hiyori さん プロフィール

  •  
hiyoriさん: ひとりごと日和
ハンドル名hiyori さん
ブログタイトルひとりごと日和
ブログURLhttps://hikarukaze.exblog.jp/
サイト紹介文普通に暮らしていたハズなのに それがとっても難しいコトに気がつきました♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2007/04/03 03:04

hiyori さんのブログ記事

  • うーん
  • セカンドパートナーって…それはあなたがいいとこ取りをしたいということでしょ?100を手放さずに120を手に入れるなんて恋はしたくてするものぢゃない恋には落ちるものたとえ不倫と言われても そっちのほうがなんぼかマシ…ってなんの話でせう(笑いや まぢで [続きを読む]
  • 事の顛末
  • 傍観者として見ていただけだけれど。あなたのことを 同じように評価していてもあなたに直接言わないヒトを ほかにも知っていますなぜ 言ってもらえないのかそこを考えることが 足りないからいつまでも そこにいるしかないのでしょうあなたを思って 直接言ってくれた人たちの想いは届かずそこからみんな 消えていったことには気づいているでしょう?そう... [続きを読む]
  • こでまり
  • 母の大好きだったこでまりの花今年は不自然に咲くのが遅く 満開を心待ちにしていたのに満開を待たずに ほとんどが散ってしまった原因はわからない母にことしは 供えてあげられないのが ただ 哀しい [続きを読む]
  • -
  • 母の大好きだったこでまりの花今年は不自然に咲くのが遅く 満開を心待ちにしていたのに満開を待たずに ほとんどが散ってしまった原因はわからないでも我が家を含む 近隣へ嫌がらせを続けているお隣さんのこでまりと並んでいたジャスミンが きれいに刈りとられていたのは花が散る 前日のことジャスミンは ウチのフェンスを超えてわさわさと絡めて毎年花を咲... [続きを読む]
  • おなじ だなぁ
  • イタイと言われるのは そう そういう理由を 以前 ほかの場所で見たけれど書き方は違っていても おなじだなぁとけっきょくのところ自分の作り上げた世界の お花畑からでたくないのだなぁ とだから 自分の正当性のために 周りを攻撃するのだとまぁ ああして表立ってのほうが まだ 罪は軽いかもしれない [続きを読む]
  • あげあしとり
  • …のつもりはないのだけれど某ブログのコメント欄にあったことば私はこのウォシュレットが苦手なんだけど、もはや日本で普通のトイレは売っていないようですこういうところが日本の怖いところ、、。んなわけあるかいっ! ありもしないことを書いて日本を怖い国にするなっwと突っ込みたいけれど、よそさまのブログのコメント欄にそんなことはしませんwちなみにふつうの便器... [続きを読む]
  • -
  • アスパラを植えて3年目やっと食べられるサイズのアスパラが生えてきました♪細いのは残して 食べごろをばっさり。殺戮?もちろんアスパラ自体は生きていて、残した細い芽が伸びてふっさふさの葉っぱを茂らせて養分を蓄え来年はまた食べごろの芽を出してくれます(笑アスパラ農家のばあちゃんを持つ山田くんが「ばあちゃんの作ったアスパラは美味いうちに食うべし。今日中に全部食べつく... [続きを読む]
  • -
  • 枝からは離れて それでも一緒に咲いて 散る神様がいいというまで…その言葉を 伝えたヒトは それをどんな気持ちで聞いていたのでしょう返事はとても穏やかなものでしたが…もうそろそろ と言われてしまってももっともっと と 願うことがほとんでしょうけれどちょっとしんどいと思うときには神様がいいというまで耐えて 生きていくのも大変です(... [続きを読む]
  • 厩火事
  • 委細省略(笑モロコシぢゃなくてサルだったとしてもそういう「必要」もあるわけでソレに気がついてしまうと 生きているのがくるしくてただ メンドウになるただ それだけ。 [続きを読む]
  • -
  • フキの水煮…のようですが、これはのらぼうの太い茎を煮て皮を剥いたものあまくてやわらかいので 父でもスライスしておかかとお醤油をかけただけでも美味しく食べられますのらぼうはトウの部分を食べるお野菜なので太い茎のところは食べませんし 販売もされませんここを食べられるのは栽培者の特権…なのか、単に貧乏くさいのか、意見は分かれるところですがw... [続きを読む]
  • -
  • 畑は最初の工場農業なんて、不自然な密度で人間に都合のいい動植物を投入する事業だもん。自然破壊だろ。タマコの兄ちゃん、稲田先輩の言葉。そう。農業なんて自然破壊の最先端(笑で、ちょっと畑を放置すると「荒れる」といわれる自然復帰がはじまります。つくしんぼおおいぬのふぐりホトケノザまずはこのあたり... [続きを読む]
  • 虹の向こう
  • いただいたコメントで息子の話が出たので。いろいろあったムスコも地元のスーパーでアルバイトをさせていただいて以来ずいぶんといろいろ成長して…訓練校に1年、就職してこの4月で3年目を迎えます。3日、3月、3年今年は仕事の大きな節目になるでしょう。毎日「仕事したくねー」といいつつ頑張っています。中学に上がってからのあれこれは、ずっと暴... [続きを読む]
  • 俺のとは違うなぁ
  • これはあるドラマでの鑑識課検視官の言葉。おなじ現場に臨場して、証拠を拾い、状況を把握してその事件の真相を推理する。ある程度知識と経験がある検視官同士でも意見の相違が出る。そして異端の意見を主張するこのベテラン検視官の言葉が、いつも正しい。まぁドラマだからみんなが同じ意見でそれが正しかったら、それで終わってしまうので(笑この世のなかのいろんな出来事に対して... [続きを読む]
  • 代弁者
  • わたしではない 誰かのきもちわかるわけがない寄り添うなんて 言葉でいうことはたやすいけれど物言わぬ 木の 植物のきもち だけでなくだれかが 苦しんでいるとかわたしには 感じるの わかるのよと 言う人もいるけれどそれは 痛んでいる人のものではけしてなくそれを受け取ったと仮定しても その痛みはその人のものそ... [続きを読む]
  • 傷つく
  • もし 誰かのブログの記事を読んでその内容が わたしのこころを深く傷つけたとしてかかれた方が わたしをご存知で わたしの書くものを読んでいらしてその内容について書かれたものだと 確信したとしてもわたしが名指しされていなければ いや いたとしてもそれに対する意見はしてもその方のところに「傷つきました」とはコメントしないだろう傷つ... [続きを読む]
  • 昔話
  • 二十歳をちょっと過ぎたころわたしは片翼をなくしたもちろん 若気の至りでそうおもいこんでいただけだけれど好き とか 愛してる とかそういう気持ちを確認する前に もう普通にそばにいて 一緒に呼吸をすることが当たり前のようにただ いつもふたりでいるはずもなく若かったわたしたちはそれぞれに学んだり 仕事をしたりその日は ... [続きを読む]
  • 必要
  • 必要なヒトたとえばいま現在 父やムスコにとって わたしは必要なヒトだ…自分の世話をしてくれるモノとしてただ 同じことそしてくれるのなら わたしでなくてもかまわない父が昔「兄が生きていたら うちのばあさん(母のこと)は 気が強いからうまくいかなかったかもなぁ…むすめのあんたで よかったかもな」と言ったそう 兄がいて 気立ての良い嫁さんがいたとしたらわたしなんか ... [続きを読む]
  • 洗濯バサミ
  • 例のごとく書いていた記事が消えました(T_T)まぁ 読みようによっては悪口のようなものだったので神様が消したのだと思うことにwで なんとなく残念なので写真を一枚わたしもちいさなころ さんざん遊んで作った覚えがありますがムスコも遊んで…いまだにテーブルの上に買ってきたばかりの洗濯ばさみを放置していると何かしら作って飾ってあったりし... [続きを読む]