りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 知恩寺 方丈庭園と宝物たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日に引き続いて、知恩寺の特別公開の写真です。昨年11月に九つの建物が重要文化財に指定されたのを記念して、4月に3日間だけ今まで非公開だった大方丈などの建物や庭園、寺宝が公開されました。拝観入り口から右の大方丈へ行く途中に小さな庭があります。大方丈の「白砂庭園」、この日この場所でコンサートが行われました。中央部は白 [続きを読む]
  • 知恩寺 秋の境内と重文の建物たち
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、志賀越道をたどって荒神口から今出川通まで歩いたときに、百万遍の知恩寺に立ち寄りました。少し秋の気配を感じる境内とともに、昨年11月に重要文化財に指定され春に特別公開された建物も紹介します。「知恩寺」は浄土宗大本山の一つです。法然上人の弟子・源智上人が、師の遺跡であり下鴨神社の神宮寺の「功徳院」を師の恩徳を偲 [続きを読む]
  • 下鴨神社 秋の気配と七不思議
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の夕方下鴨神社に行ってきました。下鴨神社は京都で最も紅葉が遅いといわれていますが、それでも秋の気配が感じられました。境内と糺の森を歩きながら七不思議を見て回ります。①烏縄手(からすのなわて) 表参道にある紅葉橋の手前から続く狭い道です。「烏」は八咫烏の別名を持つ下鴨神社の祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみの [続きを読む]
  • 藤袴のある風景 寺町通(二条から丸太町)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の革堂を出て、寺町通を歩きました。藤袴祭として、二条と丸太町の間の両側が鉢植えの藤袴で飾られていました。二条あたりから北に向かいます。下は三月書店(西)、カッコの中は通りのどちら側かを示しています。フジバカマ(藤袴)は可憐な小さな花を咲かせ、よく見ると薄紅紫をしています。正面は熊谷道具處、左は村上開新 [続きを読む]
  • 行願寺(革堂) 藤袴祭
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。寺町通にある行願寺(革堂)に行ってきました。10月7日(土)から17日(火)の期間、藤袴祭が行われ、境内は藤袴で埋め尽くされています。「行願寺」は、山号を霊麀山(れいゆうさん)という天台宗の寺院で、革堂 (こうどう/かわどう)とも呼ばれ、西国第19番札所です。藤袴が飾られている理由は、以下に紹介する行願寺の歴史からです。平安 [続きを読む]
  • 荒神口から志賀越道へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の清荒神(護浄院)のあたりは、京の七口の一つ・荒神口といい、京都から近江に至る志賀越道(山中越)の出発点です。かっての面影を求めて、少しこの旧街道を歩いてみます。古くは吉田口、今道口、志賀道口ともいわれ、荒神口と呼ばれたのは慶長5年(1600)に清荒神ができてからです。(河原町通との交差点)「荒神橋」 江戸 [続きを読む]
  • 護浄院(清荒神) 勅願寺・観音霊場・七福神
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。荒神橋の西、荒神町にある護浄院に行ってきました。「護浄院(ごじょういん)」は天台宗延暦寺派の寺院で、古くから朝廷とのゆかりが深く、「清荒神(きよしこうじん)とも呼ばれています。このあたりの地名の由来となった寺院でもあります。奈良時代の宝亀2年(722)光仁天皇の皇子である開成皇子が仏門に入り、勝尾山(今の大阪府箕面市) [続きを読む]
  • 大将軍神社(東山三条) 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日西賀茂の大将軍神社を記事にしましたが、今日は東山三条(東大路通三条)にある大将軍神社です。東山三条の交差点から、西に2筋目の南に正面の鳥居があります。延暦13年(794)の平安京遷都の際、桓武天皇は大内裏鎮護のために都の四方に「大将軍」を祭神とする大将軍神社を置き、この神社は東の方角を守っています。特にこの地は、 [続きを読む]
  • 醍醐寺三宝院庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。今年の桜の頃に訪れた醍醐寺三宝院の庭園です。ずいぶん前のことで恐縮ですが、写真撮影がOKとなってから初めて訪れたので、いつかは紹介しなければと思っていました。「三宝院」は平安時代末の永久3年(1115)、醍醐寺第14世座主・勝覚僧正により創建されました。当初は密教の儀式を行う潅頂院として建てられ、金堂西側の一段低い場所にあ [続きを読む]
  • 浄住寺 洛西の古刹と萩の花
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の地蔵院から南に4、5分歩くと浄住寺があります。松尾大社から出発した洛西の寺社巡りの最後の目的地です。「浄住寺(じょうじゅうじ)」は、山号を葉室山という黄檗宗の寺院で、京都洛西観音霊場第三十番札所です。(参道の右手に黒竹が生えていました。)平安時代前期の弘仁年間(810-824)に、嵯峨天皇の勅願により慈覚大師 [続きを読む]
  • 地蔵院 細川頼之と竹の寺
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の鈴虫寺を後に、山裾の道をさらに南に7、8分歩くと地蔵院の参道が見えてきます。京都には地蔵院という名がつく寺院がいくつもありますが、こちらの地蔵院は「竹の寺」とも呼ばれています。鎌倉時代、この地には衣笠内大臣といわれた歌人の藤原家良(いえよし)(1192〜1264)が山荘を営んでました。南北朝時代の貞治6年(1367 [続きを読む]
  • 華厳寺(鈴虫寺)2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日の記事では、松尾大社から山沿いの道を南に歩いてきました。一昨日の最福寺跡から2,3分のところに鈴虫寺があります。「鈴虫寺は」、正式には「妙徳山 華厳寺」という臨済宗の禅寺です。山門脇にある「幸福地蔵」 救いの手を差し伸べに歩いて来るために、日本で唯一わらじを履いているそうです。一つだけお願いすれば叶えてくれる [続きを読む]
  • 中秋の名月 2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は中秋の名月でした。10月になるのは2009年以来のことだそうです。京都では雲も少なく、各地で月を見ながら様々な行事が行われました。今年はどこにも出かけていませんので、今までに訪れた行事からいくつかを紹介します。(上は昨日の自宅から)上賀茂神社「賀茂観月祭」 2007年参道横にある馬場殿で神事や演奏会があり、そのあと [続きを読む]
  • 谷ヶ堂 最福寺と延朗上人
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。月読神社を出て、さらに南に5、6分歩くと小さなお堂があります。手前の石標には「谷ヶ堂 最福寺開山 延朗上人旧跡地」とあります。奈良時代末期にはこの地に「松尾山寺」があり、平安時代後期の1159年「平治の乱」により焼失したといわれます。この戦は、平清盛と源義朝の対立が院の近臣らを巻き込み、伝説の武将・源頼政が平等院で平 [続きを読む]
  • 月読神社 壱岐の月神
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。松尾大社を後に、山沿いの道を南にしばらく行くと「月読(つくよみ)神社」があります。松尾大社の摂社となったのは明治時代になってからで、創建は松尾大社よりも古く、独自の歴史をたどった神社です。月読尊(つきよみのみこと)は、『古事記』や『日本書紀』の神話で、天照大神の兄弟神で、夜を司る神として登場します。しかしながら [続きを読む]
  • 松尾大社 三玲の庭を巡る
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の松尾大社の記事に続いて、重森三玲の庭「松風苑」を見て回りました。下の写真の奥にある拝観受付から右に入ります。松風苑は三つの庭園からなり、そのひとつ「曲水の庭」の入り口。重森三玲作の松風苑は、四国・吉野川産の青石(緑泥片岩)を200余個用い、昭和50年に完成した、昭和を代表する現代庭園といわれています。松尾大社は [続きを読む]
  • 松尾大社 だだ今遷宮中
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。久しぶりに松尾大社に行ってきました。一番東にある大鳥居(一の鳥居)、楼門、本殿などが修復工事中でした。伊勢神宮などで行われる式年遷宮(定期的に行われる遷宮)と違い、松尾大社の遷宮は不定期に行われ、今回は約50年ぶりだそうです。上の写真の二の鳥居の柱どうしを注連縄(しめなわ)で結び、榊の小枝を束ねたものが垂れ下って [続きを読む]
  • 高台寺の夕空とお月見情報
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日東山を訪れたとき空が晴れ渡っていたので、高台寺の駐車場で夕空を見ました。あまり説明することがないので、来週のお月見情報をお届けします。今年の中秋の名月は10月4日(水)で、その前後にいくつかの寺社で行事が行われます。以下はe-KYOTO(京都観光ボーダルサイト)の「観月のススメ」からの抜粋です。詳しくはこちらをご覧く [続きを読む]
  • 長楽寺 2017年9月
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の円山公園から南に出て、しばらく山の方(東)に行くと長楽寺があります。「長楽寺」は山号を黄台山(おうだいさん)という時宗の寺院で、洛陽三十三所観音霊場第7番札所です。下は大谷祖廟の北門の前から。平安時代初めの延歴24年(805)桓武天皇の勅命によって、伝教大師・最澄(767-822)を開基に、大師作の観世音菩薩を本 [続きを読む]
  • 円山公園 侍犬と猫車
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で下河原通を通って八坂神社の石鳥居まで来ました。そこから八坂神社の境内を通って円山公園に向かいます。西楼門は、明治時代前期に再建されて以来初めての本格修理が今年の4月に終わりました。この門が八坂神社の表門で、祇園祭の神輿など重要な祭列はここを通ります。正面にある下河原通は八坂神社の表参道ともいえますが、 [続きを読む]
  • 下河原通を歩く 北部
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の続きで、下河原通を八坂神社を目指して歩きます。上の写真で、昨日紹介した今井三弦店やむら田が見えます。「ひさご」 昭和5年創業で親子丼が人気です。麺類もおすすめで、夏はせいろそば(通年)、春秋冬はにしんそば(夏季の間休み)が自慢の一品だそうです。右は「ぎおん 森匠」 かって谷崎潤一郎が「花の宿」と呼んで、京都 [続きを読む]
  • 下河原通を歩く 南部
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。下河原通を北(八坂神社の方)に向かって歩きました。上は出発点の庚申堂、下は庚申堂の前から八坂の塔。庚申堂の前の通りは「八坂通」(夢見坂)で、最近観光客が増え、新しいお店もオープンして非常に賑わっています。八坂通と下河原通の角にある、京料理「修伯」、フランス料理を学んだ店長が伝統的な京料理に新風を吹き込みます。こ [続きを読む]
  • 勝念寺 萩振る舞いと身代わり蛙
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。「カワセミ」さんに教えていただいた伏見丹波橋の勝念寺に行ってきました。さほど大きくない境内いっぱいに萩が咲き乱れていました。「勝念寺」は正式名称を安養山 往生院 勝念寺と号する浄土宗知恩院末の寺院です。通称の「かましきさん」の方が知られています。山門の横に「天明義民柴屋伊兵衛墓所」の石標があります。天正10年(158 [続きを読む]
  • 常林寺(萩の寺)2017
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。秋らしくなってきたので、出町柳の常林寺(萩の寺)に行ってきました。常林寺は、山号を光明山、院号を摂取院という浄土宗の寺院です。秋には境内が萩の花で埋め尽くされ、「萩の寺」と呼ばれています。常林寺は、安土桃山時代の天正元年(1573)、念仏専修僧・魯道(ろどう)により寺町通荒神口に創建されました。その土地は豊臣秀吉の [続きを読む]
  • 檀王法林寺 だん王さんと主夜神
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の頂妙寺を出て、仁王門通を西に行くと川端通に出ます。三条大橋の近くです。川端通を南に行くとすぐ、檀王法林寺の門があります。「川端門」 有栖川音仁親王一族は主夜神尊への信仰があつく、江戸時代の明和3年(1766)本堂再建の際にこの門を寄進しました。赤門あるいは開運門とも呼ばれ、昭和49年(1974)に修復、京都市指 [続きを読む]