nagataku さん プロフィール

  •  
nagatakuさん: smilecircle~すてきな先生になる!~
ハンドル名nagataku さん
ブログタイトルsmilecircle~すてきな先生になる!~
ブログURLhttps://smile58.exblog.jp/
サイト紹介文ちょっとしたアイデアで教室がとっても楽しくなる。すてきな先生になるためのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2006/12/17 15:05

nagataku さんのブログ記事

  • 大きな研修会から小さな研究会へ
  • 教育サークル未来の扉の10周年、30回の研修会が終わりました。「教師になるには」の監修者であり、東京から駆けつけてくれた成田喜一郎先生をはじめ、執筆者でもあり、今まで講座をしてくださった石川晋先生、荒木寿友先生には、素晴らしいワークショップと講演会をしていただき、心から感謝しています。また、松森先生やサークルのメンバーには実践提案をしていただき、本当にありがとうございました。1... [続きを読む]
  • 明日は大丈夫だよ。
  • 若い頃、日曜日がいつも憂鬱だった。月曜日の準備が全然できていない。月は乗り越えても火曜、水曜とやっていけるのだろうか。土日とも学校に行ってたこともあったかも。不安ばっかり頭でっかちになっていたこともある。だからこそ、1,2年目、3年目も含めて若い先生に言いたいのは、何とかなるってこと。授業の準備が「完璧に」できていなくても大丈夫。ある程度できていたら、子どもと一緒につ... [続きを読む]
  • お知らせ
  • 2018年は、僕たちが続けてきた教育サークル「未来の扉」が結成10年になった年です。4月29日(日)京都8月12日(日)大阪でそれぞれ記念集会を行います。12月も少し考えていますが、今のところ2回です。僕自身、それ以外で民間教育のセミナーに出ることは、裏方(場所取りなど)や実践報告させていただくことはあるにはあると思いますが、かなり少ないです。増えることもたぶん... [続きを読む]
  • ゆっくりクラスつくっていこうかなと。
  • この仕事になって15年目。きもちは若いけど、もうおじさんです。若い先生は大変だと思う。あれもしなきゃ、これもしなきゃと思う。僕も少し前まではそうだったな。でも、最近はゆっくりやっていこうと思う。ゆっくり子どもと一緒につくっていけばいいかなと思う。ていねいに足場をつくる感じかな。まずクラスづくりのためにしたことは、学校の年間計画を自分の手帳に書き写した... [続きを読む]
  • やったことをていねいに記録に残す一年にしたいな
  • 毎年、新学期に目標を立てています。目標をたてないことをたてた年もありました。今年は、やったことをていねいに記録に残す一年にしたいなです。とりあえず、やったことをていねいに残すことをがんばります。一番、これが苦手です。どこまでできるか分かりませんが、がんばってみる。あと、一人ひとりの子どもたちのよさも残したいな。これは毎年思っているけど、あらためてがんばってみよ... [続きを読む]
  • 会いたい人たちに会えた日
  • ひさしぶりに会いたい人たちに会えた日。尊敬する兄貴に会えた日。そんな日だった。やっぱ、勇気出して一歩踏み出していこうと思った。そんな一日だった。研修会も学びが多かった。さすがだなと思った。やっぱり、「教室をつくること」、「教室をつくる人」は説得力がある。ということで、社会科の学びの会を「社会科教室づくり研究会」としました。しっくりくるなー。明日は、娘と一緒に「おかあさんといっしょ」の公開?... [続きを読む]
  • 人生の役に立つ聖書の名言/佐藤優
  • 佐藤さんの本をよく読む。「現代の地政学」(晶文社)が面白かった。その前は「同志社大学神学部」(光文社)もよかった。今、書斎にあって目にした本が、講談社の「人生に役立つ聖書の言葉」(佐藤優)。キリスト教の方でなくてもおすすめだと思う。最近、本を読む機会を減らしているので意識して読書しないといけないと自戒。 [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました。
  • 2016年もあとわずかとなってきました。今年もお世話になりました。娘が生まれ、生活が一変しました。とても幸せなこと。Facebookをやめ、SNSもほとんどしなくなりました。娘が寝ている時に仕事をするといった感じです。時々娘が腕の中ですっと寝てくれて、子育てにおわれる嫁さんに喜んでもらえるのが今、最上の喜びです。嫁さんに感謝感謝。時間が今より限られていますが、その中... [続きを読む]
  • 今日は結婚記念日
  • 今日は結婚記念日1周年です。この時間は挙式会場に向かい、この時間は・・・と1年前を思い出すことが出来ます。そして、1年前には予想もできなかったこと。それは、子どもを授かることができたことです。神様に心から感謝しないといけません。そして、嫁さんに感謝です。子どもがまだ生まれたばかりなので、奥さんと子どもは実家に。僕は仕事があるので自宅。これも1年前には予想できなかった... [続きを読む]
  • 見えないものに目を注ぐ
  • 聖書でつぎのような言葉があります。わたしたちは見えるものにではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです。新約聖書 コリントの信徒への手紙Ⅱ 4章18節この言葉を私の学校はとても大切にしています。私自身も好きな言葉です。子ども達の表面的なものではなく、見えないものにいかに目を注ぐか。これは簡単ではありません。でも... [続きを読む]
  • ミライの授業
  • 中学生、高校生に読んでほしい一冊。とにかく、読んでほしい。だまされたと思って読んでほしい。読んだ後、少し遠くをみながら力が湧いてくる一冊。中学校、高校の先生は特に読んでほしい。若手と呼ばれるような20代、30代は必読。 [続きを読む]
  • 履歴書(短いバージョン)
  • 高校生の時、中学校教員だった父親が白血病で他界し、 教師になることを決意し、今に至っています。神奈川県や岐阜県で教員を務め、現在は私立小学校の教員です。初任時代に若い先生の自殺や学級がうまくいかず退職される先生の存在を知り、若い先生を支える活動を仲間としています。また、若い先生向けの書籍を執筆してきました。年に数回、研修会やセミナーを開催しています。専門は社会科教育、学... [続きを読む]
  • FBとマズロー
  • 6月に日本を三分の一ぐらい離れていて、帰ってきてからもバタバタしていました。その時、仕事上Facebookも見えないしアップもできないので、アカウントを止めていました。日本を離れて様々なメディアから離れた中にいて、意外とFacebookがなくても生きていけるんじゃないかと思いました。FBの功罪は何よりも、あの「いいね」です。人は褒められたい、認められたいという承認欲求と... [続きを読む]
  • FBとマズロー
  • 6月に日本を三分の一ぐらい離れていて、帰ってきてからもバタバタしていました。その時、仕事上Facebookも見えないしアップできないので、アカウントを止めていました。日本を離れて様々なメディアから離れた中にいて、意外とFacebookがなくても生きていけるんじゃないかと思いました。FBの功罪は何よりも、あの「いいね」です。人は褒められたい、認められたいという承認欲求と... [続きを読む]
  • カリキュラムメイカーとしての教師
  • メモ【ユーザーとしての教師】・公的カリキュラム    ↓  カリキュラムの計画    ↓    ↓    ↓   カリキュラムの消化    ↓    ↓  カリキュラム内における授業方法の検討 ※カリキュラムをいかに消化させるかで 一単位時間でしか見ていない。            【メイカー(マネジメンタ)としての教師】・公的カリキュラム    ↓   カリ... [続きを読む]