LiberaJoy さん プロフィール

  •  
LiberaJoyさん: Pushpin Diary(L.J.StyleBook)
ハンドル名LiberaJoy さん
ブログタイトルPushpin Diary(L.J.StyleBook)
ブログURLhttp://LiberaJoy.exblog.jp
サイト紹介文銀座に勤めて33年。球、食、本、歩に好奇心丸出し。ドラゴンズファン歴50年。東京生まれなのに……?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供439回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2007/01/26 13:42

LiberaJoy さんのブログ記事

  • 小さな幸福の一つ、土曜日午後の外食
  • 山手線・鶯谷駅の真ん前にある。街中華店「大弘軒」。チャーハン600円、餃子350円。安い、美味い。言うことなし。肉がたくさん入っているわけでもない、このナルトの細切れがいい味出しているのです。ネギのみじん切りも味を出しているし、パラパラ感がぼくは好きです。餃子も皮といい、中の餡もいい。むっちりとしている。まずは酢と胡椒で食べる。3個目から、自家製ラー油と醤油に切り替える。半ドンの喜びを噛みしめる。 [続きを読む]
  • カキフライ丼
  • 先日、夕メシの時同行者と話していて、お互いに「無性に天丼を食いたい」という話になった。そうしたら、今日カキフライ弁当になった。甘辛のタレにつけたカキフライが載っている。ゴハンには、キノコ(舞茸)が炊き込んである。オカズはジャガイモ、白菜、キュウリ、カブと野菜が多い。 [続きを読む]
  • 飴に凝る
  • 飴に凝っています。ちょっと小腹すいた時、咳が続いている時、イライラした時。小さな糖分を補給する。このカンロさんの「いもピーナ」は懐かしい味がする。もちろん、このアメの甘さはイモのものだけではないと思うが、日本人の甘みを感じる基本は、イモで作られたのかなと思わせるテイストです。 [続きを読む]
  • ある閉店
  • また、ある飲食店の話です。北区王子神谷駅の近くにある「厨」という中国料理店が、ずっと閉まっていた。少なくとも1年以上は、閉まっていた。秋になって、一枚の貼り紙が掲示された。ここの店主は寡黙で、鍋を振り続けていた。奥さんが笑顔で、ホールの仕事をやっていた。カウンターが10席、テーブル席が6名くらいの、小さな小さなお店。でも、メニューは豊富でした。それも、本格的な料理が多かった。たとえば、酢豚でも、注文を [続きを読む]