日、知人から教えてもらったパークナームというお寺に行って来ました。何でも 日本人の間では、インスタグラム映えがする場所のあるお寺で有名だと、知人が教えてくれた。 「それなら行こか」ということで、女房と一緒にお寺へ行く。Googleマップ―ナビを使い、途中変な道に案内され迷いながら、パークナーム寺に到着。 このお寺には大きな駐車場もあり、さすが有名なお寺だわと感心。目的の仏塔を目指し、トコトコ歩いて行 [続きを読む]
  • 1人で暮らすのは、寂しすぎる。
  •  同業他社の方と話す機会があり、日本の婚活状況を色々と聞いた。今まで日本国内で婚活をしていた男性が、タイ国際結婚に舵を切る理由は様々である。 「日本国内の婚活で、子供を希望する男性と結婚したいという日本人女性を探せなかった」とか。 或いは「両親のどちらかが病気になったり亡くなったりして、このまま結婚しないと自分が1人ぼっちになってしまうと気付いた」などである。 ただ1人ぼっちになってしまうと男性が気 [続きを読む]
  • お米は大事だよね。
  •  私はご飯がないと生きていけない男である。そしてお米が美味しいか、美味しくないか?ということを気にする。 タイではトレイにおかずを入れ、それを何種類も並べて販売している。そのおかずを見ると、どれも美味しそうなのだが、ここで問題となるのがご飯である。 私の年代ぐらいの日本人は、タイ米というと余り良いイメージがないはずである。 それは日本でコメ不足になった時、タイ米が緊急輸入され国内で販売されたのだが [続きを読む]
  • これも年度末の工事なのかな。
  •  私はプラカノンに住んでいるのだが、2週間ぐらい前に道路のアスファルトを剥がしたまま、未だ新しいアスファルトが敷かれない所がある。 私は道路工事については素人なので、良く分からないのだが、数百メートルのアスファルトを敷きかえるのにこんな時間がかかるのだろうか。 毎晩、道路の片側を封鎖し工事をしているのだが、一向に工事が終わる気配がない。日本にいた頃、年末になるとあちこちで道路を掘り返し、工事してい [続きを読む]
  • BRINGLUCKのタイ国際結婚お見合いにつきまして-2
  •  BRINGLUCKのお見合いは、ホテルの会議室で朝9時から始まります。       お見合いに参加する女性会員は、3人から5人です。一人30分から40分のお見合いとなります。よく日本人男性の方からご質問頂くのは「30分から40分のお見合いで、結婚相手を決められるの?」です。 それは「決められます」。その理由は、お見合いに参加する女性会員を選ぶ時、まず日本人男性がお見合いしたいタイプの女性、好みの女性の容姿、趣味、女 [続きを読む]
  • 足が痺れることって、余りないよね。
  • 昨日はバンコクで弊社のタイ人女性会員の結婚式を行いました。弊社では結婚式場の手配、結婚式場の飾り付け、ビデオ、写真撮影を行うチームを作って、結婚式を行っています。 タイの結婚式は、お坊様の読経から始まります。結婚式場にもよるのですが、昨日はお坊様の読経を聞くのに出席者全員で床に座っていました。 「横座りだと足は痺れない」と思っていたのは大間違いで、何度か足の位置を変えて痺れないようにしました。私だ [続きを読む]
  • 「私の腕を持って良いですよ」
  • 満員のBTSの中で、その声が聞こえたのは私の前にいた初老の女性が、電車の揺れで大きくバランスを崩した時だった。 初老の女性は背が小さく、「私の腕を持って良いですよ」と声をかけた人は、大柄な女性だった。 初老の女性が遠慮していると大柄の女性は「私は体が大きいから、ちょっとやそっとのことでバランスが崩れないから、大丈夫ですよ」と言った。  初老の女性はニコニコして、大柄な女性の腕を持ち、しばらく二人で世 [続きを読む]
  • BRINGLUCKのタイ国際結婚お見合いにつきまして
  •  BRINGLUCKのタイ国際結婚お見合い、婚約・結婚コースについて、もっと皆さんに知って頂きたく、これから数回に分けてご案内をしていきます。 まずお見合い編です。 弊社のお見合いは、バンコクのホテルの会議室で行います。会社を立ち上げたばかりの頃は、会社の事務所で行っていました。しかしより良い環境と日本人男性会員様と タイ人女性会員にリラックスしてお見合いをして頂くため、お見合いの場所をホテルの会議室へ移 [続きを読む]
  • 先代の社長に教えてもらい、BRINGLUCKがしていること。
  •  私がその結婚相談所のバンコク支店に在籍していたのは、約4年間である。その間、タイ人女性と日本人男性のお見合い、結婚式、結婚手続、査証申請手続きなどをタイ人スタッフと共にしてきた。 私はタイ国際結婚の書類作成をずっとしてきたので、それについては自信があった。しかしタイ人女性と日本人男性のお見合い、結婚については素人だったので先輩のYさんや先代の社長、上司には色々と教えてもらいながら、仕事を覚えた。  [続きを読む]
  • タイ人の根っこにあるもの。
  •  それは何をするにも、その判断基準が「楽しいか、楽しくないか」であること。仕事でも勉強でも「これは楽しいから、する」、「これは楽しくないから、やらない」で 判断するのである。 だから日本語の勉強でも「ちょっと難しい事や沢山、単語を覚えなければいけない」となると、途端に「楽しくないから、嫌だ。勉強したくない」となる。 日本人的感覚で「辛くとも、ここは我慢して、頑張って!」と言っても、頭の中は「これは [続きを読む]
  • タイ人女性からお見合いをしたいと思われる日本人男性像とは。
  • 「髪の毛が薄いし50歳過ぎているから、日本国内で結婚相手を探すのは難しいんですよ」と、弊社のタイ人女性会員とカップルになった男性が漏らした言葉である。 私の経験からいって、日本人男性と国際結婚をしたいと考えているタイ人女性は、 男性の髪の毛が薄いとか、太っているということを余り気にしない人が多い。 そこでBRINGLUCKのタイ人女性会員?の場合、「日本人男性とお見合いをしたいと 考えるポイントは?」をご紹 [続きを読む]
  • 本当に繊細な話なんですよ。
  •  弊社は日本人男性とタイ人女性のお見合いをしている会社である。だから私達が通訳する場合、工場通訳、会議通訳、会社の業務通訳とは違う物が求められる。 それはお二人の心を繋げる通訳をすることである。お見合いは、お二人とも初対面で二人では何を話して良いのかも分からない状況から始まる。 だからお二人が相手に対し、いかに興味を持って頂けるかを通訳するのが大切である。同時にお二人が相手の人と結婚をした時、日本 [続きを読む]
  • タイで働くのに忘れてはいけないこと。
  •  私がバンコクへ移り住んだ20年前は、駐在員でもない30代の男が「タイ語の語学学校で、タイ語を勉強しています。将来はタイ語の翻訳の仕事をしたいです」というのは、とても珍しかった。 そして周囲の日本人からは「働き盛りの男が、何寝ぼけたこと言っているの」という冷めた目で見られていた。特に私の場合は、女房と一緒に語学学校へ通っていたので、余計そう見られたのかもしれない。 だからタイ人社長経営の翻訳会社へ勤め [続きを読む]
  • 何をもってして、残酷と思うか。
  •  約30年前に一人で中国を旅していた時、ロータリーの交差点に交通事故の写真が張り出されていた。それは事故で怪我をした人や死亡した人の写真であった。 当時、私はそれを見て「嫌な写真だな。えげつない」と思った。そして20数年前に バンコクへ来た時、交差点には事故写真こそ貼り出されていなかったが、新聞にはモザイクもかけていない事故写真や死体の写真が載り、それらの写真をまとめた雑誌が販売されていた。 今、タイ [続きを読む]
  • 農家に嫁いだタイ人お嫁さんたち-2
  • 「農家へ嫁いだタイ人お嫁さんたち-2」です。今回登場頂いたご夫妻は、今年2人目のお子さんが生まれました。ご家族でタイへ帰省される際は、必ずBRINGLUCKの事務所へ来てくださいます。私もお二人の結婚生活の様子やお子様の成長を見られて、嬉しい時間となります。秋田県お住いのA様ご夫妻日本人ご主人 年齢:57歳 職業:兼業農家タイ人奥様  年齢:37歳 職業:主婦と農業の手伝い結婚生活:2年 娘が2人(2歳と6か月)タイ [続きを読む]
  • タイに住むために大切なことは。
  •  最近、日本人現地採用者の給料の方が、日本にいる日本人の給料より、高くなって いるという記事を見た。何年間に一度は、こういう記事を見るのだが、いつも思うのは幅のない内容だなということ。 同じことが言えるのは、タイは物価が安いので日本の年金受給者は、タイで快適な 生活ができるというもの。実際、タイで生活をしていると、様々なストレスや社会保障制度の未弱さ、日本より生活費が掛かるんじゃないのと思う。 私 [続きを読む]
  • 何とも不思議なコンビニのサービス
  •  私はコンビニで買い物をするのが、結構好きである。それはコンビニによって独自のプロモーションを行っており、それが楽しみで、毎日、会社の近くにあるS−コンビニを覗いている。 今日も昼ご飯を食べてからS−コンビニへ寄り、アイスクリームを買おうとして、 冷蔵庫の前に立ち、タイ文字で書かれたプロモーションを読んでいた。 「今なら**の15バーツアイスが10バーツにディスカウント」と書いてあった。それは私が好きな [続きを読む]
  • ちょっと待て、そのひと筆が眉を濃くする。
  •  民族や国によって、人の美醜の基準が違うのは良くわかる。だからタイ人女性が、 眉毛を濃くかこうが、厚化粧をしようが、それはタイ人女性の美意識なのだから、私がとやかく言う筋合いではない。 私の父は、母が化粧をすることを嫌い、いつも「すっぴんでいろ」と言っていた。 母は「せめて外へ出かける時は、化粧したい」と言っても、父は「何を色気づいているんだ」と訳の分からないことを言って、母に化粧をさせなかった。 [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」20170630を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「タイ人との国際結婚手続は、どうすれば良いの?-2」です。  タイ人女性のお見合いと結婚、婚姻手続の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧頂き、お問い合わせください。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。               [続きを読む]
  • 農家に嫁いだタイ人お嫁さんたち-1
  •   今回から数回に分けて、BRING LUCKが農家へ嫁いだタイ人お嫁さん達に日本の生活や夫婦生活について質問し、その回答を掲載します。  日本へ入国したタイ人お嫁さん達が、何を思い、感じているかをご覧ください。                    岩手県お住いのT様ご夫妻日本人ご主人 年齢:50歳 職業:兼業農家 タイ人奥様  年齢:34歳 職業:主婦と農業の手伝い結婚生活:3年 息子が一人タイ人奥様の日本へ [続きを読む]
  • BRING LUCKのタイ人女性会員にもてる日本人男性とは?
  •  タイ人女性と日本人男性のお見合い、結婚相談所を経営していると、様々なお客様に出会う。日本人男性が、タイ人女性との結婚に求める理由も様々だし、結婚生活についても色々な考え方がある。 しかし一つ言えることは、日本人男性とお見合いし日本で生活をしようと考えるタイ人女性にとって、自分の夫として選ぶ男性は、将来の生活設計をきちんと見せてくれる人である。 こうした将来の生活設計を提示できる日本人男性は、弊社 [続きを読む]
  • 「タイ国際結婚の現場から」20170618を更新しました。
  •  今日の「タイ国際結婚の現場から」のお題は「タイ人との国際結婚手続は、どうすれば良いの?」です。  タイ人女性のお見合いと結婚、婚姻手続の詳細については、下記の弊社のウェブサイトをご覧頂き、お問い合わせください。 弊社のWeBサイトはこちらからご覧ください。  日本人とタイ人の結婚手続きの詳細は、こちらからご覧ください。 読んで頂いた後、ポチッと押してくださると嬉しいです。                [続きを読む]