ナオミ6200 さん プロフィール

  •  
ナオミ6200さん: 悪女系社長のおシゴト日記
ハンドル名ナオミ6200 さん
ブログタイトル悪女系社長のおシゴト日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/naoceo/
サイト紹介文悪いオンナは仕事ができる!銀座のホステスから経営者になったワタシのお仕事日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2007/04/19 16:22

ナオミ6200 さんのブログ記事

  • ロート製薬さんとタイアップ!汗とコミュニケーション
  • 急に暖かくなりましたね。今年も汗をかきやすい季節になりました。 調査によると、自分のニオイを気にするあまり、人と距離をとる(46.2%)、下を向いて話す(25.5%)などの行動をとってしまう人がいるそうです。(調査はAll Aboutとロート製薬が共同で行った調査 ワキガの自覚があある20代〜40代女性を対象 有効回答数3645名)  人と距離をとるのも、下を向いて話すのも、コミュニケーションを阻害する要因ですが、ニオイ [続きを読む]
  • お悩み相談のお仕事!57歳既婚だけど恋したい
  • ForMという媒体で、お悩み相談のお仕事をしています。今回のお悩みは、57歳既婚だけれど、まだまだ女性と出会って仲良くしたいという男性からのお悩み。 異常なんかじゃないし、いいと思います。が、あからさまなのはカッコよくはないかも。 というわけで、お悩みにバッサリ斬り込みつつも意中の女性となんとかなってしまうかも知れないテクニックを伝授しちゃいました。 → お悩みの全文がこちらで読めます いくつに [続きを読む]
  • テレビのお仕事!タレントさんにプレゼン指導
  • 週末は事務所のロケ、そして週明けはスタジオで収録でした。タレントさんに、プレゼンの指導をするお仕事です。 ポイントを具体例を出しながら解説。一緒に構成を考え、反復練習。なぜそこが大事で、なぜそこがNGなのか。背景を説明し、また練習。 けいとくん、よく頑張りましたね!!オンエアーが楽しみです。 プレゼンは早稲田大学のオープンカレッジをはじめ、様々なところで教えてきました。 構成では納得してもらえる論理 [続きを読む]
  • 叱る指導のデメリットについて
  • 部下や子育てのときにやりがちな、叱る指導。おそらく皆さんも叱られながら教わった経験はあると思いますし、叱って教えたこともあると思います。 確かに叱ることは、行動改善に効果があると言えます。しかし、そのデメリットは思っている以上に大きいかも知れません。 叱る指導のデメリット、叱られる側の自衛策、叱る以外の行動改善を促す方法について執筆しました。(掲載媒体:「Citrus」) ↓     ↓      [続きを読む]
  • 雑誌の取材で集英社へ
  • メンズノンノの取材で、集英社へ行ってきました。 先月お邪魔した講談社も凄かったけれど、集英社のビルもすごかったー。 雑誌の取材は、カメラマンさんとライターさんが事務所に来てくださる形が多いのですが、以前お世話になった編集さんにご挨拶に行きたいとか、出版社の空気を吸いたいという理由もあり、こちらから出版社さんにでかけての取材も大好きです(^^ 取材のときに気をつけていることは、簡潔な言葉で結論から [続きを読む]
  • 目標達成をサポートする話し方
  • Sankei Biz で連載中の「藤田尚弓の最強の話し方」。今月は、新年度ということで部下に目標を達成させる話し方について解説しました。 目標の立て方は達成度に影響する?→ざっくり2タイプあって、達成しやすいほうに変えるとよい効果が期待できます。 どんなタイプなのか具体例は本文で読めます 目標は自分で決めさせるべき?→そんなことはありません。大事なのは誰が決めるかよりもコミットメント。詳しくは本文で解説し [続きを読む]
  • 何かを諦めることも必要だと痛感しています
  • どうしても研究したいことがあり、昨年から先生の指導のもとに取り組みはじめたのですが……研究史をまとめるところで時間がかかっています(涙 先行研究が少ないというか、角度が違うものをまとめていいものか迷うとか、もっと広く周りの文献を読んでみたいとか、年度末で十分な時間がとれないとか、月末は締め切りが多かったとか。 言い訳は山ほどありますね(^^; できない理由に負けずに突き進める情熱が、一番大事。こう [続きを読む]
  • 仕事の引き継ぎのポイント
  • リクルートさんの媒体で、仕事の引き継ぎのポイントについて解説しました。 自分がわかっていることを、それをわかっていない人に説明するのは想像以上に難しいものです。 一般的に行われる「やっているところを見せながら説明する」という形式は、実は落とし穴がたくさん。どんな点に注意すればよいのか、3つのポイントを解説しました。 → 全文はこちらで読めます 新しく入ってきた人に仕事を覚えてもらうときなどにも応 [続きを読む]
  • 資生堂さんとタイアップ!第一印象について解説しました
  • 春は異動などで新しい出会いが増える時期ですね。 みなさんは自分の第一印象に自信があるでしょうか。 私たちは限られた情報に引っ張られ、あっという間に「こんな人だ」という印象を形成してしまいます。しかも、一度つくられた印象は修正されにくく、むしろ増幅するということが報告されています。 「はじめまして!」でつまずきたくない皆さんの参考になれば嬉しいです。 → 全文はこちらで読めます ちなみに顔パーツ [続きを読む]
  • 執筆のお仕事
  • 4月は異動などで新しい出会いも増える季節ですよね。ビジネスシーンで愛されるためのコミュニケーションについて執筆しましたのでよろしかったら参考になさってください。 職場や取引先に愛されるための「明日から使える」コミュニケーション術5選 1、安心感を与えるコミュニケーション術2、期待どおりの仕事をするためのコミュニケーション術3、催促で不快にさせないためのコミュニケーション術4、効果的に譲るコミュニケ [続きを読む]
  • コラム連載!産経BIZ「藤田尚弓の最強の話し方」
  • 産経BIZで連載中の「藤田尚弓の最強の話し方」今月は「ここが違う、初対面で好かれる人、嫌われる人の話し方」を書きました。 出会いのシーズン。初対面でなぜか好かれる人と嫌われる人の違い、人間関係を促進するための話し方について書きました。 雑談で仲良くなれるというのは幻想。話してみて、ちょっと合わないなと感じることもよくありますよね。 どんなときに、そう感じてしまううのか。人間関係を構築する初期段階で [続きを読む]
  • 広報大賞ありがとうございます!
  • 先日、JA広報大賞の表彰式に参加してきました。華やかな表彰式に参加することができて嬉しかったです(>▽<) 僭越ながらホームページ部門の審査員をつとめさせていただきました。 判定基準の作成や、定性的な部分も含めた徹底した数値化は大変でしたが、公正な審査ができてよかった! 一連の作業ではウチの社員たちもかなり勉強になった模様。今後に活かせるよう更に精進します。 大役を終え、ホッとしています。受賞された [続きを読む]
  • 年間120時間を捻出する方法
  • やりたくないならOKですが、やりたいのに「時間がない」という理由で諦めていることってありませんか? 私はあります。時間がないという言い訳をして「いつかやりたい」ままにしていること。一つや二つじゃないです(笑 例えば、1日20分の時間を捻出するとします。現実的ですが、ほんの細切れ時間のように感じる長さです。 でも、1週間続ければ2時間20分。1ヶ月なら10時間。1年で、なんと120時間! なかなかのことができる時間だ [続きを読む]
  • 東大へ!学会のコロキウムに参加しました
  • 学会のコロキウムで東大に行ってきました。 社会神経科学からの正直さの研究、大変興味深かったです。 正直さに関しては、コミュニケーション研究の調査整理をする中で、嘘という切り口からコミュニケーション方略の一つとしてまとめたことがあります。神経科学や倫理学からのアプローチは私にとって刺激的で大変勉強になりました。阿部先生、鈴木先生、貴重な機会をありがとうございました。 東大と言えばやっぱりコレ!という [続きを読む]
  • キャディさんにコミュニケーション研修
  • ゴルフ場で、キャディさんたちにコミュニケーション研修をしてきました。サブテーマは「働きやすくなるひとこと」 キャディさんたちはお客様に気持ちよく過ごしてもらえるよう気配りをしながら頑張るわけですが、やはり人間ですからミスしてしまうこともあります。マナー違反や危険な行為を見つけた場合、注意しなければならないこともあります。 怒ってしまった人に対してどう対処すればいいのか。注意をしなければならないと [続きを読む]
  • 富裕層向けコミュニケーション研修
  • 今年最初の企業研修は、不動産関係の企業で富裕層向けのコミュニケーション研修からスタート! 印象形成のメカニズムや距離を縮める話し方、相手タイプ別話し方など、富裕層のお客様との関係構築に特化したコミュニケーション研修を行いました。 関係者の皆様、熱心に受講してくださった参加者の皆様、ありがとうございました。 休み明けの多忙な一週間を駆け抜け、今日は事務所で研修の振り返りを行いました。企業研修では、 [続きを読む]
  • 先延ばしをしやすい意外な5つの特徴とは?
  • 2018年新たな気持ちで目標を立てている人も多いことでしょう。でも、こういった目標も「なかなか取り掛かれない」「つい先延ばしにしてしまう」ということがありますよね。 怠け者と分類される人たちだけでなく、しっかり者だと分類される人たちにも先延ばし傾向は見られます。今日は、先延ばしをしやすい意外な5つの特徴をご紹介しましょう。 ■ 先延ばしをしやすい意外な5つの特徴 1、完全主義傾向がある2、仕事だけでな [続きを読む]
  • 2018年も宜しくお願いします!
  • ブログを見てくださっている皆様。あけましておめでとうございます。 皆さんは、どんなお正月を過ごしたでしょうか。私は昨年末に体調を崩したこともあり、自宅でゆっくり身体を休めていました。 簡単なおせちを作りました。 ワインが好きなので、伊達巻にクリームチーズを入れて作ったり、黒豆をラム酒で似てみたり。微妙にワインに寄せたおせちです。 伊達巻はフードプロセッサーを使うと簡単に作れます。美味しかったので [続きを読む]
  • ハレルヤに関する考察!みんなとは具体的に何人か
  • 今年もサントリーホールにメサイアを聞きに行ってきました。 メサイアと言うと、ピンと来ない人もハレルヤならご存知ですよね。乱暴に説明すると、あのハレルヤを少しおとなしめな讃美歌風にした曲が、延々3時間ほど続くのがメサイアだと思ってOKかと。 荘厳な雰囲気の中、贅沢なお昼寝タイムに入る方も多いです。個人的にはクリスマスに聴くのにピッタリだと思い、数年前から毎年出かけています。 毎年メサイアを聴くときに [続きを読む]
  • 歯科医師さん、歯科のスタッフさん向けの研修
  • 先日、歯科医院スタディグループの皆さんに呼んでいただき埼玉に行ってきました。 「また来たくなるコミュニケーション」というテーマをいただきましたので、印象形成や好感度のメカニズムをゲームで学んでいただき、その後、声掛けの具体例などをご紹介してきました。 医療過誤裁判とコミュニケーション量の相関が指摘されているように、患者さんとのコミュニケーションは非常に重要です。しかしながら、どこかが痛い、辛いとい [続きを読む]
  • 交渉研修
  • 交渉研修でした。銀行系コンサルティング会社様のお仕事。参加された皆様、関係者の皆様、ありがとうございました。 何度リピートいただいているかわかりませんが、内容は、アンケートなどを参考にしながら毎回変えています。前回の研修では「易しい」と回答した方が複数いたので、今回は少しだけ高度な内容も盛り込んでみました。 研修のプログラム変更では、基本的な構造は変えるというより体験してもらうゲームやケースス [続きを読む]
  • 攻撃行動の半数以上は言語による攻撃
  • テレビドラマ「ブラック・リベンジ」連動のお仕事で、女の復讐についての記事を書きました。 → 記事はこちらで読めます アンガーマネジメントがブームになっています。怒りは身近な感情ですよね。どのくらい身近かというと。 約8割の人が一週間に一度以上体験する感情で、怒りを感じた人の92%が何らかの攻撃行動を動機づけられます。(大渕・小倉,1984) では実際にどんな攻撃を行うのでしょうか。 怒り体験によって [続きを読む]
  • テレビのお仕事!5時に夢中
  • テレビ「5時にに夢中」のお仕事。今回は自己紹介の解説と指導で呼んでいただきました。 好きな番組に呼んでいただけるのは、とても嬉しいです。関係者の皆様、ありがとうございました! 自己紹介の基本と、合コン編、ママ友会編の自己紹介のポイントを解説いたしました。学術的な話もご紹介したくなるのですが、テレビでは、易しい言葉でわかりやすく解説することが求められるので迷いながら丁度よい伝え方を模索しています。そ [続きを読む]
  • テレビのお仕事!実演販売についてコメントしました
  • 日テレ「スッキリ」のお仕事。実演販売士さんの会話テクを拝見し、感想をコメントしました。 私は例によって見逃してしまいましたが、友達が「見たよ!」と写真を送ってくれました。ありがたいです。 今回の実演販売士さんの会話テクで興味深かったのは、お客様の足を止めるトークでした。 どういうコミュニケーションを積み重ねていけば、購買という行動に行きつくか。 順を追って考えていくと、 1、接触する2、注意をひく3 [続きを読む]
  • 山形で講演!上司と部下のコミュニケーション
  • 山形に出張でした。 新幹線では、録画しておいてもらった世界ソムリエコンクールを見ました。全力を尽くして、自分の仕事を究めようとしている人たちの姿は大変刺激になりました。 ふと、窓に目をやると、雪景色。遠くに来たのだなという実感がわいてきました。 今回呼んでいただいたのは、かみのやま温泉というところ。全酪連の皆様、ありがとうございました! 今回のテーマは上司と部下のコミュニケーション。ゲームやクイ [続きを読む]