とっちゃん さん プロフィール

  •  
とっちゃんさん: 初心者のブログ+αα
ハンドル名とっちゃん さん
ブログタイトル初心者のブログ+αα
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tottyann39y/
サイト紹介文パソコン教室のインストラクタとして体験学習のために始めたブログ。 今では日課となり、5年目に突入。
自由文毎日、行き来できるブロ友が欲しい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供533回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2007/04/21 10:40

とっちゃん さんのブログ記事

  • 「拉致問題は解決済み」だとさ
  • 6月16日(土)厚い雲が広がる朝なので朝焼けは期待できなかった東ではなく北の方向が少し赤みを帯びた程度だった生駒山上に電波塔が林立しているが・・・・・・大阪TVの電波塔は大阪側の斜面に立っているとかで我が奈良県では視聴することができないのは不満今日の定点撮影神の山「三輪山」の水鏡ケリが けたたましく鳴いていたアオサギは 音も無く降り立ったブロ友さんを想い出した無題合歓の花今日のネジバナ帰り際遠くの山 [続きを読む]
  • ブロ友さんとのコラボ企画「6.17は何の日?」
  • ブロ友さんとのコラボ企画6月17日は何の日★ 父の日 ★父の日は、父に感謝を表す日。アメリカのドット夫人が『母の日』にならって、父親に感謝するために白いバラを贈ったのが始まり。1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッドが、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている当時すでに母の日が始まって [続きを読む]
  • 雨上がりに買い物へ
  • 6月15日(金)前夜からの雨は朝方まで降り続いていた雨雲レーダーをチェックすると午後2時半ごろには雨が止むことになっているそのタイミングを計ってペットショップに出かけることにした雨上がりの頃の定点撮影ところが小さな残り雨が降ってきたので神社の木の下で雨宿り池に居たのはカモが一羽と陸に上がったカメさんだけだったペットショップへの道筋で睡蓮の蕾があったペットショップでの買い物は「グッピーのペア」(¥200) [続きを読む]
  • 乱撮り
  • 6月14日(木)目が覚めてはいるが床を蹴る気にならずもたもたしているといつの間にか4時半になってしまっていたこれでは朝焼けが観られないかもしれない諦めずに急いで出かける準備をした辛うじてささやかな朝焼けに間に合ったようだ少し時が経ったとき雲は大空で踊ってた西の「定点撮影」にも朝焼けのおすそ分けがあった雲の姿はますます変化して行く太陽が昇った水田の水鏡大空のフジヤマ雲の指先が躍る後姿でごめんね小さな公園 [続きを読む]
  • 閃かない
  • 6月13日(水)雨は落ちてこないけれど景色はグレー私の心もグレーでも日課のポタリング10?は続けなきゃぁ〜と出かけた今日の定点撮影東の空に朝焼けは無かった代わりに西の空に赤みを帯びた眺めがあった南の眺めはぼんやりしている西に向かって進んだ若竹はスクスク伸びる立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花芍薬は立った見るのが一番美しく、牡丹は座って見るのが一番美しく、百合は歩きながら見るのが一番美しいという説芍 [続きを読む]
  • 期待外れ
  • 6月12日(火)雨上がりの夜明け前の道が黄金色に輝いていた水田の水鏡今日の定点撮影の眺めは冴えない朝焼けはお粗末だった額縁の中の二上山雲海遠望水田の水鏡バイパス道路下に咲くオニアザミ今日のネジバナ公園の大蛇明け方の多神社雨に濡れた銅板葺の屋根は美しい----------------------------------------------------日本一周バーチャルウオーキング3周目今日和歌山県 串本を通過------------------------------------------------ [続きを読む]
  • 奇跡は起きない?
  • 6月11日(月)台風5号が紀伊半島のはるか沖合いを通過しているせいか台風の外側のどす黒い雲が北西に向かって流れていた麦畑の狭間の水田が異様に見える西方の「金剛・葛城連山」に被る雲は 動かなかった小さな池は朱色の水藻が見え隠れしている秦楽寺に立ち寄ってみたが 何も得られるものはなかった風があるために水鏡は曇ってた一時間経過したころ青空がのぞいた今日のネジバナ今日の定点撮影救急車が住宅地に入ってきた大事 [続きを読む]
  • 夜明けの虹
  • 6月10日(日)台風5号がはるか南の海上を進んでいるお天気は芳しくないだろうと考えたが取りあえずポタリングに出かけた南の空はどんより角を曲がる頃東の空に朝焼けが見えたので見通しの良い所まで急いだ取りあえずのワンショットツ-ショット目は場所を選んだふと振り返り見ると嬉しや 「虹」が見えた!数秒後に消えてなくなってしまった虹は数年に一度程度しか出合えなかったので何と嬉しいこと明後日の米朝会談が良い結果を [続きを読む]
  • 水鏡
  • 6月9日(土)昨夜は雷鳴がとどろきいくつかの雨雲が通過した今朝も雨だとばかり思っていたらそうではなかった日の出時刻から遅れること十数分漸く 見晴らしの良い場所に立つと雲の向こうから太陽が顔を出したMFを周回する気味悪い「あばら骨」の様な雲が浮かんでた今日の「定点撮影」「象の後姿」のような雲が浮かんでた水田の水鏡神の山「三輪山」にかすかなビームが降臨畝傍山を借景とする池アオサギの水鏡今日のネジバナ夕刻 [続きを読む]
  • 日の出が一時間遅かった
  • 6月8日(金)日の出時刻でも このような眺めでしかなかった日頃は見かけなかった蛙水田に水が入ると どこからか姿を現したそこに カラスが現れた暫く経っても 太陽の姿はない今日の「定点撮影」は こんなもの神の山「三輪山」にビームが射す太陽が雲間から ちらりと姿を現したのは1時間後だった今日のネジバナ朝食の時刻になったので帰宅・・・ [続きを読む]
  • 雲海?
  • 6月7日(木)前日は終日の雨だった今朝は早朝ポタリングに出かけた瞬間目の前に雲海が広がった少しでも上から眺めてみたい!そう思って跨線橋に登った180度パノラマ撮影トリミング二上山はほんのひとときだけ姿を現した今日の定点撮影帰る頃には再び雲が山を覆い尽くしていた雲海が観られたのは幸いだったということ公園でネジバナが少し伸びていた黄色いカラーの花は初めて観たカワセミは?・・・って声も姿も無かった・・・ [続きを読む]
  • 暇な日の戯言「IQ」
  • 梅雨入りしたようでポタリングには出かけられなかったのでふと思いつきIQ(知能指数)について調べてみることにした知能指数(ちのうしすう、Intelligence Quotient, IQ)とは数字であらわした知能検査の結果の表示方式のひとつである。数値が高いほど知能が高く、低いほど知能が低いことをあらわす。20世紀初頭ごろに開発されたもの。上図では「145」が最大値あれっ?私は149だったが測定当時に「150以上だったら天 [続きを読む]
  • 早朝ポタリング2日目
  • 6月5日(火)早朝ポタリングに移行して2日目今朝は前日よりも少し早目に出かけることが出来たリヤーガラスにささやかな朝焼けが見えた見晴らしの良い場所に到着朝焼け雲が清々しかったタイムプラス動画で撮ってみたイマイチだった・・・すじ雲なのか うろこ雲なのか?残月が正中にあった定点撮影場所の眺めMFを周回する花菖蒲が咲いていた少し足を延ばしてみたがこんなのしか撮れなかったカワセミの2番子の巣穴を探している [続きを読む]
  • 間もなく入梅
  • 6月4日(月)今日から「早朝ポタリング」に移行した朝明け空には「宵月」が正中にあった久しぶりに観る朝焼けの眺めに心が弾んだ折しも太陽は日の出の時刻だったその頃の「定点撮影」は赤みを帯びていたMFの1周目桜の木に見慣れぬ虫が侍ってた朝露が輝いていたがうまく撮れなかった空にはうろこ雲が現れたすでに太陽は姿全体を現していた木洩れ日を撮ってみるMFを一周した頃月は南西に移動していた2周目では公園に立ち寄った [続きを読む]
  • 年忌法要
  • 6月3日(日)実母の27回忌の日だった我が一族では長男が墓守をすることとなっている但し長男はすでに他界しているので長兄の息子が後継ぎとなっている私は8人兄弟姉妹の末っ子その中でこの世に存命しているのは2人の姉のみ父親は75歳程度で死去母親は90歳で死去今日はその母親の27回忌だった計算してみると母親は私が52歳頃に死去したことになるまだ現役だったので告別式には会社から大勢の人が参列してくださった和 [続きを読む]
  • 無題
  • 6月2日(土)定点撮影は青空が一杯だったもうすぐ麦刈りが始まる頃川辺は小スズメの遊び場所カモさんの「パシュート」池面のデザイン流れ込み いろいろカメさんの平均台紫陽花が一杯小さな花が一杯南天の実キュウリはすくすくと伸びているキュウリの赤ちゃんカワセミの 声はすれども 姿は見えず嗚呼・・・ [続きを読む]
  • 5月のお気に入り画像
  • 5月のお気に入り画像①雉も鳴かずば撮られまいに<5月1日>②大空で囀るヒバリ<5月7日>★③裏庭の首長龍<5月8日>★④オオデマリのウインク<5月8日>⑤カワセミの出前<5月11日>★⑥すじ雲のパノラマ<5月13日>⑦巣穴掘削中<なぜか3月25日>⑧巣立った幼鳥への給餌<5月25日>⑨キュウリの蔓(巻きヒゲ)の目<5月29日>This is a fake picture★⑩実録:カワセミの巣穴観察の全て<5月22日>画像をク [続きを読む]
  • カワセミ2番子の巣穴を探している
  • 6月1日(金)定点撮影は 水辺に降りて撮影した水鏡に映る雲に感激して180度パノラマでも撮影したこの日も池のコンクリートブロック部分にカワセミが現れた運よく ♂も現れて求愛給餌シーンが観られた給餌後に「どんなもんだい」と胸を張るのが♂の所作池には 結構な大鯉が顔をのぞかせていた目下はカワセミの2番子用の巣穴を探している♂が飛び去った方向を追従してみるが巣穴は見つからないこの穴は まだ小さいあやしいが [続きを読む]
  • カワセミは2番子の準備を始めた?
  • 5月31日(木)山麓を雲が這う朝紫陽花が整列歪な形だけれど 何だか可愛い・・・川辺に咲く花麦畑の「緑一点」川ではなく池の方角でカワセミの鳴き声がした目をこらすと池のブロック堤防上に居たこの池ではあまり見かけなかったのにぃ〜何度もダイブするが獲物は得られず・・・とその時「チ〜」『チェッ チェ;ッ』と鳴き交わし始めた川の方から♂が現れたのだったそして この有様2番子の準備か!?巣穴は何処だろう?I will com [続きを読む]
  • トランプ大統領の署名
  • トランプ大統領の言動は何となく奇異に見えるとくに「署名」時のペンの動きが『上下運動』にしか見えないあれで、文字が書けているのだろうか?そこでWebから画像を拝借してみた書き上げた署名では何と書いてあるかはわからないしかし本人が描いたものであることは識別できるのだろうそこで他の機会に書かれたものもチェックしてみた微妙にもしくは大幅に違っているが何となく本人が書いてあることの様には思える筆跡鑑定は筆跡に [続きを読む]
  • 平々凡々
  • 5月29日(火)無風で水面は鏡のように鎮まっていたが うす雲が邪魔して残念だった麦畑は見事な色合いになってきたツバメの幼鳥たちが給餌を待つ姿親鳥が給餌に来たが この角度では残念・・・どぎつい色の向日葵なぜか 岡田茉莉子を思い出す花何故なのかは忘れたが・・・シロツメグサ    幼年              青年            成人四股名「勢」のお相撲さんを連想「萩」って秋の花ではなかったっけ?カ [続きを読む]
  • This is Fake News ?
  • 5月28日(月)晴れなのか 曇りなのか わからない空模様だった田植えに備えて配水準備のために堰堤で川の水を堰き止める時期になった川は増水し眺めは変わったカメさんも石垣をよじ登らなくても済むカモは狂ったように水の中で転げまわるその代償としてカワセミは獲物を見つけにくくなり活動場所が変化するさわさりながらどこかで餌を見つけてくるのはさすがしかも子育てを終えたペアが再び集合している感があるもしかして2番子の [続きを読む]
  • 蔓植物の巻きひげ
  • 5月27日(日)青空は見えるが 山は霞んで見えるザクロの花が開いていた秦楽寺の池に何がしかの出合いを求めて立ち寄ったらトウカエデが色づいていたイトトンボの番いを見つけたコシアキトンボも居た自宅の庭でキュウリの蔓の面白さを眺めたグリーンカーテン用のネットを張ったらネットの存在を感じて蔓を伸ばしてくる距離は20センチ程度あるのに目でもあるかのごとく手(蔓)を伸ばしてくる目が無いはずなので特殊なセンサーでも付 [続きを読む]
  • パンク修理の翌日
  • 5月26日(土)天気図では「晴れ」のはずがどこかの国からPM2.5入りの黄砂が送られてきているのだろうか空は全面的に霞んでいた巣立ちから一週間が経過したカワセミの幼鳥は縄張りへの配置が終わたのだろうか一羽だけがほぼ同じ場所に居た他の幼鳥の姿は無いが探すことはしないモンシロチョウがあちこちで舞っていた神々しい「王冠」を冠った花額アジサイの花が開き始めた栗の花江戸末期の官軍の将校の「被りもの」を連想する被り [続きを読む]
  • 自転車のパンク修理
  • 5月25日(金)うす雲が広がっていた雲の腕が伸びた指も伸びた何かが起りそうな予感がした白っポイ花にモンシロチョウは似合わないその頃自転車のタイヤの回転音が一回転ごとにシャッ・シャッと擦れるような音が気になった自転車を降りてどこかに接触していないかをチェック先日後部ブレーキの握りが深くなっていたのでワイヤーを引き締めたらブレーキ音がガサガサ音になった当りどころが変化したので時が来れば馴染むだろうと思っ [続きを読む]