lotus さん プロフィール

  •  
lotusさん: 今日のハナミチさん
ハンドル名lotus さん
ブログタイトル今日のハナミチさん
ブログURLhttp://cats.lotus-design.jp/
サイト紹介文我が家の3匹の猫、お隣さんの2匹の猫、その他の猫の徒然日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/03/30 00:40

lotus さんのブログ記事

  • 猫の種類シリーズ 07
  • キムリックキムリックの歴史しっぽのない猫で知られるマンクスは、イギリスのマン島にいた猫の突然変異種と考えられており、18世紀ころからその存在が伝えられていました。キムリックはマンクスの長毛種で、古い時代から時々生まれることがあったようです。世界中の貿易船がマン島に立ち寄った際に置いていった猫が土着化したものだと言われています。その後マン島やイギリス、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ等の周り [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズ 06
  • オリエンタルショートヘアオリエンタルショートヘアの歴史オリエンタルショートヘアは、シャムを基礎に1950年代に作出された比較的新しい種です。第二次大戦などの影響を色濃く受け、猫犬などペットたちは食糧難などにより世界中で激減していました。そこでブリーダーたちが立ち上がり、1950年代にシャム猫をブリティッシュショートヘア・ロシアンブルー等と交配させて生み出したのがオリエンタルショートヘアです。数世代後、ポイ [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズ05
  • オシキャットオシキャットの歴史シャム、アビシニアンの交配から誕生したこの猫こそ、オシキャットです。この偶然生まれた子猫はトンガ名付けられ、オシキャットの第1号とされています。その後に他のブリーダーたちも同じように交配を行いアビシニアンとサイアミーズ、アメリカンショートヘアーとも掛け合わされ、現在のような体型のオシキャットになり、今に至ります。オシキャットの性格子猫のときは人見知りで野生的な面が垣間 [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズ04
  • エキゾチックショートヘアエキゾチックショートヘアの歴史短毛のペルシャ猫を作りたいというブリーダーの要望で1950年代に作り出された品種です。誕生60年程という猫の歴史としては新しい種類の猫ちゃんのようです。様々なブリーダーがペルシャ猫の短毛化や銀の毛色を作出する目的で異種交配を試みました。しかしその数多くは失敗し、突然変異が伴い不実な繁殖が横行していたと言われています。この頃エキゾチックショートヘアは横 [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズNo.3
  • アメリカン・ワイヤーヘアアメリカン・ワイヤーヘアの歴史1966年、ニューヨーク北部のある農家で、アメリカン・ショートヘアの数匹の子猫の中に、1匹だけ被毛の縮れた不思議な子猫が混じっていました。あるブリーダーがこの猫を譲り受け、ここからワイヤーヘアの猫の繁殖を始めたそうですが、他に同じ様な出生例がなく、後には「アダム」と名付けられ、まさにこの子が現在に至る全てのアメリカンワイヤーヘアの祖先なのだそうです [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズNo.2
  • アメリカンボブテイルアメリカンボブテイルの歴史アメリカンボブテイルは、猫の中で最も品種の新しい猫だそうです。「短尾なメインクーン」と言われることもあります。尻尾が丸く珍しい模様の猫に興味を持ったサンダース夫妻が、飼っていたシャム猫と交配させ、産まれてきたのは全て尻尾の丸い子猫だったことから始まったようです。アメリカンボブテイルの性格見た目のワイルドさに反し、おとなしく人懐こい性格のようです。運動量 [続きを読む]
  • 猫の種類シリーズNo.1
  • 最近ペットシッターさんとお話しした時に、サビ猫は女子しかいないとか、瘦せ型が多いとか、色々な情報をいただきました。他の猫も様々な性格があるのだと思い、ちょっと一通り調べてみることにしました!ではアイウエオ順で「あ」から行きます!アビシニアンアビシニアンの歴史アビシニアンはとても美しい猫ですが、約4000年前の古代エジプトの壁画や彫刻に描かれており、現存する家猫の中では最も古い猫とされています。あのクレ [続きを読む]
  • リーシュマニア症 続き
  • 前回は熱帯・亜熱帯・南ヨーロッパなどで感染しやすい「リーシュマニア症」について書きましたが、治療法などについても調べましたので、追記致します。まず、犬の場合ですが、猫と異なり、犬がリーシュマニア症を発症した場合はほとんど内臓型を引き起こします。臓器にリーシュマニアが感染すると、食欲不振や体重減少などの症状がみられるようになり、重症化すると肝臓や脾臓に腫脹が起こるようになります。重症化した場合はしっ [続きを読む]
  • リーシュマニア症とは
  • 前回は狂犬病について書きしましたが、調べていた時にちょっと出てきた「リーシュマニア症」というのが気になっていましたので、今回はこちらについて書いてみたいと思います。リーシュマニア症とは寄生原虫の一種のリーシュマニアが、非常に小さなサシチョウバエ類に媒介されて感染する寄生虫症です。日本ではあまり感染の危険はありませんが、熱帯・亜熱帯・南ヨーロッパなど90カ国以上の地方で広く見られているようです。約1200 [続きを読む]
  • 狂犬病とは
  • 去年、今年と東南アジアに行く機会があり、これからも趣味でやっている商品の購入などで、行く機会が増えそうなので、前々から気になっている「狂犬病」について調べてみました。先日の記事にも書いた通り、カンボジア、ベトナムの犬は放し飼いです。どんなに大きい幹線道路でもです(笑)。そんな中で育ってきている犬達ですが、人に噛み付いたり、寄っていくことはないのですが、一応何があるかわからないので、調べておくことに [続きを読む]
  • 今年も宜しくお願い致します
  • みなさん、少し遅くなってしまいましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。今年は年始から早速家をあけてしまい、その間3回ペットシッターさんに見に来て頂きました。1日おきに来ていただきましたが、その日の様子をメールにてご連絡頂きましたので、とても安心して旅先でも過ごすことができました。案の上、つっぷしさんはすぐに慣れたようで、ペットシッターさんの足元に頭突きを連打し [続きを読む]
  • 今年も残り少なくなりました。
  • 今年もあと3日ですね。本当にあっという間!いよいよ休みだー?とワクワクしているのが今のうちですよね。あっと言う間に年が明けて、またいつものように忙しい毎日が始まるわけです(笑)楽しむのは今のうちですね!(すごいネガティブ発言!)今年も色々ありましたが、やはりみんなが健康でいられるのが1番ですね。アサガオくんも一時期、尿路結石で悩まされましたが、ここ最近は発症もなく落ち着いています。よかったです!私も [続きを読む]
  • ペットシッターさんがいらっしゃいました
  • 年始に少し長い日数家を空けるのですが、今回初めてペットシッターさんをお願いすることになりました。そこで先週の土曜日に、ペットシッターさんがお打ち合わせにいらっしゃいましたので、その様子を書いてみたいと思います。ペットシッターさんですが、とても元気(とてもハキハキしていました!)で、明るく、動物たちに優しいという印象の女性の方でした。ペットシッターサービスは一人でされているようでしたが、きちんと「動 [続きを読む]
  • ペットシッターについて
  • 年始に5日間ほど、家を空けることになりました。この期間は誰もいなくなるので、ついにペットシッターさんにお願いすることになりそうです。この地域を対応してくれているペットシッターさんのようですが、とにかく1度もお会いしたことがないので、今週末に家に来てくださり、お顔合わせも兼ねて打ち合わせをする予定です。その時の内容はまた後日記載しますね。ペットホテルかペットシッターさんか迷ったのですが、うちは頭数が多 [続きを読む]
  • 避難用キャリー
  • 先日はいざという時の為の、猫の避難グッズなどについて書きました。そういえば、病院へ行く時にそれぞれをキャリーに入れて運ぶだけなので、うちにはキャリーが一つしかありません。それもつっぷしさんにボロボロにされ、1箇所穴が開いて、そこを布でカバーしているというなんとも頼りない感じです。これではいざという時困ると思い、何か避難用に適したキャリーを準備しようと思いました。また、そのうち海外にも行くかもしれな [続きを読む]
  • 猫との避難用品、準備していますか?
  • 最近また東北で大きな地震がありましたね。東日本大震災の後は、比較的防災グッズなど常備する様になりましたが、ペットの避難用グッズも揃えておかなくてはなりませんね。ということで、猫に必要な防災グッズを調べてみましたところ、以下のようなものが必要になるようです。・普段から食べているフード(最低3日分)・飲用水(人間用とは別にペットボトル1本〜)・トイレグッズ(猫砂やトイレシート・消臭剤)・ビニール袋・使い [続きを読む]
  • クリスマスの時期がやってきますね?
  • 最近は寒さも本格的になってきて、明日はなんと雪マークが出ていますね。クリスマスの季節も近づいてきましたし、そろそろ今年のクリスマスプレゼントを考えないと!ショッピングなどをしていると、よくワンちゃんはクリスマス仕様の服などを着ていますよね。昔、ハナミチくんも散々コスプレをさせられていました(笑)その写真がこちらです。サンタ服を着せられ…。ふて寝…。こちらもサンタにさせられていますね。なんだろう、マ [続きを読む]
  • 狂犬病予防注射について
  • 今週からぐっと寒さが冷え込んできましたね。我が家では猫達がピタッと寄り添ってくるので、「甘えてるのかな?」と思いきや、「なんだ、暖をとってるのか」とがっかりすることが多い日々です(笑)夜も深夜になると、頭付近をちょいちょいして、「寒いんだけど」とアピールしてきます。そして布団を上げると、中に入ってきて、足元の方で寝ています。こちらも結構暖かいので、持ちつ持たれつですね!(笑)最近はペットの引越し情 [続きを読む]
  • ペットの輸送規定がある国
  • 最近は猫同伴で海外へ移住したいという妄想に浸りまくっておりますが(単に現実逃避したいのでしょうか?)、色々調べていくと、輸送に規定がある国があるようですので、記載してみたいと思います。下記の国々(指定地域)に動物が入国する場合、航空機でのペット輸送について規定を設けてあるようです。また、航空貨物(カーゴ)でペットを輸送する場合は、輸出入における通関(税関申告)手続きが必要となります。■オーストラリ [続きを読む]
  • ペットを機内持ち込みできる航空会社
  • 前回は、ペットと海外へ出国する手続きについて書きました。手続きについてなんとなくわかったので、後は航空会社の選択になりますね。やはりできれば一緒に機内で過ごしたいのですが、それができる航空会社、できない航空会社があります。少し調べてみましたので、こちらに記載いたします。■ユナイテッド航空(United Airlines)機内への持ち込みが可能なペット:犬、猫(小鳥、ウサギなどは事前の確認が必要です。)(グアム、 [続きを読む]
  • 海外で生活することになったら?
  • 実は私は昔から海外でも一度は生活してみたいな〜と感じていました。人生どうなるかなんてわからないし、2年くらいなら海外で生活してもいいんじゃないかと、最近本気で考え始めています。(誰も止めないと思うんですけど、本人が一番不安でもあります笑)そこで大きな問題の一つ、猫たちをどうするかです。うちは3匹!一度では引っ越しできなそうですね…。とりあえず、海外移住する場合の手続きなど調べてみました。出国当日、 [続きを読む]
  • 長期不在、どうしていますか?
  • 皆さんは、旅行などで長期で家を開ける時、猫ちゃんたちはどうしているのでしょうか?我が家では、ほとんど1泊で帰宅することが多く(もっと出かけたいのですが、やはり心配でこうなっちゃいます)、一度だけ1週間近く家を開けた時は、両親が見に来てくれていました。今はペットシッターやペットホテルなどのサービスがあるので、そういったものを利用するのも良いですよね。ペットホテルのイメージですが、なんとなくケージが並 [続きを読む]
  • 猫のお土産
  • 皆さんの御宅の猫ちゃんは、何かお土産を持ってきてくれたことはありますか?普段外へ出ない猫ですと、あまりそういった機会もないことと思います。うちもハナミチくんがいた時は、それはそれは色々なお土産を持ってきてくれました。以前一人暮らしをしていた時ですが、そこは東北の田舎の方でしたので、よくネズミをお土産に持ってきてくれていましたね(汗)おそらく両手で数えきれるかきれないか…くらいの回数です(笑)それか [続きを読む]