ajita さん プロフィール

  •  
ajitaさん: ひじる日々 東京寺男日記
ハンドル名ajita さん
ブログタイトルひじる日々 東京寺男日記
ブログURLhttp://naagita.hatenablog.com/
サイト紹介文仏教は心の科学です。テーラワーダ仏教情報、A.スマナサーラ長老随聞記、ヴィパッサナー瞑想の案内など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 362日(平均0.5回/週) - 参加 2007/02/13 20:45

ajita さんのブログ記事

  • インタビュー連載『ブッダの瞑想法――その実践と「気づき(sati)」の意味』完結
  • 佼成出版社のウェブマガジン『ダーナネット』にブッダの瞑想法をテーマにしたインタビュー連載が載りました。4週連続で5回更新。誰かをインタビュー取材する仕事はけっこうやってきましたが、自分がされるのは初めてだったので、とても勉強になりました。ライターの方は仏教に造詣が深く、二日にわたってのとりとめない話をよくまとめて下さいました。テーラワーダ仏教の瞑想入門としては、けっこう役に立つ内容に仕上がっている [続きを読む]
  • 2017年第二回「ひじる仏教書大賞」を発表
  • はい。放逸に耽っている間に12月30日になってしまいましたが、昨年に引き続き、2017年第二回「ひじる仏教書大賞」を発表したいと思います。………………………… (゚∀゚)アヒャ………………受賞作は、星飛雄馬『60分でわかる!仏教書ガイド』Kindle版,Evolving60分でわかる!仏教書ガイド作者: 星飛雄馬出版社/メーカー: Evolving発売日: 2017/02/18メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る です。電子書籍としては [続きを読む]
  • 吉村均『空海に学ぶ仏教入門』ちくま新書(2017年に読んだ仏教本より)
  • Twitterで書き散らしていた読書メモまとめ。その4は吉村均『空海に学ぶ仏教入門』ちくま新書です。空海に学ぶ仏教入門 (ちくま新書)作者: 吉村均出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2017/10/05メディア: 新書この商品を含むブログを見る空海の教えにこそ、伝統仏教の教義の核心が凝縮されている。弘法大師が説く、苦しみから解放される心のあり方「十住心」に、真の仏教の教えを学ぶ画期的入門書。弘法大師空海が『大日経』をも [続きを読む]
  • 中島岳志『親鸞と日本主義』がすごい!
  • 中島岳志『親鸞と日本主義』新潮選書親鸞と日本主義 (新潮選書)作者: 中島岳志出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2017/08/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る読了。これはすごい本だと思う。仏教と超国家主義の関係はもっぱら日蓮主義の系譜が問われてきたが、大学や論壇に苛烈な「思想戦」を仕掛け恐れられたのは浄土真宗の開祖、親鸞の教えに立脚した三井甲之や蓑田胸喜といった右翼知識人グループ( [続きを読む]
  • 大アジア思想活劇――仏教が結んだ、もうひとつの近代史 Kindle版が出ました
  • このたび、拙著『大アジア思想活劇――仏教が結んだ、もうひとつの近代史』(サンガ,2008)の電子書籍版が刊行されました。版元の方針で、AmazonKindleのみの配信となっています。明治から昭和を貫く一筋の道――近代仏教。 教談師・野口復堂、神智学協会・オルコット大佐、スリランカ人仏教徒ダルマパーラ、そして田中智学などなど、 十九世紀から二十世紀の正史、秘史を彩る人物たちがアジアを股にかけ疾駆する近代仏教絵巻。 [続きを読む]
  • 2016年に出たスマナサーラ長老の本(2)電子書籍
  • 今年の更新のしめくくりとして、2016年に刊行されたスマナサーラ長老の電子書籍を紹介したいと思います。紙で出版した新刊タイトルの大半は少し遅れてkindle化されていますので、それらは除外します。日本テーラワーダ仏教協会(JTBA)から刊行した電子書籍が中心となります。充実感こそ最高の財産: 今、この瞬間を生き切ればいい シリーズ心を育てる本作者: アルボムッレ・スマナサーラ出版社/メーカー: 日本テーラワーダ仏教協会 [続きを読む]
  • 2016年に読んだ仏教の本つれづれ
  • 今年はランキング的なことはやめて代わりに「2016年第一回「ひじる仏教書大賞」を発表 - ひじる日々」とぶち上げてみたのですが、年末で興に乗ってきたので、今年読んだ仏教関連の本について寸評していきたいと思います。聖徳太子: 実像と伝説の間作者: 石井公成出版社/メーカー: 春秋社発売日: 2016/01/21メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る石井公成『聖徳太子 実像と伝説の間』春秋社。著者の石井先生からご恵 [続きを読む]
  • 2016年第一回「ひじる仏教書大賞」を発表
  • えーと、唐突ですけど当ブログで賞を作りました。名づけて「ひじる仏教書大賞」です。その年にブログ主が読んだ仏教書の新刊から、これはという作品を顕彰したいと思います。副賞とか、特にないんですけど。さっそく2016年の仏教書から始めます。第一回「ひじる仏教書大賞」は……大谷栄一・吉永進一・近藤俊太郎 編『近代仏教スタディーズ』法蔵館 です。もうTwitterでもその旨お知らせしたので、なんのサプライズもありません [続きを読む]
  • 上座仏教事典/サンガジャパン25
  • 最近、自分もちょこっとかかわった本が出たので告知いたします。上座仏教事典作者: パーリ学仏教文化学会上座仏教事典編集委員会出版社/メーカー: めこん発売日: 2016/10/20メディア: 単行本この商品を含むブログを見る『上座仏教事典』(編:パーリ学仏教文化学会 上座仏教事典編集委員会 発行:めこん)は、パーリ語中心の仏典研究とアジア地域研究の両面から上座仏教(テーラワーダ仏教)を総合的に扱った世界初の大著。画 [続きを読む]
  • note(ノート)に過去記事をまとめてみた。
  • 過去に商業誌やムック、新聞、雑誌などに寄稿した仏教&仏教書がらみの原稿をnote(ノート)にまとめてみました。他にもあるけど、追々拡充したいと思います。いまのところラインナップは以下の通り。note.muスマナサーラ長老ベストブックガイド 100冊から厳選!これだけは読んでおきたい(2011年)/「仏壇」に吹き込んだ新しい風 日本仏教に「原点回帰」を促すブックガイド(2011年)/たかが仏教、されど仏教 〜日本人の思考 [続きを読む]