hiro さん プロフィール

  •  
hiroさん: ☆hiroの部屋☆モンキー・ゴリラを快適に!&風景写真
ハンドル名hiro さん
ブログタイトル☆hiroの部屋☆モンキー・ゴリラを快適に!&風景写真
ブログURLhttp://mpv21hiro.blog.fc2.com/
サイト紹介文モンゴリを快適に!&風景写真 中国製エンジン・VM26・武川Sステージ・OILクーラー&空・夕焼け・宮崎
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2007/02/10 23:04

hiro さんのブログ記事

  • イロハモミジの紅葉 宮崎県日南市北郷町
  • 11月上旬には、見頃を迎える日南市北郷町のイロハモミジ。県道28号線、県道33号線を走り、広渡ダムに架かる橋を渡ります。ここから狭い道になります。案内板に、台風の影響で倒木、落石に注意との文字が・・・沢から流れ出た土が道路に残っていて15cm程の山が連続であり、ゆっくりと走らないとお腹を擦りそうです。対向車が来たら、離合場所を覚えておかないと・・・途中で離合したのは1台だけでした。ほっ対向車が見えたら、路 [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 西上江の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 千代反田の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 平馬場の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 上島内の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 上浦の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 中内竪梅木の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 溝の口の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 南岡松の田の神さぁ2 えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 南岡松の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 幣田神社の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎神宮御神幸祭(神武さま)青島臼太鼓踊り 宮崎市
  • 宮崎神宮御神幸祭とは 「神武さま」と呼ばれ、秋の宮崎を彩る県下最大の祭です。 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて一年に一度神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したのが始まりです。 明治42年頃から今のような形式になったと言われています。 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継 [続きを読む]
  • 宮崎神宮御神幸祭(神武さま)人力車レディ 宮崎市
  • 宮崎神宮御神幸祭とは 「神武さま」と呼ばれ、秋の宮崎を彩る県下最大の祭です。 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて一年に一度神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したのが始まりです。 明治42年頃から今のような形式になったと言われています。 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継 [続きを読む]
  • 宮崎神宮御神幸祭(神武さま)ミスシャンシャン馬 宮崎市
  • 宮崎神宮御神幸祭とは 「神武さま」と呼ばれ、秋の宮崎を彩る県下最大の祭です。 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて一年に一度神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したのが始まりです。 明治42年頃から今のような形式になったと言われています。 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継 [続きを読む]
  • 西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市
  • 西都原古墳群の300万本のコスモスが見頃をむかえています。とても綺麗です。シートを敷きお昼寝をしている人もいます。西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市心地よい風に、コスモスが揺れています。西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市桜が咲いていました。台風の影響でしょうか?西都原古墳群のコスモス 宮崎県西都市プチット押していただけると嬉しいですランキングにご協力ください。クリ [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 京町上向江の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎神宮御神幸祭(神武さま)ミスシャンシャン馬 宮崎市
  • 宮崎神宮御神幸祭とは 「神武さま」と呼ばれ、秋の宮崎を彩る県下最大の祭です。 神武さまを自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることが出来ないため、「せめて一年に一度神幸を願って一家をあげて心ゆくまで拝ませてください」という嘆願書を提出したのが始まりです。 明治42年頃から今のような形式になったと言われています。 今日まで地元の人々の信仰と親しみに支えられ、受け継 [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 下島内の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 向江原の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 宮馬場城山の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 牧之原公民館の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 湯田新田の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • 宮崎県の田の神さぁ 湯田営農研究所の田の神さぁ えびの市
  • 「田の神さぁ」とは・・・ 田の神は、冬は山の神となり、春は里におりて田の神となって田を守り、豊作をもたらすと信じられています。 「田の神」信仰は、全国的な民俗行事として古来から農村に浸透していますが、「田の神」を石に刻み(田の神石像)豊作を祈願する風習は、18世紀初めに始まる薩摩藩独特の文化です。 霧島の噴火や天災などが原因で、農家にとって大変厳しい時代でしたが、江戸時代からの赤字経済を立て直すため [続きを読む]
  • グリーンパークえびのコスモス えびの市
  • 今年は生駒高原のコスモスを見なかったので、えびの市に来ているので、「グリーンパークえびの」のコスモスを撮影することに。駐車場には車が少なく、お客さんはあまり来ていないようです。芝生に横になりくつろいでいる人もいます。背の低いコスモスです。奥に見えるのがコカ・コーラの工場です。グリーンパークえびのコスモス えびの市グリーンパークえびのコスモス えびの市ひまわりが見えます。グリーンパークえびのコスモス [続きを読む]