MIYUKI さん プロフィール

  •  
MIYUKIさん: 恋するネヴュラ
ハンドル名MIYUKI さん
ブログタイトル恋するネヴュラ
ブログURLhttp://spectre-nebura.cocolog-nifty.com/cultnight/
サイト紹介文OLする女子な男子。毎度おバカな私見を語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 187日(平均0.9回/週) - 参加 2007/02/09 20:21

MIYUKI さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 六十三年目のゴジ肌空
  • 午後3時19分。今日はゴジラの誕生日ということで空もこんなゴジ肌雲でお祝い見上げておおと感動、慌てて最新入手ソフビを持ち出しパチリ空の粋なはからいも、わずか数分で消え失せまさに一瞬の奇跡でした。世紀の怪獣王も齢六十三歳。おめでとうございます。これからもますますお元気で、破壊に対決にがんばって下さいね [続きを読む]
  • 赤い大物ふたたび
  • 天高く怪獣肥ゆる秋。まだ緑蒼き草むらの陰に巨大な異形の影あらわる!(何気ないカットですが、一歩先は池へと続く崖で安定が悪く ブツの置き位置を考えると、なかなかデンジャラスな撮影でした)今回捕獲のお宝ソフビは、マスダヤ巨大復刻のジャイアント三つ首竜。2003年CCP製、雑誌【ハイパーホビー】誌上限定のレトロカラー版です。全高約33cmの大迫力。かなりの肉厚でけっこう重く棚から落ちてきたら流血必至の凶 [続きを読む]
  • スペクトルマン巨大化セヨ
  • ネヴィラ界隈で噂の変身名所・いつもの森で右腕をかざす正義の勇士は久々の晴天でバクラー戦並みの超巨大化!この正面FFでお分かりの貴方は筋金入りのソフビ好き!そうです誰あろう、あのマスダヤスペクトルマンの中でも現在に至るも復刻されていない(はず)、全高39cmのジャイアントサイズ!1971年製当時もの!毎日ヤフオク出品ページを賑わす三種のSTサイズに対しこのジャイアントサイズの出現率は、平均で40日に [続きを読む]
  • 電人スカイ・ハイ
  • 1000ピースを選り分け戦えザボーガー!速射破壊銃並みの高難度パズル2種10箱。このボリュームで落札価格100円+送料16倍の本末転倒お宝到着それでもとてつもなく安いと考えるピープロGメンの悲しい性作品は賛否あっても、デザインは素晴らしいと思うんですが。メディコムRAH入手もこのデザインに惚れ込んだからですしお気に入りは最低3個ずつ欲しくなるのが昔からの癖で。とはいえチェーンジと叫んでも勝手に組み [続きを読む]
  • 秋晴れウルトラ観音
  • 2017年秋。光の国からぼくらのために晴天の名古屋へせいぎのかい人あらわる未来型オブジェを背にスックと立った雄姿こそ、誰あろう原点にして頂点のAタイプを、プロポーションから着ぐるみの質感まで忠実に再現した究極のソフビアイテム2009年バンダイ京本コレクションNEO・ウルトラマンその人発売から早や8年。全高50cmサイズの素立ちAタイプでこれを超える物は未だ見た事がありません。メジャーメーカー品なが [続きを読む]
  • 聴兵器4号A
  • いまだガラケーの毎日なのに、さらに時代に逆行する逸品を血迷って中古入手してしまいました懐かしの日本電氣株式会社製・4号A卓上自動式電話機。通称黒電話(この漢字の羅列がカッコ良くてもう)あのけたたましい呼び出し音と、ジーとダイヤルを回す感覚が懐かしくて。ケータイの普及で固定電話の存在意義が薄まり加えて最新電話を追いかけるのも飽きてきたので家電は家電として残しておき、コチラは部屋のインテリアにでも置い [続きを読む]
  • スペクトルマン変色セヨ
  • 秋雨にぐずついたここ数日の空も、今朝は抜けるような青さ今回もおなじみ、近所の森で変身するいつものお方は!?ピープロGメンのマストアイテム、マスダヤスタンダード・スペクトルマン。何のヒネリもありませんが、私にとってこの茶色ボディは初入手の上コレまたヒネリの無いヤフオク捕獲スペクトルマンの当時物STは、この頭部で成型色が赤・茶の二種類さらに頭部別造型のものが一種類、合計三種類が有名どころですが入手済みは [続きを読む]
  • 永遠のショートケーキ
  • まだ眩しい夏の残り陽を秋風が運ぶ、9月の昼下がり噴水舞う名古屋の木陰で、白い胸を休める小さなプリンセスがマツダ製・讃美歌の名を冠するキャロルお嬢さんでございます。台座の年式が1966年という事は、後期型を立体化したモデルでしょうか。コッソリ集めている1/24国産名車コレクション、わが家では4台目。シリーズ通算では15台目ですが、小さい車好きなのでコレは外せませんお高いシリーズなので、中古車のメルカリ落 [続きを読む]
  • 続・似ヴィラの勇士
  • 2017年も9月に突入。まだ強い晩夏の日差しを浴び変身する姿は以前登場した'71年頃トイペット製・ポリ素材パチのスペクトルマン!?(いいかげん情報の嵐、しかも絵面優先で挙げ手が逆ですが)と思いきや、ちょっと違うそうですコレは、その後の探索で運良く巡り会えた新入荷品。同じトイペット製でもビミョーな別物、たぶん先輩格のお方なのですっ!5月の先行入手品と同じく、コレクションに最適な全高30cmサイズ。前回日記の怪獣 [続きを読む]
  • ジ・アート・オブ・スペクトルマン
  • 46年と21日ほど待たされたけどようやく私の元にやってきてくれたピープロファン必携の大怪獣資料本!昭和46年発行・秋田書店刊円谷東映がぜったい採り上げないピープロ怪獣のみで構成された宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン 怪獣カラー図鑑当時価格490円。ハードカバーの超豪華本で私にとっては、いかなる特撮関連本より心に響く一冊です昨年話題を呼んだ超豪華本「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」より個人的には上物扱い [続きを読む]
  • 赤い分光超人
  • 最高気温33度まで上がったお盆の名古屋不安定な空が晴れ間を見せた一瞬、ネヴィラを発見し変身を遂げたレッドボディの勇士こそ!ご存知わが家のメジャーヒーロー・スペクトルマン。ちょっと珍しい、2001年CSS(CCPの前身)製40cmサイズ・レトロカラーのリアルソフビ。先月下旬、運良くヤフオクで入手。送料無料で6,000円+TAX。着ぐるみの1/4.5サイズというビッグスケールと出来の良さから今でも一万 [続きを読む]
  • 電人ちはやふる
  • 前回日記のラストで届いたお宝。ほぼ未開封新品なのにちょっと訳アリで100円でもこの程度のダメージなら全然OK。絵札と読み札の味わいは価格以上です来年のお正月は従弟の息子(18歳)とコレで遊んでどんな空気になるか試してみよっとCSでミ●ーマンに衝撃を受けたらしいから、意外とイケるかも。どんな衝撃かは知りませんが [続きを読む]
  • 黄金の超人ネヴィラ
  • タイトルが乱歩の少年探偵物みたいですがさあ梅雨の晴れ間にひときわ眩い輝きを放つ人工遊星・ネヴィラ71のサイボーグ勇士こそっ!偶然が奇跡を呼び、遂にわが家に赴任されました2009年CCP製・スペクトルマンCタイプスーツメッキ処理バージョン!全高30センチサイズの1/6特撮シリーズ。ソフビボディに基本彩色・金色部にメッキ蒸着を施し当時(今も?)業界の話題をさらった超高級アイテムでございます!この品の存在は [続きを読む]
  • デメ金とジャジャ馬
  • いやーコレは和みますねお昼過ぎに撮った昭和三十年代風の町角。モデルは皆さんごぞんじ、1/24国産名車コレクションのスバル360。デメ金の愛称で親しまれた初期版です。定価じゃ手が出ないので箱なしブリスター未開封を、最近話題のメルカリで半額チョイ入手。1/24でも小さいですが出来は抜群で、こうして置くとものすごく癒されて満足感でいっぱいです誕生は1958年ですから私より先輩ですが私が物心つく頃には、テ [続きを読む]
  • 海底油田防衛命令
  • おなじみ東宝三頭竜の親戚っぽいファニーフォルムで梅雨空に影を落とす恐怖の大怪獣は!?そうです'71年8月、夏休みのお子さんたちへのビッグプレゼントとしてピープロが放った油怪獣・三つ首竜!『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』時期中、圧倒的な存在感で一頭で32話・33話の前後編を演じきった強豪でございます三つ首竜のソフビと言えば古くはマスダヤのSTサイズ、近作ならインスパイアのリアルモデルなどファンを唸らせる名 [続きを読む]
  • 宇宙異父怪獣ギドン
  • 初夏の森に逆光で浮かび上がる異形の影!その正体ははたして!?あっコレは!昭和の子どもたちを興奮させた中岡俊哉大先生の名著『写真で見る世界シリーズ 世界の怪獣』131ページのみに登場した名もなき宇宙怪獣!同著の2009年再販時、大きなおともだちから"P131"の名で親しまれたその筋には有名なお方ぢゃないですかっ!今を去る事6年半前、近所の森にもこのお方のシカルナ・工房製ソフビが来襲専属防衛チーム・今井自衛隊 [続きを読む]
  • あの灯台を使え!!
  • 初夏の嵐も去り青空が覗いた名古屋の田舎に、恐怖の大バサミ怪獣あらわる!日本の海上交通遮断を企んだ宇宙猿人ゴリに操られ巨大海藻怪獣スピンコブラと共に相模湾を襲った暴れん坊!その名は!?'71年に一世を風靡したピープロ屈指のヒーロードラマ『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』第30・31話に登場し一目で分かるザリガニモチーフながら、クライマックスでは驚きの形態変化を見せたピープロ水棲系怪獣の雄、ザリガニンド!そん [続きを読む]
  • 似ヴィラの勇士
  • 似ヴィラ71!変身願います!初夏の陽射しを浴びながら、いつもの森で公害怪獣に戦いを挑むわれらがヒーロー・スペクトルマン!いやどっか違うような気が・・・お忙しい中、ちょっとお越し頂きました。良い出来だけどやっぱり違和感。そうです'71年当時、飛ぶゴリ円盤を落とす勢いだったスペクトルマン人気にあやかって下町の業者さんが密かに開発したにせおもちゃ名付けてポリ製のパチクトルマンその人でありますっ!しかしなが [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡7
  • 少し時間が空きましたが、休止中二年半分のおもちゃ写真も今回が最後。今年4月末までの入手分です。2017/2/26撮影ブルマァク 当時物ミニソフビ 電人ザボーガー期せずして即決入手できた、全高約14cmのミニソフビ。アイテム的には珍しくないですが、価格的にはかなりお得なワンコイン落札でした。コレをきっかけに、晩冬から初春はザボーガーがマイブームになります。2月末の撮影なので木々は寒々しく、新緑を拝むに [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡6
  • 二年半分のおもちゃ写真も、つらつら続けて第6回。真冬突入の時期なので、ズルして室内撮影も少しあります2016/11/28撮影ビリケン商会 カネゴン ソフビキット完成品ヤフオク締切が正午直前でライバルが少なかったので、隙間入札の作戦勝ち。貧乏な私でも格安で落とせた超人気アイテム。ビリケン製ゆえ、造型クォリティの不安は皆無でしたが現物を見てそれ以上に驚いたのは、塗装の素晴らしさでした。赤銅色に隠し味と [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡5
  • おもちゃ写真5回目。こうして軌跡を追ってみると、我ながらよくもまあこんなに外でばっかり撮ってるなあと呆れるばかりで。でも一日として同じ表情の無い自然のステージがバックだと後々けっこう貴重な財産になった気もします。2016/6/26撮影ボークス 初代メカゴジラ1号機(1974) ソフビキット完成品先のビリケン2号機と対で揃えたかったボークス版。運良く相場程度で落とせたので、その違いを楽しむことができ [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡4
  • おもちゃ写真4回目。ようやく約一年前、2016年4月に追いつきました。雪や桜を除き、撮影の時はさほど気にしなかった季節の移ろいもこうして並べると、写真が雄弁に語ってくれますね。2016/4/11撮影ビリケン商会 ベムラー ソフビキット完成品撮影スポットとしてすっかり定着した、近所の森の池端で。電柱の地中化が進む現在でも、私の住む田舎では空を水平に走る電線が映り込まない場所を探すのが難しく抜けの良い [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡3
  • 休止期間二年半のおもちゃ写真も三回目。2015年10月からの入手アイテムです。2015/10/27撮影バンプレスト ウルトラマン ビッグサイズソフビフィギュア完成品、組み立て式など様々な仕様でリリースされた初代ウルトラマンの35センチサイズプライズ。コレは眼がクリア仕様の袋入り組み立て式です。同時期に5,000円近い品をショップで見かけ、指をくわえていたところに別店で980円売りだったので飛びつきました。 [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡2
  • 2年半前からの入手おもちゃ写真紹介も二回目。今回は2015年の5月からです。2015/5/14撮影円谷コミュニケーションズ(やまなや) ジラース先のブルマァク復刻ジラース入手をきっかけにこの時期はジラースソフビがマイブームで、ヤフオクで出物を探しておりました。元々やまなや好きの上、円谷英二生誕百年記念セットのみで手に入るアイテムの単品出品という事もあり、少々気合を入れ入札しました。思い入れに反し巷 [続きを読む]
  • 暗躍の軌跡1
  • 前回の日記から二年半。たいへんご無沙汰しております。『ネヴュラ』も休止後、病気や引越など様々な身辺の変化に襲われしばらく放置状態だったのですが久々に覗いてみれば、多くの方々からコメントを戴いておりすぐにご返事もできず、不義理に反省しております。二年半前のコメントに、今さら個別にご返事差し上げるのも逆に失礼と思い僭越ながら、ここでまとめてお礼差し上げます。つたない私見や下らないおもちゃ遊びに長々とお [続きを読む]
  • 過去の記事 …