m-tezuka さん プロフィール

  •  
m-tezukaさん: m-tezukaのデジカメ日記
ハンドル名m-tezuka さん
ブログタイトルm-tezukaのデジカメ日記
ブログURLhttp://tezuka.tokyo/nikki/
サイト紹介文デジカメの写真と季語の無い俳句で綴る日々の日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 329日(平均2.1回/週) - 参加 2007/01/08 20:23

m-tezuka さんのブログ記事

  • アキアカネ :: 昆虫
  • 「アキアカネ 飛び立ち戻る 同じ杭」 今日は久しぶりに晴れて良い天気だ。水生植物園に行ってみる。ツリフネソウは終わりかけており、かわりにミゾソバが咲き始めていた。田んぼには役目の終えた案山子たちがまだ並んでいた。  そんな風景を眺めていると、田んぼの周りの杭に赤とんぼが止まっている。近づくとパッと飛び立つがすぐに戻って元の位置に止まる。そんな動作を繰り返しながらかなり近づいて赤とんぼを撮った。 [続きを読む]
  • コスモス :: 花
  • 「青空と コスモスを撮る カメラマン」 今日は伊東へ一泊旅行。途中に秋の花を求めて寄り道しながらドライブ。最初の寄り道は、綾瀬市の早川城山公園のバラを見る。期待に反してバラ園は大きくなく花もそれほどでなかった。  次に茅ヶ崎市の里山公園に、コスモスの花が咲いているとの情報があり、行った。パークセンターに寄って場所を確かめると、一番遠いところだった。のんびり歩いて行くと、コスモス畑に出た。花だけ撮っ [続きを読む]
  • アゲハチョウ :: 昆虫
  • 「秋の庭 まだまだ元気 アゲハチョウ」 今日も曇りだ。いったいいつになったらスカッと晴れた秋の空が見れるのだろう。などと、家の中で鬱々としていると、窓の外にヒラヒラと舞う蝶が見えた。  カメラに望遠レンズを付けて外へ出てみると、庭の花から花へと飛び回っている。秋なのになかなか元気だ。じっと待っているとヒャクニチソウの花に止まった。やっと撮れた。 [続きを読む]
  • ツリフネソウ :: 花
  • 「青空や ツリフネソウの 笑い声」 今日は午後から、久しぶりに晴れてきたのでカメラを持って水生植物園へ行った。深大寺通りにはしめ縄が張ってあって、秋祭りの太鼓の音が聞こえていた。  水生植物園も、子供たちの声が聞こえて、いつもより人出が多い。ちょうどツリフネソウが満開の時期で、大きな口を開けて笑っているような花があちこちに見える。 [続きを読む]
  • 秋の深大寺 :: 風景
  • 「赤い傘 何の行事か 秋の寺」 今日は暑い。真夏日になったようだ。野草園へ行ってみると今日は休園日だった。そのまま素通りして深大寺へやって来た。  3連休の中日なので、通常の日曜日より少し多い人出だ。境内へ入ってみると赤い傘の周りに人が集まっている。七五三参りの親子も「何だろう?」と興味津々に集まって来た。五穀豊穣の幟が立っている。秋の収穫祭だろうか、境内の隅でこじんまりとやっているのがおかしい。 [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモン :: 昆虫
  • 「秋の庭 羽の破れた 蝶一羽」 昨日は暑かった。今日も10月としては気温が高めであるが、風がさわやかで気持ちが良い。庭の花も夏の花は衰えて秋の花はまだ少ない。そんなところに一匹の蝶がふらふらと力なく飛んできた。咲いたばかりのキバナコスモスに止まったところを見ると、ツマグロヒョウモンの雌だ。ひと夏の仕事を終えて疲れたはてたように羽が破れている。 [続きを読む]
  • 那智の滝 :: 風景
  • 「秋驟雨 滝見る我も 滝の中」 今日は熊野三山巡りであるが、あいにく台風24号の影響か朝から雨で、時々激しく降って来る。そんな中をバスは熊野三山巡りに出発した。  熊野那智大社と青岸渡寺は修理中でシートに覆われているとのこと、最初に那智の滝に行った。駐車場から降りて滑りやすい石段を下りる頃は雨が激しくなった。傘を差してもカメラのレンズに雨が当たり、雨の日らしい写真が撮れた。 [続きを読む]
  • 伊勢土産 :: その他
  • 「おみやげは 日持ちが不安 赤福よ」 今日は、ツアーで伊勢神宮参り。朝4時半起きで、東京駅6時25分集合で出発。三河安城からバスに乗ったが、伊勢湾岸自動車道が事故で通行止めになり、迂回してかなり遅れて伊勢に到着した。  内宮を参拝後に、おはらい町通りとおかげ横丁を散策し土産物を探す。伊勢参りのお土産としては赤福が一番なので赤福本店に来たけれども、今日は串本泊まりで賞味期限が心配だ。結局、伊勢うどん [続きを読む]
  • ヒガンバナ :: 花
  • 「ヒガンバナ 案山子と共に 稲守る」 今日は彼岸の中日だ。ちょうど彼岸花が咲いているはずだと、水生植物園へ行ってみた。案の定、田んぼの土手に一面に咲いている。なんて几帳面な花なんだろう。彼岸には必ず咲くとは。  花の周りでは、何人かのカメラマンやカメラウーマンが撮影している。その人達の邪魔にならないように、少し離れたところで写真を撮る。  j深大寺へ行ってみると、お彼岸ということで賑やかだ。長い行列 [続きを読む]
  • 中野サンプラザ :: その他
  • 「人間も 建て替えられる 日が来るか」 今日は中野サンプラザで中学の同窓会がある。ということで中野にやって来た。北口を出て歩道橋を登ると目の前に中野サンプラザがそびえ立っている。このビルは間もなく建て替えられるそうだ。ビルは古くなると建て替えられて新しいビルに変身することができる。何とも羨ましい限りだ。人間にもそんなことのできる日がやって来るのだろうか。 [続きを読む]
  • ナンバンギセル :: 花
  • 「手で払う ススキの根元 キセル咲く」 一昨日行った 植物多様性センターにナンバンギセルが咲いていたので、野草園近くの原っぱにも咲いているはずだと行ってみた。しかし、ススキが茂り過ぎて少し葉をかき分けた程度では見つけられない。あきらめて 植物多様性センターへ行った。  ここはススキがたくさんあってナンバンギセルもたくさんあるが、最盛期を過ぎて萎れた花が多く、きれいな花を探すのが大変だった。来年はもう [続きを読む]
  • 案山子 :: 風景
  • 「スズメより 案山子が多い 田んぼかな」 最近秋らしい気温が続いていたが、今日は少し暑くなった。NHKの昼の番組で深大寺をやっていたので、久しぶりに深大寺へ行ってみた。  途中の水生植物園に入って奥の田んぼを見ると、稲が実っており、沢山の案山子が並んでいる。深大寺小学校の生徒たちがスズメから稲穂を守るために並べたものだ。こんなにたくさんの案山子が居たらスズメは近寄れない。 [続きを読む]
  • 下田港の黒船 :: 風景
  • 「夏雲や 黒船のいる 下田港」 今日も帰りのバスが迎えに来るまでの間、下田港の周りを散歩する。道の駅「開国下田みなと」の中をウインドウショッピング。そこを出て隣のまどが浜回遊公園へ。木陰の無い広い芝生広場で、風が吹き抜ける。帽子を押さえて歩かざるを得ない。「海遊の足湯」があって日差しを遮る屋根があるので、足を湯につけて港を眺めていると、黒船がやってきた。 [続きを読む]
  • ペリーロード :: 風景
  • 「その昔 ぺリーが歩く 柳道」 今日もホテルの無料送迎バスで、下田に来た。夕食には時間がたっぷりあるので、下田の街をのんびりと散策する。先ずは、なまこ壁の屋敷を見ながら、1854年にペリー艦隊の乗組員が上陸したという記念の地まで歩いた。そこから寝姿山や下田富士を眺め、「日米下田条約」を締結したという了仙寺までペリーになったつもりで歩いた。 [続きを読む]
  • ヤマトシジミ :: 昆虫
  • 「千日紅 シジミチョウ2羽 喧嘩せず」 太陽が出て、今日は一段と暑い。庭の千日紅を見ていると、今日は小さいシジミチョウが飛び回っている。小さい蝶を撮るので接写リングを付けたカメラを持って庭に出た。  千日紅は小さい花が集まって一つの花になっているので、小さいシジミチョウは2羽同時に止まっても仲良く蜜を吸える。そんな瞬間を撮ることができた。 [続きを読む]
  • モンキチョウ :: 昆虫
  • 「庭の花 今日来た蝶は モンキチョウ」 今日も暑い。ぼんやりと庭を眺めていると、今日はまた違った蝶がやってきた。蝶の羽の模様は、表と裏では全く違うので、飛んでいる時は蛇の目の模様に見えていたのだが、花に止まって裏側をじっくり見るとそんなものはなくなっていた。写真に撮ってからじっくり見ると、モンキチョウのようだ。 [続きを読む]
  • ツマグロヒョウモン :: 昆虫
  • 「晴れた日の 暑い庭には 蝶が舞う」 立秋を過ぎたのに、今日は一段と暑い。今年一番の暑さだ。そんな暑い庭を眺めているとアゲハチョウが飛んできた。カメラを持ち出したが、あちこち飛び回っているだけで花に止まる気配がない。そのうちに飛び去ってしまった。  次にツマグロヒョウモンがゆっくりと飛んできて千日紅に止まった。早速撮影する。ことらが動くと蝶も舞い上がるので動かず撮る。従ってベストポジションは取れな [続きを読む]
  • ヒメアカタテハ :: 昆虫
  • 「秋風や ヒメアカタテハ 蜜を吸う」 今日も秋の空気で、さわやかだ。庭の千日紅に、いつも通り、イチモンジセセリが群がっている。そんな中に少し大きい蝶が舞い降りて蜜を吸い始めた。タテハチョウだ。さっそくカメラを持ってきて撮影する。よく見ると羽が破れている。秋の蝶は哀れである。 [続きを読む]
  • シラヤマギク :: 花
  • 「木漏れ日に シラヤマギクが 揺れている」 今日は、天気予報通り、さわやかな秋の空気だ。カメラを持って、さわやかな風に吹かれて野草園へ行ってみた。しかし日差しは夏だ。風が止むと暑い。  野草園の中は夏の花が終わって秋の花に代わっていた。オミナエシ、キツネノカミソリ、シラヤマギクなどがあちこちに咲いていた。 [続きを読む]
  • ニガウリの花 :: 花,野菜の花
  • 「まだ暑い ニガウリの花 未だ咲く」 立秋が過ぎたのにまだ暑い。家庭菜園のキュウリは夏バテで枯れてしまったけれども、緑のカーテンにしているニガウリは元気だ。一通り実が生って撮り終えたが、また新しい枝に雌花が咲いて新しい実ができ掛かっている。  ニガウリは暑さに強い野菜だ。今年は早くから暑くてキュウリは8月に入るとほとんど枯れてしまったが、ニガウリは元気でグリーンカーテンの役割を十分果たしている。 [続きを読む]
  • ノウゼンカズラ :: 花
  • 「木の陰に ノウゼンカズラ 光ってる」 暑かったり台風が来たりで外歩きに出ていなかったが、今日も暑いけれども,久しぶりにカメラを持って出かけた。  野草園に行ってみるとナツズイセンやユリは花が萎れていて、それに匹敵するほどの派手な花は見当たらない。あちこち花を探していると、木の下の少し暗いところに朱色の花が日光を受けて光っていた。ノウゼンカズラだ。今日はこれにしよう。 [続きを読む]
  • 冬瓜の花 :: 花,野菜の花
  • 「ウリ終わり 冬瓜咲いた 暑い夏」 家庭菜園のキュウリが枯れてしまった。そのかわり、種を蒔いてもいない冬瓜が、キュウリのネットを我が物顔で占領している。今日は雌花も咲いた。明日咲きそうな雌花が2つもある。正に冬瓜ネットに変わってしまった。 [続きを読む]
  • イチモンジセセリ :: 昆虫
  • 「イチモンジセセリ あちこち 蜜集め」 庭を見ていると、千日紅の花に蝶々が飛んできた。急いでカメラを持って庭に出ると、お目当てのシジミチョウはどこかに飛び去って、代わりにイチモンジセセリが花から花へと飛び回って蜜を集めている。花が小さいので直ぐに蜜がなくなるのか、花に止まっている時間は短い。とにかくファインダーに蝶が入ればシャッターを切る。 [続きを読む]
  • オクラ咲く :: 花,野菜の花
  • 「夏バテや 暑さ知らずの オクラ咲く」 今日が暑さのピークで明日からは少し過ごしやすくなるらしい。それにしても今年は梅雨が短くてすぐ暑さがやってきて、キュウリやトマトは夏バテで収量が少なくなってきた。そんな中で暑くなってやっと成長してきたオクラが茂って来た。花は大きな葉に隠れてそんなに目立たないが、立派できれいな花が咲いている。 [続きを読む]
  • 千日紅 :: 花
  • 「いつまでも 色の褪せない 千日紅」 史上初の逆走台風が去ってまた暑くなった。台風の雨と風で、庭の草花が少し荒れ気味だ。そんな中で今、目立っているのが千日紅だ。千日も紅色が褪せないという凄い花だ。そんな花があったら見てみたいものだ。  って、これがその花だ! [続きを読む]