『スクールコンサルタント』佐藤仁 さん プロフィール

  •  
『スクールコンサルタント』佐藤仁さん: 英会話教室の病院の待合室
ハンドル名『スクールコンサルタント』佐藤仁 さん
ブログタイトル英会話教室の病院の待合室
ブログURLhttp://englishschool.seesaa.net/
サイト紹介文『スクールコンサルタント』佐藤仁の思ったことをお話しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2007/03/21 19:42

『スクールコンサルタント』佐藤仁 さんのブログ記事

  • イベントの準備開始時期はいつから?
  • イベントの準備開始時期はいつから?■先日、プリスクールを経営している私の弟と話しをする機会がありました。そこで、今年のハロウィンの準備が昨年より早くなっていると言っていました。昨年は9月終わりから10月頭にかけてガラスにハロウィンのデコレーションを行ったようですが、今年は先週に完成させたとのこと。■さて、皆さんはイベントの準備をいつから始められていますか。「いつから始めればいいですか?」というご相談 [続きを読む]
  • 「ソフト」の部分を打ち出す!
  • 「ソフト」の部分を打ち出す!■どのような商売でも「ハード」と「ソフト」の部分があります。もちろんスクールビジネスにも「ハード」と「ソフト」の部分が存在します。具体的に言えば、スクールのハードの部分は、スクールの概要、授業料やカリキュラムなど提供するコンテンツになってきます。そしてソフトの部分は、講師、インストラクターのことになります。■製品と違って、目に言えにくい商品を扱うスクールビジネスでは、「 [続きを読む]
  • なぜ、英会話スクールを辞めたのか!
  • なぜ、英会話スクールを辞めたのか!■セミナーや初めての面談の時によく聞かれるのが、「なぜ、そのスクールを辞めたのですか?」と言うご質問です。このご質問をいただくたびに、疑問に思われるのはごもっともだと思います。2年間で30教室、6,500名の生徒を0から始めて、創ったスクールです。ちょうど、代表を辞任したときには35教室で7,500名以上のスクールにはなっていました。そこまで立ち上げて、ここからと言う時に辞めると [続きを読む]
  • 無料のものはどうですか?
  • 無料のものはどうですか?■前回のメルマガでお伝えした「プロスペクト理論」。覚えていますか。もう忘れてしまったという方のためにちょっとだけ復習です。プロスペクト理論という得をする時と損をする時で価値の感じ方が異なる事を説明した理論があります。つまり人は得をした時の喜びより損をした悲しみの方が強く残る。なので、人は損失を回避する選択をするということ。だとお伝えしました。■この理論を基に「0円」「無料」 [続きを読む]
  • スタッフを雇用する〜試用期間って何?〜
  • スタッフを雇用する〜試用期間って何?〜■私は個人事業として、スクール専門のコンサルタントを行っています。ただ、スクール経営の悩みは多岐にわたりどうしても法律に関わる問題も出てきます。そのため、そういった法律の問題にもワンストップで対応ができるように士業が集まったコンサルティング会社の代表取締役も行っています。そこで、今回はどうしても避けては通れない労働問題についてよくあるご質問からお答えしていこう [続きを読む]
  • 稼働率を考える
  • 稼働率を考える■私が考えるスクール経営における損益に関する支出の比率があります。・営業利益10%・講師料30%・宣伝広告費15%・地代家賃15%※売上高に対する比率この中で特に講師料の割合が高いスクールが多いのが現状です。なかには講師料が50%と授業料の半分となるスクールもあります。私自身の考えでは、講師の報酬は上げるべきだと考えており、高額報酬を推進しています。間違っても利益を出すために、人件費 [続きを読む]
  • あなたがやられたくないことはしない
  • あなたがやられたくないことはしない■少しモヤモヤとしたことがあったのでスクール経営に絡めてお伝えしていこうと思います。苦言にはなってしまいますが、自戒の念を込めて、お話ししますね。以前、セミナーの参加者を募集したときのことです。有難いことに、募集当初より、参加を表明していただける方が多く、すぐに募集定員になりました。また、ほとんどの方が、参加表明後、ご入金をいただけたのですが、何の連絡もなく、何の [続きを読む]
  • 0円で生徒を集める方法【実践済み】
  • 0円で生徒を集める方法【実践済み】■生徒募集、できれば安く、もっと言うならば0円で!と考えられている方もいると思います。ネットとかを見ていると、「無料で集客!」と言うキーワードありますよね。無料で集客と言う方法の多くは、ネットを使った集客が多いです。確かに無料でホームページもできますし無料でブログもできますし無料でSNSを活用することもできます。■しかし、今回私がお伝えする0円で集客をする方法はネッ [続きを読む]
  • 利益確保のために給与を下げてはいけない
  • 利益確保のために給与を下げてはいけない■スクールの3大経費は常々お知らせいている通り・人件費・地代家賃・宣伝広告費となり、これらのが全体の経費割合を占めています。生徒数の増加がなく、売上の確保が難しくなり利益率が下がってくると、どうしても経費削減をしなければいけません。入金より支出が多ければ、資金ショートを起こし資金繰りが難しくなるからです。■そういった場合、多くのスクールは宣伝広告費の削減から始 [続きを読む]
  • 特徴ではなくメリットを!
  • 特徴ではなくメリットを!■チラシやホームページを診断をしていてこれは、もったいない。と思うことが多々あります。何がもったいないかと言うと、HPに書かれていることのほとんどの主語が自スクールになっていることです。まぁ、確かに、どういったスクールかをHPに記載して、消費者に理解してもらうということは分かります。チラシにしてもそうですね。■しかし、消費者は主語がスクールである所謂、スクールの特徴には反応が薄 [続きを読む]
  • お金を借りることは悪いこと?
  • お金を借りることは悪いこと?■「お金」はビジネスを行うにおいてとても重要なもので、人で言えば「血液」のようなものです。お金がなくなるとビジネスは行えなくなってしまいます。よくお客さまに、お金は借りたほうがいいのか、という質問をいただくのですが、まず、お金が必要となる理由が重要です。主に、お金が必要となるときは・スクールが赤字である・新たに設備投資を行うといったときですね。私がスクールを経営していた [続きを読む]
  • 退会防止にはコミュニケーションだが。。。
  • 退会防止にはコミュニケーションだが。。。■スクール運営で大切なことに「生徒募集」と「退会防止」がありますね。これは皆さんも十分お分かりのことだと思います。どれだけ、良いサービスを持っていてもすばらしい、レッスンスキルを持っていてもお客さまがいなければ、全く意味をなさないです。■「生徒募集」と「退会防止」は本来両輪ですが、生徒募集に強いスクールは、退会防止に弱い傾向はありますね。私の持論ですが、生徒 [続きを読む]
  • 無料でも使えるものはある!
  • 無料でも使えるものはある!■開業したばかり売上が思うように上がらない売上が落ちてきているこういった場合、できる限り費用をかけずにスクール運営を行おうとしますよね。先立つものがない場合、費用もかけられないです。そうすると、人も雇えないから雑務を含めてすべてを自分で行ってしまう。本当はもっとやらなければいけないことがあるのにそこまで手が回らない。。。。■だんだんとお客さまが増えてきて売上に目途がついて [続きを読む]
  • 教育産業市場に関する調査を実施
  • 教育産業市場に関する調査を実施■矢野経済研究所が「教育産業白書 2017年版」を発表しましたね。結果を少しシェアしたいと思います。【調査結果サマリー】◆2016 年度 教育産業全体市場(主要 12 分野計)は前年度比 0.6%増の 2 兆 5,162 億円、主要 12 分野のうち、学習塾・予備校、資格取得学校、英会話・語学学校など、市場拡大は 7 分野◆2016 年度 学習塾・予備校市場は前年度比 0.5%増の9,620 億円、競合状況の激化によっ [続きを読む]
  • 講師を外注に!
  • 講師を外注に!■講師を外注で行いたいと考えているスクールもあると思います。税務上で言えば「外注費」なら消費税の計算上消費税分が控除できます。「給与」だと消費税の計算上も控除ができません。また、労務上で言えば「外注」は個人事業主となりますので労働基準法の適応はありません。さらに、健康保険や雇用保険等の社会保険の加入や残業代の支払や福利厚生を考えなくてもよくなります。■会社からすると、税務上や労務上の [続きを読む]
  • スクール名に拘り過ぎ??
  • スクール名に拘り過ぎ??■あなたのスクールの名前は何って言いますか?突然な質問で申し訳ないですが、スクールの名前はどのように決めましたか?きっと、スクールを立ち上げる時の思いを名前にした方もいるでしょう。独立をしたら、この名前にしようと考え付けられたスクール名もあるでしょう。■では、あなたのスクール名は何をやっているところか消費者の方が分かるようになっていますか?いろいろな思いを込めたスクール名。 [続きを読む]
  • 何とかなるし、何とかできる!
  • 何とかなるし、何とかできる!■私のところへお越しになる方は、「ホームページに載せる内容が思いつかない」「ブログで集客したいんだけど、どうすればいいのか、分からない」「Facebookに何を投稿すればいいのか分からない」「今後、どのようにすればいいのか分からない」と言った、先が見えなくなったり、次の行動をどうすればいいのか、分からなくなったりしているケースが多々あります。■簡単に言えば、方法論で詰まってしま [続きを読む]
  • 公式メルマガ7月の配信内容
  • スクールコンサルタント佐藤仁 プロフィール>> http://www.no-border.com/profile/profile.html…………………………………………………………………………………………■ごあいさつ■■独自配信メルマガへの再登録のお願い■…………………………………………………………………………………………お疲れ様です、スクールコンサルタントの佐藤仁です。いつもメルマガを愛読頂きありがとうございます。―――――――――――― [続きを読む]
  • 部署・部門間で壁はないですか?
  • 部署・部門間で壁はないですか?■個人ですべての業務を行っていると起きないのですが、少しずつ規模が大きくなると起こり始めてくることがあります。それが、部署や部門間での情報共有が難しくなるということです。私の経営していたスクールの場合でもなぜか、壁ができていました。成人と子ども部門での壁は、講師が同じであるということもあり、情報共有もでき、壁は存在していませんでしたが、、、営業部と教務部での部署間には [続きを読む]
  • 人が人と接すること
  • 人が人と接すること■私の家の近くに24時間営業のジムができました。24時間営業なので、さすがにスタッフはずっと滞在してることはないようです。ただ、マシンは充実しているようです。自分で自分をしっかりと管理できる方には時間の制限がなく、自分の思ったタイミングで通うことができるこういったジムはマッチしているでしょう。■自分で学習する人には施設の提供と言うキーワードは重要だと思います。たとえば、学習塾であれば [続きを読む]
  • 差別化を2つ以上持つと加速する
  • 差別化を2つ以上持つと加速する■「差別化」「強み」このメルマガでも何度もお伝えしているキーワードです。私のメルマガ以外でも、たとえば、セミナーに行けば「あなたの強みは何!」と聞かれたり「他のところとの差別化は!」と確認されたりして何度も耳にしていることだと思います。■「強み」≠「差別化」ということもすでにお分かりの方もいると思います。どれだけ自分の強みを明確化してもすぐ近くの同業スクールが同じ強み [続きを読む]
  • 公式メルマガ6月の配信内容
  • スクールコンサルタント佐藤仁 プロフィール>> http://www.no-border.com/profile/profile.html…………………………………………………………………………………………■ごあいさつ■■独自配信メルマガへの再登録のお願い■…………………………………………………………………………………………お疲れ様です、スクールコンサルタントの佐藤仁です。いつもメルマガを愛読頂きありがとうございます。―――――――――――― [続きを読む]
  • ビフォー・アフター・アフター
  • ビフォー・アフター・アフター■前回のメルマガで、お客さまが教室に通うことにより、得られること、得られたこと。さらにお客さまが教室に通い得られたことがどのようになったか、というアフターが分かるようになるといいですね。もっと言えば、アフターのアフターまで分かるといいです。とお伝えしました。その後、「アフターのアフターって何ですか?」と言うご質問を何件かいただいたので、今回は、「ビフォー・アフター・アフ [続きを読む]
  • 経営者には業界経験が必要?
  • 経営者には業界経験が必要?■スクールを起業される方のなかにこういった質問をされる方がいます。「経験者でないと無理ですか?」「一度、業界で仕事をしたほうがいいですか?」と言った質問です。私からの答えは、「経験者でなくてもできますよ!」「業界で仕事をできるならしたほうがいいですよ!」と言うものです。■つまり、経験者でなくてもできますが、業界で仕事をした経験があったほうがいいと言うことです。ガッツリと講 [続きを読む]