3.tomy さん プロフィール

  •  
3.tomyさん: じょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ハンドル名3.tomy さん
ブログタイトルじょいふるちゅうりっぷ・手作り工房
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/joyfultulip/
サイト紹介文キルト・刺繍(クロスステッチ)・編み物…とあれこれ製作して使って、そして、あれこれ観戦して…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2007/02/25 16:39

3.tomy さんのブログ記事

  • かわいいシンブルを堪能。
  • シンブル・コレクターとして有名なパッチワーク・キルトの先生の主宰するキルト展へでかけた。この展示会では、いつも、シンブルのコレクションの展示があり、今回はピーター・ラビットのシリーズがならんでいた。もう、めちゃくちゃかわいくて、しゃがみこんで目線を展示されているシンブルの高さまで下げて堪能。今回は、招待作家として東京ドームに展示されていたキルトのほかに、先生ご自身が生徒として習われていたその当時の [続きを読む]
  • キルト展(11/22-11/25)のご案内。
  • 来週にせまった、通っているキルト教室の展示会。今回は、ちょうどシーズン(が終わった?)の七五三の7歳のお祝いをテーマに選んで制作したタペストリー「帯解」と、ドイツのある街並みをデザインしたタペストリー「Fachwerkhaus」を出品。写真に使ったのは、帯解きの下ボーダー部分。黒に複数の金の刺繍糸でステッチを加え、「着物」な雰囲気を作ってみたところ。タペストリー制作の時、先にタイトルが決定できたときは、その「 [続きを読む]
  • 15日で15ブロックだと…。[縁日キルト]
  • 昨日、15ブロックまで縫いあがった。15日で15ブロックということは、45ブロックなら45日?でも、今は11月。来月は12月。そう、単純計算でいくだろうか?街にあふれる「予約受付中」の文字に気ばかり焦る。寒さだけは、なんでもどんどん早くなる予約事を後押しするように進みが順調。うーん・・・。 [続きを読む]
  • 消えたアズーリ。あの熱唱はもう…。
  • 結果は朝からニュースで衝撃!として伝えられていてわかっていたが、さっきまでBSでの録画放送を見ていたワールドカップ、ヨーロッパプレーオフ。あまりの必死な攻撃がすごすぎて。実況・解説がイタリアびいきすぎる感じに、スウェーデンだって久しぶりで出たくて必死でしょう?と突っ込みたくなり。ついつい、入らない(スコアレス・ドローってすでに知ってるから)とわかっていても、シュートシーンなどには、ぐぐぐっと見入って [続きを読む]
  • 新しい糸巻きを開けるとき。[縁日キルト]
  • 絶対的な自信があるわけではないピーシング。だから、縫い合わせはできるだけ生地に合わせた色糸を使う。たとえ、こんなうすーいベージュ色でも。(巻の状態だと色をわかるが、針に通した細い糸状態だと、白・生成りをつかってもいっしょじゃん?という程度の色)すでに軸が見えていたこの糸、今回の主役(ここには写っていない)に超ぴったり!と思ったら、ちゃーんと1つ買い置きがあった。はて、いったいどのキルトの時に使って [続きを読む]
  • 今回は、のんびり印付け。[縁日キルト]
  • ここ最近は、ばーっと必要ピースの印付けをどんどんどんどんやって、ブロックが1〜2割縫ったくらいの時には、だいたい、必要な数の印付けも終わっているということが多かった。同一パターン+多種サイズや多種パターン+同一サイズと入り組んでいたこともあり、型紙も多種作る必要もあって、つい、製図をしてカットしちゃうと、印付けーと突っ走っていた。今回は、パターンは1種類1サイズとシンプル。一気にすべて印付けを突っ走 [続きを読む]
  • クラフト市をぶらぶらと。
  • 連休最終日。日当たりの良いところは、露天市日和。日陰は、やっぱり霜月の底冷え。選ばれし(?)数店舗は、数日前から月曜日(11/6)まで、百貨店2Fのフロアで催事扱いの出店。定期的に開催され、定着した感のあるクラフト市、この秋のはちょうど美術展をみに出かけた時にポスターを見かけたので、ぶらっとでかけてきた。この秋は、編み物出店が増えていた。これは、ニットもブーム再来のきざしなのだろうか?布小物は多数ある中 [続きを読む]
  • まずは1ブロック縫ってみよう[縁日キルト]
  • 型紙のカット順からみて、大きく5分割できる今回のパターン。1ブロック24cm。ちょうど定期点検をした時にもらった宣伝のチラシが良い厚さの良いツルツル感で仕分け台紙にぴったり。1枚は三つ折りだったので、A4 3枚に分割して利用。縫い代の方向をメモした紙を隅っこに貼って、準備完了。1ブロック分を5枚の台紙に配置して、さて、縫い代の処理方向と縫いやすさ(効率の良さそうな縫い順)確認開始。20日間、ステッチ三昧だったせい [続きを読む]
  • キルトの洗濯と交換。
  • 晴れて気温も20度近くまで上がる予報。でも、朝晩は一けたの気温。このところ、晴れが続かず、交換がおわりきらずな冬の準備。最後になっていた寝具を作業しながら、夏から活躍したキルトも交換することに。ついでに、ベッドヘッド上に飾ってあるキルトも交換。(写真は2枚のキルトの塊)ベッドヘッドは、久しぶりのシンプルなアメリカン・パッチワークのキルトを。ベッドカバーは、こちらもかなり久しぶりに使用するヘキサゴンた [続きを読む]
  • 生地のピックアップ。[縁日キルト]
  • 2枚同時に進めていくかは決めていないけど、とりあえず、ずーっと「待ち」になっていた生地を主役に据えたキルトが先行すべきだろう〜と生地をピックアップ。今のところ在庫生地で材料はそろいそう。ただし、用尺計算をしたわけではないので、途中で「足りない⁉」がでるかもしれない。でたら、その時、どうするか考えればいっか〜ということで、だいたいのラインナップ決定。1種類、このキルトの裏布にいいかな?と取り出した生地 [続きを読む]
  • デザイン、最終調整中。
  • 青のキルトー!とデザインを始めた時は、インスピレーション元からのアイディアで絵を描き始めるも、なかなか、これといった感じにおさまらない。青?と思ったとき、ふと、「青で縫いたいパターン」としてずっとメモを挟んだままのパターンを思い出し、絵を描き始めるも、どんどん、アイディアが発散して絵がまとまらない。ならば...と生地を見に行って(在庫)、そういえば、これもずいぶん温めてるなぁ〜というあらってほどいた [続きを読む]
  • ティッシュボックス、完成。
  • 50cm超の長さを刺していたのは、このため。ぐるっと周りを貼り、かつ、余分なのり代でカットした時にステッチはカットしないで済むよう、指定カットサイズと事前に見本を測ったサイズから長さを”このくらいかな?”で刺していた。やっぱり、ちょっとびびって(ステッチが足りないことを)多めに刺していたようで、側面を貼ったときの布端の処理分がすこーし多め。上下の塩梅はなかなかいい感じ。教わりたかった合皮での蓋貼りはお [続きを読む]
  • キルトの帰宅。
  • 安曇野キルト公募展 2017で1か月半、がんばってきたキルトが帰宅。わくわくと開封。このキルト展は、審査員から出品者全員にコメントをいただけるのだ。今年は、あとからくるんだって。しばらく、ポストにはいる手紙をチェックするのが楽しみだ。今回、タペストリーの材料に絹(和布)を使っていたので、自宅での保管では防虫剤を一緒においていた。箱を開けて、ピンクの防虫剤のパッケージに「あら…(笑)」。どうやら、2次審査に [続きを読む]
  • ステッチ、完了。
  • ステッチ、完了。長さ50?ちょいは、さすがに刺しごたえありあり。図案で使用されていたクロスでもなく、色でもないこと、時間の都合で端折ったステッチあり、変更した図案あり。1リピートでは必要長さがたりないので、1.7リピートくらい刺した。おまけに、糸の撚りがぐちゃって裏で輪に結ばれちゃったところを解きもせず誤魔化し処理したところあり。これは、お仕立てで完全に見えないことと、1本どりで表への影響もそうないと判 [続きを読む]
  • 久しぶりにパターン本で「ながら」学習。
  • 次のキルトのデザインのコンセプトが複数。その1つは、「青」(その1つは、「金魚」(昨日、この2つがホット・コンセプトに急浮上。(デザインに野球チームは実際には関係ない)それぞれ、アイディアを実現するベースになるアメリカン・パッチワークのパターンや、デザイン技法など、実現化の種を探して、本をひっくり返す。その相棒、夜はもちろん野球中継…といきたかったのだが。TVのリモコンで番組表を検索するも、野球の中継が [続きを読む]
  • 「猫」額キルト、完成。
  • 本日、依頼主へ発送。依頼は、「猫の小さなキルトがほしい。猫はちょっとイヂ悪な感じがよい。」というもの。イヂ悪感はともかく、キュート・かわいい風じゃないほうがいいということで、トラ猫が好きだとも言っていたので、1匹はトラ猫を入れようとデザインをがんばった。猫通ではないので、「また八」なる柄の出方の猫もあると今回知ったので、また八猫も1匹いれた。顔は、最後にひげ(この写真だと見えないか?)を刺繍でぴっと [続きを読む]
  • もうすぐ、台風一過。
  • 初めて携帯電話に避難勧告の緊急連絡が届いた昨日。今まで、TVのニュースをみながら、行政からの避難関係の連絡が届いても避難しないなどのことが伝えられると、「どうしてだろう?」と思ったこともあった。今回、避難勧告が届いてわかったのは...。わかりにくすぎ。詳細は市のHPを見ろという。市のHPをみると台風関連の情報のUPは10/20の日付になっている。それじゃ、どこを見ればいいのか???とキーワード検索をしても、検索エ [続きを読む]
  • パソコン・ワーク・ディ
  • 本日も朝から雨なり。郵便物も配達人が気をつけてはくれるけど、やっぱりちょっと雨粒つき。あんまり気をつけてくれない配布物(ポストインされるチラシとか)がまざると・・・。こうずーっと雨続きでおまけに寒くもなってくれば、仕事といえど、そう毎日・毎配達・その1つの作業すべてに”できるだけ”濡れないようなんて気を配れなくなってくるんだろうかなぁ。一番被害にあうのは、メーターを計測した結果(電気・水道・ガスな [続きを読む]
  • あと、1輪!!!
  • 泣き言をいったのは、2日前。でも、昨日の晴天で、すーっごく進んだ。昨日、晴れたからといってどうして進むのか?それは、ずーっと家ではんぱな待ち時間があったから。午後には曇ってくるというので、せっせと洗濯機を回しまくったのだが、ぴーぴーいうたびにさっと干にいき、次を回してと、つきっきり。1分でも多くお日様の恩恵を…ということで、手にはステッチをもって洗濯機のそばに待機。半端時間でなんども中断されれば進ま [続きを読む]
  • ネガポジ反転。
  • 残り1週間。間に合わない。花だけベタ刺しを入れたのでは、いかにも「とちゅー感」ありあり。葉っぱも、せめて葉脈くらいは刺さないと。でも、葉脈は、ベタ刺しの空白部分。ベタ刺しをしないと葉脈がへこまない。ということで、ポジ(ベタ刺し)とネガ(空白)を逆転。市松刺しのところは、そのままにしたので、一部、微妙な調整が必要。1枚葉っぱをやってみて、ベタだと重い印象をうけたところが、いい塩梅な軽さがでた。(ちゃん [続きを読む]
  • 一本どりで刺し埋め中。
  • おわるか!?この図案、糸の色指定が3色にわかれている。使用クロスは、はっきり針のはいる穴が見えるAIDA。そのどちらも一致させず、勝手な配色、在庫のクロスで刺していることが、この1本どりを刺す段階で問題発生となった。2本と1本だと、バツの高さ(ふくらみ)が違うから、同じ色で刺してもはっきり輪郭線と塗りつぶし部分と見分けられると思ったんだけど、AIDAではないので、くっきりと針穴(織りによる穴目)がでない。だか [続きを読む]
  • 休眼日。
  • やりすぎた。両端が決まり、片端から中央(上下が決まった部分)へ図案を戻り刺していた。昨日は、その中央、刺し終わった部分へ到達することはないと思っていた。 しかし、思っていた以上に長時間刺し続け…。夜遅く、中央の図案がフレーム内に、はいるか・はいらないか・はいるか・はいらないかなんてところまで刺していた。そうなると、連結できる!?となり、ついつい、休眼もせず刺し続け。キルトだとこうはいかないのは、針 [続きを読む]