ミセスサニー さん プロフィール

  •  
ミセスサニーさん: サンルーム
ハンドル名ミセスサニー さん
ブログタイトルサンルーム
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sunroom2007
サイト紹介文庭遊び、生け花、ドライフラワーとあおき式プランツギャザリングの紹介を写真にしています。
自由文花束みたいな寄せ植え、プランツギャザリングのレッスンを岡山県で行っています。今までの常識とは違う斬新で魅力的なお花の楽しみ方を皆さんにご紹介したいと思っています。詳細はサンサンガーデンルームをご覧ください。http://ww9.tiki.ne.jp/~sh99/lesson/lesson.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2007/03/30 01:15

ミセスサニー さんのブログ記事

  • サンゴジュの実
  • サンゴジュは生垣に植えられる常緑樹。レンプクソウ科ガマズミ属で日本に自生するそうです。あまり気にしたことがなかったけれど、今年はいつになく実がきれいで、なるほど「サンゴ」みたいだと納得しました。8月のこと。・・・・・今年の写真を整理中。 [続きを読む]
  • セミの羽化
  • 7/16 の話です。夕方、通路の足元の雑木にコルク栓みたいなものが付いていました。よく見るとセミでした。このまま出てきて大丈夫〜?!きれいな色〜と思うより前に、ちょっと笑えました。 [続きを読む]
  • たまに最新ガーデンフォト
  • マクロではないけどボケるし、ピントが、とても良い。茎に合ってるけど・・・??カラミンサ?メハジキヒオウギ大のお気に入りなのでなかなか切れない、タケニグサホトトギスヒメユリの実ヤブヘビイチゴ、らしいトラディスカンディア・シラモンタナシュウメイギク、下から透かして見える時がきれい [続きを読む]
  • シダを飾る
  • 観葉植物にシダを使ってギャザリングの手法で植えました。冬越しや、置き場所、水加減を知りたいと思います。葉の形は繊細なものからダイナミックなものまで、色も微妙なグリーンがあります。シダばかりのパターン。タマシダに似た、ネフロレピス・コルディフォーリア・ダフィー(ツルシダ科タマシダ属)とプラティケリウム・ビフルツカム・ネザーランド(ウラボシ科ビカクシダ属)の部分アンスリウムなどと、青みがかった葉の [続きを読む]
  • 夏の手付き綱木紋鉢
  • 6月に植えた白い綱木紋鉢の手付き鉢です。斑入りのノブドウ、斑入りのコゴメウツギと夏の草花を盛り込みました。6/117/12〜228/169/1310/2ジニアは二番花以後とても小さくなりました。アンゲロニアは光の方向に延びるので形が変わりやすいです。その点、ビンカは使いやすく、この濃い色「タトゥー」は特別きれいです。 [続きを読む]
  • ハカラメと子宝草
  • 沖縄のお土産ということで「ハカラメ」という葉っぱをもらいました。袋に厚みのある葉が2枚ほど入っていました。別名マザーリーフ、灯籠草、セイロンベンケイ。ベンケイソウ科 / リュウキュウベンケイ属(カランコエ属)、熱帯から亜熱帯の植物だそうです。3月のこと、水につけて様子を見ました。3/31 とってもかわいい芽が出てきました。4月 根もどんどん伸びました。そこで、切り離して土やベラボンに植え夏を超しました [続きを読む]
  • 夏越しチャレンジギャザリング
  • 7月上旬に皆さんが植えていたギャザリングたち、その後を含めてごらんください。7/7アンゲロニアを中心に植えたタイプとてもよく育ってます。アンゲロニアやニチニチソウなどをカットして姿を整えてもよかったですね。・・・・・バスケットに唐辛子オニキス、アルスロポディウムなどを入れたタイプ9月グリーンのコントラストがきれいですね。・・・・7/9 白いバスケットに唐辛子オニキスなど夏を越して9月まで、ナイス! [続きを読む]
  • ジャメスブリタニアと夏の花
  • 6/11 ジャメスブリタニアと夏の花でギャザリング7/107/278/68/31八重のカリブラ、八重のペチュニア、ハツユキソウ、ブラキカム、ヘデラなど。ジャメスブリタニアは夏には直射日光で蒸れやすいようですが、残った株は切り戻してまだ咲くようです。濃いピンクがちらちら飛んで楽しめました。夏に強いハツユキソウですが、移植を嫌うそうで、根を崩し過ぎたためでしょうかあまりその魅力を発揮できませんでした。残念。・ [続きを読む]
  • 夏の終わりを告げる花
  • 9月の上旬に咲いていました。クレマチス・ヘンダーソニー。このヘンダーソニーとセンニンソウはほとんど毎年ガの幼虫に襲われて葉がなくなります。クサボタンとボタンヅルには全く来ません。ボタンヅルクサボタンメハジキ。こんなものが〜?そういえば種を振りまいた。ブルービーは来ません。ノブドウノシランセンノウゲオレガノ・ノートンゴールドかな? [続きを読む]
  • ツユクサ
  • 露草、この花の仲間にぴったりの呼び名をだれが考えたのか、と調べてみると染料として突いて染め出した、ツキクサ、からきたとか。朝露のような花だからでもなさそうです。メガネツユクサ。あまりにもかわいいのでいつも秋まで咲いてもらっています。でも、庭としては取り留めもないことになります。白花、斑入りが減ってしまいました。ムラサキゴテン。夏には咲いてくれません。 [続きを読む]
  • リコリス
  • お彼岸を知らせる曼殊沙華。ある日突然のように咲いていてハッとします。この変な色のリコリス、一瞬きれいなような、慣れてくるとパッとしないような花です。クリーム系は今年たくさん咲きました。赤は、しべがきれいですね。曼殊沙華は「忌み嫌う人もいるので、無理に切って飾ることもないでしょう。庭に植えるものでもないと思いますよ」と今日お寺の住職さんに言われました。国華園 夏植え球根 ヒガンバナ (リコリス ラ [続きを読む]
  • 岸和田だんじり祭り9月祭礼
  • 9/16 岸和田だんじり祭祭礼の宮入りと午後の曳行(えいこう)を見学しました。朝7時半ごろ岸和田駅周辺商店街の様子を下見。市役所から岸和田城堀沿いに向かうと、9時からの宮入りコースは席取りが大変な様子でした。このコースは15台のだんじりが宮入りするとのこと。岸城神社とにかく若者が多い。女子はみんな芸術的編み込みスタイル。午後のパレード、広い範囲でたくさんの人、屋台の列、大通りの交通規制を見ましたが、気に入 [続きを読む]
  • ブッダナッツを飾る
  • ブッダナッツという木の実(別名ブッダココナッツ、学名:Pterygota alata 分類:アオギリ科 Pterygota属 原産/分布:インド南西部、ミャンマー、バングラデシュなどの南アジアに自生)を買ったので、実りの季節らしく飾ってみました。自生地の様子をこちらで見ることができます。壁に飾るために細いワイヤーでつなぎました。大きさがわからないかと思いますが、中に入っているマツボックリから想像してみてください。握り [続きを読む]
  • ガーベラのまわるかたち
  • 倉敷支部の研究会でした。研究して行ったにもかかわらず(?)わかっていなかったという結果これはいまいちで、↓のように配置したらましになっていたそうです。徳島の先生、わかりやすかったです。・・・・・先生の参考花、目の保養・・・・・帰って大きい水盤にチャレンジ、写真に撮るとダメなところがよくわかります。がっくりするってことは、そんなはずではないと思い込んでいる傲慢の証、かもしれないと振り返るように。 [続きを読む]