お喋り笛吹き さん プロフィール

  •  
お喋り笛吹きさん: お喋り笛吹きのベルギー見聞録〜ブログ編〜
ハンドル名お喋り笛吹き さん
ブログタイトルお喋り笛吹きのベルギー見聞録〜ブログ編〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/oshaberifuefuki/
サイト紹介文在ベルギーのフルート吹き。ヨーロッパでの演奏活動やベルギーでの生活話をお届け♪
自由文お喋り笛吹きのベルギーでの音楽活動&生活話。コンサートや音楽話、海外生活の話、外から見る日本の不思議など、基本コミカルに語っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/02/26 09:06

お喋り笛吹き さんのブログ記事

  • 世界の車窓から・・・ストライキ編。
  • ただいま絶賛ストライキ中のフランス国鉄。 隣のスーパーの安売りチェックカレンダー? ではなくて、これら赤丸全部ストライキデー。3月ストラスブール移動日はストの日。 チケットはベルギー国鉄で一括で買ったのですが…電車はパリ乗り換え(北駅ー東駅へ移動)ブリュッセル駅で、パリからの電車出てるか駅員に聞いても誰も分からず。 ”とりあえずパリ行ってみて” って。とりあえず行って電車なかったらどうするのさー。 ス [続きを読む]
  • ブルゴーニュ地方ヨンヌ県のサンスで日本文化のイベント
  • 週末にフランスのSENS(サンス)で、日本のイベントがあって、金曜日からパリのお教室の生徒たちと一緒にサンスへ。 現在絶賛ストライキ中のフランス国鉄の特急電車でパリから55分ほどで到着の、ブルゴーニュ地方のヨンヌ県の街。 結構古い建物が多い歴史ある街で、金曜日はイベントが終わってから少しだけ生徒たちと夜ご飯食べに行きがてら少しだけ街を見ました。 フランスの初期ゴシック建築の大聖堂。屋根がレゴみたいで素敵 [続きを読む]
  • 英語の勉強を始めました。
  • 自分の悲惨な英語に、英語レッスンに行くと決めて早3ヶ月。漸く3月半ばくらいから始めました.... 折角ヨーロッパに住んでるし、憧れのブリティッシュ英語をと、英国人牧師に先生を紹介して欲しいと頼んだら、思いっきりアメリカンネイティブの先生を紹介して下さいました(笑)横須賀出身の性(さが)か。 写真は私ではありません。 メソードは10年以上前に勧められて、独学するつもりで買ったマーフィーのケンブリッジ英文法と [続きを読む]
  • フュージョンジャポネーズ@ストラスブール音楽院
  • 先週末はストラスブール音楽院でワークショップとコンサート。辻英明さんと、みやざきみえこさんと、フュージョンジャポネーズ。 1日目はストラスブール音楽院の子供科(?)の子供達にワークショップ。 ずっとこういうのやりたかったので感謝! 篠笛をちょっと吹いたり、横笛の歴史を簡単に説明。基本熱心に聞いてくれました。ノート取ってた子がいて…おお。迂闊なことは言えません。 感想も色々。 女の子は歌舞伎や能の衣装 [続きを読む]
  • 春のイベント第一弾 モンス音楽院でドビュッシー
  • やたらとイベントとコンサートが重なる日々。 先週の木曜日はモンスの音楽院でコンサート。金曜日から3日間Made in Asiaで展示。明日はストラスブールに移動してワークショップとコンサートです。 順次ブログをーーー。 音楽院の方は、ドビュッシー没後100年ということで、ドビュッシーコンサートだったので、フルートとヴィオラとハープのソナタを演奏。 名曲だけどデリケート。CDも録音していてるんですけど、これ一曲だけを演 [続きを読む]
  • パリ篠笛教室、丸四年。
  • 今週末、昨年も参加したMade in Asia という、ポップカルチャー中心ですが、大きなアジア紹介イベントに篠笛教室で参加します。 月1回の篠笛パリ出張レッスンも丸4年が経って5年目。最初の頃からいる生徒はだいぶ進み、難しいものを吹けるようになってきて、教える方も楽しさが増しています。 一応楽譜。これは箏曲に篠笛を付けて演奏する用篠笛教室は、”和楽器を広める”というライフワークの一部だと思ってやっていますが、 [続きを読む]
  • ミニ発表会@ブリュッセル教室
  • 週末はブリュッセルのフルート教室でミニ発表会。帰国で本発表会に出られない生徒がいて、折角だから企画しました。 帰国する生徒は上級レベル。エネスコのカンタービレを演奏し、フランス(一応)近代曲はピアノと合わせるのも大変なのですが上手に吹かれていて、楽しそうだったのが何より嬉しいです。 アンサンブルではフランス人編曲の教会音楽みたいなさくらさくら、モーツアルトのメヌエットで、最後がシンコペーティッドク [続きを読む]
  • モネ劇場お昼のコンサート in 着物
  • モネ劇場のお昼のコンサート(毎週金曜)に着物で行って来ました。もうしばらくしたら日本に帰ってしまう友人と思い出作りの1日。 モネ劇場お昼のコンサートは、テノール歌手、Tansel Akzeybekさんのリサイタルで、ドイツリート(歌曲)から、オペラ曲、トルコタンゴ曲までバラエティに溢れたプログラム。 声楽リサイタル、リートからオペラまで一気に聴くと世界がどんどん変わっていき面白い。ドイツから始まってイタリア行って [続きを読む]
  • 着物でお出かけ in ブリュッセル
  • 着物でお出かけしてきました in ブリュッセル! 先日、浅草の年末大セールで購入した訪問着&帯ーを早く着たくてうずうずしていたところ、BozarでのバーレンボイムのコンサートにVIPご招待されたので、そうだ!!と思い立ち、いつもの安席じゃなくてVIPだし、訪問着でオシャレに行っちゃいましょう♪と着物でお出かけ。 ”思い立ったら着物”って楽しすぎます。衣装にしかなれないようなド派手着物もあるけど、訪問着はちょっとし [続きを読む]
  • 今年初めての篠笛 in パリ
  • パリでちょっと遅めの今年初篠笛レッスン。 マレ地区の一角 ヨーロッパの冬は億劫で、何をするにも面倒になって、あぁ家にいたい…と思ってしまうことも時々。でもお稽古の後は清々しい気分。やはりお稽古も楽しい。 生徒もお稽古を楽しんで、皆んな興味を持って来てくれているので、フランス人が楽しむ篠笛の世界を、体験させてもらっている感じですね。今年四年目の大学生は、千鳥の曲や、ちょっとした現代邦楽曲にも挑戦してい [続きを読む]
  • コンサートで号泣 (留学の思い出その2 カルチャーショック編)
  • 留学一年目の思い出その2。 のだめカンタービレ作中で、フランスに留学した黒木くん。中々フランスに馴染めず凹んでいた最初の頃、のだめを見つけて「めぐみちゃん!」と叫び「僕はただ叫びたかったんだ」というシーンがあります。とってもその気持ちがわかりました。 ドラマや漫画。そんなんあるかい!って言いたくなるようなことありますが、ドラマのようなことが有り得るのが海外留学。 だいぶ古い写真@アストリアコンサート [続きを読む]
  • ベルギー留学一年目の思い出。〜野望編
  • 自分のお教室でお箏クラスを定期的に始めることにしました。 講師は、パリのジャパンエクスポで知り合った高橋雅芳さんです。月1回位の割合でパリから来ていただくことに。 資料として頂いた書類の中に、雅芳さんの”何故私は箏を弾いているのか”というものがあり、彼女がフランスに辿り着いた理由も書かれていて、その行を興味深く拝読しました。 経緯や熱い想いって読むと面白いですね。いろんな人生があるなと思わされるし、 [続きを読む]
  • 室内楽のCDの発売 @ タワレコ、アマゾンなど
  • フルート&ピッコロ、ヴィオラを中心にした室内楽曲のCD、Early 20th Century Jewelsが、タワーレコードサイト、アマゾンなどで購入できるよう出来るようになりました。 タワレコさんは実際お店ではどうかわかりませんが、ネット上では可能ですので、近代室内楽曲に興味のある方特に、宜しくお願いします。 曲目はドビュッシー以外は(ドビュッシーでさえ)聞きなれないものかもしれませんが、フルート&ヴィオラレパートリー(と [続きを読む]
  • 日本の思い出その2、トイレ訪問。
  • あぁ、ベルギーに帰ってきた…と思ったその瞬間、それは空港のトイレ 殺風景な内装。ヒンヤリした座り心地。あぁ、そうでした。これがベルギーのおトイレですよー。 今回もトイレ発展国Japanは発見の繰り返し! まずは意外だった発見は到着日@成田空港のトイレ。 ベルギーモードで厚着しすぎていたので、ちょっと身を軽くしようとは言ったお手洗いで・・・ちょっと慌てていたもので、靴下が宙を舞ってしまいました。 あ! 着地地 [続きを読む]
  • 日本の思い出その1、母校で恩師と。
  • 日本から帰国し、青空が・・・灰色空イルフェグリーに変わってしまったよ in ベルギー。 12月は日照時間合計2時間だったらしいベルギー。 あぁ、日本にいて良かった。 ほぼ毎日ブルースカイ。太陽と海の青々コンビに癒された日々でした。 日本では色々な方々にお会いしました。 学生時代の音楽史の恩師で、現在はフェリスの学長をされていらっしゃる秋岡陽先生。東京ブリュッセルトリオのCDの楽曲解説を書いていただいたので、 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます from 日本
  • 2018年、明けましておめでとうございます!!! みなさんにとって素晴らしい1年となりますように 実は日本に帰っていてお正月は地元横須賀の軍艦の汽笛で年明けを迎えました。 年末といえば、歳末セール!!! 浅草のリサイクル着物屋さんや、老舗の履物屋さんなどでお買い物!!! 歳末セール福袋ということで帯と着物で破格のお値段着物と帯のセットで3点購入! そろそろ「大人の女」を前面にという所に、梅柄は可愛す [続きを読む]
  • 週末はバースデーコンサート
  • 土曜日は箏・篠笛のワークショップとコンサート。意図せぬバースデーコンサートとなりました。 どんどん苦痛の誕生日。毎年欠かさず来るのが本当迷惑。 今年はバースデー公演&意図せぬ寝坊のおかげで、一瞬の隙もなくワークショップ準備してレッスンしてコンサートしてとドタバタ。箏の雅芳さんがアンコール後にハッピーバースデーを弾き始め、お客さんが歌ってくださり(笑)コンサートに来てくれたお友達とご飯に行き、ブリュ [続きを読む]
  • 教室でお箏のコンサートと、篠笛教室 in パリ
  • ボケっとしてる間に1週間経ちました 絶賛冷え込み中のブリュッセルです。今週は今年最後のパリレッスン。パリもこの週末は寒く、タイツ2枚ばき+レッグウォーマー、マフラーで顔隠し、帽子必須。 パリのショーウィンドウはすっかりクリスマスモード さて、先週の土曜日高橋雅芳さん迎えてお教室でのサロンコンサートでした。お教室でのサロンコンサートなので席数に限りがあるのですが、12日前に売り切れ 箏のワークショップ [続きを読む]
  • キッズコンサート in ワーテルロー
  • 昨日はワーテルロー市でキッズコンサートでした。12歳くらいが来ると聞いていたのですが、8歳ー12歳だったみたいで、小さい子がチョコんと大人しく座っている姿が可愛かったです ウイィーーーー と答える声も高くて可愛い  モーツアルトのピアノ四重奏に始まり、クライスラーのヴァイオリン小品、ヴィヴァルディのチェロ小品、ピッコロ協奏曲、ヒューブリュシュツというベルギー人作曲家のフルート・ヴィオラのデュオ、ハイ [続きを読む]
  • キッズコンサート in ワーテルロー
  • 昨日はワーテルロー市でキッズコンサートでした。12歳くらいが来ると聞いていたのですが、8歳ー12歳だったみたいで、小さい子がチョコんと大人しく座っている姿が可愛かったです ウイィーーーー と答える声も高くて可愛い  モーツアルトのピアノ四重奏に始まり、クライスラーのヴァイオリン小品、ヴィヴァルディのチェロ小品、ピッコロ協奏曲、ヒューブリュシュツというベルギー人作曲家のフルート・ヴィオラのデュオ、ハイ [続きを読む]
  • 炎を背に熱く演奏してきました in ブリュッセル
  • 週末はブリュッセル郊外のスパ施設でJAPANデーというイベントがあり、私の篠笛と堀つばささんのお箏・おりんで演奏してきました。 つばささんとご一緒するのは何気に一年ぶり。つばささんは元鼓童の太鼓奏者ですが、リラクゼーションだから太鼓は無しで、”おりん”と呼ばれる鐘とお箏と私の笛でのリラクゼーション音楽でした。私たちが演奏したところは、聞こえるのは暖炉の炎の音だけという、大変静かな所。 今回は殆どがその場 [続きを読む]
  • 秋も深まりこれから冬だけれど、萌春 in パリ
  • パリ篠笛教室のために滞在。 書きたい事がありすぎな充実した滞在となりました。 まずは今回今度のブリュッセルでのサロンコンサートのためのリハーサルを箏の雅芳さんと曲決め! 古典から現代まであります♪ 篠笛に関しては、西川浩平先生も現代邦楽に力を入れてこられた方だし、書かれた作品を解釈して演奏するということをずっとやって来ているクラシック笛吹きの私としては、20世紀後半から−21世紀に書かれた作品を行う [続きを読む]
  • 音楽のジャポニスム&CDのお知らせ
  • そろそろリリースしたいソロのCDのお知らせです。前回のジャポニスムならぬジャポンCDです。自分が作るならこんな感じのミックスかなと。 曲の内容は下記↓の通りです。 コテンコテンの古典(ダジャレです!)は、知識が浅く偶に演奏させてもらう機会があったら・・・という感じなので入ってなくて、近現代の和洋折衷なCD。表紙の写真はブリュッセルのヘイゼルで撮りました。 自分のアレンジを入れたCDを2017年中に作りたいと、 [続きを読む]
  • ジャポニスムの講演@王立美術館 in ベルギー
  • 昨日は19世紀のヨーロッパに起きたジャポニスムと浮世絵の講演&王立美術館世紀末コーナーを日本人の公認解説者の森耕治さんの解説を聞きながら回る会に参加しました。 美術はどうジャポン文化を西洋絵画に取り入れたのかなというのに興味があり、色んな方にも会えて、実に充実した日曜日となりました。 講演はど素人の私にもわかりやすくて面白かったです。 ジャポニスムは、日本のアイテム入れてみたっていう見かけだけのジャ [続きを読む]