りせ さん プロフィール

  •  
りせさん: 京都を歩くアルバム
ハンドル名りせ さん
ブログタイトル京都を歩くアルバム
ブログURLhttp://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/
サイト紹介文季節とともに移り変わる京都の風景や行事を絵画のように切り撮っています。2006年1月から毎日更新中
自由文YouTubeの「京都の四季」も作っています。ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/02/19 00:25

りせ さんのブログ記事

  • 来迎院 2018紅葉
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。三千院を出て、参道の石段を下ります。下に見える「一福茶屋」の前から左に曲がり、呂川に沿って歩きます。左には三千院の塀が続きます。昨日の記事に出てきた「朱雀門」「勝手神社」 三千院、来迎院、勝林院など魚山の寺院や声明道の守護神として崇敬されてきました。三千院の寺伝によると、平安時代後期の1125年、良忍上人が大和多武 [続きを読む]
  • 三千院 観音堂からおさな六地蔵へ 2018紅葉
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。三千院の庭園・有清園の南からさらに坂道を上ります。分かれ道の間に京の七福神の一つ「妙音福寿大弁財天」と「宇賀神」が祀られています。宇賀神と弁財天は神仏習合によってより功徳を増すといわれ、宇賀神は下の檻の中に蛇の姿をしています。TOPの写真の右の石段を上ると、山の斜面に4段に造られた境内の3段目の広場に着きます。「金色 [続きを読む]
  • 三千院 二つの庭園 2018紅葉
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。宝泉院を出て、三千院の「御殿門」まで戻ってきました。堅牢な城門のような造りと高い石垣は、かっての門跡寺院をしのばせる風格があります。「三千院」は山号を魚山(ぎょざん)という天台宗の寺院ですが、三千院は明治になってからの名称です。三千院は、奈良時代の延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東塔に築いた円融房(えん [続きを読む]
  • 宝泉院 2018紅葉
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。大原に行ってきました。今年の10月3日にも訪れて実光院と勝林院を記事にしましたが、今度はそれら以外の寺院を訪れました。上は三千院門前通り、下は坂道参道の途中にある「志ば久」の見晴らし台(しそ畑)です。新しい紫蘇が植えられていました。三千院の石段、この上がTOPの写真の三千院門前通りです。芹生茶屋の前に若菜屋さんの出店 [続きを読む]
  • 夜の八坂神社と舞殿結婚式
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。帰宅途中に夜の八坂神社に立ち寄りました。かなりの混雑ですが、この日は特に行事はないようです。西楼門からの参道には屋台が出ています。特に説明することがないので、これから年末にかけての八坂神社の行事の日程紹介します。商売の神さまの「蛭子社」、大阪の今宮戎神社は八坂神社の氏子が今宮に移り住んだとき、祇園のえびすをその [続きを読む]
  • 東寺 秋の五重塔
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて、東寺の拝観エリアに入りました(上の写真)。下図の薄い緑と茶色の部分です。拝観入り口を入ると、左に大きな八重紅枝垂桜があります。高さが13mもあり、弘法大師の「不二のおしえ」にちなんで、「不二桜」と呼ばれています。池の西の道を通って五重塔の方に行きます。このあたりの落葉樹は紅葉していますが、カエ [続きを読む]
  • 東寺 秋の境内を巡る
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。東寺に行ってきました。上は「南大門」(重文)で、蓮華王院(三十三間堂)の西門を移築したもので、安土桃山時代の慶長年間(1596-1615)の建立です。国内最大の八脚門です。。「東寺」は、教王護国寺ともいい、平安遷都(794年)とともに創建された官寺で、その後弘法大師・空海に託され、日本ではじめての密教寺院となりました。以後の歴 [続きを読む]
  • 秋の琵琶湖疏水4 インクラインと蹴上疏水公園
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で疏水を遡って南禅寺船溜まで来ました。そこからインクラインを上り、上の船溜と公園に向かいます。「南禅寺橋」の下をくぐります。琵琶湖疏水の舟運以外の目的のためには、琵琶湖からの水をできるだけ高い位置に導く必要があり、大津市三保ヶ崎と蹴上をトンネルと水路で結ぶことになりました。そして、舟運のためには落差の [続きを読む]
  • 秋の琵琶湖疏水3 南禅寺船溜へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事で琵琶湖疏水を遡って仁王門通まで来ました。ここから先は仁王門通に沿って東西の流れになります(下は「みやこめっせ」)。*記事の最後のお願いをよろしく。琵琶湖疏水は京都の近代化に大きく貢献した大土木事業でしたが、今日はその工事が行われるまでの経緯を紹介します。かっては、琵琶湖を利用して北陸地方から運んでき [続きを読む]
  • 秋の琵琶湖疏水2 冷泉通から仁王門通へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日に続いて琵琶湖疏水を遡ります。上は冷泉橋から南の方、下は疏水沿いの散策路で、このあたりの桜はまだ紅葉していない木もありました。*記事の最後にある「お願い」をよろしく。右を走る南北の道路は、冷泉通から仁王門通までの短い区間で名前は分かりません。「ロームシアター京都」(旧京都会館) 「京都会館」は1960年に全国に [続きを読む]
  • 秋の琵琶湖疏水1 冷泉通に沿って 
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事に続いて、鴨川から琵琶湖疏水を遡りました。上の写真の右は冷泉放水口の施設で、疏水が増水したときにはここから鴨川に放流します(鴨川出合)。下の写真で琵琶湖疏水は南に向きを変え、「鴨川運河」ともよばれ伏見まで続きます。南禅寺船溜から鴨川出合までの琵琶湖疏水は「鴨東運河」とも呼ばれます。運河の名は、かって [続きを読む]
  • 相国寺 開山堂の紅葉色づき始める
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。桜紅葉の記事はまだ続きますが、今日は一休みして相国寺の秋の特別拝観です。9月25日(火)〜12月15日(土)の期間、法堂、方丈、開山堂が公開されています。相国寺は14世紀末、室町幕府三代将軍の足利義満により創建され、その後幾度も焼失と復興の歴史を繰り返しました。拝観受付は法堂と方丈の間の渡り廊下で、最初に法堂に上 [続きを読む]
  • 桜紅葉の鴨川 出町三角州から冷泉放水口
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事に続いて、出町三角州から鴨川を下りました。出町橋の上から、川の中の人は、調査のために何かを採取しているのだと思います。この日はこのような人を時々見かけました。休日なので人出があります。出町橋(賀茂川)と河合橋(高野川)、右奥に比叡山が見えます。賀茂大橋をくぐります。こちらはアユ釣りの方、賀茂川、高野川 [続きを読む]
  • 桜紅葉の高野川を下る
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。紅葉の見頃はもう少し先ですが、桜の紅葉が始まり市内各地で見頃となっています。今日は高野橋から出町三角州まで高野川を下ります。上は高野橋の上から北の方で、堰の両側にかってサイホンで川を横切っていた琵琶湖疏水分線が開口しています。下は高野川の右岸から南の方。どちらも先日の台風で桜の枝がかなり落ちているようです。こち [続きを読む]
  • 源氏物語・宇治十帖を巡る 後編
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の続きで、源氏物語の宇治十帖の後半の古跡を巡ります。今日(11月3日)と明日、10:00〜15:30の時間帯に「宇治十帖スタンプラリー」が行われていて、それぞれの古跡の近くにスタンプ台(おそらくテント)があります。下はその台帳ですが、番号は宇治十帖の順に付け替えています。⑥東屋(あずまや) 薫が見初めた浮舟は、八宮に仕 [続きを読む]
  • 源氏物語・宇治十帖を巡る 前編
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。源氏物語の宇治十帖ゆかりの地を巡りました。以下では十帖の順番に従って、あらすじとその古跡を紹介します(実際に歩いた順番とは異なります)。下は宇治橋のたもとの通園茶屋。様々な女性遍歴とともに太政大臣まで上り詰めた光源氏も、物語の後半ではその栄華が陰り、今まで犯した過ちの報いを受けます。出家を決意しますが、その後に [続きを読む]
  • 源氏物語ミュージアム
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。宇治市の源氏物語ミュージアムに行ってきました。「さわらびの道」のはずれにあり、いつも閉館時間までに間に合わず今回初めて訪れました。「宇治市源氏物語ミュージアム」は『源氏物語』のなど「源氏物語」に関する資料の収集・保管・展示等を行うための公立博物館で、平成10年(1998)に開館、開館10周年の平成20年(2008)と20周年の [続きを読む]
  • 方広寺と京の大仏
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日の記事の豊国神社の隣に方広寺があります。例の梵鐘事件で知られる方広寺ですが、かっては奈良東大寺より大きな大仏があり、「京の大仏」と呼ばれました。大和大路通に面して入口があり、右の石標は「伝教大師御作、豊太閤護持 大黒尊天」。安土桃山時代の天正14年(1586)天下統一を成し遂げた豊臣秀吉は、松永久秀の焼き討ちによ [続きを読む]
  • 豊国神社 秀吉没後の歴史と神社創建
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。一昨日の記事で豊国神社の鳥居前にある正面通まできました。「豊国(とよくに)神社」は、豊臣秀吉を祀る神社で、以下では境内を散策しながら、この神社が創建されるまでの歴史をたどります。天下人となった豊臣秀吉は、二度目の朝鮮出兵中の1598年8月18日に伏見城で亡くなりました。当初は軍の士気に関わるとして公表されず、密かに東山 [続きを読む]
  • 竹林(平等院表参道)でお食事
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日は天気が回復してきたので、宇治に出かけてきました。出発したのがお昼頃で、とりあえず昼食をいただきます。現在宇治川では河川改修工事をしています。塔の島付近で水が流れにくく、今まで何度も洪水があったそうです。(宇治橋の上から)平等院表参道は相変わらずの人出でした。ここにはお茶や茶団子などの老舗も並んでいますが、 [続きを読む]
  • 南大門(蓮華王院)から正面通へ
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。法住寺・後白河天皇陵を出て前の通りの南端にある「南大門」(重文)を見てきました。現在は三十三間堂の門ですが、かっては豊臣秀吉が建立した方広寺(大仏殿)の南門でした。本瓦葺の巨大な八脚門で、慶長5年(1600)豊臣秀頼によって建立されました。南大門の南の塩小路通を少し東に行くと「この付近 坂本龍馬 北添佶摩など土佐志士 [続きを読む]
  • 法住寺と後白河天皇陵
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。三十三間堂の東隣にある法住寺を訪れました。「法住寺」は、平安時代中期の永祚元年(989)に藤原為光が、寛和元年(985)に亡くなった夫人と息女忯子(しし、よしこ)の菩提をとむらうために創建しました。忯子は花山天皇の后となりましたが、わずか8ヶ月で亡くなりました。天皇は女御の死を嘆き、翌年6月密かに御所を出て山科花山の元 [続きを読む]
  • 三十三間堂 後白河法皇と源平の栄枯盛衰
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。久しぶりに三十三間堂を訪れました。ここは後白河法皇ゆかりの地で、政権が平家から源氏へと移る時代の朝廷政治の中心舞台でもありました。「三十三間堂」は正式には「蓮華王院」という天台宗の寺院です。蓮華王とは本尊の千手観世音菩薩を意味します。(回廊の北にある地蔵堂には大日如来、地蔵菩薩、阿弥陀如来などの石像が祀られ、幼 [続きを読む]
  • 清浄華院 皇室ゆかりの浄土宗大本山
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。京都御苑の東、寺町通に面して清浄華院(せいじょうけいん)があります。「清浄華院」は浄華院ともいい、浄土宗四大本山の一つ、法然上人二十五霊場の札所です。上の写真は「総門」(高麗門)で、天明の大火以降に再建されました。下は勅使門で、寺伝によれば称光天皇が阿弥陀堂を再建した際に寄進されたのが始まりです。現在の門は昭和9 [続きを読む]
  • 時代祭2018 後編
  • ←目次  2006年1月27日から毎日更新しています。※写真は全て で拡大します。昨日に続いて時代祭の後半です。昨日は明治維新から室町時代まで時代をさかのぼりました。下に吉野時代とあるのは、1336年に京都を脱出して吉野行宮に移った後醍醐天皇の南朝を正当とみなしたときの南北朝時代のことです。⑨楠公上洛列(吉野時代) 1333年後醍醐天皇が配流先の隠岐から還幸した際、楠木正成は一族郎党を率いて鳳輦(ほう [続きを読む]