ミセスサニー さん プロフィール

  •  
ミセスサニーさん: サンルーム
ハンドル名ミセスサニー さん
ブログタイトルサンルーム
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sunroom2007
サイト紹介文庭遊び、生け花、ドライフラワーとあおき式プランツギャザリングの紹介を写真にしています。
自由文花束みたいな寄せ植え、プランツギャザリングのレッスンを岡山県で行っています。今までの常識とは違う斬新で魅力的なお花の楽しみ方を皆さんにご紹介したいと思っています。詳細はサンサンガーデンルームをご覧ください。http://ww9.tiki.ne.jp/~sh99/lesson/lesson.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2007/03/30 01:15

ミセスサニー さんのブログ記事

  • リコリス
  • お彼岸を知らせる曼殊沙華。ある日突然のように咲いていてハッとします。この変な色のリコリス、一瞬きれいなような、慣れてくるとパッとしないような花です。クリーム系は今年たくさん咲きました。赤は、しべがきれいですね。曼殊沙華は「忌み嫌う人もいるので、無理に切って飾ることもないでしょう。庭に植えるものでもないと思いますよ」と今日お寺の住職さんに言われました。国華園 夏植え球根 ヒガンバナ (リコリス ラ [続きを読む]
  • 岸和田だんじり祭り9月祭礼
  • 9/16 岸和田だんじり祭祭礼の宮入りと午後の曳行(えいこう)を見学しました。朝7時半ごろ岸和田駅周辺商店街の様子を下見。市役所から岸和田城堀沿いに向かうと、9時からの宮入りコースは席取りが大変な様子でした。このコースは15台のだんじりが宮入りするとのこと。岸城神社とにかく若者が多い。女子はみんな芸術的編み込みスタイル。午後のパレード、広い範囲でたくさんの人、屋台の列、大通りの交通規制を見ましたが、気に入 [続きを読む]
  • ブッダナッツを飾る
  • ブッダナッツという木の実(別名ブッダココナッツ、学名:Pterygota alata 分類:アオギリ科 Pterygota属 原産/分布:インド南西部、ミャンマー、バングラデシュなどの南アジアに自生)を買ったので、実りの季節らしく飾ってみました。自生地の様子をこちらで見ることができます。壁に飾るために細いワイヤーでつなぎました。大きさがわからないかと思いますが、中に入っているマツボックリから想像してみてください。握り [続きを読む]
  • ガーベラのまわるかたち
  • 倉敷支部の研究会でした。研究して行ったにもかかわらず(?)わかっていなかったという結果これはいまいちで、↓のように配置したらましになっていたそうです。徳島の先生、わかりやすかったです。・・・・・先生の参考花、目の保養・・・・・帰って大きい水盤にチャレンジ、写真に撮るとダメなところがよくわかります。がっくりするってことは、そんなはずではないと思い込んでいる傲慢の証、かもしれないと振り返るように。 [続きを読む]
  • アジサイの寄せ植え
  • 4/23 アジサイとフランネルフラワーなどを合わせてギャザリング。ベロニカ、カリブラ、シモツケ、など。・・・・5/30 グリーンのバスケットに少しカリブラ・・・・・7/21 ずっとこんな寄せ植え・・・・8/21 アジサイが咲いてびっくり。バーベナハスタータも開花。白い綱木紋バスケットがあるだけで明るくなる効果ありです。 [続きを読む]
  • 倉敷市玉島を歩く
  • 高梁川の河口にある玉島地区を歩きました。江戸時代に干拓と港町として栄えた街です。鉄道の時代になって高瀬舟の必要がなくなることで縮小しましたが、その名残に当時の活気を見ることができます。今回大阪を襲ったような台風が来たら・・・どうなるのか、水辺の家。水上交通の名残傑作「昭和レトロ」が売り昭和レトロなお店の前に、大きなアーティフィシャル観葉鉢羽黒神社商家、旧家、蔵もたくさん残る街 [続きを読む]
  • 毛糸玉のリース
  • 外は暑いのに、毛糸のリースレッスン。背景によって、作った人によって、千差万別の出来上がり。一部です〜2時間では出来上がらず、ごめんなさい〜・・・・(巻き方にこだわって特別にラメ振りバージョン)・・・・なぜこんな暑い時に毛糸かというと、気候の良いシーズンに花苗を植えたいからです。冬の準備を今のうちに!12月にはビオラでリース植えましょうね!レッスンご案内はこちらから。宮本武蔵 全8冊 吉川英治歴史時代文 [続きを読む]
  • 蒔絵萩
  • 昨年植えた築山御苔に使っていたマキエハギに花が咲きました。細い枝、糸のような花柄、丸い三枚の葉、風に揺れる風情もよく、丈夫。名前はとても優美ですが、雑草的に生えている日本の植物のようです。キタキチョウのたまごはどうなったか・・・な3寸苔玉パキラ寄せ植美濃焼皿付き吉見農園 [続きを読む]
  • キタキチョウの産卵
  • 黄色い蝶が築山御苔の寄せ植えに使っている「蒔絵萩マキエハギ」の周囲を飛び回っていました。極小のハギの新芽に卵を産んでいるようでした。この植物は葉も小さく、枝数も多くありません。答えの分からないいつもの疑問、どうしてこれが食草のマメ科だとわかったの?他にも萩はあるのに、選択ミスではないの??と思いながら眺めました。 [続きを読む]
  • 時には造花
  • お花がなくて困る時、観葉植物もぐったりとする蒸し暑い場所に、アーティフィシャルフラワーは手軽に使えます。ダリヤ、バラ、ヤグルマギクタイプ・・・・・小花が寄り添うタイプ派手派手しい造花は、いかにも造花らしく見えてしまうので、小さく使うのが好みです。プリザーブドフラワー・テクニックブック―ドライとアーティフィシャルを使ったトリニティアレンジメント六耀社 [続きを読む]
  • ヒメダカと水生植物
  • ヒメダカの赤ちゃんをもらいました。ガラスに入れて室内で鑑賞中。メダカが泳いでいると、かわいいです。水替えや移動が簡単なように、この大きさが限度かなと思っています。水草を植えて、ミニアクアリウムにしたいです。水生植物は常緑のナガバオモダカとセキショウ。外の火鉢の蓮鉢には普通のメダカが少しいましたが、ヒメダカも加えました。ジェックス メダカ元気 快適・繁殖ケース Lジェックス [続きを読む]
  • 阿波踊りの徳島
  • 本場の阿波踊りを観たくて徳島まで2時間半。11日の前夜祭と12日の昼の公演を見て、にわか阿波踊りファンになりました。今年は特に、ニュースで総踊りをするしないで取り上げられていますが、こんなにみんなが楽しみにしているお祭りを利用して、誰かが得をしたり損害を出しながら解決できないでいるかと思うと腹立たしい。出演者が気の毒です。・・・・橋の上にも阿波踊り・・・・手軽に登れる眉山ロープウェー・・・・ひょうた [続きを読む]
  • ヒマワリの花奏
  • ヒマワリとニューサイランで花奏(ハナカナデ)を習いました。・・・・鳴門の大塚国際美術館でもらったヒマワリの種が育って見ごろとなり大きめの花や小ぶりな花を使って何回も飾りました。切りたてのヒマワリは暑さにも強く、日持ちしました。花って、自然光でないときれいに写せません、私だけでしょうか。 [続きを読む]
  • ノリウツギを飾る
  • ノリウツギ(アジサイ科アジサイ属)をいただいたので、ヨウシュヤマゴボウといけました。・・・・庭のノリウツギ”ミナヅキ”、今年はたくさん花をつけました。楚々とした雰囲気が好きです。国華園 花木 ノリウツギ ライムライト 1株【※発送が国華園からの場合のみ正規品です】国華園 [続きを読む]
  • 五色ドクダミの寄せ植え
  • カラーリーフとして、ギャザリングに五色ドクダミを使ってみてはという声を受けて、庭植えの五色ドクダミを入れて夏の寄せ植えにしました。5月はドクダミの清楚な花の季節。でも五色ドクダミはカラフルです。グリーンの中にあると引き立って見えます。タケニグサと。・・・・5/29・・・・7/2・・・・7/21 花の後、新枝が伸びるのでカットして短くして形を整えることができます。が、強い光で葉焼けするので、ペチュニア・バ [続きを読む]
  • 夏の寄せ植えギャザリング大鉢
  • 5/15ごろ植えた夏の花鉢です。下の不思議な絞り模様のオリジナル品種ペチュニアが気に入って、入れました。葉も斑入り。春まきのアリッサムも。6/146/247/20 2か月余り。7/22 やはり連日の猛暑で苦しい鉢植えたち。午前中だけの日当たりでもかなり弱ってきています。花だけでなくパイナップルミントやバロータも刈り込んで、お盆明けに復活できるように手入れします。 [続きを読む]
  • 4月に植えたティフォシー
  • 4/23 細いニューサイランを中心に囲むように、カリブラコア(ティフォシー)とユーフォルビアダイヤモンドフロストなどを植えました。このかわいいティフォシーが茂ることを期待していたのですが・・・ほかのグリーンが優勢になって・・・5/207/30 この猛暑に当たってへーべさえ枯れこむ事態です。暑さに強いのはポーテュラカ、斑入りベロニカ・ミフィーブルート、ロニセラ、ワイヤープランツのようで、期待した花が不作でも何 [続きを読む]