TAJIMA さん プロフィール

  •  
TAJIMAさん: 元玉川田島クリニック院長 私のブログ
ハンドル名TAJIMA さん
ブログタイトル元玉川田島クリニック院長 私のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tt_c/
サイト紹介文フリーの立場となったので、患者さんや先生方に対しての有用なことや示唆など書いていきたいですね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2007/03/29 02:07

TAJIMA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 美肌菌
  • 先日、NHKのBSプレミアムで「発見!美肌菌 “自分力”を活かす最新お肌術!」という番組をやっていました。医師の私も非常に興味深い内容だったのでお知らせいします。常在菌という私たちの体の表皮を覆っている菌群を総称してそう呼びます。その菌の中で「表皮ブドウ球菌」と呼ばれる菌に「グリセリンを分泌し、肌を保護して水分を保つ作用があります」そこでこの表皮ブドウ球菌を「美肌菌」と命名したそうです。つまり美肌菌を [続きを読む]
  • どのように肌を整えればいいのか?
  • 肌を整える!「ためしてガッテン」なら体操やストレッチかな?それともどこにでもある食材を摂取する?「ビオフェルミン」つながりで乳酸菌そうヨーグルトを肌に塗る!!ヨーグルトを肌に塗るあながち悪くないです。広義のピーリングです。そして有名な美容法の一つです。そこは医者出身それも美容医療やってますからピーリングがおよそ正解。およその意味はピーリングは様々なものがあります。基本、皮膚にダメージを与えて皮膚の [続きを読む]
  • さてどうしましょう?肌
  • 小学生のころ、乳酸菌薬の「ビオフェルミン」の効能書きに「下痢」と「便秘」に効くと書いていたのを今でも覚えています。全く反対の症状じゃないか???その後よく考えたら下痢と便秘は共に腸の異常で起こることだから整腸すれば良くなるってことなのだと気づきました。肌もそうです。整腸ならぬ「整肌」をするということです。それでは、どのように肌を整えればいいのか? [続きを読む]
  • やはりアンチエイジングの要諦は「肌」で考えます。白く張りがあれば若いです。なので「肌」それをどう維持改良していくか。ことアンチエイジングに関して、手術はどうしても取らないといけない目の下の脂肪や目の皮膚のたるみなどの物理的なこと以外では必要なく、「肌」という観点からは考えなくていいと思います。さてどうしましょう? [続きを読む]
  • 肝斑
  • 肝斑は頬骨の上や眉の上の骨などに左右対称にできる色素沈着です。その正体は炎症性の色素沈着だと思います。日焼けして肌が黒くなるそれです。女性ホルモンは関係ないように思います。でも男の人になる人いないじゃないか?って反論が来そうですが・・・それでは肝斑が炎症?それは化粧を落とす時や洗顔をする時に強く擦るからです。30代から多いってのはそのころから化粧を濃くするためそれを取るのに擦りすぎるからです。なら [続きを読む]
  • アルコール感受性遺伝子
  • アルコールに対しての強さは遺伝で決まります。気合や根性ではないです。私は弱いです。が全く飲めないのではないのですが下記の結果項目によるとALDH2の欠損となります。『アルコール感受性遺伝子分析キット』顔が赤くなります。フラッシング反応が起こります。昔はよくそのことを揶揄されました。訓練が足りないとか気合が足りないとか。でも遺伝子で決まっているのです、限界があります。そのような前近代的なことを言う人には [続きを読む]
  • ブルー・オーシャン戦略
  • あるビジネス書に出てくる経営戦略論がブルー・オーシャン戦略というのがあります。「ブルー・オーシャン」の対語として「レッド・オーシャン」がります。その意味は?競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」で、競争のない未開拓市場を「ブルー・オーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」ということです。つまりブルー・オーシャンを探してそこで勝負しましょうということで [続きを読む]
  • 患者さんと先生へのヒアルロン酸注入における注意点
  • 患者さんも先生もヒアルロン酸注入をなめてませんかね?簡単?そりゃ注射だしね、ピストンをギュッと押すと注入できるからね、簡単!それでいいのかね?ヒアルロン酸の原価ってモノにもよるが一本およそ7,000〜10,000円クリニックの中には小分けして一本とか言う悪さするとこもあったりするし。そんでもって患者さんが払う価格がピンキリ。なのでその差額が技術料。私が上手!と言ってるわけではないが、その深さ入れちゃ可笑しい [続きを読む]
  • アンチエイジング学
  • アンチエイジングは今や「アンチエイジング学」とした方がいいと考えます。総論のように細胞から見た目まで幅広い言い回しですが。勿論、私たちの興味は見た目のアンチエイジング学です。そのクリニックが「アンチエイジング」を得意にしているどうかわかる方法があります。そうです。そのクリニック院長がそう見えるかどうかです。本物の施術なら必ず自分自身でやります。つまり院長が一番のモデルです。なので実際に会いに行きま [続きを読む]
  • 機能性化粧品成分
  • 薬事法で以下のように化粧品が定義されています。-----人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。-----効果を強くうたえませんが機能を持ち合わせて効果がるのがちょくちょくあります。しかし効果あるなら薬品にすれば?となるのですが薬品にする [続きを読む]
  • フェイシャルエステ
  • ラクトピールの評判がいいです。なのでふと考えました。これをクリニックやエステさんに売るんじゃなくて自分でやったら?クリニックの開業経営はもう十分やりましたので今度はフェイシャルエステをこのラクトピールを使ってやれるんじゃないかな?ラクトピールは医薬品でないので可能です。追伸個人用のラクトピールを出すことになりました。 [続きを読む]
  • ニキビ・ニキビ跡の治療
  • 美容皮膚科においてニキビや特にニキビ跡の治療の相談は多いですよね。普通の皮膚科でも湿疹の次に多いのではないでしょうか?治療としては抗生剤やピーリングそして抗男性ホルモン療法一長一短に思われます。ニキビ跡に至ってはフラクショナルレーザーにフォトRF患者さんにしてみれば費用対効果かから考えると??そこでラクトピール使ってみては?参考に二子玉川美容外科クリニックでのラクトピール治療ニキビにもいいのですが [続きを読む]
  • エドウィン・ハッブル
  • ハッブル宇宙望遠鏡の名前の由来となった「エドウィン・ハッブル」  彼は幼少期から天文学に魅せられていましたが大学卒業後、父親の強い要望で天文学の道を諦め、法律の道を進むこととになります。しかし、彼は25歳になってから再び天文学の道に戻ります。そしてこう述べています。「天文学は聖職に似ている。人は召命なくして天文学の道に進むべきではない。そして私はまぎれもない召命を受けたのだ。たとえ二流、三流にしかな [続きを読む]
  • 過去の記事 …