H2 さん プロフィール

  •  
H2さん: ネコは猫でも。。。 (東京 野良猫写真)
ハンドル名H2 さん
ブログタイトルネコは猫でも。。。 (東京 野良猫写真)
ブログURLhttps://ojaco.exblog.jp/
サイト紹介文東京の繁華街に生きる野良達の素晴らしい日常を写真で綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2007/01/22 16:40

H2 さんのブログ記事

  • グループ展 7/1〜7/15 開催中
  • 祖師ケ谷大蔵 ギャラリー「Pawpad」にてグループ展「夏への扉をあけてみれば」が開催中です。後半は7/12(木)〜7/15(日)になります。最終日 7/15には私も在廊いたします。ざひ来場下さい。(グループ展『夏への扉を開けたなら 〜拝啓、はいんらいんさま〜』開催:7/1〜7/15 ) ↑  していただけるとやる気が出ます。 [続きを読む]
  • グループ展 7/1〜7/15 開催しました
  • 祖師ケ谷大蔵 ギャラリー「Pawpad」にてグループ展「夏への扉をあけてみれば」が開催しました。ちょうど梅雨も開けて、まさしく夏への扉が開いたとき。会場は、ハインライン「夏への扉」をテーマに作家たちの競演となっております。ぜひご覧下さい。7/7(土)16時〜 会場でパーティを行います。ぜひいらしてください。(グループ展『夏への扉を開けたなら 〜拝啓、はいんらいんさま〜』開催:7/1〜7/15 ) ← していただ [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して(準備完了)
  • グループ展「夏への扉をあけてみれば」の準備第一段階完了。プリントと裏打ちも終わり、説明文も完成。「夏への扉」という物語を改めて考え直し、自分の中で再構築する。とても刺激的な時間でした。あとは設営を待つばかり。みなさん、ぜひご来場下さい。私の在廊予定日は 7/1(日)、5(木)、7(土)です。なお、7/5は私の誕生日でもあります。みなさん、よろしくです。(グループ展『夏への扉を開けたなら 〜拝啓、はいんら [続きを読む]
  • レフとライムのこと
  • この5月にレフが逝ったとの報告を受けた。私の写真を追ってる方なら、レフについて覚えている方も多いと思う。レフと出会ってからもう数年になる。レフたちと出会ったころは、まだ写真の撮り方も判っていない時期だった。レフと彼らの兄弟たちは◯◯の街を楽しげに飛び回り、彼らの姿を追うことでぼくは自分の写真を見いだしていった。年を経るにつれてレフたちのメンバーは減っていき、ついにはもう一匹のライムと2匹だけで暮ら [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して
  • グループ展に出展する写真をピートをイメージに洗い出そうとしてみたが、「夏へ扉」でのピートの登場場面は少なく、写真を構成しようにも判り難くなってしまいそうだ。もうすこし考えをひねってみよう。ピートは主人公ダンの理想を体現している。ということは主人公ダンはピートになれない存在と言える。そうだ、主人公が猫であったらという視点で写真を構成してみたらどうだろうか。物語内の主人公ダンの気持ちや境遇を猫で表現す [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して
  • 小説「夏への扉」に出てくるオス猫ピート。物語の中で彼は不思議な立ち位置にいる。とりたてて活躍するわけでなく、オス猫らしい気ままさで物語の要所要所に登場するだけだ。最初に読んだときはピートの役割がよくわからなかったのだが、今回あらためてこの物語について考えると彼の立ち位置が判ってきた。立派なオス猫であるピートは、いつもメスを探し、誰にも媚びず、敵に対しても雄々しく立ち向かう。ピートは雄の象徴であり、 [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して
  • すこし小説から離れて、「夏への扉」という言葉だけを考えてみる。「夏への扉」という言葉から感じるのは「夏への期待」「夏への道」。そしてその場合の「夏」には肯定的な意味合いがある。強い日差し、爽やかな風、海。そんなキーワードが浮かんでくる。ふと「夏への憧憬」という言葉が見えてきた。 ← していただけるとやる気が出ます。 [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して
  • ハインライン「夏への扉」は人気のSF小説だ。真面目な発明家である主人公が親友や彼女に裏切られ失意のどん底から、人工冬眠により未来へと逃げ、そこで巡り会う偶然と本人の機転を使って、強引な歴史改変を起こしハッピーエンドを迎える物語だ。作品に登場する主人公の愛猫ピートは冬になると家中にある扉を開けてくれとせがむ。彼は扉のどれかが、楽しい夏に繋がっているはずだと探し続ける。小説のタイトル「夏への扉」はピート [続きを読む]
  • 「夏への扉」を探して
  • ロバート・A・ハインライン「夏への扉」は好きな作品の一つだったし、何度か読み返したこともある。だから「夏への扉」を元にしたグループ展の話をいただいたときは、簡単だと思っていた。ところが実際に作品を選ぶ段になると、そう簡単でないことに気づかされた。「夏への扉」という言葉は、ハインラインの作品を知っている人と知らない人では印象がずいぶんと異なるはずだ。ハインラインの作品では「夏への扉」は、作品に登場す [続きを読む]
  • グループ展 7/1〜7/15
  • 写真展(グループ展)で出展いたします。『夏への扉を開けたなら 〜拝啓、はいんらいんさま〜』ロバート・A・ハインラインの小説「夏への扉」をテーマに6人のクリエイターの作品が競演します。開催:7/1〜7/15 休廊日:7/3・4・8・10・11住所:東京都世田谷区砧5−23−8 板倉ハイツ1Fぜひ来場下さい。Gallery Pawpad https://blogs.yahoo.co.jp/gallerypawpad ← していただけるとやる気が出ます。 [続きを読む]