ナオミ6200 さん プロフィール

  •  
ナオミ6200さん: 悪女系社長のおシゴト日記
ハンドル名ナオミ6200 さん
ブログタイトル悪女系社長のおシゴト日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/naoceo/
サイト紹介文悪いオンナは仕事ができる!銀座のホステスから経営者になったワタシのお仕事日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2007/04/19 16:22

ナオミ6200 さんのブログ記事

  • バナナマン日村さんにドキドキさせられた話
  • バナナマン日村さんが話題になっています。16年前の交際だそうですが、個人的にドキドキさせられました。 なぜか。 理由は番組内(バナナスクール)で、謝罪の仕方、謝罪会見を指導させてもらったことがあるから! 別の番組(Rの法則)で謝罪を指導させてもらった山口さんにあんなことがあったので、「私に指導された人は本当に謝罪しなければならなくなるのか?!」とドキドキしてしまいました…… 渦中にいる方、この件で辛い気 [続きを読む]
  • 基調講演を日本橋で
  • 様々な企業の女性が集まる研修会で、基調講演という大役を仰せつかりました。講演を依頼されるようになって10年以上になりますが、基調講演はたぶん初めて。 他の先生の代打で呼んでいただいたので、余計に緊張しました。 盛り上げてくださった受講者の皆さま、事務局の皆様、他の先生方、ありがとうございました。 女性ばかり50人集まると、会場の熱気がなんだか甘い感じ。弊社の男性マネージャーが「クラクラした」と嬉し [続きを読む]
  • 漂砂の塔:最近読んで面白かった本
  • 最近読んだ本の中で、ダントツに面白かったのは「漂砂の塔」。楽しみにしていた大沢在昌さんの新作です。 「漂砂の塔」 大沢在昌 読み応えがあるのに、グイグイと引っ張られて一気読み。先生すごいなー、集英社さんありがとう!!! 主人公が巻き込まれていく様も、北方領土という未知の世界を覗く楽しさも、深まる謎も、ページをめくらせる原動力が凄いです。 「本に2000円を出すのは高い」という人もいるけれど2000円で大人が [続きを読む]
  • 早稲田大学オープンカレッジ
  • 早稲田大学エクステンションセンター公開講座に登壇しています。 早稲田校、中野校を経て、現在は八丁堀校で交渉の講座を担当しています。八丁堀校の特徴は、参加者が全員社会人だということ。 なので、1回目の頭には交渉テクを絡めた講師紹介、2回目以降の頭には前回の振り返りなどを入れ多少遅刻しても大丈夫な構成にしています。 事例も極力ビジネスシーンで活かせるものを多く使っています。 私は普段、コミュニケーション [続きを読む]
  • 学会の大会に参加しています
  • 2日間の研究会の後は、学会の大会に参加。今回は少し長い、大阪滞在となりました。 今年の会場は追手門学院大学。確か数年前に、消費者行動に関する研究会で来たことがあったかと。帰りの交通機関がなく、タクシーを呼ぶのが大変だった思い出がよみがえり、バスの時間チェックとタクシー会社の番号をしっかりメモして臨みました。 今回の大会では、大学までの道が混むと脅され(笑)昨日は朝9時からの発表を聴くために、大阪のホ [続きを読む]
  • 合同研究会!関西学院大学
  • コミュニケーション関連の研究会に出席するために、週末から大阪に来ています。 会場は関西学院大学。悪質タックルの謝罪の際、読み間違えた人のことを「ダメですよね」なんて言っていたくせに私もつい「かんさい」と言ってしまいました。正しくは「かんせい」です…… 今回は院生リーグ、研究会、学会の大会などが大阪で重なっていまして。月末の繁忙期ですが、どうしても参加したくやって来ました。 時間だったり、交通費だっ [続きを読む]
  • 雑誌のお仕事!謝罪について解説しました
  • 雑誌 nonno で企画監修のお仕事をさせていただきました。 謝り方についての企画です。若いときに読んでいた雑誌、ご縁がとても嬉しいです。 トラブルのときというのは、相手が怒っていることもありますし責任受容をうやむやにしたまま「謝ったつもり」になってしまうことも多いです。 謝りたいという気持ちがあっても、うまくいかないということが起こりやすいシーンと言えるでしょう。 人間関係の維持や回復の一助になれば幸い [続きを読む]
  • ドタキャンをされないための方法
  • ドタキャンを繰り返す人の心理と防止策について、コラムを書きました。 ドタキャンをしてしまうときって、する側だって心苦しい。相手に悪いなといった負債感はもちろん、ひどいヤツだと思われたらどうしようといった不安だってあるはず。だから、なるべくドタキャンのないよう気をつけると思うのですが。 世の中には悪気なくドタキャンを繰り返せる人もいます。 ドタキャンの理由には、大きくわけて「どうしようもない理由」 [続きを読む]
  • 銀座で講演
  • 企業研修は秘密保持に関わる部分もあり、どの企業で研修してきました!とは言いにくいのですが、公にされている講演などについてはブログでも書いています。 先日、銀座で講演をしてきました。テーマは接客のときのコミュニケーション。体験型90分の講演でした。 呼んでくださったのは、銀座のバーテンダー協会さま。私は銀座のBARをまわるのが大好きなので、酔った姿を見たことがある人も多いのではないかとドキドキしまし [続きを読む]
  • 雑誌の企画監修のお仕事
  • なかなかブログを更新できなかった7月も、お仕事はいつもどおり頑張っていました。例えば、雑誌の企画監修。ご縁をいただけて嬉しかったです。 企画監修のお仕事は、企画に関する専門性はもちろん大事なのですが読者の皆様にとって身近に感じてもらえる具体例や、わかりやすい言い回しでの解説が大切です。誌面に限りがあるので、ポイントを絞り、かつ読み物としても興味を持ってもらえるというのが大前提です。 普段やっている、 [続きを読む]
  • 監修のお仕事!カネボウ様ビューティーコラム
  •  先日、監修する機会をいただきましたサイトが公開されています。 → こちらで読めます コミュニケーション、印象形成の切り口からアドバイスしています。アラフォー女性の皆さんに、参考にしていただけたら幸いです。読み物的な要素が強いお仕事でしたので、夜の銀座で教わった、ちょっとユニークな教えも紹介しています。 その教えとは…… 「男は鼻毛、女は白髪に気をつけろ」というもの。 イラストレータ-さん、素敵なイ [続きを読む]
  • 部下への指示「チェックテスト」と「7つのポイント」
  • 産経BIZで連載中の「藤田尚弓の最強の話し方」。今月は部下への指示の出し方をテーマに解説しています。 こちらのブログでは部下への「指示力チェックテスト」と「伝わりやすい指示7つのポイント」を紹介しておきます。 【 指示力チェックテスト 】 □ わからないことは自分で調べてやれるタイプだ□ 能力が低いと感じる部下が3人以上思い浮かぶ□ そのくらいは自分で考えてやってほしいと思うことがある□ 途中経過の [続きを読む]
  • あなたの身近にも?!サイコパスの見分け方
  • 皆さんは、思いもよらぬ人から驚くような仕打ちをされた経験がありますか?残念ですが、世の中には良心が欠如していたり、人の気持ちを思いやれない人もいます。 サイコパスという言葉が一般の人にも知られるようになってずいぶん経ちました。でも、サイコパスが実際にどんな人のことを指すのかも理解が曖昧で見分け方に至っては、情報がないと感じます。 そんな中、お世話になっているCitrsu編集部から、サイコパスに関す [続きを読む]
  • 多数派と少数派の意見をまとめるには
  • 少数派の意見を見逃すと知らないうちに、職場やコミュニティに不満がたまってしまうのは皆さんご存知だと思います。でも自分が少数派だと感じると、私はついつい多数派に同調してしまいがちです。 こんなときは、どうすればいいのでしょうか。私は意識してあるフレーズを使うようにしています。 それは「念のため他の意見も聞いてみたいのですが」というもの。反対意見を主張するのではなく、リクエストに応じて話すという形にする [続きを読む]
  • おじさんでもFBだと無邪気な投稿ができる理由
  • 巷ではFBで「空港にいる俺!」をアピールする、エアポートおじさんが話題になっています。 個人的には好意的に見ていますが、「うざい」「何のアピール?!」と反感を持つ若い女性も多いのだとか。 対面コミュニケーションとは違い、SNSでのコミュニケーションの場合、公的自覚状態が低くなる、身体的魅力の不安が低減するなど、おっさんでも無邪気な投稿ができてしまう要因がありますね。対面コミュニケーションに比べ、文脈 [続きを読む]
  • 講演の打ち合わせ
  • 今日は講演の打ち合わせ。主宰団体の方と、どんな構成にするかの刷り合わせをしました。 講演依頼では、ざっくりとした方向だけでお願いされるケースもあれば対面であれこれとリクエストをきいて準備するケースもあります。個人的には後者が好きです。 今回、声をかけてくださったのはバーテンダー協会銀座支部の方々。BARに寄るのが大好きな私にとって、とても光栄のオファーです。関係者の皆様、ありがとうございます。 [続きを読む]
  • メディアコミュニケーション
  • 英語の勉強を兼ねて、海外のニュースを見ることが多いのですが、同じ事柄でも、日本での報道のされ方と海外での報道のされ方がずいぶんと違うことに気づくことがあります。 「あれ、鳥インフルエンザがこう報道されている」とか「原発のその後は海外ではこう見られているのか」など。 大統領選のときに、たまたまアメリカにいたのですが、「日本では報道されないけれど、こんなことになっちゃってるんだ!」と驚きました。 [続きを読む]
  • 大阪で講演
  • 週末は大阪で講演でした。 関係者の皆様、そして参加してくださった皆様、ありがとうございました。 立派なパンフレットを作ってくださっていたので、記念にもらってきました。ありがとうございます! 講演は日程さえ合えば、全国どこへでもお邪魔しています。→ 詳しくはこちら 大阪は講演だけでなく、学会の勉強会やテレビのお仕事などなにかと出かける機会が多いです。 大阪に行くと必ず買ってしまのは、551蓬莱。肉 [続きを読む]
  • 新連載がスタート
  • 子育てマガジン「COU LEUR」にて、新しい連載がスタートしました。タイトルは、お付き合いカタログ。 お母さん同士のお付き合いのヒントになるようなコミュニケーションテクニックを紹介していくコーナーです。 日常のちょっとした「どうしよう?!」を解決できるようなヒントを易しい言葉で、わかりやすく伝えていきたいと思っています。 いい記事が書けるよう、精進します!担当編集さん、イラストレーターさん、そ [続きを読む]
  • 取材でした
  • 今日はダイヤモンドオンラインさんの取材でした。取材に来てくれたライターさんたちが美人で、テンションあがりました! ちょっと肌寒かったので冬のジャケットを出したら……キツくてボタンが締まりませんでした。 息をとめてボタンをしめてみた! 笑わなければあまり目立たないけど、頬のお肉が史上最高についてます。 もう容姿が気にならない年齢になりましたがやっぱり太り過ぎは身体に悪いし、スーツを買い直すのも面倒で [続きを読む]
  • ロート製薬さんとタイアップ!汗とコミュニケーション
  • 急に暖かくなりましたね。今年も汗をかきやすい季節になりました。 調査によると、自分のニオイを気にするあまり、人と距離をとる(46.2%)、下を向いて話す(25.5%)などの行動をとってしまう人がいるそうです。(調査はAll Aboutとロート製薬が共同で行った調査 ワキガの自覚があある20代〜40代女性を対象 有効回答数3645名)  人と距離をとるのも、下を向いて話すのも、コミュニケーションを阻害する要因ですが、ニオイ [続きを読む]
  • お悩み相談のお仕事!57歳既婚だけど恋したい
  • ForMという媒体で、お悩み相談のお仕事をしています。今回のお悩みは、57歳既婚だけれど、まだまだ女性と出会って仲良くしたいという男性からのお悩み。 異常なんかじゃないし、いいと思います。が、あからさまなのはカッコよくはないかも。 というわけで、お悩みにバッサリ斬り込みつつも意中の女性となんとかなってしまうかも知れないテクニックを伝授しちゃいました。 → お悩みの全文がこちらで読めます いくつに [続きを読む]
  • テレビのお仕事!タレントさんにプレゼン指導
  • 週末は事務所のロケ、そして週明けはスタジオで収録でした。タレントさんに、プレゼンの指導をするお仕事です。 ポイントを具体例を出しながら解説。一緒に構成を考え、反復練習。なぜそこが大事で、なぜそこがNGなのか。背景を説明し、また練習。 けいとくん、よく頑張りましたね!!オンエアーが楽しみです。 プレゼンは早稲田大学のオープンカレッジをはじめ、様々なところで教えてきました。 構成では納得してもらえる論理 [続きを読む]
  • 叱る指導のデメリットについて
  • 部下や子育てのときにやりがちな、叱る指導。おそらく皆さんも叱られながら教わった経験はあると思いますし、叱って教えたこともあると思います。 確かに叱ることは、行動改善に効果があると言えます。しかし、そのデメリットは思っている以上に大きいかも知れません。 叱る指導のデメリット、叱られる側の自衛策、叱る以外の行動改善を促す方法について執筆しました。(掲載媒体:「Citrus」) ↓     ↓      [続きを読む]
  • 雑誌の取材で集英社へ
  • メンズノンノの取材で、集英社へ行ってきました。 先月お邪魔した講談社も凄かったけれど、集英社のビルもすごかったー。 雑誌の取材は、カメラマンさんとライターさんが事務所に来てくださる形が多いのですが、以前お世話になった編集さんにご挨拶に行きたいとか、出版社の空気を吸いたいという理由もあり、こちらから出版社さんにでかけての取材も大好きです(^^ 取材のときに気をつけていることは、簡潔な言葉で結論から [続きを読む]