あきこ さん プロフィール

  •  
あきこさん: 犬と犬と犬とワタクシ
ハンドル名あきこ さん
ブログタイトル犬と犬と犬とワタクシ
ブログURLhttp://kotavi2002.seesaa.net/
サイト紹介文犬の遺伝性疾患と毛色の遺伝、不妊手術や殺処分・保護問題などによく吠えています
自由文当ブログ人気記事ベスト3
・捨てられやすい犬種
・ダップルとパイボールドの違い
・人気犬種のかかりやすい病気
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/01/27 13:50

あきこ さんのブログ記事

  • ポメラニアンの色素遺伝子
  • カッカしたままブログを書くとロクなことにならないですね。この記事のタイトルは1つ前の記事のものでしたが、読み返してみたら色素遺伝子に関する記述が皆無でびっくりしました(笑なのでタイトルを操作しつつ改めて。1 ホワイト     sw/sw2 パーティー    sp/sp またはsi/si ほか混合3 クリーム     cch/cch4 ウルフセーブル  ay/at、cch/cch5 オレンジ     ay/ay6 オレンジセーブル ay/at [続きを読む]
  • ポメラニアンの毛色13種類
  • そういえばホームページを一つ失くしたままだと思い出しまして。毛色だけのサイトが以前あったんですけどね、サーバのレンタルサービス終了通知を見逃してしまいまして、気がついたらトップページに「終了しました」的なお知らせが自動で出ていて、当然ながらデータは全部消えていて。ワタクシ基準では)けっこう作りこんだものだったので脱力感も大きかった(自業自得ま、うちの心の友がそのうちそんなサイトを公開してくれること [続きを読む]
  • あけおめ2018
  • あけましておめでとうございますー。年賀状代わりのご挨拶(出せよ)今年ものんびり更新したりしなかったりになると思いますが、まあよろしく。今のところ10個以内くらいは一応ネタがあります。が、それが尽きたらまた産みの苦しみ期間がやってくるかと恐れおののいています。とりあえず、今年も変わらず、リクエストはどなたからのものでもお受けしますので、小さな疑問や引っかかりなんかをお持ちの方はぜひここでこぼしてみてく [続きを読む]
  • 可能な限り根絶する努力/後編
  • 人間が動物を繁殖することは大昔から世界中でおこなわれています。妊娠や出産は素晴らしい・おめでたい・喜ばしい・といたプラスの印象を抱きやすく、実際に子犬というものはそれはそれは可愛らしいもので、ただ歩くだけで千・万単位の人間を瞬時に笑顔に変える魔力をも持つ特別な生き物。この記事は前後編仕立てです。2017年12月21日 可能な限り根絶する努力/前編http://kotavi2002.seesaa.net/article/455676441.htmlまずは前回 [続きを読む]
  • 可能な限り根絶する努力/前編
  • 今日は忙しくてこんな時間になっちゃいました。シリーズで少々ご紹介いたしましたいつものオーストラリアの大学ではなく、カナダ発信の犬の遺伝性疾患の病名翻訳。トイプードルの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454436664.htmlポメラニアンの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454523066.htmlチワワの遺伝性疾患    http://kotavi2002.seesaa.net/article/454889529.htmlマルチーズの遺伝 [続きを読む]
  • テレゴニー
  • テレゴニー telegony とは紀元前の昔から人々の間で語り継がれ、かのアリストテレスのお気に入りの考え方としても名高い、ある理論の名称ですが、呼び方は初耳かもしれないけれどどういう理論かは、犬飼いさんのほとんどがご存知かと思います。純血種のメス犬は一度でも雑種の子を産むと雑種になる(雑種として扱う)、一度他犬種の子を生んだメス犬は以降は雑種しか産めなくなる、のような説のことです。ワタクシが犬の繁殖関連で [続きを読む]
  • ちょろまかしポイント失敗例
  • 用事があってゴールデンの罹りやすい病気っと検索していて偶然見つけた、ググってもカスなサイトはこうして作られる!みたいな例。メイキングオブカス元ネタ、被害者、盗まれた方の人 っとワタクシには思えたサイトを先に紹介します。レトリバー情報ブログさん「ゴールデンレトリバーがなりやすい病気  2014/10/20」https://beo.bz/blog/?p=25ゴールデンレトリバーは比較的強い犬です。身体的にも精神的にも他の犬種に比べてたく [続きを読む]
  • ggrks→ggtmks
  • 賢い人のわかりやすい解説に出会えたのでご紹介します。https://japan.cnet.com/article/35105975/CNET Japan > ニュース > 解説“ググれカス”は“ググってもカス”に--情報を引き出すための検索リテラシー本田雅一2017年08月18日 14時00分 “Google検索は故障しているも同然”とまでは言わないが、ページビューを集めることで収益を得られるビジネスが多い中、ごく当たり前にキーワードを入力しているだけでは情報の質に力を入 [続きを読む]
  • 辻希美という芸能人による乱繁殖
  • あーあ。https://ameblo.jp/tsuji-nozomi/entry-12335824212.html母犬は雑種 マルプーってハッシュタグあるのでマルチーズ×プードル(トイだろうが)のF1雑種。1匹の赤ちゃんが生まれました。ただ…様子がおかしく…すぐに病院に連絡をし、診てもらうと「腹壁破裂」という生まれ持った病気で助ける事ができないといわれてしまいましたでも、うまれた瞬間一生懸命小さな小さな産声をあげてくれて、、、、どうにか助けて。っと必 [続きを読む]
  • ホワイトミニピンの噂・おまけ
  • しばらくぶりでカツゲン吹いた事件のご報告(笑先日見かけた検索上位捻じ込み型リライト風味()まとめサイトの1つ。当ブログ用語で言うところの2ヶ月前のカツゲン事件。http://tsunayoshi.tokyo/c/6052c13eecd866091b377618b6f93533d7b9317fの本文部分の冒頭にご注目。人間でもそうですが、子宮からは体調を維持するためにホルモンが分泌されています。 いませんそんな人間(笑↓こっちが今日のカツゲンhttp://tsunayoshi.tokyo/c [続きを読む]
  • 「血統書を読む」
  • またもや役立たずなのに上位ヒットするサイトの話。タイトルの言葉でググったらガクッときますが、←の意味が理解できる人間よりも、この言葉で検索するのはたぶんガクッとこない人の方が圧倒的多数だろうなーと、危機感がヒシヒシとキています。拝啓グーグル先生。日本語の犬に関する情報のグーグル検索は性能も信用も価値も下がる一方です。試しに今ググったらこんなふう。1番目から5番目までヒット順。意外と知らない?犬の血統 [続きを読む]
  • シェルティの遺伝性疾患
  • シリーズ第5弾トイプードルの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454436664.htmlポメラニアンの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454523066.htmlチワワの遺伝性疾患    http://kotavi2002.seesaa.net/article/454889529.htmlマルチーズの遺伝性疾患  http://kotavi2002.seesaa.net/article/455303526.htmlCIDDCanine Inherited Disorders Databasカナダの獣医師会&獣医大学発信の犬の遺伝 [続きを読む]
  • 遺伝子検査/親犬?子犬?
  • 先日書いた記事にご質問をいただきました。2017年11月24日 優良ブリーダー 見分け方http://kotavi2002.seesaa.net/article/455105551.htmlに遺伝病への取り組みはどうかという視点でブリーダーを見分けたいなら、その犬種が検査可能な遺伝子検査を全部済ませているのが最低中の最低ラインです。と書いたら、「検査を済ませた子犬を求めるのが良いのか?」的に。わーあ!仰るとおりですね!そういうふうにも感じられる書き方だ! [続きを読む]
  • 検査可能な遺伝病の遺伝形式
  • 明日UP予定の記事の前半戦です。書いてたら長くなってしまったので資料部分を切り離しました。犬の遺伝子検査ができる遺伝性疾患の種類がずいぶん増えてきましたねー。とても良いことです。病気が増えたわけじゃなく正体不明だったものがバレる数が増えてるんですからね。それで、「検査ができる遺伝性疾患の遺伝形式は基本的に常染色体潜性遺伝」っという記事を仕上げる予定でして、遺伝形式をちょっと確認してみようぜと書いた部 [続きを読む]
  • マルチーズの遺伝性疾患
  • シリーズ第4弾トイプードルの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454436664.htmlポメラニアンの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454523066.htmlチワワの遺伝性疾患    http://kotavi2002.seesaa.net/article/454889529.htmlCIDDCanine Inherited Disorders Databasカナダの獣医師会と獣医大学発信の犬の遺伝病のデータベース情報の翻訳です。日本国内の犬は多くの犬種でアメリカから輸入され [続きを読む]
  • 続・ホワイトミニピンの噂
  • アルビノ同士の掛け合わせで生まれた子犬に難聴の疑いがある話の続きです。2017年11月29日 ホワイトミニピンの噂http://kotavi2002.seesaa.net/article/455213519.html前の記事では俗に言う犬のアルビノまでは行かない部分アルビノだろうとし、部分的にアルビノを起こす色素因子のマールについてさらっと触れてみましたが、画像を探している途中でItalian Grey Min Pinと英語圏で通称されるF1雑種が、ホワイト系の毛色のミニピン [続きを読む]
  • ホワイトミニピンの噂
  • アルビノ同士の掛け合わせって大丈夫だとは思えないけど大丈夫なんですか?アルビノ×アルビノでホワイトミニピンが…という記事を見かけた、といった感じのコメントをいただきまして、わからないなりに検証してみました。その他情報twitterで見かけた内容なので発信者に確認しました。http://idolkido.web.fc2.com/ちゃんとしたアルビノではないのかも。ボラ仲間さんが保護者したそうで「アルビノなので耳が聞こえない」と仰って [続きを読む]
  • 動物取扱業者登録推移
  • 自分用資料 覚書動取・販売関連のみ推移 第一種動 物取扱総事業所数 販売販売のうち犬猫犬猫
    のうち繁殖業のべ合計H1819,89315,071 29,466H1931,29220,195 39,970H2034,22421,872 43,847H2136,10122,875 46,280H2238,460
    23,866 49,065H2339,89724,299 51,261H2439,70223,086 51,035H2539,56821,715 50,460H2639,87420,84615,89011,98350,964H2740,92120,94
    416,17112,39252,870                      [続きを読む]
  • キ甲のKI
  • カタイ記事が続くとやりたくなる、せんでもええ箸休め的な。皆さんはキ甲ってわかりますか?カタカナと漢字というおかしな構成のこの単語の読みは「きこう」です。ワタクシは競馬はやらないけど馬が好きなのですが、馬のナニカを見聞きしていてもわりとたびたび登場するキ甲。いい感じのサイトをご紹介します。さすが新聞。とてもわかりやすい。東スポWebカミノタサハラの「キ甲が抜けた」ってどんな意味なのか? 2013年04月11日ht [続きを読む]
  • 優良ブリーダー 見分け方
  • タイトルどおりの言葉でググると、相変わらず役に立たないサイトが出ますが。何を持って「優良」とするか?ブリーダーの良し悪しを見分けたい時というのは子犬がほしい時で、その子犬がいろんな意味で飼いやすいかどうかを知りたいからでしょうね。一般の飼い主さんであるなら。「飼いやすい」は大きく分けると心身の問題ですね。心身の心→性格の良さ、シツケの入りやすさ、犬種特性の強弱、あたり。ただ見物するのではなく飼育す [続きを読む]
  • 犬種名+捨てたい
  • みたいな検索ワードで当ブログに来ちゃった方は、どういうご事情があってもいきなり頭ごなしに叱ったりしませんので、知りたいこと・聞きたいことがあればご遠慮なくコメントください。飼い犬を捨てたくなる気持ちは、それだけが悪いこととは当然言えません。ワタクシ自身は「捨てたい」の一歩手前(?)の段階、「飼いきれないかも」っと思ったことが37年間で2回ありますから、多少は捨てたいといった心理を理解できるつもりです [続きを読む]
  • ブリーダーの資格という勘違い
  • 犬のブリーダーとしての公的資格は無いんですよ。またもやこの話題ですけどブリーダーの資格とかのワードで検索上位にくるサイトでは、動物取扱業が「公的な」ブリーダーの資格かのように誤解を招く表現だらけ。はーぁ。民間資格では以前から眉唾モノがいくつもあるんですが、公的な資格めいた制度は今後もおそらく無理。ワタクシの予想では「絶対無理」ですが。だってできっこないですもん。そもそもどこ(誰)がナニを基準に管理 [続きを読む]
  • 最近の犬展示販売事情
  • 大型チェーン店以外も生命保障がついているのが普通になってきつつありますね。「生命保障の有無」は第一関門みたいです。内容がじゃなくて、とりあえず有るか無いかが(苦笑その保障の中身をいくつか拾ってみますと、初回健康診断、初回検便、初回シャンプー&トリミング指導、あたりが半額〜が最も多く、次に目立つのは購入後1ヶ月以内の感染症発症への保障で、飼育方法に注釈※がある場合、動物病院の指定と店への事前報告がセ [続きを読む]
  • チワワの遺伝性疾患 検査
  • 1つ前の記事のつづきです。2017年11月15日 チワワの遺伝性疾患 http://kotavi2002.seesaa.net/article/454889529.htmlさらっとお伝えしたように、我が国の多くの犬たちが、メイドインアメリカの血脈を持っていることは周知の事実です。どういうことかと言いますと、誰かが数頭単位で輸入した犬種が、ひとたび人気の兆しを見せると、猫も杓子もツテを頼って代行させたり自ら買い付けに飛んだりなどで、とにかく親犬を揃えるわけで [続きを読む]