りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 建仁寺 庭園と法堂2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。建仁寺塔頭の両足院を出て、本坊の庭園と法堂の拝観をしました。「建仁寺」は鎌倉時代前期の建仁2年(1202)将軍・源頼家が寺域を寄進し、栄西禅師を開山として宋国の百丈山を模して建立されました。元号を寺号とし、山号を東山(とうざん)と称します。(拝観受付は庫裡にあります。)創建時は天台・密教・禅の三宗兼学の道場でした。そ [続きを読む]
  • 両足院 半夏生の庭2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて、建仁寺の北門をくぐり両足院(りょうそくいん)を訪れました。通常は非公開ですが、5月25日から7月12日の期間、初夏の特別拝観をしています。建仁寺の境内の東にある塀で囲まれた高台に塔頭が並んでいますが、そのうち毘沙門天の門が拝観の入り口です。「両足院」は、鎌倉時代の龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師を [続きを読む]
  • 小雨の花見小路 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、建仁寺に行ってきました。今日は、河原町通りから花見小路を通って建仁寺の北門までです。「祇園一力亭」 創業300年の祇園の中でも最も由緒のある「お茶屋」です。元々の屋号は「万亭」でしたが、「仮名手本忠臣蔵」で幕府にはばかって万の字を二つに分けて「一力」の名で登場しました。この [続きを読む]
  • 大将軍神社(東山区) 稲荷社再建中
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。少し前ですが、東山三条にある大将軍神社を訪れました。昨年10月の台風で被害にあって現在再建中ということで気になっていました。東大路から一筋西の通りを南に入ると鳥居があり(上)、下は鳥居の横にある「絵馬堂」。延暦13年(794)の平安京遷都の際、桓武天皇は大内裏鎮護のために都の四方に「大将軍」を祭神とする大将軍神社を置き [続きを読む]
  • 粟田神社 真実の創建由緒
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で粟田神社の末社・鍛冶神社を訪れましたが、改めて旧東海道に面する鳥居から。粟田神社は京都の東の出入口の粟田口に鎮座し、古来から東山道・東海道を行き来する人々が旅の安全を願い、また道中の無事を感謝して当社にお参りをして、いつしか旅立ち守護の神として知られるようになったそうです。社伝によると、平安時代前期 [続きを読む]
  • 三条小鍛冶の旧跡を訪ねて
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。今日は平安時代の刀匠・三条小鍛冶の旧跡をたどり、粟田口にある三つの寺社を訪ねます。最初は、昨日の記事の最後に出てきた佛光寺本廟です。山門付近では、足の不自由な方が乗るリフトの整備や「お茶所」新設の工事を行っています。佛光寺は真宗佛光寺派の本山で、鎌倉時代前期の建暦2年(1212)越後に流罪になっていた親鸞聖人が一時帰 [続きを読む]
  • 三条通を歩く 東大路通から東へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の金剛寺は東山三条の東にありますが、昨日あらためて三条通を東に歩きました。以下では一部数日前の写真も混じっています。上の写真は和紙の専門店「書楽」。東大路通からすぐに古川町通を横切り、こちら(南)側は古川町商店街になっています。「大西漆器店」 寛政元年(1789)創業の漆器の老舗です。古くは、御所出入りの [続きを読む]
  • 金剛寺(東山三条)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の満足稲荷神社を出て、東山三条の交差点から東に歩きました。しばらく歩くと、左手に金剛寺があります。天台宗の八坂庚申堂の正式名称も金剛寺ですが、こちらは山号を一切経山という浄土宗の寺院です。金剛寺の創建は古く、奈良時代の天平年間(729-749)に行基(ぎょうき)が東岩倉山の一切経谷に創建した阿弥陀堂が起源とされ、 [続きを読む]
  • 満足稲荷神社 2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東山仁王門にある満足稲荷神社に行ってきました。東大路通の仁王門のバス停前に二の鳥居があり、左は「鎮守の森」だそうです(上)。下は南にある一の鳥居で、正式な入口はこちらです。「満足稲荷神社」は、安土桃山時代の文禄年間(1592-1596)、豊臣秀吉が伏見桃山城の守護神として伏見稲荷大社の祭神を勧請したのが始まりとされます。 [続きを読む]
  • 柳の白川を歩く 三条通から知恩院古門まで
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日に続いて三条通から白川沿いの道を下ります。向う岸にあるのは賃貸マンション「ビッグウィーク京都」で、「三条白川橋」のこちら側に道標(道しるべ)があります。京都に現存する最古の道標(江戸時代前期の1678年建立)で、東側には「是よりひだり   ちおんゐん ぎおん きよ水みち」と刻んであります。京都市の史跡に指定され [続きを読む]
  • 白川を歩く 仁王門通から三条通へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の無鄰菴を出て、仁王門通から白川沿いの道を南に歩きました。「白川」は滋賀県と京都府の境界付近の東山を源として、吉田山の東を流れて南禅寺船溜で琵琶湖疏水に合流します。そして神宮寺道の下流で琵琶湖疏水と分かれ南に流れていきます。右は「パークハウス京都岡崎 有楽荘」 平成17年に竣工した高級賃貸マンションです [続きを読む]
  • 無鄰菴 南禅寺界隈別荘群の先駆け
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の金地院を出て、無鄰菴(むりんあん)を訪れました。インクラインの上にかかる南禅寺橋を渡ると、二つの道路に挟まれた無鄰菴の敷地が見えてきます。右は疏水沿いの仁王門通、左は瓢亭の前の通りです。「無鄰菴」は、明治・大正の政治家・山縣有朋が、明治27年(1896)から29年にかけて造営した別荘です。下はパンフレットの [続きを読む]
  • 金地院 以心崇伝と東照宮・名勝庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。本格的な雨が降る前にと、金地院に行ってきました。「金地院」は、室町時代の応永年間(1400年頃)室町幕府第4代将軍・足利義持が、南禅寺68世大業徳基(だいごうとくき)を迎えて北山に創建したのが始まりです。江戸時代初めの慶長10年(1605)に南禅寺270世以心崇伝(いしんすうでん)により再興され、現在地に移築されました。(正面は [続きを読む]
  • 裏寺町通 後編(南部の繁華街)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて裏寺町通の後編(南部)です。こちらにもお寺が並んでいますが、南に行くにしたがってお店や飲食店が増えてきます。「常楽寺」 安土桃山時代創建と伝えられる浄土宗西山深草派の寺院で、山号を雲松山、洛陽四十八願寺の第30番札所になっています。この地で2回火災に遭っていますが、墓地には土佐藩士の麻田時太郎の墓 [続きを読む]
  • 裏寺町通 前編(北部の寺街)
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。河原町通(西の歩道)を三条から南に歩くと六角通に出会い、角にペットショップの「P's-first」があります。店名はペット・ファーストという意味だそうです。河原町通から六角通を西に行くと、最初に出会う通りが裏寺町通です。向うに新京極通のアーケードが見えます。「裏寺町通」は六角通の北から四条通までの比較的短い通りで、豊臣秀 [続きを読む]
  • 吉利倶八幡宮 鎮護国家の霊場
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の勧修寺を出て南に行くと、通り(府道35号)に面して吉利倶(きりく)八幡宮の一の鳥居があり(上の写真)、さらに南に行くと二の鳥居があります。「吉利倶八幡宮」の創建は古く、平安時代前期の文徳天皇の時代(853年)、鎮護国家の霊場として社殿が建造されて八幡が勧請されたといわれています。正式名称は単に「八幡宮」で [続きを読む]
  • 勧修寺 氷室池と花菖蒲
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。雨も止んで花菖蒲が見頃とのことで、昨日勧修寺に行ってきました。上の写真の長い築地塀には格式を示す5本の定規線が入っています。向かいの桜の若木がかなり大きくなってきました。「勧修寺(かじゅうじ)」は、山科・来栖野(くるすの)にあり、山号を亀甲山という真言宗山階(やましな)派の大本山です。上の山門を入ると「大玄関」が [続きを読む]
  • 瑞泉寺 豊臣秀次一族の悲劇
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。木屋町三条下るにある瑞泉寺を訪れました。「瑞泉寺」は山号を慈舟山という浄土宗西山禅林寺派の寺院で、豊臣秀吉の甥・秀次とその一族を弔うために建立されました。天下を統一した豊臣秀吉は実子に恵まれず、姉の子の秀次を養子にして、関白太政大臣と豊臣家の家督を譲りました。(山門を入ると右手に「大日如来」の石仏が祀られていま [続きを読む]
  • 熊野神社衣笠分社と西大路七福社
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。先日、熊野神社衣笠分社を訪れました。西大路通に面して衣笠小学校があり、その向かいの通りを西に行くと、途中に「二條天皇 香陵寺陵」があります。二條天皇は後白河天皇の長男でしたが生母の急死により祖父に育てられ、即位後は絶大な権力を持つ後白河上皇に対抗しました。藤原伊通や平清盛の後ろ盾もあり、後白河上皇の院政を停止さ [続きを読む]
  • 東福寺 通天橋と開山堂2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東福寺の本坊庭園を見た後、もう一つの拝観場所の通天橋に入りました。方丈の横にある拝観受付を過ぎると直ぐに橋廊に入ります。「通天橋」 南北朝時代の1380年、普明国師(春屋妙葩、しゅんおくみょうは)が、三ノ橋川の対岸に渡るために架け、通天と名づけたといいます。(右は三笠宮崇仁親王夫妻、左は高松宮宣仁親王夫妻の記念植樹 [続きを読む]
  • 東福寺 初夏の本坊庭園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東福寺の伽藍を巡り、方丈の庭園を見るために庫裏に向かいました。当初は“東福寺方丈「八相の庭」”という名称でしたが、2014年に国指定名勝に登録されたのを期に、「国指定名勝 東福寺本坊庭園」と改められました。方丈は禅宗寺院における僧侶の住居で、後には相見(応接)の間の役割が強くなりました。東福寺の方丈は、明治14年(1881 [続きを読む]
  • 東福寺 大伽藍と創建の歴史
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。新緑とサツキが見頃とのことで、東福寺に行ってきました。「東福寺」は、臨済宗東福寺派の本山で、鎌倉時代の建長7年(1255)摂政・九條道家が聖一(しょういち)国師を開山として祖父・兼実(かねざね)の菩提寺を建立したのが始まりです。「月下門」 文永6年(1268)の開山堂(常楽庵)創建時に亀山天皇が下賜されたと伝わります。現 [続きを読む]
  • 船岡山 史跡めぐり
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。建勲神社の社殿を後に、船岡山の史跡を見て歩きました。その前に、建勲神社の末社を紹介します。いずれも神社の創建以前から鎮座しています。表参道の大きな石標「大平和敬神」の横に鳥居があり、その奥に、「義照稲荷神社」 奈良時代の709年、この地に勢力があった秦氏が創祀した祖先神が始まりとされます。秦氏は五穀豊饒織物工芸の稲 [続きを読む]
  • 建勲神社 織田信長と明治政府
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。船岡山にある建勲神社に行ってきました。正式には「たけいさお」神社だそうですが、宮司さんも「けんくん」神社とおっしゃり、バス停も「けんくん」神社前です。「建勲神社」は、天下を統一した織田信長の偉勲を称えて、明治2年(1869)に明治天皇が織田信長を祀る健織田社(たけしおりたのやしろ)の創建を決定したのが始まりです。下は建 [続きを読む]
  • 金福寺 芭蕉と蕪村とたか女 2018
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の八大神社を出て、金福寺を訪れました。「金福寺」は平安時代の864年、円仁(慈覚大師)の遺志を継ぎ、安恵(あんね)僧都が創建したとされ、当初は天台宗の寺でした。石段の上に山門があります。鎌倉時代から室町時代にかけて荒廃しましたが、江戸時代の前期に圓光寺の鉄舟和尚により再興され、以後臨済宗南禅寺派に属しまし [続きを読む]