ふるちん さん プロフィール

  •  
ふるちんさん: ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
ハンドル名ふるちん さん
ブログタイトルふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/full-chin/
サイト紹介文今までになかったブログ。全てがオリジナル。一貫したテーマゼロ。日替わりのアホネタ&恋愛だのマジメだの
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2007/03/11 00:31

ふるちん さんのブログ記事

  • 『フーテンのマハ』原田マハ
  • 小説家の旅エッセイ。学生時代の友達と全国を回る。青森、岐阜、鳥取、別府、パリ、会津、京都、遠野、沖縄、神戸、アルル、福岡、ナポリ、天津。カキを食べすぎて具合が悪くなったり、須恵器を土産に買ってしまったり。金沢の割烹で死ぬほど美味い蟹チャーハンを食... [続きを読む]
  • 『龍華記』澤田瞳子
  • 範長は27年前に興福寺に来た。祖父は摂政藤原忠実。将来院主になると期待されていた。しかし保元の乱後祖父も父も失脚し、範長の立場も低いものとなった。そして院主となったのは信円、範長の従兄弟。範長を頼りにしようとしているのに、自分ははぐれ者だからと、力... [続きを読む]
  • 『変態紳士』高嶋政宏
  • 俳優によるエッセイ。舞台「エリザベート」に出ていた時に、お客さんの誰一人自分のことを観ていない、主役しか観ていないことに気づいたとか。片岡愛之助に、「今井翼はフラメンコが得意なので、歌舞伎とフラメンコのコラボをやりました。高島さんの得意技は何です... [続きを読む]
  • 『青少年のための小説入門』久保寺健彦
  • 表紙はマンガっぽいし、タイトルは、中高生向きっぽいけど、全然違う。小説が好きな大人なら(ビジネス書とか学術書とかハウツー本ではなく)、必ず楽しめる。ので、以下の、内容に触れた部分は読まないで、直接小説の方を読まれたし。私自身もどこかで書評を目にした... [続きを読む]
  • 『翼』白石一文白石一文
  • 田宮里江子は、浜松光学で営業部にいる。ずっと上司だった、城山は突然会社を辞めてしまった。本当に尊敬できる人だったのに。その後上司となった、坂巻は好きになれない人物だった。体調を崩したのでクリニックに行くと、懐かしい顔が。学生時代の親友の聖子の夫、... [続きを読む]
  • 『愛なき世界』三浦しをん
  • 文京区本郷のT大学の向かい辺りにある洋食屋「円福亭」で働く藤丸陽太。大将の作る美味い食事に魅せられ修行を始め、今では調理の一部を任せられるようになって来た。常連客たちの中で何をしている人たちだかよく分からない人たちは、実はT大学で植物の研究をしてい... [続きを読む]
  • 『国宝』吉田修一
  • 長崎の暴力団、立花組の組長権五郎は絶頂期を迎えていた。新年会には金をかけ、九州一帯の組長や家族を招き、料亭を貸し切って行なっていた。人気歌舞伎役者の二代目花井半二郎も招いていた。しかし当日対抗する組織が組長を殺しに来た・・・組長の息子は中学生の喜... [続きを読む]