jamon さん プロフィール

  •  
jamonさん: 毎日がラテン
ハンドル名jamon さん
ブログタイトル毎日がラテン
ブログURLhttp://latename.blog113.fc2.com/
サイト紹介文ラテンアメリカ各国の遺跡、文化、旅行、スペイン語など幅広い情報を紹介します。
自由文陽気なラテンの感覚で毎日を過ごしたいと思っているラテンアメリカ博物館の管理人が、ラテンに関する情報をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2007/04/11 16:28

jamon さんのブログ記事

  • 古代アンデス文明展が10月21日から始まる!
  • 「古代アンデス文明展」が上野の国立科学博物館で10月21日(土)から2018年2月18日(日)まで開催されます。 今回の展覧会は、1994年から国立科学博物館などで開催されてきた「黄金の都 シカン発掘展」、「世界遺産 ナスカ展」、「インカ帝国展」などのTBSアンデス・プロジェクトの決定版ということです。 企画内容は、アンデス地域に人類が到達した先史時代から、16世紀のスペイン人の侵略まで、約1万5000年の間にアンデス地域で花 [続きを読む]
  • メキシコ地震被害のニュース映像
  •  メキシコで起きたマグニチュード7.1の地震(現地時間19日午後1時14分)での死者が230人に達したようです。 現地のニュース映像を見ると、地震の様子がよく分かります。  メキシコでは1985年にもマグニチュード8.0の地震があり、約1万人もの死者を出す大きな被害が生じています。このときの経験から、メキシコでは地震対策に力を入れていたはずですが、今回の地震でも建物の倒壊などで大きな被害を出す結果となりました。 地 [続きを読む]
  • メキシコで日本映画祭りを開催中!
  •    メキシコ全土にシネコンを展開するの大手の「CINEMEX」が日本映画を連続上映する「MATSURI DE CINE JAPONES(日本映画祭り)」を開催しています。 期間は2017年8月25日〜9月21日。上映作品は、AKIRA、銀魂、東京喰種トーキョーグールなど8作品で、毎週の金曜日から日曜日まで週変わりで2作品がメキシコ全土で上映されるようです。 メキシコは映画が好きな国で、良質な映画の上映に力を入れています。例えば、アカデミー賞受 [続きを読む]
  • マチュピチュ、もうガイドなしでは入れない!!
  •   マチュピチュ入場規制のニュース。「もう、ガイドなしでは遺跡を歩けない」と書かれている。 マチュピチュの入場方法が今年の7月から変更になりました。 これまでも、入場者の増大に対する遺跡保護の観点から、様々な制限が設けられてきたのですが、今回の新たな規制は、これまでとは違ってかなり厳しい内容となっています。 新しい規制は、主に二点あります。 一つめは、これまでは朝6時から夕方の5時半までとなっていた [続きを読む]
  • クスコのおすすめレストラン!
  •  世界中から観光客が集まるクスコですから、レストランもバラエティに富んでいます。そんな中から、日本食を中心に私のお気に入りレストランを紹介したいと思います。紹介するレストランの場所は最後の地図を参照してください。うどんが美味い「Mr.Soup」 今回、クスコに到着して初めて行ったのが、「Mr.Soup」という店です。店名通り、日本食ではなくスープの店ですが、ここには「うどん」があるのです。特に、カレーうどんは [続きを読む]
  • 風の谷ヤナワラに滞在する!!
  • ヤナワラの風景合気道場もある広大な別荘地 マチュピチュから帰る途中、オリャンタイタンボの近くにある村ヤナワラをたずねました。ここには、クスコでナオツールという旅行会社をやっている篠田さんご夫婦が所有している広大な別荘地があるのです。 オリャンタイタンボ駅まで迎えのタクシーに来てもらい、20分ほどで大自然に囲まれた家に到着。篠田さんご夫婦の娘さんのライミさんに出迎えてもらいました。 すぐに別荘の中を [続きを読む]
  • マチュピチュの峰に登る!
  • マチュピチュ峰って何? マチュピチュ遺跡はシーズンオフでも大勢の観光客が押し寄せます。このため、一応、入場制限を設けているようですが、よほどのことがない限り入れないことはないようです。 ただ、入場料はどんどん高くなっていて、2017年時点では遺跡の入場料が一般成人で5000円ちょっと、ワイナピチュなどに登るには別途1600円ほどが必要になります。 私は、インカ道のトレッキングに参加できなかったため、別の山登 [続きを読む]
  • マチュピチュに列車で行く!
  • マチュピチュ・トレッキングツアーを断念 3年ぶりのクスコです。 今回はトレッキングでマチュピチュに行くつもりしたが、シーズンオフでもあり1泊ツアーの参加者が集まらず、断念しました。トレッキングツアーは3泊4日のツアーの方に人気があり、1カ月以上前に予約しないと参加できないほどと聞きました。もう少し若ければ当然3泊4日を選択したのですが、残念です。 ただ、今年は天候が不順で、例年ですと4月になればほとんど [続きを読む]
  • アンデス豪華バスツアーの旅 プーノ〜クスコ
  • アンデス高地を走る超豪華列車 プーノからクスコの間は、これまでアンデアン・エクスプローラーという豪華列車が運行されていましたが、2017年5月から新たにアレキパ〜プーノ〜クスコをつなぐ新しいアンデアン・エクスプローラーの運行が始まりました。 移動だけだったこれまでの列車と異なり、途中、ラクチ遺跡やチチカカ湖などの見学も含めたのが特徴です。車両にはベッド付き個室やサロン、スパなどがあり、例えばクスコ〜プ [続きを読む]
  • 神秘の遺跡シルスタニへ!
  • プーノ近郊にあるシルスタニ遺跡コパカバーナからプーノへ  次の目的地ペルーのプーノに向けて出発です。バスは朝9時発。天気は、またも雨。 出発して約30分でペルーとの国境に到着。まず、ボリビア側のコントロールで出国スタンプをもらい、雨の中、徒歩でペルー側のコントロールに向かいます。バスの中でもらったツーリストカードに必要事項を記入しておいたのですが、抜けていた所があったため、ペルーの係官から「テーブル [続きを読む]
  • インカの聖地「太陽の島」へ行く!
  • 太陽の島から見た月の島雨の中、太陽の島ツアーに出発 太陽の島は、インカの初代皇帝マンコ・カパックとその妹のママ・オクリョが降臨したという伝説がある人気の観光地となっています。コパカバーナで泊まったホテル・ミラドールの近くにある桟橋からツアー船が出ており、フロントでツアーのチケットを買うことができます。料金は30ボリビアーノ(450円くらい)です。  ツアー出発の朝は雨でした。目を覚ました時、 [続きを読む]
  • インカ神話の地、コパカバーナへ
  •   ラパスからコパカバーナへバスで移動 ラパスからチチカカ湖畔の有名な巡礼地であるコパカバーナに行くバスは中央バスターミナルから出ています。しかし、私はホテルに近いセメンテリオ(墓地)にある安いバス会社を選びました。出発時間は、平日と週末で異なるのですが、朝は6時から30分おきに出ています。価格は20ボリビアーノ(約300円)でした。 8時半発のバスに乗り込むと、乗客は10数人で、かなり空いていました。 [続きを読む]
  • ボリビア・長距離バスの旅
  • 長距離バスで移動する・・・スクレ〜コチャバンバ〜ラパス スクレからボリビア第3の都市コチャバンバに向かうことにしました。長距離バスで8〜9時間かかるため、夜行便を利用します。 スクレのバスターミナルは街の中心部から市内循環バスで15分ほどのところにあります。2階建てのかなり古い建物ですが、主要都市間の長距離バスを運行するバス会社がたくさん入っています。中に入ると、バス会社の係員が乗客を確保しようとして声 [続きを読む]
  • ボリビアで最も美しい町スクレ
  • 白い街と呼ばれるスクレの中心部  ポトシの富で栄えた街  鉱山都市ポトシからボリビアの憲法上の首都であるスクレに向かいます。 タクシーでポトシの新バスターミナルに行くと、入り口にいたおばさんに「スクレ、すぐに出るよ!」と言われました。運賃は20ボリビアーノ(330円くらい)。安いです。約4時間でスクレに到着しました。 スクレもポトシと同じようにポトシ銀山が産み出す富によって建設された街です。異 [続きを読む]
  • ポトシで地獄の鉱山ツアーに行く!
  •  銀で栄えた植民都市ポトシ  ウユニを後にして、ポトシに向かいます。 ポトシは1545年に巨大銀山が発見されて以来、銀山から生み出される莫大な富による都市化がすすめられ、一時は人口20万に達する中南米一の大都市となったのです。しかし、19世紀になると銀の産出量が減少したことで多くの人がこの地を去り、20世紀後半にはすっかり忘れられた街となっていました。しかし、銀山からはいまだに少量の銀やスズなど [続きを読む]
  • ボリビア高地の旅へ
  • 標高4000mの高地を走る ウユニ塩湖を見た後、私たちのランクルは南西に向けて走り続けました。 標高4000m弱の大平原の中を未舗装の一本道が延々と続き、時々、野生のビクーニャの群れが草を食んでいるのを見ることができます。 ビクーニャの毛は非常に細く柔らかいため、これを使った織物などはアルパカ以上に高級とされているのです。ただ、リャマやアルパカなどと異なり人に慣れないため、飼育は困難だそうです。以前 [続きを読む]
  • ウユニ塩湖に行く!
  •  ラパスからウユニへの移動は飛行機で決まり!  ラパスからウユニに行くには、主にバスと列車の乗り継ぎ、長距離バス、飛行機の3通りの方法があります。 列車でウユニに行く方法は景色が楽しめる面白いと思いますが、時間がかかる上に乗り換えなど面倒です。ラパスからウユニ行きの夜行バスも値段が高いクラスを選べばそれなりに快適ですが、途中の道が悪いため振動でかなり疲れると聞きました。 飛行機 [続きを読む]
  • ティワナク遺跡に行く!
  • 古代遺跡に向けて出発! ラパスの近くには、アンデス文明史の中で非常に重要な位置づけがされているティワナク遺跡があります。3月は雨季の最後の時期で、毎日のように雨が降っていますが、朝の晴れ間を見て思い切って出かけてみることにしました。  ティワナク行きのコンビ(乗り合いミニバン)は前回紹介したセメンテリオ(墓地)の近くから出発します。朝9時ころ行ってみると、道路に止めたバンの中に5人ほどの若 [続きを読む]
  • ラパスの街歩き その2
  • ラパスのロープウェイ「テレフェリコ 赤路線」  ラパスのロープウェイを楽しもう! ラパスの街歩きで是非利用したいのが、テレフェリコと呼ばれるロープウェイです。2014年に2.4kmに及ぶ最初の路線が開通したのを皮切りに、現在では4路線、合計14.7?が完成。将来的には、さらに7つの路線を開通させる計画だそうです。 現在の路線のうち2路線はラパス市内と空港があるエル・アルトを結んでおり、標高4000mに達する世界一高い [続きを読む]
  • ラパスの街歩き その1
  • ムリリョ広場の休日。後方右がカテドラル、左が大統領官邸 ラパスは古い時代の中南米の風情が今も残る面白い町です。せっかくラパスに行ったのなら、ここでしか味わえない街の雰囲気や独特の庶民生活を見てみないともったいないです。 見所としては、大きく分けて2つあります。一つは、街の中心であり観光の中心でもあるムリリョ広場周辺と観光客が集まるサガルナガ通り周辺。もう一つは、サガルナガ通りの上の方に広がっている [続きを読む]
  • ボリビアの首都ラパスに到着
  • ボリビアの首都ラパスをエル・アルトから見た風景 2017年3月14日 今年はボリビアを中心に約1カ月にわたる旅行を計画しました。 最初に向かったのはボリビアの首都ラパスです。 今回はユナイテッド航空を使ったため、米国のヒューストンとペルーのリマで乗り継ぎ、合計約30時間かかりました。 特にリマでの乗り換えは、夜中の待ち時間が6時間以上もあり、ラパスに着いたときには疲れのピーク。空港ですぐ感じたのは息苦しさで [続きを読む]
  • ローグワンとマヤ遺跡
  •  映画スターウォーズの最新作「ローグワン」を見に行ってきました。  この映画は、1977年に公開されたスターウォーズの第一作である「エピソード4/新たなる希望」の前に起きた出来事を描いています。私がこの第一作を見たのは1981年のことです。当時、中米旅行から帰ったばかりで、映画の中に半年前に行ったグアテマラのティカル遺跡が出てきたのには驚きました。 このころ、ティカルはまだ知る人も少なかったのですが、スター [続きを読む]
  • 高野潤氏の思い出。
  • 2006年に開かれた写真展のポスター。 アンデスの写真家として知られる高野潤氏が亡くなったという知らせが来ました。 高野氏は1972年からペルー、ボリビアを中心としたアンデスの写真を撮り続け、数多くの写真集や著作を出版しています。中南米関連の世界では、アンデスの写真家と言えば、高野氏というほど、他の追随を許さない経験と知名度があった方です。 私は1983年にボリビアのラパスで氏とお会いし、一緒に酒を飲んだもの [続きを読む]
  • 9月16日はメキシコの独立記念日
  • 明日、 9月16日はメキシコの独立記念日です。 その前夜となる15日の夜は、メキシコ人の多くが楽しみにしているイベント「グリート」が全国各地で行われます。「グリート」あるいは「グリート・デ・ドローレス」と呼ばれるのは、独立の指導者であったイダルゴ神父が1810年9月16日の朝にグアナファト州のドローレスという町で行った演説(グリート=叫び)のことです。  故事に照らせば、9月16日の朝に行われるはずの「グリート」 [続きを読む]
  • 第1回Vive Méxicoフェスティバル 開催!?
  •  メキシコのアートや映画、コンサートなどが楽しめる「第1回Vive Méxicoフェスティバル」が東京のセルバンテス文化センター(東京都千代田区)で、9月12日(月)から開催されます。 主催は、1996年に設立された「ナデーシダ」という国際文化集団。メキシコ文化を通してメキシコから世界への架け橋となることを目的にした活動をしているということです。 具体的なプログラムは次のようになっています。 9月12日(月)19:00〜 オー [続きを読む]