レーヌス さん プロフィール

  •  
レーヌスさん: レーヌスのさざめき
ハンドル名レーヌス さん
ブログタイトルレーヌスのさざめき
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/breisgau/
サイト紹介文ドイツ文学とローマ史と少女マンガ等を愛するミーハー歴史ファンのシュミ語りブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2007/03/05 16:02

レーヌス さんのブログ記事

  • 独身で意外?
  •  mixiに引用された記事から。 誰もが知る有名人の中には、結婚することなく生涯独身を貫いた人も少なくありません。そこで今回は、実は生涯独身だったと知って意外に思う有名人について探ってみました。1位 長谷川町子2位 宮沢賢治3位 上杉謙信1位は「... [続きを読む]
  • 先日の同窓会
  •  『同窓会』というタイトルの連続ドラマが話題になった時期があった。それとは無関係に『最後の同窓会』という単発ドラマもあった、私はこちらは見た、良い話だった。故・根津甚八がたいへん味のあるヤクザだった。 それはともかく、 このまえの日曜に、卒業... [続きを読む]
  • 「佳作」のニュアンス
  • mixiの「つぶやきネタ」で、「傑作とまでいかないけど佳作だと思う映画」というお題があった。 「佳作」は「傑作」よりもランクが下とされていることに抵抗を感じる。 手元の小さい辞書「三省堂国語辞典」では「すぐれた作品」とある。 しかしすぐに用例とし... [続きを読む]
  • 特捜部Q 新刊
  • 『特捜部Q 自撮りする女たち』 デンマークのミステリーの人気シリーズ『特捜部Q』の第7弾。順番通りに順調に訳されているものはけっこう少ない、このほかはスウェーデンのヘニング・マンケルのヴァランダーくらいだろうか、アイスランドのアーナルデュルのもそう... [続きを読む]
  • エーリンナ セラクリ3
  • 「ツイ4」で連載された『うたえ!エーリンナ』by佐藤二葉 の単行本が出た。「うたえ!エーリンナ 単行本」  サッポーといえば男尊女卑の古代ギリシアで名を残す唯一の女詩人として知られているが、このマンガのエーリンナも実在する人を元にしていることをあ... [続きを読む]
  • 『マタ・ハリ伝』
  • サム・ワーヘナー『マタ・ハリ伝』 えにし書房 「女スパイ」の代名詞である「マタ・ハリ」、本名はマルガレータ・ツェレ、オランダの裕福な商人の家に生まれたが、破産のため一家離散。スコットランド人将校と結婚してマクラウド夫人となり一男一女を生む(息子... [続きを読む]
  • コロッセオの誤解
  • 「名曲アルバム」 教育テレビ、いやEテレまたはNHK総合またはNHK・BSプレミアムで放送する「名曲アルバム」。ずいぶん長いこと見ているし、録画もしているので、当然ながら、去年も見たというものはたくさんある。どうせ保存するディスクは違うのだし、同じものが... [続きを読む]
  • エーリンナが単行本化 劉備徳子
  • 『劉備徳子は静かに暮らしたい』仲野えみこ ララ連載で「花とゆめコミックス」既刊3巻。まえにも言及したことはある。三国志で転生で学園ラブコメ。『アリーズ』同様、なんでそろって日本人になってるんだなどと言うだけムダ。 魏、呉、蜀それぞれ曹操、孫権、... [続きを読む]
  • 刑事ザックその他
  • 『列車はこの闇をぬけて』 ディルク・ラインハルト 児童書またはヤングアダルトに分類されている。 南米グアテマラの14才の少年ミゲルが、合衆国へ働きに行ったきりの母を追って故郷を出る。それぞれに事情を抱えている若者たちが、飢えや渇き、犯罪者たち等に... [続きを読む]
  • 「好き」と「得意」
  •  先日mixiのある記事で、「ハーブが得意でない夫は〜」という表現を目にした。私の発想では、「ハーブが得意」と言ったら、ハーブを育てること、またはハーブを使った料理が上手であること、ということになる。しかしこの文章では、「好き」という解釈しかできなか... [続きを読む]
  • もう3月だけど。
  •  三月だけど寒い日はまだ多い。今日の天気はけっこう明るい。 先月末に出た『ヘタリア』ミュージカルのCD、予約してあったのをひきとってきた。 明日はひな祭りなので、自転車の駐輪場がわりにしたコンビニでピーチ味カルピスを買った。 この季節にいつも... [続きを読む]
  • 亀さんの連載。
  • 「ツイ4」mixiの「ゲーム・アニメ」(マンガも対象に含まれる)のニュースで、「歴史系倉庫」の亀さんが、上記サイトで連載始めていたことを知った。それより先にご本人のサイトのつぶやきで予告されていたのだけどそこはいつも読むわけではないので気が付かなか... [続きを読む]