奥信濃の花屋 さん プロフィール

  •  
奥信濃の花屋さん: 奥信濃から〜花農家のフォトスケッチ
ハンドル名奥信濃の花屋 さん
ブログタイトル奥信濃から〜花農家のフォトスケッチ
ブログURLhttps://nashimoto.exblog.jp
サイト紹介文奥信濃の切花栽培農家のブログです。栽培している花、野山の花、そして農場と家族の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2006/12/14 19:06

奥信濃の花屋 さんのブログ記事

  • @根子岳
  • お軽め登山。菅平の根子岳へ。周囲の山々もちょうど紅葉真っ盛り。牧場から入り、リンドウが咲く牧場脇の道を登る。紅葉の白樺林がきれい。山頂までは2時間弱。登山道も整備されていて、お軽めの登山にお薦めの山でした。 [続きを読む]
  • 秋の日
  • 6月初めから続いていたワレモコウの収穫が終了しました。1品目の量は減らしながら多品目化を進めていますが、ワレモコウは絶対量はあまり減らさず、需要期の山を大きくしたり、良い系統を増やしてそうでもないものを淘汰したり、内容をより良く安定供給できるように努めています。まあ思い通りにはなかなか行きませんが...。10月に入り、露地の出荷物も一気に減りました。ホトトギスのように夏の干ばつで葉焼けを防げなかった [続きを読む]
  • 八方池まで
  • 連休中日の晴天を利用して山に行ってきました。ちょうど東京に住む娘も帰省してきており、カミさんと3人で八方まで。ガスがかかったり、切れて雄大な景色がのぞいたりと、これも変化があってかえって良かったかも。2か月もブログをほったらかしにしていたんですね...フェイスブックやインスタには色々投稿していたのですが、こちらがついおろそかになっていました。この間、大干ばつや猛暑、2度にわたる台風の襲来。そして一年 [続きを読む]
  • お盆前
  • 7月下旬。普段ならあまり花を出荷したくない時期なのですが、まだ好相場が続いています。それでも一旦花が少なくなり、次第にお盆向けの花の収穫が始まりました。お盆用には、ワレモコウ、ソリダゴ、オリエンタル百合、そして昨年から始めたアスターを用意しています。ワレモコウ、ソリダゴは昨年よりも大分多くご用意できそう。高温と干ばつで心配はしていましたが、ソリダゴも次第に丈が出てきました。来週以降は終日切り花に集 [続きを読む]
  • 暑かった妙高山
  • 暑かった日曜日。新調したトレッキングシューズの試し履きを兼ねて、妙高山(の途中の大谷ヒュッテまで)に行ってきました。中腹より上は雲に覆われていて気温自体はそれほど高くなかったのでしょうが、最初からけっこうな急登りで汗びっしょりでした。大谷ヒュッテちかくでの昼食時、ほんの少しの時間、雲が切れてくれました。それにしても暑い夏になりました。仕事しやすいのは早朝だけ。日中の外での仕事はかなり厳しくなりまし [続きを読む]
  • 涼を呼ぶ花
  • 梅雨も明けて早くも夏本番が始まってしまいました。いま、涼しげな花が色々出荷になっています。ベッチーズブルーは今日から収穫始めマウンテンミント。作業場はむせ返るようなミントの香り。いま、盛りです。フロックスは温室から露地の畑に移りました。露地の方が一年早く植えたので、草丈も安定。ヒペリカム「マジカルグリーンリバイバル」。いま緑の主力は「マジカルビクトリー」ですが、リバイバルの方が作りやすく、取っつき [続きを読む]
  • 明日から7月
  • 真夏の暑さになりました。そろそろ出荷する花も夏仕様になってきました。ヒペリカムもスタート。「オータムサプライズ」と「マジカルビクトリー」が一番手。フロックスも大分増えてきました。露地ものも、もうすぐ始まります。「ミスティックグリーン」「ピュアフィーリングス」ほかにワレモコウも始まり、マウンテンミント、ベッチーズブルーもそろそろ。除草剤まきも草取りも、ソリダゴの間引きも、完遂。心置きなく花の収穫作業 [続きを読む]
  • 平標山〜仙ノ倉山
  • 今年の初登山。新潟と群馬の県境にある平標山〜仙ノ倉山。この山々は花の名山としても知られており、前からぜひとも来てみたかったのだ。登山口の駐車場には朝6時からすでに数百台の車。人気のある山なんだね...登山口からの1時間が、今日もっとも大変だった箇所。とにかくナラ林のなかをずっと急登していく。そこで大きな鉄塔が現れ、さらに30分ほど歩くと、いきなりずどーんと稜線が広がる。奥が平標山だ。素晴らしい展望を [続きを読む]
  • 6月
  • 除草作業に精を出す毎日です。ハウスのソリダゴはそろそろ終わり、来週からはタケシマユリ、ブプレウラム、ワレモコウなどが出荷になります。今年のナルコは長い。秋の収穫が楽しみ。今秋、掘り取る予定のスズラン養成畑。生育の状態良く、順調。こちらも今冬が楽しみです。思いついたように、「白雪姫」の染めに着手。意外に良い出来でした。 [続きを読む]
  • シャクヤクが終わって...
  • 平地のシャクヤクの収穫は土曜日ですっかり終わりました。最終日も結構量がありましたが...しばらくのんびり....できるはずもなく、日曜日は除草剤散布三昧、今日はお盆用の百合のパイプハウスの建設と、山のシャクヤクの芽かき。一日、高いところから下界を見下ろしておりました。ここの自然は本当に厳しいものの、その分、美しい。一日いると、下界の諸々を忘れることができます。苗場山も大きく見えます。ブナの木は緑を濃くし [続きを読む]
  • 暑くなりました
  • 気温も上がり、少し汗ばむ陽気になりました。予想より早くシャクヤクの収穫が始まりました。気温の上昇とともに増えていきそうです。10日前に植えたマイクロアスター「ココット」シリーズ。霜が心配で被覆したりと色々ありましたが、活着して順調に生育を始めました。お隣に植えられているワレモコウ「IKB92」系統。由来がよくわからない不思議な系統です。9月中旬の、もっともワレモコウの需要が高い時期に出荷になります。草 [続きを読む]
  • 母の日明け
  • 母の日にはたくさんの百合のご注文をありがとうございました。母の日当日や、今日も、けっこうご注文をいただいて、引き続き発送作業をしています。そろそろシャクヤクも切り花が始まりそう...ということで、今日はお盆用のアスターの定植。ミヨシさんの「マカロン」シリーズ。試供品でいただいた2品種を含め、計5品種。昨年から始めたアスター。なんだか楽しくてなりません。同じ畑には、ワレモコウやらヒペリカム、フロックス [続きを読む]
  • 朝飯前
  • 「朝飯前」という言葉があるが、朝飯前の仕事は膨大だ。毎朝4時半ころから、農薬の散布に回り、それから百合を収穫し、作業場に運び込む。シャクヤクはもとより、他の花もそれぞれ農薬の定期散布が始まっている。呑気にしていて病虫害を出したりする経験が一度でもあると、やはり次の年からは慎重に、ということになり、結果、仕事も増えていくのだ。タケシマユリ。今年は平年より1週間くらい早そう。チップバーンしやすいので、 [続きを読む]
  • 母の日
  • 母の日用にオリエンタル3色を用意することができました。今日・明日が個人のお客様むけ発送ピーク。今日はさすがに花束量産のお手伝い。忙しい日が続きますなあ...来週はシャクヤクが始まるなあ...。 [続きを読む]
  • オリエンタルが増えてきました
  • 母の日ウィークを前にして、オリエンタルの収穫が増えています。いま「テーブルダンス」「コンパニオン」が盛り。続いて「ザンベジ」「サンブッカ」など白品種が始まりそうです。昨年はシャクヤクの出荷時期とピークが重なり、えらい目に遭いました。今年はそれまでに7,8割終わってもらえそうです。 [続きを読む]
  • 新緑のぶな林
  • 今年初めて鍋倉国営農場に上がりました。積雪が5,6mに及ぶ農場で、例年GWに行けるか行けないか...くらいのところにあるのですが、冬期の積雪は多かったものの、高温で雪解けは早かったようです。美しいブナ林が畑の周りにも広がっています。ここでも新緑が美しい季節になりました。 [続きを読む]
  • オリエンタルが始まりました
  • 4月ですが、もうオリエンタルが始まりました。最初は「コンパニオン」でした。はじめて作った時には蕾が多すぎて嫌になりましたが、今回はちょうど良いつき方。テーブルダンスも着色が始まっています。ザンベジも母の日にちょうど良さそうな感じ。サンブッカと続きます。ゴールデンウィークを目前にして菜の花が満開です。道の駅(直売所併設)にも観光客がたくさん。花を持ち込むのにも苦労しているようです。 [続きを読む]
  • 百合が始まりました
  • 例年より早めに百合の収穫が始まっています。最初はLAのパーティダイヤモンドとセラダ。ダイナミクスは、久しぶりの背丈越え。切り出すのが大変そうだ...リトーウェンOTは、ちょうど母の日前になりそうです。テーブルダンスザンベジほかにも色々オリエンタルが入っており、順次出荷していきます。今日はスズラン養成苗の定植2日目。梨元農園にとっては、春の恒例の「田植え」のような行事。今年は20アールほどです。 [続きを読む]
  • 春の色
  • 私の住む集落のすぐ近くには千曲川が流れています。新潟県に入ると「信濃川」という名前に変わりますが、言わずと知れた日本一の大河です。川の景色が好きで、なんとなく写真に撮ることも多いのですが、流れに映る木々の色がなんとも言えぬ春の萌黄色。一年で一番美しいシーズンかもしれません。 [続きを読む]
  • 4月4日
  • 今日も23℃。4月の初めとは思えない気温に、庭の桜のつぼみが早くもほころび始めました。このまま推移するなら必要はないかと思いつつ、平地のヒペリカムの畑にトンネル設置。芽が伸び始めた後の遅霜にとても弱いのです。パートのおばちゃんたちはハウスのソリダゴの間引き。一方で作業場ではスズランの温湯消毒3日め。さすがに飽きてきますな... [続きを読む]
  • スズランの温湯消毒
  • 4月は年度初めということもあって、色々な会議やら挨拶周りやらの本来の仕事以外の予定がこれでもかというくらい入ってきます。今週前半は比較的空いているので、早めにスズランの温湯消毒を始めました。根の中に潜むセンチュウやネダニを除去するために45℃を超える温度のお湯の中にスズランの苗を30分ほど浸漬します。一度に多くを処理できないので、早朝から夜遅くまで、数日かけての一大仕事です。今年のスズランは、まだシ [続きを読む]
  • ブプレウラムを植えた日
  • 促成のナルコが終わった後の温室は、いつもブプレウラム。栽培も短期で、6月の上旬には出荷になります。現在は極早生〜晩生の系統があって、同時に植えてもある程度の収穫期間になります。お隣の温室は百合。本当に節操なく色々なものが植えられていますが、これも梨元農園流。本当に暖かい日が続きました。作物の進み方も大分早い感じです。 [続きを読む]
  • そろそろ外の畑仕事をスタートします
  • 今朝の最低気温は1℃台。日中は20℃くらいまで上がったので、気温の日格差がすごいことになっています。こんなときは温室管理だけでぐったりします。フクジュソウに続き、キク咲きイチゲも満開に!山の畑に上りました。この積雪量だとあと4,5日は雪が残りそうです。そろそろ平地の畑では、春の農作業を始める人の姿が散見されるようになってきました。これだけ暖かいんですものね。 [続きを読む]