3.tomy さん プロフィール

  •  
3.tomyさん: じょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ハンドル名3.tomy さん
ブログタイトルじょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/joyfultulip/
サイト紹介文キルト・刺繍(クロスステッチ)・編み物…とあれこれ製作して使って、そして、あれこれ観戦して…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供268回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2007/02/25 16:39

3.tomy さんのブログ記事

  • まるでプラモデルなピース準備。[Heisei-Last]
  • 三角形粒用でカットしたものが、だいたいピーシングされてきて、三角粒となってきたので、引き続き、四角粒用から変な六角形粒用までピース準備をすることに。一度に多種多様なものを準備しちゃったので、おおきなカッティングマットに型紙、カット済みピースなど陳列整理しながら、続いての印付け、カット、、、と作業。ほぼ無地系なせいか、なんだかプラモデルの準備中な雰囲気になってきた。 [続きを読む]
  • 花に戻る。[ゼラニウムと鳥]
  • 刺し終わりまでもうすぐではあるんだけど、終わりそうになるとモッタイナく感じるので、いっぱい空白の残っている花へ戻った。だいたい、「白」を刺し色のトリにすることが多いんだけど、今回はやっぱり、目?思った以上に刺しごたえの少ない図案だったので、ぼんやりトリをどうするかを思案しつつ刺す。 [続きを読む]
  • 鳥がうっすら?[ゼラニウムと鳥]
  • なんだか色鉛筆でざっと塗ったみたいな状態。なんでそこにしまったかなぁ?ということが時々ある。今回は、入れ物もそうだし、置き場所もそう。ふとしたことで積んであったものが崩れ、1つだけ系統がちがうものが入っているのがわかり、中身チェック。「こ、こんなところに入れてあったのかー!?!?!?!?!」まったくもう。ついでに見つかった、未整理記念切手たち。やっぱりあったよな〜。整理し始めたら、前回の整理法だと [続きを読む]
  • ピン、ピン、ピン。[Heisei-Last]
  • 久しぶりのありったけピンうち。まずは、基本の三角から作業しようと、三角粒とその変形の6種類のピーシング。どこもかしこも”ななめ”なので、丁寧に触らないと縫い代がべろん〜と伸びちゃう。(正バイアスではないので、べろんべろんまではいかない)最初はこの長さで4本ピン。1日たって、3本ピンまで減った。ピーシングしながら…。ピーシング時はアイロン利用が多発だから、「やっぱりアイロンは秋(か冬)よね〜」とつぶやき [続きを読む]
  • 久しぶりにはさみでピースカット。[Heisei-Last]
  • [四角でクッション]プロジェクトは、ロータリーカッター使用で、はさみは糸をきるだけ。なので、久しぶりの型紙利用の印付けとピースカット。今回は無地系が多いので柄うつりによる線の見難さはあまりないこともあり、印付けはきんきんに尖らせたBの鉛筆。パッチワークのhow to 本の印付けの項の注意書きがすべて守られた、まるで見本のようなほっそーく、うすーい美しき印付けに一人ほれぼれ(笑)。Bや2Bの鉛筆もメーカーなどに [続きを読む]
  • 嘴、登場。[ゼラニウムと鳥]
  • ぐずぐずだったキルトの進捗の”おかげ”で、こちらのステッチは完了してしまっている。「前日までの進捗、刺す前撮影」は刺しあがり(もしくは、お仕立てあがり)まで、記録のためにおいおいアップしていく予定。撮影直前に、かけたまんまの枠を外すせいで、枠跡くっきり。間違い探しならぬ、刺し増え探しを楽しむかたは、枠跡がヒント。 [続きを読む]
  • 2018プレナスなでしこリーグ1部第15節 日体大 FIELDS 横浜戦
  • さむ〜い。本年度、2度目のJリーグとのダブルヘッダー試合。たとえ、1部でもなでしこだと集客力が弱く、球場外のフードカーは2〜3台。たとえ、3部でもJリーグ(おまけに、かつての日本代表GK所属だし)だとフードカーいっぱい。天候のせいか、それともJ3での順位もぼちぼち落ち着いて(J2に上がれず確定…だとおもう)きているせいか、はたまた、楽しみにしていた対戦相手の応援団が今節きていなかったからか、、、第1試合のノジ [続きを読む]
  • 型紙、カット。[Heisei-Last]
  • A4サイズに6枚ほどプリント。いろんなブロックをデザインしたので、型紙、いっぱい。順調にカットしていた昨晩。途中で線が2本(左右1本ずつ)足りないことに気が付いた。その分を手でかきなおした1枚、途中から節約モードで作図したゆえに手で書き直しにくいもの1枚。カット前にしばし悩み、その2枚はPCのオリジナルから直してプリントしなおすことに決定。型紙用なので画用紙にプリントしているので、裏にプリントしなおし。デザ [続きを読む]
  • 型紙、描画中。[Heisei-Last]
  • 型紙制作3日目。ぼちぼち出口が見えてきた。PCで型紙を描きながらふと…。それなりのサイズ用にデザインしていたこのブロック、ミニチュアバージョンもかわいいかも?と思い始めている。PC上なので、長さは数値で入れるため、画面に表示できるサイズに縮小表示しているが、そのサイズもなかなかかわいいのだ。ちょうどTVのハンドメイド番組でボタンをつかった作品をキルト作家が紹介していたのを見たばかり。ボタンを使ったバージ [続きを読む]
  • 鳥へ。[ゼラニウムと鳥]/デザイン、落ち着く。[Heisei-Last]
  • 葉っぱ、一段落。鳥へ進むことに。ちなみに、花にはあと2種類の桃色を刺す必要あり。言い訳三昧のキルト。いったん落ち着いたと思ったブロックデザインに再び、あれこれ手がはいった。今回のキルトは、key wordsもあるけど(プロジェクト名にもなってるし)、それよりもkey numbersのほうがやたらと増えてきた。どんどん増えるkey numbersのせいで、ブロックデザインに何度も手が入る。手が入りすぎて、だんだん、キルトのデザイン [続きを読む]
  • 葉っぱ、続く。[ゼラニウムと鳥]
  • いったん涼しくなったので、引っ張り出した薄手毛布。本当は、羽毛布団をダブルにセットしなおそうと思っていたんだけど、天気予報にみえる30度の気温に躊躇。最高気温であって、夜間は秋らしい温度になるだろうと思いつつ、羽毛布団をダブルにしてしまうと、寝苦しい場合「全蹴り落とし」になっちゃうから…との躊躇は正解。あまりに高い湿度じとじとじっとりに、再び、毛布->タオルケットに戻ったから。なんだかなぁ...。このへ [続きを読む]
  • 徐々に刺し埋まる葉っぱ。[ゼラニウムと鳥]
  • 毎週末の悪天候に、いつも以上に天気予報を注視する秋。たいふう・たいふうと言ってる間に、気が付くと冬?そう思って、ふとこれを見ると…。「季節感、無視だねぇ〜」徐々に葉っぱが埋まって来て、急に終わる感を覚え(まだまだ先なのに)ちょっぴりさみしく感じるのは、やっぱり気分も秋なのか?それとも、さっさとキルトを軌道に乗せねばーの焦りゆえに「お、おわっちゃったらぁ...!」のびびりなのか? [続きを読む]
  • 刺しあがり。(Colourful Dishes:DMC)
  • すっかり刺しあがり画像を撮り忘れてたことを”忘れてた”これ。刺繍糸を必要として、「あ!」と思ったことでやっと写した。撮るにあたって、ちゃんとアイロンもぴしっとあてて。アイロンをぴしっとあてながら、はて、お仕立てどうするべぇ?と思案。クッションサイズではあるんだけど、それは現在キルトで制作中だしなぁ。かる〜く周りをつけてタペストリーにでもしておこうか。そうすれば、気が変わったときにどうとでも変身させ [続きを読む]
  • 配色生地選び。[Heisei-Last]
  • 主役生地以外、まったく決まってなかった生地をぼちぼち選び出すか。デザイン画を描いていた段階で、配色生地は主役以外は無地・むら染めプリントで行こうかなとぼんやり決めていた。だから、在庫にあるそういう生地で、一見で「No」が決まらなかったものはかたっぱしから引っ張り出してきた。ただ、ベースの色をどうするかが難航していた。やっぱり、ベースの色だけは、生地屋さんで悩むしかないかなぁ…と思いつつ、これらの無地 [続きを読む]
  • 安曇野キルト公募展: 北アルプス展望美術館 と 碌山美術館
  • 今年15回目を迎え、公募展作品のほかに展示スペースを拡大して、美術館いっぱいをキルトで埋め尽くしている北アルプス展望美術館。私も「アルガンツリー?」に再会しに出かけてきた。おりしも台風の進路ど真ん中へ向かっていくのか?と天気予報を連日チェックしながらハラハラしながら。広い空間でみるキルトは、狭い自宅で見るのとまた違って見える。うーん、キルトにこめた思いをいっぱい書きすぎた⁉10月21日まで展示中。そして [続きを読む]
  • やっとしつけかけ。[四角でクッション]
  • やり直しは終わっていたのだが、そこから、別の小物づくりへ進み…。つまり、放置していたこのクッション用キルトトップ。9月もおわるーと思ったところで、ようやく、作業再開。ヌードクッション45cmを想定しているので、このままではフープは使えない。フープなしキルティングは不得手。いやいやなフープなしキルティングをするより、急がば回れ、楽しくキルティング!ということで、ぐるり当て布をつける。いつものタペストリー [続きを読む]
  • [Heisei-Last] デザイン始める。
  • あまりにも暑く、そしてあれた気象・自然の夏だった「平成最後の夏」。なんで、夏になったとたん「平成最後」が連呼されるんだろう?と思ったら、春はまだもう1回これからやってくるからかぁ…とやっと理解したのは、「平成最後の秋」が連呼され始めた今頃。どんだけ鈍いんじゃ? と自己突っ込み。そして、「最後」が聞こえるごとに、区切り感もじわじわ来たところで、「あれ?」と気が付くこと1つ。そして、そこからさかのぼる [続きを読む]
  • 葉っぱに戻る。[ゼラニウムと鳥]
  • 羽と葉っぱとの両方につかわれていた緑2色を刺しきったので、再び、葉っぱへ戻ることに。やっぱり、花か鳥が主役だと思うので、(重要な)脇役は先におえたいなぁ〜と。仕分け後の糸をみると茶色系に見えるけど、仕分け用メモでは緑(その束のなかでは中間緑)と書かれている糸と、それとは別の束に入っていた緑を指し始めることに。なんともへんちくりんな状態で鳥はしばし中断(笑)。朝から断続的に超強い雨と上がったようなぽ [続きを読む]
  • 羽の緑、さす。[ゼラニウムと鳥]
  • 黄色から(横)と花から(縦)と数えて…。羽と葉っぱに使われている緑を刺しきろうと進める。気温は30度近くを記録し、人間(私)は「あぢぃ」と思うけど、夏植物には「さびぃ」と思うよう。おくらはどんどん葉を落としていくし、ごうやはどんどん葉を黄色くしていく。もう、どちらも食べられる実は育たないと、明日のごみの日に出せるよう(湿度高く、全身びっちょり。どろんこの手で額の汗はぬぐえず、眼鏡に水たまり発生(苦笑 [続きを読む]