典座和尚 さん プロフィール

  •  
典座和尚さん: 典座ネットブログ〜禅と精進料理〜
ハンドル名典座和尚 さん
ブログタイトル典座ネットブログ〜禅と精進料理〜
ブログURLhttp://blog.tenzo.net/
サイト紹介文修行道場で典座(料理長)を務めた住職が曹洞宗大本山永平寺に伝わる精進料理の技と心、レシピを紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2007/01/20 10:39

典座和尚 さんのブログ記事

  • 和の試み_精進納豆ソバパスタ
  • ◇精進納豆ソバパスタの魅力と特徴 納豆とソバは相性が良い食材です。ふつうのお蕎麦に、納豆を載せて食べても美味しくいただけますが、今回は少し工夫してパスタを試してみました。ソバの少しヌメッとした食感と枯れた風味が納豆ととて… [続きを読む]
  • おろし納豆の焼き餅
  • ◇おろし納豆の焼き餅の魅力と特徴 お餅の季節はまだ少し先ですが、禅寺では年末に大餅つき大会が行われます。まあもちろん餅つき大会などとは呼ばず、臼と杵を前にして正式な法要が行われ、修行の一環として厳粛な中で搗くのですが、修… [続きを読む]
  • 大根と納豆のサラダ
  • ◇大根と納豆のサラダの魅力と特徴 納豆のサラダ?と不思議に思うかも知れませんが、意外にも納豆はサッパリしたサラダ系や、ほうれん草や小松菜などの葉もの野菜にもよくマッチします。納豆の柔らかい食感と、大根のパリパリ感の和を楽… [続きを読む]
  • ふっくら柔らか納豆粥
  • ◇納豆粥の魅力と特徴 白飯に納豆・・・納豆ご飯は日本人にとって定番の、和の組合わせの妙ですね。納豆ご飯ならいつも食べているという方でも、「お粥に納豆」の組み合わせは意外と未経験の方もおられるようです。しかし柔らかくふっく… [続きを読む]
  • なっから納豆好き!群馬県
  • ◇納豆好きのグンマー平成30年8月27日、群馬県の地元紙、上毛新聞(じょうもうしんぶん)の一面トップ記事に納豆の話題が掲載されました。凶悪事件や政治問題をさしおいて、納豆が一面トップに載るなんて・・・全国紙ではめったにない大冒険でしょう。群馬県民として本気で鼻が高いです。著作権の関係もあるため全文を掲載することはできませんが、今なら上毛新聞のウェブサイトで全文閲覧が可能です。記事の概要を紹介すると●総 [続きを読む]
  • 老神温泉花火大会平成30年夏
  • 平成30年、利根ふるさと風の祭 老神温泉花火大会が行われました。華やかさと儚さの競演を観ると、いつも夏の終わりを感じます。当地では暑くて眠れない今年の夏の異常な高温の夜が嘘のように、ここ数日は朝方12度前後の半袖では肌寒い気温が続いています。まだ日中は気温が上がるため、急激な気温変化で体調を崩さないように気を付けたいと思います。 [続きを読む]
  • 仏教誌『大法輪』9月号で執筆
  • 仏教誌『大法輪』9月号に執筆しました。今回の特集はかなりユニークです。大法輪誌とのおつきあいも長いのですがかなり攻めていると思います。特集「仏教でやってはいけない10ヵ条」と題しまして、編集部がカテゴリーごとに10の禁止事項を設定し、各執筆者がその理由などを展開していくという形です。たとえばわかりやすいカテゴリーでいうと、「お寺参りでやってはいけない10ヵ条」の中には「境内で断りもなく飲食すべきで [続きを読む]
  • 五色そうめん_平成30年8月盆の精進料理お供え膳
  • ◇五色そうめんの魅力と特徴これだけ暑い夏だと、冷たい素麺をツルツルッとすすりたいですよね。それはお盆でこの世に帰ってきたご先祖様や亡きご家族のみたまも同じことです。「いやー、極楽と違ってこの世は暑いなア!おっ!冷たいそうめんかい、やっぱりうちの嫁さんは気が効くねー」なーんて言ってたりして。暑い日には涼やかな料理を、というのがもてなしの基本です。それは故人へのお供え膳でも同様です。そしてまたおそうめ [続きを読む]
  • ずんだの葛玉餅_平成30年8月盆の精進料理お供え膳
  • ◇ずんだの葛玉餅の魅力と特徴外皮に葛粉を使うことで、お餅のようなモッチリ感を強調したため「葛玉餅」と名付けました。暑い夏に、涼やかな印象の手作り和菓子で故人をおもてなし致しましょう。抹茶を点てることができる方はぜひ共に添えてお供えして下さい。もちろんお盆のお供え以外に、茶席や懐石などにもお薦めの上品な和菓子です。和菓子というと繊細な計量や手順、手先の器用さが必要なものが多いのですが、今回紹介する和 [続きを読む]
  • キャベツのゆかり漬_平成30年8月盆の精進お供え膳
  • ◇キャベツのゆかり漬の特徴と魅力古くから紫色のことを「ゆかり」といいます。古今和歌集に詠まれた「紫の ひともとゆえに 武蔵野の 草はみながら あはれとぞ見る」という詠み人知らずの句がその由来といわれます。「目の前の1本の紫草がとても魅力的なので、武蔵野の花すべてが愛おしく思えるなあ」というような意味でしょうか。たった1本のむらさき草とのご縁(ゆかり)が、このあたり一帯全ての野草への想いにつながってい [続きを読む]
  • 馬鈴薯の南蛮炒め_平成30年8月盆のお供え精進料理膳
  • ◇馬鈴薯の南蛮炒めの特徴と魅力「南蛮」という調理名はもともと16世紀頃に日本に渡来したスペインやポルトガルなどの南蛮人が行っていた調理法を総じて呼んだもので、特定の料理というよりもそれまで日本になかった西洋文化の調理法全般を呼んでいました。それが次第に変遷し、スペインポルトガルからもたらされた胡椒などの香辛料を使う料理、ネギや肉を使う料理、唐辛子などの辛い食材を使う料理などを指すようになりました。 [続きを読む]
  • とうもろこしと枝豆ご飯の俵巻_平成30年8月盆のお供え精進料理膳
  • ◇とうもろこしと枝豆ご飯の俵巻の魅力と特徴当地で獲れた今年のとうもろこしは非常に甘かったです。雨が少なく晴天が続いたことが理由でしょうか。この糖度の高いとうもろこしと、同じく当地名産の枝豆をご飯の具にしておむすびにします。お盆にはお墓参りが欠かせませんが、お墓が遠くて半日がかりのお宅も増えています。また地域によってはお盆のお迎えでお墓に行ったら墓地のすみにゴザをしいてお弁当を広げて親族一同大宴会を [続きを読む]
  • 手作り紅生姜_平成30年8月盆の精進料理お供え膳
  • ◇手作り紅生姜の魅力と特徴ショウガは紀元前のインドでも薬として用いられていたほどの優れた食材です。中国の漢方でも定番ですし、日本でも風邪の予防に重宝されてきました。今回はお寿司や焼きそばに欠かせない紅生姜を海苔巻に添えますが、手作りで丁寧に作ると決して脇役ではなく、それ自体がとても美味しい主役級であることがわかるでしょう。特にこの暑い時期には殺菌効果も期待できますし、胃を保護する効果もあるとされて [続きを読む]