るなぱーく さん プロフィール

  •  
るなぱーくさん: うまなり研究所
ハンドル名るなぱーく さん
ブログタイトルうまなり研究所
ブログURLhttp://www.umanari-lab.com/
サイト紹介文全レース馬柱を無料で提供!血統と調教、コース適性を重視した予想で万馬券を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供93回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2007/02/24 23:13

るなぱーく さんのブログ記事

  • 皐月賞予想◎オウケンムーン
  • 予想が当たらなさすぎて、ちょっと心が折れそうなので、皐月賞後はしばらく不定期更新にするかもしれません。これだけ当たらないのはやはり根本的にロジックに問題があるわけで、一度充電期間を設けたいと考えています。ひとまず皐月賞までは現状のままで。【皐月賞】雨が微妙だが、降水量はそこまで多くなさそうなので、重まではいかないのではないだろうか。ただ、土曜を見ても昨年ほど高速馬場ではなく、稍重なら2分を切るよう [続きを読む]
  • 桜花賞予想◎プリモシーン
  • ヤクルト宿敵巨人に連勝!ここのところ調子の出なかった廣岡の5打数5安打を筆頭に、15得点はすごかったですね。山田にも当たりが出てきていますしし、先発はともかく、リリーフ陣は頑張っているので、何とか広島を追いかけて欲しいです。チューリップ賞勝ちラッキーライラックが圧倒的人気です。これまでの戦績を見ると逆らいづらいのですが、桜花賞鬼門の最内枠を引いたこともあり、△にして喧嘩を売ってみたいと思います。ス [続きを読む]
  • 大阪杯予想◎トリオンフ
  • プロ野球開幕しましたね。ヤクルトは開幕2連勝と好調スタート。青木が帰ってきて、昨年出場機会のなかった川端、畠山あたりが戻ってきただけに、今年は期待できそうです。注目の若手廣岡を守備には目を瞑って使い続けるようですし、廣岡が打率280,HR15ぐらいいけて、怪我人が出なければ優勝あるんじゃないでしょうか。先発陣がやや手薄なので、小川あたりが復帰してくるタイミングまで何とか持ち堪えて、一気にトップを目 [続きを読む]
  • 高松宮記念回顧
  • 33.3−35.2で2.9秒差のハイペース。◎ブリザードは好スタートからハイペースを追走してしまい、4角ではやや外を回す形に。まあ、いつも少し足りない成績が示すように、ここでは少し決め手不足だったでしょうか。ハイペースでありながら、後方過ぎると差せない馬場。1番人気レッドファイルクスは、スプリント線での極端な前傾ラップは経験なく、パンパンの良馬場で上がりが速くなるようなレースの方が合うようですね。 [続きを読む]
  • 高松宮記念予想
  • 土曜の馬場を見ると週中の雨の影響が大きく、平均ペースの岡崎特別が1.09.7の時計。日曜は晴れ予報なので良馬場まで回復しそうだけど、極端な高速化はなさそう。勝ち時計は1分8秒前後か。Bコース替わりで馬場はほぼフラット。中距離のレースでは大外からの差しも決まっていたが、内もそんなに悪くはないので、1200mなら外を回しすぎると届かない馬場と考えて良さそうだ。◎ブリザード 日本馬が昨年と大して変わらな [続きを読む]
  • 阪神大賞典回顧
  • 阪神大賞典の予想を更新したつもりだったんですが、下書きに入っていました。ちなみに予想は◎サトノクロニクル◯アルバートでレインボーラインとクリンチャーの頭はないという予想だったので大ハズレです。例年以上に寂しいメンバー構成で、上位4番人気までが1〜4着ですので、やはりレベルとしては高かかったとは言えないと思います。レインボーラインについては、いつもレースが終わった頃に突っ込んでくる馬だったので頭はな [続きを読む]
  • フィリーズレビュー回顧
  • フィリーズレビューは、スタートで▲アマルフィコースト、前半33.7のハイペースを1番人気◯モルトアレグロが追いかけてしまった沈没とサッパリでした。ハイペース想定でしたが、予想のさらに上を行くハイペースで、これだとさすがに前は我慢できないですね。◎アンヴァルは、内の狭いところを割ってきてハナ差4着。ハイペースへの適性が高いところは見せてくれましたが、もう少しスムーズならという内容でした。今後は120 [続きを読む]
  • フィリーズレビュー回顧
  • フィリーズレビューは、スタートで▲アマルフィコースト、前半33.7のハイペースを1番人気◯モルトアレグロが追いかけてしまった沈没とサッパリでした。ハイペース想定でしたが、予想のさらに上を行くハイペースで、これだとさすがに前は我慢できないですね。◎アンヴァルは、内の狭いところを割ってきてハナ差4着。ハイペースへの適性が高いところは見せてくれましたが、もう少しスムーズならという内容でした。今後は120 [続きを読む]
  • フィリーズレビュー予想
  • 金鯱賞は利益を出せそうな買い方が思いつかなかったのでケン。サトノダイヤモンドが危なそうだけど、仮に飛んでも配当安いですね。大混戦のフィリーズレビューを少しだけ。【フィリーズレビュー】阪神は、ハイペースだったとはいえ、稍重の土曜の未勝利戦で1.22.3が出ている高速馬場。過去10年で1分22秒を切ったのは昨年だけだが、今年も昨年同様に1分21秒台が濃厚。ある程度持ち時計のある馬、スピードのある馬を重 [続きを読む]
  • 弥生賞回顧
  • サンリヴァル3着に残ってくれたように見えたんですがハナ差4着。展開は絶好だっただけに、何とか残ってほしかったです。最後はクビの上げ下げの差でしょうか。動画見て当たったと思ったら当たってなくて愕然としたのは、先週のデジャヴ。。レースは好スタートのダノンプレミアムを交わしてサンリヴァルがハナ。1000m1分1秒5と、昨年ほどではないにしろスローペースでコントロール。ラスト4Fまでは12.8と遅く3F勝 [続きを読む]
  • 弥生賞予想
  • オーシャンSは個人的には10回予想しても取れないレース。キングハートはよくなるのはもう少し先かなと思って軽視してしまいました。スプリント路線は混沌としていて難しいですね。外枠から見せ場のあったラインスピリットあたりは、すぐに人気を落とすのでどこかで穴をあけそう。チューリップ賞はややスローからの決め手勝負でストレスの少ないレースだったので、2着マウレアは本番でパフォーマンスを落としそう。テトラドラク [続きを読む]
  • 弥生賞予想
  • オーシャンSは個人的には10回予想しても取れないレース。キングハートはよくなるのはもう少し先かなと思って軽視してしまいました。スプリント路線は混沌としていて難しいですね。外枠から見せ場のあったラインスピリットあたりは、すぐに人気を落とすのでどこかで穴をあけそう。チューリップ賞はややスローからの決め手勝負でストレスの少ないレースだったので、2着マウレアは本番でパフォーマンスを落としそう。テトラドラク [続きを読む]
  • オーシャンS予想
  • 今週は弥生賞があまりやる気が起きないので、土曜参戦で。この時期の中山は冬場からの開催の影響、芝の生育の問題などもあり、それほど時計が速くならない。今年は木曜に春の嵐で40ミリ以上の降水があり、良馬場とはいえ少し水を含んだ開催になりそうだ。時計がそこまで速くならなくて1400mタイプも好走できるレースだ。展開を考えると、外のナックビーナスが行き切ると速くなりそうではあるが、内のネロがすんなりなら平均 [続きを読む]
  • オーシャンS予想
  • 今週は弥生賞があまりやる気が起きないので、土曜参戦で。この時期の中山は冬場からの開催の影響、芝の生育の問題などもあり、それほど時計が速くならない。今年は木曜に春の嵐で40ミリ以上の降水があり、良馬場とはいえ少し水を含んだ開催になりそうだ。時計がそこまで速くならなくて1400mタイプも好走できるレースだ。展開を考えると、外のナックビーナスが行き切ると速くなりそうではあるが、内のネロがすんなりなら平均 [続きを読む]
  • 中山記念回顧
  • ◎マルターズアポジーは個人的には痛恨の3着。直線に入って、アエロリットの方が手応えが悪かっただけに、◯ウインブライトが伸びてきたときは少なくとも馬連は当たったと思ったんですけどね。。あの手応えからラスト伸びてきたアエロリットには恐れ入りました。いつもなら3連系を手広く買うのですが、こういうときに限って単系の馬券ばかり買っているという。。。レースは47.7−48.4のややハイ。ただ3番手以降はかなり [続きを読む]
  • 中山記念予想
  • 阪急杯はちょっと分からないので、中山記念で。最近は大阪杯やドバイを目指す馬の叩き台としての位置付けが強くなってきたレース。先に目標があるだけに、G1馬といえど、付け入るスキはありそうだ。土曜の馬場を見ると、やや荒れ気味の馬場で、開幕週とはいえ内枠断然有利ではないが、後方からの差しも決まっていない。ほぼフラットな馬場として、前が残るかは展開次第と判断した。その展開面だが、マイネル勢の出方がポイントにな [続きを読む]
  • フェブラリーS回顧
  • うーん、今年最初のやっちゃったレースですね。3F34.1を見た瞬間に、自分の予想は終わりました。終わってみれば、金曜時点の予想を変えなければという結果でした。レースはニシケンモノノフとノボバカラが競り合う流れで、3F34.1は馬場を考えると、超ハイペース。追いかけた馬は人気のテイエムジンソクを含めて全滅で、追いかけなかった2番手集団以降にいないと話にならにないレースでした。ノンコノユメは軽い馬場じ [続きを読む]
  • フェブラリーS予想
  • 枠順を見た瞬間の予想は◎ゴールドドリーム◯サンライズノヴァ▲ノンコノユメだったんですが、土曜の馬場を見て180°予想を変更します。【フェブラリーS】土曜の馬場を見る限り、東京ダートとしては、だいぶ重い馬場。上がりもかなり掛かっており、後方からの差しが決まりにくい馬場で、例年のような1分35秒前後の高速決着はなさそう。高速馬場になると、芝スタートや上がり勝負に一抹の不安があるテイエムジンソクは危ない [続きを読む]
  • 京都記念2018予想
  • 古馬のG2ではあるが、先を見据えた馬が多く、叩き台的な意味合いが強い。過去にもジャンティルドンナ、ハープスター、ジャスタウェイなどが人気を裏切っていて、休み明けの人気馬の取捨がポイントになりそうだ。加えて今年は馬場状態がポイント。土曜の競馬後も夜まで雨は降り続いていて、明日は良馬場までの回復は見込めそうにない。昨秋からのダメージが残っている京都だけに、日曜も時計がかかる馬場と見ていいだろう。勝ち時計 [続きを読む]
  • 東京新聞杯回顧
  • 東京新聞杯は無◎◯で1着リスグラシュー抜けで外しました。勝ったリスグラシューについては、ハーツクライの成長力を侮っていたなと。牡馬に混じって少し人気しすぎかなというのと、後ろから行く馬なので、スローなら危ないかと思って消したのですが、馬群を割って強い競馬でした。スローはアルテミスSでも勝っていたし、33秒台の脚はある馬なので、ヒモには拾っておかないと。猛省。この競馬ができるのなら、ヴィクトリアマイ [続きを読む]
  • 東京新聞杯予想
  • 土曜の東京は雪の影響で稍重だったものの、時計はそこそこ出ていて前残りの競馬も多く見られた。日曜日はもう少し乾いて稍重〜良馬場。ペース次第では1分32秒台も出そうな馬場だ。展開面では、トウショウピストがすんなりハナを切りそう。マイルで逃げた中京記念が1000m58.3で、今回は内枠で他に行きたい馬がいないことから、もう少しペースを落としてきて58秒台後半から59秒台あたりになるとみる。京都よりは断然 [続きを読む]
  • シルクロードS回顧
  • うーん、ちょっとひねりすぎました。終わってみれば、内枠で前に行ける2頭で、アドマイヤムーン産駒のワンツースリー。34.0−34.3とこのレースらしい、前後半のバランスの取れたラップで、後ろの馬はよほどの決め手がないと難しかったレース。ファインニードルは立ち回りの上手さを生かしたいタイプなので、内枠がプラス。セントウルSもそうですが、ハイペースの流れよりも平均ぐらいに落ち着く方が向くタイプですね。今 [続きを読む]
  • シルクロードS回顧
  • うーん、ちょっとひねりすぎました。終わってみれば、内枠で前に行ける2頭で、アドマイヤムーン産駒のワンツースリー。34.0−34.3とこのレースらしい、前後半のバランスの取れたラップで、後ろの馬はよほどの決め手がないと難しかったレース。ファインニードルは立ち回りの上手さを生かしたいタイプなので、内枠がプラス。セントウルSもそうですが、ハイペースの流れよりも平均ぐらいに落ち着く方が向くタイプですね。今 [続きを読む]
  • シルクロードSの穴予想
  • ディープが飛びまくってステゴやハービンジャー、キンカメあたりがよく走っていた先週までの京都。Bコース替わりで高速化するかに注目していたが、土曜を見る限り先週よりも若干速いぐらいで、引き続き時計のかかる馬場とみて良さそう。雪の心配はそれほどなさそうで、気温も上がらないことから、日曜も高速化することはないだろう。シルクロードSは京都1200mの重賞らしく極端な前傾にはなりにくいレース。分かりやすい穴パタ [続きを読む]
  • AJCC回顧
  • 本線じゃなかったので、ガッツリとはいきませんでしたが、3連複を何とか引っ掛けてようやく初日が出ました。レースはマイネルミラノがスタートダッシュ今ひとつも押していって何とかハナへ。そこから少し緩めて1000m61.3とスローに。ただ、1000m過ぎてからは極端には緩めずずっと12秒前後をキープし、後続を徐々に引き離していきました。2番手のダンビュライト、早めに動いたミッキースワローには差されたものの [続きを読む]