kokegan さん プロフィール

  •  
kokeganさん: 匠の美
ハンドル名kokegan さん
ブログタイトル匠の美
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kokegan
サイト紹介文日本の原始から現代の匠の美について 富山に高度古代文明の証拠
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2007/02/11 10:06

kokegan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 竹内文書と出土品  五色人
  • 竹内文書での五色人の存在です、人種、肌、の色の顔石が多く出土しています。ヨーロッパ全般の人を白石、アメリカ、インデアン、ユダヤ、アラブ人を赤石、北欧、スラブ人を青石、日本、アジア人を黄石、アフリカ、インド人を黒石を使用して人種を表現しています。竹内文書の最も真実な部分ではと思われます。https://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 竹内文書と出土品
  • 竹内文書と出土品について、神武天皇以前にウガヤフキアエズ王朝が富山県に存在していたとあり、遺跡の出土品が富山県であり出土品からは、その時代の王と思われる人物顔石、写実的な表現の高度な技術など、王朝をうかがれる。また、多くのレイラインが存在する、注目すべくは、五色人です、現代に最も解りやすい表現です。皮膚、肌の色と人種の顔です、遺跡の出土品で確認できます。太古の神ヶは、天之浮船に乗って世界を巡行した [続きを読む]
  • 原始美術、古代人の顔石
  •  顎鬚が強調された貴賓と高貴な顔石の出土品です。時代を表す顎鬚を写実的に表現されたもので是までにない原始美術品です。エジプト時代は付け顎鬚であり、時代の古さを感じさせます。私達がこの様な原始美術を日本で見れる事が出来る事に幸せを感じます。この様な物を残してくれた古代に感謝します。https://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 可愛い、美しい出土品石
  •  可愛いの一言です。これが、旧石器人すごいですね。大きさ5僂曚匹龍迭ゴ笋派集修気譴燭發里覇?楮埜鼎慮胸枠?僂任后若く、優しく微笑でいるようにも見えます。さて、何人類でしょうか。https://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • ネアンデルタール人日本に来ていた
  • この石は、両面を剥がし小さい面には二面の顔が彫られ、広い面に横側の顔が彫られた石です。顔の部分の髪の毛は、唐草葉模様で表現されています。これは、粘土ではなく粘土岩です、どのような高度な技術が存在したのだろうか、解りません。しかし、現実に存在します。唐草模様は、五世紀に日本に伝わったものです。この物は、それほど新しい物ではありません、しかも石で鮮明に表現されています。そして顔は、ヨーロッパ系の顔です [続きを読む]
  • 人類と恐竜との共存の証明
  • これは、約20僂曚匹虜輯箏呂寮个忙匐,鮠茲擦洞?鯣瑤嵳穃気鮗娘妥に表現された物です。顔が恐竜で腕に翼があり、尾は羽になっていて、足、手も表現されています。人類が共にした翼恐竜です。ここまで、明解に表現して残した先祖人は、偉大です。人類が恐竜と共存していれば、巨石、世界のオーバーツ的な物の謎が解けそうです。下の赤い石も、同種の物です。https://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 世紀の大発見
  • この出土品は、進化論や恐竜と人類がが共存は、無かった、これが正しかれば、この様な物を目にするはずだが無いのだが、この事を否定するオーバーツ的なもので、粘土岩に動物に乗った面を付けた人物が彫られた石が出土しました、これをどのように、受け入れるかは、個人の自由ですが、石器、縄文時代以前にこの様な優れた美、芸術、技術を持った人類が、日本の富山に存在したのは確実です。一番最後の物が、出土時の石で表面の細土 [続きを読む]
  • 富山県  古代文明 新情報 六
  • 10cm程の半割された粘土岩と思います。割れ部分と丸面に実に写実的な顔と整えられた髪の毛を表現されております。ひとつの石に二人の顔を実にすばらしい表現方法です。石器時代にこの様なすばらしい文明をもった人種が存在したのです。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県  古代文明 新情報 六
  • 10cm程の半割された粘土岩と思います。割れ部分と丸面に実に写実的な顔と整えられた髪の毛を表現されております。ひとつの石に二人の顔を実にすばらしい表現方法です。石器時代にこの様なすばらしい文明をもった人種が存在したのです。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県 古代文明新発見 情報Ⅲ
  •  これも、これまでの日本では考えられない物の一点です。写真を見ていただいて、どう見てもエジプトのスフィンクスに見えます。これまでの出土品も、ほぼ西洋的な物に見えます。しかし、現状の考古学、人文学では非常識な出土品ですが、しかし現実に存在します、この非常識が、疑いたくなりす。先史時代の日本は、本当は、どうであったかを研究する第一級の出土品です。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県 古代文明新発見 情報Ⅲ
  •  これも、これまでの日本では考えられない物の一点です。写真を見ていただいて、どう見てもエジプトのスフィンクスに見えます。これまでの出土品も、ほぼ西洋的な物に見えます。しかし、現状の考古学、人文学では非常識な出土品ですが、しかし現実に存在します、この非常識が、疑いたくなりす。先史時代の日本は、本当は、どうであったかを研究する第一級の出土品です。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県 古代文明 情報②
  • 安山岩で、彫られたビソン(野牛)です。ラスコー洞窟、アルタミラ洞窟の動物像を報復させるものです。南フランスから北スペインにかけてのオーリ二ヤック期似た表現です。この様な表現力は、縄文、弥生時代には見られません。この様な文明をもった人々が石器時代の日本の富山いたのです。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県 古代文明 情報②
  • 安山岩で、彫られたビソン(野牛)です。ラスコー洞窟、アルタミラ洞窟の動物像を報復させるものです。南フランスから北スペインにかけてのオーリ二ヤック期似た表現です。この様な表現力は、縄文、弥生時代には見られません。この様な文明をもった人々が石器時代の日本の富山いたのです。http://www.blogmura.com/ [続きを読む]
  • 富山県 古代文明新発見  情報
  • 富山に隠された超古代文明に新しい発見があり、ブログを更新していきます。これは、縦、横八センチで、高さが四センチほどの粘土岩で、一方が獅子で片方が竜の顔の面を付けた高貴で、威厳のある王様ような人物顔の石です。これまでに、たくさんの顔の石を発掘してきましたが、その中でも最も人工的に作られた物と判断できるすばらし物です。しかしながら、今日まで、日本、他国に、おいても、この様な出土例は、ありませんので未知 [続きを読む]
  • 富山県 古代文明新発見  情報
  • 富山に隠された超古代文明に新しい発見があり、ブログを更新していきます。これは、縦、横八センチで、高さが四センチほどの粘土岩で、一方が獅子で片方が竜の顔の面を付けた高貴で、威厳のある王様ような人物顔の石です。これまでに、たくさんの顔の石を発掘してきましたが、その中でも最も人工的に作られた物と判断できるすばらし物です。しかしながら、今日まで、日本、他国に、おいても、この様な出土例は、ありませんので未知 [続きを読む]
  • 過去の記事 …