QLife さん プロフィール

  •  
QLifeさん: QLife 健康・医療の記事
ハンドル名QLife さん
ブログタイトルQLife 健康・医療の記事
ブログURLhttp://www.qlife.jp/square
サイト紹介文QLife編集部が健康と医療に関わる様々な「ヘルスケアニュース」を発信します。
自由文・特集
気になる病気のあれこれを解説いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/feature

・マンガで読む病院イイ話
医院に寄せられた患者さんの声を漫画でご紹介いたします。
http://www.qlife.jp/square/category/manga

その他にも健康にまつわる情報が盛りだくさん!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/03/23 12:50

QLife さんのブログ記事

  • 乾癬の患者さんのホンネが分かる!Web公開講座が再放送
  • 患者さんの「もう一度見たい!」に応えて画像は「乾癬治療net」より 日本での患者数約43万人と推計されている皮膚の病気、乾癬。皮膚に赤く盛り上がった紅斑(こうはん)が発生し、その上を銀白色の鱗屑(りんせつ)がかさぶたのように覆います。「かんせん」という言葉の響きから人から人へ感染すると誤解されることがあり、また、その外見的な特徴から人目を意識した生活を送っている患者さんも多くいます。 日本イーライリリ [続きを読む]
  • 診断まで平均13.8年 知っていれば悲しみを防げる病気・HAEとは
  • 女性患者では、生理痛や子宮内膜症と診断されるケースも九州大学別府病院病院長 堀内孝彦先生と患者のみなさん 5万人に1人の割合で患者がいるとされる希少疾患・遺伝性血管性浮腫(HAE)。遺伝子異常により、C1インヒビターというたんぱく質がうまく働かないことが原因で、顔や手足、腸などに突然腫れが起こる疾患です。日本国内で約2,600人の患者がいると推計されながらも、実際に治療を受けている患者は450人ほどにとどまって [続きを読む]
  • 10代から発症リスクが!?眼の現代病「スマホ老眼」の原因と予防法とは?
  • 「手元の文字が見えづらい」「夕方になると物が見づらくなってくる」……こんな症状を感じたことはないでしょうか。最近20〜30代の若い世代でも老眼のような症状を感じる人が増えています。この症状は、スマホ世代に多いことから「スマホ老眼」と呼ばれ、問題となっています。スマホ老眼はどんな人に起こりやすいのか、対策はあるのか、スマホ老眼に詳しい二本松眼科の平松類先生に話を伺いました。平松 類(ひらまつ るい)先生医 [続きを読む]
  • 高齢になってから発症するてんかん。認知症と間違われることも
  • けいれんを伴わず「ボーっとする」など目立たない発作が多い高齢発症てんかん札幌医科大学医学部神経内科講座教授下濱俊先生 患者数が約100万人と推定されるてんかん。神経内科とともに小児科で治療するイメージが強いてんかんですが、患者さんの約3分の1を高齢者が占めていることはあまり知られていません。高齢者のてんかんには、小児期や青年期にてんかんを発症した患者さんが完治せずに年齢を重ねた場合と、高齢者になってか [続きを読む]
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)ってどんな病気?
  • 手のひらや足の裏に生じる皮膚の慢性疾患愛媛大学大学院医学系研究科 分子・機能領域皮膚科学准教授 村上正基先生 手のひらや足の裏に、膿(うみ)が溜まった小さな膿疱(のうほう)ができる皮膚の病気・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)。かゆみやひび割れ、痛みを生じることもあり、周期的に良くなったり悪くなったりを繰り返します。 なかなか見慣れない漢字が並ぶこの病名ですが、有名女性タレントが闘病したことで「 [続きを読む]
  • てんかんは「珍しくない、難しくない」病気
  • 成人てんかんの専門医不足が深刻化東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野神一敬先生 てんかんは、発作を繰り返し起こす大脳の慢性疾患で、1人の人にほぼ同じ型のてんかん発作が繰り返して起こります。「有病率は約0.5〜1%と決して珍しい病気ではなく、また約70%以上は発作が消失し、病前の生活ができます」そう語るのは、東北大学大学院医学系研究科 てんかん学分野の神一敬先生。「にもかかわらず、運転や就労、結婚・出 [続きを読む]
  • 推定患者数1000万人以上!爪水虫(爪白癬)の症状・原因・治療法は?
  • 爪水虫(爪白癬)とは爪白癬(つめはくせん)は、真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が爪のなかに感染して起こる感染症です。白癬とは、いわゆる「水虫」のことで、爪白癬のほかに、足白癬(水虫)、手白癬(手の水虫)、頭部白癬(しらくも)など、病変の部位により分類されます。爪水虫の症状爪水虫の原因爪水虫の感染経路と予防法爪水虫の罹患者数・年齢医分布爪水虫の診断爪水虫の治療爪水虫患者の予後爪水虫(爪白 [続きを読む]