りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 御香宮神社 表門から御香水へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。久しぶりに御香宮神社を訪れました。上は大手筋通にある大鳥居、下の「表門」(重文)は元和8年(1622)、 徳川頼房(水戸黄門の父)が伏見城の大手門を拝領して寄進したものです。正面を飾る蟇股には中国二十四考の物語が彫られています。「御香宮神社」の詳しい創建年は不明ですが、当初は御諸(みもろ)神社と呼ばれていて、平安時代前期の8 [続きを読む]
  • 光福寺 六斎念仏と秀吉と勧進相撲
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。叡電出町柳駅の東北に光福寺があります。「光福寺」は、正式には干菜山(ほしなざん)斎教院安養殿光福寺という浄土宗知恩院派の寺院です。俗に「ほしな寺」とよばれ、先日の砂川の三軒寺が出ていた古地図にはこの名で記載されています。寺伝によると、鎌倉時代前期の寛元年間(1243〜47)に道空上人が西山安養谷(あんようがたに、長岡 [続きを読む]
  • 出町枡形商店街
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の砂川の三軒寺を後に、対岸にある出町のアーケード商店街に来ました。正確には東は河原町通、南は京都御苑、西は同支社大学に囲まれた「出町商店街」の中にある「出町枡形商店街」です。上は河原町通の入口。この枡形通は全長164mで、食料品店や衣料品店を中心に44店舗が軒を連ねます。右はお饅頭の「おた福屋」、左は大正時 [続きを読む]
  • 長徳寺と正定院と砂川
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の常林寺を出て、両隣の長徳寺と正定院を訪れました。これらの浄土宗の寺は、かって背後に砂川という小川が流れていたので、「砂川の三軒寺」と呼ばれたそうです。今回、「砂川」について少し分かったことがありますので後程。、「長徳寺」は、江戸時代初めの1605年、摂津・溝口領主の長谷川宗仁が万愚牛廊を開山に招いて創建し [続きを読む]
  • 常林寺 京の冬の旅で初公開
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。京の冬の旅で初公開されている常林寺に行ってきました。萩の寺として有名ですが、初めてお参りした本堂には貴重な仏像たちや美しい天井絵があり、公開に先立って行われた調査によって様々な事実が明らかになりました。「常林寺」は、安土桃山時代の天正元年(1573)、魯道上人を開山として寺町通荒神口付近に創建された浄土宗寺院です。 [続きを読む]
  • 天龍寺から嵐電嵐山駅へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。渡月橋・嵐山公園から始まった今回の散策の最後です。天龍寺の塔頭を巡って、総門の横の南芳院まで来ました。「南芳院(なんほういん)」の創建の経緯は不明で、室町時代中期(1491年)の文献にその名が現れます。当時は現在の塔頭・松巌寺の位置にありましたが、明治3年(1870)に廃絶、昭和48年(1973)頃に現在地に再建されました。下の3 [続きを読む]
  • 天龍寺 塔頭と七福神
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日までの記事で、渡月橋から大堰川北岸を遡って、宝厳院・嵐山羅漢まできました。その前の道を北に行くと直ぐに天龍寺の境内に入ります。「友雲庵」 ここでは、毎月第2日曜日に午前9時から坐禅会と午前10時から禅の講義である提唱が行なわれ、一般に開放され予約不要、無料で体験することができます。「法堂」 その名は説法堂という [続きを読む]
  • 嵐山羅漢と湯豆腐・嵯峨野
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の時雨殿の前の通りを北に行くと宝厳院があります。「宝厳院」は山号を大亀山という天龍寺の塔頭です。「獅子吼の庭」という借景回遊式庭園は花や紅葉で有名ですが、この日は拝観していませんでした。春の特別拝観は3月17日(土)〜6月30日(土)の期間です。塀の前に並んでいるのは羅漢像で、特に「嵐山羅漢」と呼ばれていま [続きを読む]
  • 大堰川北岸を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続き、渡月橋を北に渡って少し西(大堰川上流)の方に歩きます。かって大堰川にかかっていた橋は、平家を恐れて嵐山に隠れ住んだ小督を源仲国が琴の音をたよりに探し当てた故事にちなんで「琴きき橋」とよばれました。そのたもとの茶屋の名も「琴きき茶屋」、本家桜餅のお店だそうです。隣の車折神社頓宮の前に小さな「琴き [続きを読む]
  • 渡月橋から嵐山公園へ 2018冬
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日嵐山に行ってきました。今回はいつもは見落としがちな史跡を見ながら歩きました。*手違いがあって記事の更新が遅れました。渡月橋北詰のレンタサイクル屋さんの横に鳥居があります。その路地の奥に「大井神社」があり、駒札によると、大堰川の守り神、商売繁盛の神として古来住民の信仰が厚く、秦氏や角倉了以も帰依したとのことです [続きを読む]
  • 福王子神社 班子女王と氷室
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の西向寺を出て、久しぶりに福王子神社を訪れました。周山街道の福王子交差点を見下ろす場所にある神社は、夕日に照らされて赤く染まっていました。平安時代前期の900年、光孝天皇の后で、宇多天皇の母・班子(はんし)女王が亡くなり、その陵墓の地に女王を祀る神社として創建されたといわれます。神社名は班子女王が多くの皇 [続きを読む]
  • 西向寺 紫野東蓮台の浄土宗寺院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。千本通の北にある佛教大学の前、北大路通と今宮通に囲まれた場所に西向(さいこう)寺という寺があります。「西向寺」は幸阿弥谷と号する浄土宗知恩院派の寺院です。江戸時代初期の寛永年間(1624-1644)に、清誉浄顕(せいよじょうけん)上人が西向庵という草庵をこの地に創建して、念仏弘通(ぐつう、布教)の道場としたのが西向寺の始 [続きを読む]
  • 玄武神社 北方の守護神と惟喬親王
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の堀川通(紫野)にある島津製作所の西に玄武神社があります。後ろにあるのは2001年に建てられた「パークシティ北大路」で、総戸数225戸の分譲マンションです。「玄武神社」は、平安時代の元慶年間(877-885)、大宮郷の星野市正茂光(ほしのいちのかみしげみつ)が、不運な生涯を送っていた惟喬(これたか)親王の怨霊を鎮め、 [続きを読む]
  • 堀川通を歩く 上御霊遺前通から紫明通へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日と一昨日の記事で小川通と上御霊前通の交差点まで来ました。そこから西に行くと天神公園(扇町児童公園)と水火天満宮があり(上の写真)先日記事にしました。今日はそこから堀川通を北に歩きます。この公園のあたりに、9世紀初め壇林皇后(786-850、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子)が病人・貧窮者・孤児を救済するために「悲田院」を建 [続きを読む]
  • 本法寺 日親と本阿弥家
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の小川通に面して本法寺の仁王門があります。江戸時代に建立され、両脇に那羅延(ならえん)金剛、密遮(みっしゃく)金剛の金剛力士像が安置され、宝鏡寺宮筆の玄額「叡昌山」がかかっています(京都府有形文化財)。「本法寺」は、山号を叡昌山(えいしょうざん)という日蓮宗京都16本山の一つです。仁王門を入ると右手に「大魔 [続きを読む]
  • 歴史的町並みの小川通を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日寺之内通から堀川通を歩いたときに、応仁の乱(1467-77)の戦場となった百々(とど)橋の礎石がある公園を通りました。そこに流れていた「小川(こかわ)」は、天下人となった豊臣秀吉の都市改造により埋め立てられ、小川(おがわ)通になりました。この通りは風雅な歴史的町並みが残る通りとして、平成24年度から京都市による整備事 [続きを読む]
  • 積善院 人喰い地蔵と恋情塚
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の聖護院の大護摩供の後、隣にある塔頭・積善院を訪れました。「積善院」は「積善院凖提堂」とも呼ばれる聖護院の塔頭寺院です。「積善院」は鎌倉時代の1200年頃に聖護院の別院として現在の熊野神社の北西に創建され、本山を補佐して諸法務をおこなう筆頭寺院・院家(いんげ)でした。一方、「準提堂」は江戸時代に熊野神社の [続きを読む]
  • 聖護院 採燈大護摩供
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の須賀神社へ訪れる前に、聖護院で行われた「節分会厄除け採燈大護摩供」を見てきました。「聖護院」は本山修験宗の総本山で、皇室とゆかりが深く、圓満院、実相院とともに寺門派(三井寺)三門跡の一つに数えられています。この記事は編集中です。お帰りの前に、ブログランキングの応援の ↓をお願いします(一日一回有 [続きを読む]
  • 須賀神社 節分祭と懸想文売り
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は須賀神社・交通神社の節分祭に行ってきました。鳥居の前の春日北通は丸太町通の一筋北にあり、金戒光明寺の西門に至ります。この日は聖護院でも節分会、大護摩会があり、いつになく通りは賑わっていました。須賀神社は平安時代初期の869年に建立され、この地域(聖護院)一帯の産土神(うぶすながみ)として信仰されてきました。創祀当 [続きを読む]
  • 吉田神社 節分祭(追儺式)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨晩吉田神社で行われた節分祭(追儺式)に行ってきました。追儺式(ついなしき)は、「鬼やらい」とも呼ばれ、節分の豆まきの原型となった儀式です。吉田参道に鬼が出ていました。吉田神社の追儺式は、平安時代初期から毎年宮中で行われていたものを、古式に則って伝承・継承されており、古の趣を現在に伝える数少ない神事の一つといえ [続きを読む]
  • 水火天満宮 最初の天満宮
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて、堀川通をすこし北に行くと「水火(すいか)天満宮」ののぼりと鳥居が見えてきます。平安時代の923年醍醐天皇の勅願により、都の水害・火災を鎮めるために、延暦寺の法性坊尊意僧正によって菅原道真の神霊を勧請したのが始まりです。尊意僧正は天台座主で道真の師でもあり、当初は西陣下り松の地の僧正の別邸に祀られ [続きを読む]
  • 寺之内通から堀川通を歩く
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の妙顕寺を後に、門前の寺之内通を堀川通の方に歩くと公園のような一角があります。看板には「小(こ)川と百々(とど)橋の礎石」と書いてあります。応仁の乱(1467-77)の戦場として歴史に名をとどめる百々橋の礎石の一つが置いてあります。百々橋は当地を南北に流れていた小川に架かっていた橋(長さ約7.4m、幅約4m)で、 [続きを読む]
  • 妙顕寺 京都最初の日蓮宗寺院(勅願寺)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の妙覺寺を出て少し南に歩くと妙顕寺があります。「妙顕寺(みょうけんじ)」は、山号を貝足山、院号を龍華院という日蓮宗の大本山の一つです。創建は妙覺寺より古く、京都の日蓮宗最初の寺院で布教の中心となりました。「大門」には「門下唯一勅願寺」の看板がかかっています。鎌倉時代の中頃、日蓮宗の開祖・日蓮聖人の遺命 [続きを読む]
  • 妙覺寺 特別公開の狩野派の菩提寺
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。京の冬の旅で特別公開されている妙覺寺を訪れました。「妙覺寺 (みょうかくじ)」は、北竜華(きたりゅうげ)具足山と号ずる京都日蓮宗三具山および京都十六本山の一つで、上京区新町通鞍馬口下る下清蔵口町にあります。寺伝によると、この「大門は豊臣秀吉が天正18年(1590)に建てた聚楽第の裏門であったものを、寛文3年(1663)に移築し [続きを読む]
  • 美山雪灯廊 2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて、夕方から行われた「美山かやぶきの里 雪灯廊」を見物しました。山裾から田んぼを横切ってバス停の方に向かうと、あぜ道には大勢の方が雪灯籠を作っていました。バス停前のお食事処「きたむら」の横に「あったか屋台」という屋台村ができています。そこで一服したので、少し暗くなりました。美山の「雪灯廊」は1月27 [続きを読む]