りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 糺の森と河合神社 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日下鴨神社の遅い紅葉を記事にしましたが、その時、糺の森の馬場と河合神社にも行ってきました。こちらは晩秋のような雰囲気がしたので、記事にするのが後廻しになりました。下は下鴨神社の表参道との間にある「あけ橋」。馬場の橋(北)に来ると、観光バスが何台も停まっていました。市内では最も遅いといわれる紅葉が目当てのツアー [続きを読む]
  • 梅小路公園・朱雀の庭 ライトアップ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。少し前になりますが、「梅小路公園 紅葉まつり」に行ってきました。駐車場から会場の朱雀の庭に行く途中にも紅葉がありました。受付は「京野菜レストラン梅小路公園」の2階にあります。今年の紅葉まつりは12月3日(日)で終了しましたが、まだ楓は緑や黄色の葉もあり、もうしばらくは見頃が続いたようです。朱雀の庭は中央の池の周囲に [続きを読む]
  • 清凉寺 秋の夕暮れ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日の記事の二尊院を出たときには既に午後4時半を過ぎていたので、帰り道にある清凉寺に寄って帰宅することにしました。清凉寺の西に「夕ぎり大夫遺跡」の石碑があります。江戸時代の名妓といわれた初代・夕霧太夫は嵯峨野に生まれ、扇屋の太夫となり、その美貌と秀でた諸芸で人気を集めました。後に扇屋が大阪に移転し、太夫はそこで病 [続きを読む]
  • しょうざんリゾート 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事のしょうざん北庭園を出て、「しょうざんリゾート」のいろいろな施設を見ながら南に向かいます。昨日入った西門近くの駐車場、向うは鷹ヶ峰。東の方の建物の1階は工芸館で、しょうざんブランドの小物、オリジナルの光悦梅、京都の工芸品などがあります。上階は会員制リゾートホテルの「東急ハーヴェストクラブ京都鷹峯&VIALA [続きを読む]
  • しょうざん北庭園 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日の記事の光悦寺を出た後、最後の目的地、しょうざんリゾートに向かいました。今日はその北部にあるしょうざん北庭園です。光悦寺の傍にある「光悦茶家(ちゃや)」 京野菜の辛味大根を使ったおろしそば(秋から冬の季節限定)、鷹峰のねぎを使った鴨そば、季節のお菓子と抹茶、ぜんざいなどがあります。四季育む宿として知られる「 [続きを読む]
  • 岩戸落葉神社 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日の記事の高山寺を訪れた後、岩戸落葉神社に向かいました。栂ノ尾からJRバスに乗って約30分近く、小野郷で降りると通りの向こうに神社が見えています。神社への参道の途中に「岩戸落葉神社 氏子会館」があります。市街地の大神社でも見かけないほど立派な建物です。「岩戸落葉神社」の創建年代は不詳ですが、その前身の二つの神社は [続きを読む]
  • 二尊院 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の落柿舎と去来の墓を過ぎると、すぐに二尊院の山門前です。「二尊院」は、正式には小倉山二尊教院華台寺(けだいじ)という天台宗の寺院です。二尊院の名は、本尊の「釈迦如来」と「阿弥陀如来」の二つの如来像に由来します。平安時代初期の承和年間(834-848)に嵯峨天皇の勅願により、慈覚大師・円仁が華台寺を建立したの [続きを読む]
  • 下鴨神社 遅い紅葉
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の夕方下鴨神社に行ってきました。京都で一番遅いともいわれているとおり、表参道の紅葉はまだ見頃?でした。表参道の南の両側は、「J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜」です。世界遺産の境内にマンション建設と反対の声が上がりましたが、現在は建物が完成して優先案内会(予約制)を開催中だそうです。表参道から社殿の方に向かいます。 [続きを読む]
  • 落柿舎と去来の墓
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日の記事の常寂光寺を出ると、すぐ落柿舎の前の広場に出ます。ここは風致地区(第一種)に指定され、昔ながらの景観を保存するため京都市が生産緑地として買い取り、周辺の電線類も地下に隠されている場所です。以前は「小倉大納言 実験農場」という説明板があり、その後農家に委託して何かを栽培していたようですが、この日は何も植え [続きを読む]
  • 栂尾・高山寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて高山寺を訪れました。下は周山街道に面した表参道の入口。「高山寺」は山号を栂尾山(とがのおさん)という、真言宗の単立寺院です。高山寺の歴史は古く、奈良時代後期の774年、光仁天皇の勅願により、慶俊らを開創として創建されました。当初は、神願寺都賀尾(じんがんじとがのお)坊と称し華厳宗の寺院でした。平安時 [続きを読む]
  • 周山街道を栂尾へ 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日訪れた高雄方面では、神護寺と西明寺までを記事にしました。ちょっと前のこと(11月中旬)ですが、新しい発見もあったのでその後を記事にすることにしました。上の写真は西明寺の指月橋のたもとにある「指月亭」、清滝川に面したお座敷で、季節の山菜や川魚を用いた料理がいただけます。ここから高山寺方面に行くには少し坂を上りま [続きを読む]
  • 常寂光寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事では嵯峨野の竹林の道を歩いて常寂光寺の前まで来ました(11月25日)。「常寂光寺」は、山号を小倉山という日蓮宗の寺です。「花の寺」あるいは境内を囲む「塀のない寺」としても知られています。昨日(11月30日)の常寂光寺のHPによると、「本日の風でモミジが散りだしました。仁王門の北側庭園のモミジ林と多宝塔南側、本堂 [続きを読む]
  • 野宮神社から小倉池へ 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の天龍寺を出て、嵯峨野の竹林の道を小倉池を目指して歩きました。北門から出て、少し戻って野宮神社に寄ると、黒木の鳥居の前は大混雑でした。「本殿」 祭神として天照大神を祀り、縁結び、子宝、安産のご利益があるとされています。本殿の横に苔庭といつくかの末社があります。ここに来る人はほとんどいません。苔庭は嵐 [続きを読む]
  • 鷹峰・光悦寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。鷹峰の常照寺と源光庵を後に、光悦寺を訪れました(11月21日)。「光悦寺」は山号を大虚山(たいきょさん)という日蓮宗の寺院です。江戸時代初期の元和元年(1615)、本阿弥光悦(1558-1637)が徳川家康から与えられた地に草庵を結び、法華題目堂を建てました。当時この地は京の七口の一つ長坂口で通行の要衝でしたが、「辻斬り追い剥ぎ [続きを読む]
  • 天龍寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事は夕方の渡月橋でしたが、その二日後(11月25日)に改めて嵐山・嵯峨野を訪れました。この日は休日だったので、下の総門付近はかなりの混雑でした。「天龍寺」は室町時代の暦応2年(1339)に足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、夢窓疎石を開山として創建したのが始まりです。(総門を入って左にある南の参道を歩きました。 [続きを読む]
  • 渡月橋 秋の夕景
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の大悲閣を後に、同じ道を渡月橋まで戻りました。まだ4時過ぎでしたが、次第に暗くなってきました。・渡月橋が見えてきました。保津川下りの船頭さん「星のや京都」の送迎船、何度も往復していました。ボート乗り場雨は降っていないのですが虹が・・・渡月小橋の上から渡月橋から・橋を渡り、左岸を少し歩きます。コーヒー専門 [続きを読む]
  • 大悲閣 嵐山の天空の寺院
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。保津峡の山の中腹にある大悲閣に行ってきました。登ったのは11月23日のことですが、上の写真は昨日の亀山公園から見た大悲閣です(最後に嵐山の紅葉情報があります)。渡月橋の南から大堰川の右岸を遡ります。渡月橋の上は大変な混雑です。この川が淀川に合流するまでの正式名称は「桂川」ですが、流れに沿って様々に呼び名が変わります [続きを読む]
  • 鷹峰・源光庵 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事の鷹峰・常照寺を後に、源光庵を訪れました(11月21日)。それらの前の通りは鷹峯街道で、市内北部から丹波国・旧京北町方面へ行く最短ルートで、かっては鯖街道の一つでした。「源光庵」は、山号を鷹峰山、正式名称を鷹峰山寶樹林源光庵という曹洞宗の寺院で、「復古禅林」ともよばれています。室町時代の貞和2年(1346)大 [続きを読む]
  • 嵐山・法輪寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は渡月橋のあたりに行ってきました。高雄や鷹峰の続きもまだあるのですが、とりあえず最新の紅葉情報をかねて法輪寺を紹介します。上と下は山門。6世紀後半、中国から渡来した秦氏一族は、当初の拠点・深草からこの地に移住し、農耕、機織、酒造などの産業を発展させました。 秦氏は、それ以前から祀られていた葛野井宮を一族を守護 [続きを読む]
  • 鷹峰・常照寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。鷹峰にある三つの寺に行ってきました。今日はそのうち一番東にある常照寺です。上は「吉野門」 島原の吉野太夫の寄進により建立され、1917年に再建されました。「常照(じょうしょう)寺」は山号を寂光山という日蓮宗総本山身延山久遠寺の直末です。直末(じきまつ)とは、本山直轄の末寺のことで、末寺では最上位に位置します。元和元 [続きを読む]
  • 琵琶湖疏水 秋の夕景
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。永観堂からの帰り道、南禅寺橋まで行って琵琶湖疏水沿いに東大路まで歩きました。もう陽が沈んでいて少し薄暗くなっています。上は橋の上から南禅寺船溜り、下はインクラインの方。少し歩いて振り返ると、「琵琶湖疏水記念館」。道路(仁王門通)の向こうには、無鄰菴(左)と瓢亭(右)「岡崎ループ」 懐かしい市電のラッピング(塗装 [続きを読む]
  • 紅葉の永観堂 後編 境内にて
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。永観堂の紅葉の後編です。昨日の記事では拝観順路に従って阿弥陀堂から境内に下りました。石段を下りて阿弥陀堂の方を振り返って。石段は一方通行で下から上ることはできないようになっています。石段の下にある「やすらぎ観音」は石仏彫刻家・長岡和慶(わけい)師の作品です。寺院の御堂に安置される仏像とは異なり、石仏は風雪にさら [続きを読む]
  • 紅葉の永観堂 前編 お堂の中から
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。高雄方面の記事はまだ続きますが、今日は昨日訪れた永観堂のお堂の中からの紅葉にします。京都の紅葉は、1週間ほど前に山沿いから「見頃」が始まり、現在平野部で「色づき始め」から「見頃」に変わりつつあります。「永観堂」は、正式名称を禅林寺という浄土宗西山禅林寺派の総本山です。総門は大変な混雑でした。平安時代(853年)に空 [続きを読む]
  • 西明寺 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。神護寺を出て、清滝川沿いの道を上流に向かって歩きます。この道は京都一周トレイルのコースにもなっています。途中の山肌は緑から赤まで様々に彩られ、街中の紅葉とは違う美しさです。しばらくすると西明寺の裏参道へ渡る橋があります。この参道は舗装されていて車道にもなっていますが、急な登りでお勧めできません。また愛宕神社に行 [続きを読む]
  • 神護寺 後編 2017秋
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で和気清麻呂の墓にお参りしたおかげで、神護寺の大事な建物をまだ訪れていませんでした。実は拝観受付の方が「地蔵院がお勧めです」とおっしゃっていたので、ちょっと楽しみです。*うっかりしていて、記事の公開が遅れてしまいました。楼門からの参道の突き当りに「五大堂」があります。平安時代の天長年間(824-834)に淳和天 [続きを読む]