清水の伏竜 さん プロフィール

  •  
清水の伏竜さん: 言葉から感じる想いを伝えたい
ハンドル名清水の伏竜 さん
ブログタイトル言葉から感じる想いを伝えたい
ブログURLhttp://kokoro-kotoba.seesaa.net/
サイト紹介文名言、熟語、格言、さまざまな語られた言葉、文字、そこから感じたこと想ったことを、綴ってみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2007/01/20 02:57

清水の伏竜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お釈迦様の教えは・・・・
  • あるメルマガの中で、「お釈迦さまの教えは、 お釈迦さまにしかわからない」という持論を語られていた方がいらっしゃいました。ああ、この方は、お釈迦様のことを知らない人なのだなっと思いました。この方は、「お釈迦さまの言うことが、 最初から、完全に理解できたら、 そのひとは、すでに、 お釈迦さまと同じレベルです。」と語られてましたが、これは間違いです。なぜなら、お釈迦様の教えは、お釈迦様が教える相手に必要 [続きを読む]
  • 「インド独立の父」のことばから
  • 「明日死ぬと思って生きなさい。 永遠に生きると思って学びなさい。」 マハトマ・ガンジー(ガンディー) その言葉通りの意味ですね。今世における死は、いつ来てもおかしくないそれが事実であることは間違いありません。明日どころか、今日、逝くことになるかもしれないのです。そのつもりで、今を大事に生きることが必要であるということです。そして、学びは、今世のみの話ではありません。今世だけでなく来世にも繋がる [続きを読む]
  • 四耐四不訣
  • 「四耐四不訣」   曾国藩(そうこくはん) 冷(れい)に耐え、 苦(く)に耐え、 煩(はん)に耐え、 閑(かん)に耐え、 激(げき)せず、 躁(さわ)がず、 競(きそ)わず。 随(したが)わず、 以て大事を成すべし。四耐四不(したいしふ)事を成すために必要なこと耐えるべき4つのこと、してはならない4つのこと。パワハラに耐え、自身の道を行くべきであると言うわけです。冷遇されても苦業や苦痛を与えられて [続きを読む]
  • 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」
  • 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」 ポール・ゴーギャン(1848−1903) その答えは、既に既知ではあるが、無知であることの方が多い。その答えを知るためには、出会いが必要となる。その出会いとは、神の叡智との出会いである。神の叡智との出会いは、なかなか難しい。出家と修行に踏み出せる環境にあるのか。それを決断できる心情があるのか。物心両方でのハードルが存在しているからだ。自ら直 [続きを読む]
  • 過去の記事 …