nakane2007 さん プロフィール

  •  
nakane2007さん: 株ブログ20年現役ファンドマネージャーの株式情報
ハンドル名nakane2007 さん
ブログタイトル株ブログ20年現役ファンドマネージャーの株式情報
ブログURLhttp://kabublog.jp/
サイト紹介文ファンドマネージャーコンテスト優勝者の株ブログ。リアルタイム公開証明では本年利益683万円。
自由文投資アドバイス・儲ける方法と株式情報。
現役ファンドマネージャーから秘密を盗む。
深い深い相場の話。最新統計学からFX、デリバティブまで、ありとあらゆる分析方法と人生の話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供559回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2007/03/21 21:30

nakane2007 さんのブログ記事

  • 株ブログの今週の相場展望・NYダウの重要ポイント
  • 先週は、結局レンジで落ち着きを取り戻した市場にみえたが、これは戻りの日柄であったこともある。が、しかし、週足でトレンドに変調があったことには変わりない。NYダウ チャート1 週足NYダウ チャート 日足日足では25274ドルが分岐点。しかし、重要なのは、週足で、まだ、売り転換となっていない、移動平均線の動き。26週線を維持しているので、ドレンドは残っていて、ここからどうなるかで、前回までは、移動平均線が [続きを読む]
  • 株ブログ・おすすめ銘柄の動き・相場状況まとめと明日の焦点。
  • 乱高下していると、どこまでが、本当のトレンドに発展する一本なのか、が極めて明確にわからない。大きな陽線も、陰線も、株価チャート上の小さなうねりの中に現れるので、そこからは何もわからない。ただ、移動平均はそれなりの価値を持っていくのが相場の常であり、それは、乱高下の相場にも言える。昨日の夕方の安値から、一気に高値に持ってきて、それは今回300円幅、と小さいとは言えないが、昨今の相場ではそれは、ノイズの [続きを読む]
  • 一声500円の相場で、何を考えるか?変動の多い相場において必要なこと。
  • 世の中には、ロスカットマニアがいる。もちろん、ロスカットは必要だが、あまりにそれにこだわって、結局、ロスカット取引を一番多く行う。それは、それで、気持ちの良いモノだが、資産は増えない。なぜなら、儲かる確率と、ロスカットする確率を、儲かる場合<ロスカットする場合としてしまうからだ。いつも言っているように、こんな例がわかりやすい。利食い100円 ロスカット50円なら、なんとなく分かる。では、利食い10円 ロ [続きを読む]
  • これからが問題、今回の動きの背景と対策。
  • 今回のような大きな動き=それでもまだ大きいとは言えない、があると、そのために準備が必要だ、ということは分かります。その準備とは主に心の準備です。まず、準備が必要だ、ということを理解しなければなりません。そのためにこの動画をご紹介しました。暴落で簡単に利益が手に入るわけではありません。投資家の努力、忍耐、勉強、そして、強い心も必要です。天から降ってきた利益でないからこそ、それは続くものです。上がる銘 [続きを読む]
  • 正確にナスダックの動きを真似た市場。なので今日の夜が問題。
  • ここのところの安値から立ち上がる系の動きはNY市場をまねたものだ。まだ各市場とも問題を抱えて崩れるほど、大きな展開にはなっていない。そこがいい意味でも、悪い意味でも、重要なポイントだ。だれも、今回は違うとまだ思っていないし、だれも、下値を買わない、とは思っていない。もし、違いがでるとすれば、株式市場以外のマーケットに変化が見えるときになる。それは債券である、はずであるが、まだ初期波動で売られている [続きを読む]
  • 不穏な空気はまだ続いている。ナスダックとVIX。
  • いまチェックしなければならないのは、いつもと同じか否か。ここまで、言ってみれば、必ず、下値で買いものが入り、またまた、意味のない、過熱感のない上昇に戻ってきました。これで続いてるからこそ、いつもVIXの上げは5日しかもちません。そのVIXは今日で4日目の上げでした。VIXチャート 日足ともかく、いつもの(前回は6月)ように、5日で不安は去り、落ち着いた相場になり、買い方としては、柳の下にどじょうが10 [続きを読む]
  • 売っている人はほとんどいない。なぜいつもそうなるのか?
  • 天井圏での動きを詳細にシナリオを提案しようが、10月がそうであるかも知れないと思っていようが天井で売る人はいない。NYダウが、ナスダックが、史上最高値を付けれっば、買っていくだけだ。日経平均先物は24,300円で買った人はいても売った人はいない。(LINE版詳細はここ) LINE版ダイレクト登録はここLINEでといっても実際には、買う人はいるが、売る人はいない。無鉄砲な、と表現されるにとどまる。それはもと [続きを読む]
  • そもそも、投資の勉強に必要なものは、論理と心理である。投資講座は
  • その線ですすめられます。ですから、どこにもない話、どこにもない検証、どこにもない提案があります。それも、リアルタイムの相場観測付きです。今、割引もあります。まず、どんな教材が見てみましょう。http://www.888.co.jp/88.htmlそもそも、セミナーや、本、情報で儲かっていたら、このブログは読んでいませんね。そもそも、絶対儲かる本で、儲かるなら、その本は、売られていませんね。長期的にほぼ、ほとんど儲かる方法はあ [続きを読む]
  • トップは一回では決まらない。週足では、下値抵抗ポイントの上。
  • 日経平均は、4週間ぶりの陰線となったが、下値抵抗ポイントで止まっており、トレンド自体がくずれた訳ではない。ただ、ここままでの上昇で、その理由がなかったため、下げにも理由は本来いらない。今度崩れるときは、ドルも売られる。ただ、週足では、相当大きな陰線が出ないと転換とならないため、この下の抵抗ポイントを注視、しばらくない。また、とどまるなら、23,665円。さらにパラボリックでの具体的な転換ポイントは投資講 [続きを読む]
  • 転換点に近づいた。パラボリック。
  • NYダウが、強引に27,000ドルを目指した過程での大きな変動に過ぎない。というのが、チャート上での観測となる。つまりは、まだトレンド転換までにいたっていない、ということ。前回までも、もう少し下がっての反発であったので、この程度ではびくともしない。とみんな思っているから、びくともしない。そして、これが数回繰り返されて最後は天井から、ピークアウトが明確となる動きになる。まだ日柄が早いので、逃げ場もある。さ [続きを読む]