あつこさん さん プロフィール

  •  
あつこさんさん: あつこさん的生活
ハンドル名あつこさん さん
ブログタイトルあつこさん的生活
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/atsuko6741/
サイト紹介文神戸在住、猫2匹。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2007/04/21 18:30

あつこさん さんのブログ記事

  • 人違い
  • ある日、母ヒデコさんが言った。『そういえば、前にブログでシイタケの軸がどうのとかいう話、書いてたでしょ?』『うん』『コメントのところに“ひでこ”さんってあったけど、アレお母さんじゃないからね。』『え?!』母ヒデコよ・・・そういうことはもっと早く言おう。☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 《 ピンポイント連絡 》『たぶん、プンクマインチャのキーワード検索から [続きを読む]
  • Z愛 再び
  • さて『豚の皮』を買ってきた。口に出したらすぐにやりたくなった。今度から、先延ばしにしていることは口に出してみよう。今回は『たまひも』の時みたいにウロウロと気長に探す気は無かったから、地元の専門店にがっつり電話予約を入れた。前から親切だなぁと思っていたお肉屋さんは、電話でもやっぱり親切・丁寧で、明日にはもう準備してくれるって言うから、早速500グラムをお願いした。『100グラム、50円なんですが・・ [続きを読む]
  • 感謝
  • もうずっと元気を与えられすぎている動画                                          [続きを読む]
  • Z愛 〜調理編〜
  • えっまだ続くの、臓物話。と思った人。続くんだよ・・・心に残ったことは書き残したいんだよ。本当は心に残った素敵な紳士との運命的な出逢いとか、許されざる愛の日々、切なくも美しい別れとかについて書き残したいけど、仕方がないよね、そっち寄りの生活してないんだから。帰宅して、ミモザの花の下から念願の『たまひも』を取り出すと、1塊でもズッシリ重かった。1パックに2塊。2パック買ったから4塊。目の前に広げると『 [続きを読む]
  • Z愛
  • 『内臓』と『臓物』だと、『臓物』の方が美味しそうな気がする。『モツ』でもいいけど、『臓物』の方が上級者感がある。『はらわた』は、いまいちイメージがよくない。青春ド真ん中の頃に流行ったスプラッター映画『死霊のはらわた』のせいかもしれない。なんなの、死霊のはらわたって。死霊なのにはらわた持ちってどういう設定。雰囲気で邦題つけたやつ誰・・・当時からそう思ってたけど、観たことないのに今でもこれだけ覚えてる [続きを読む]
  • 気持ち
  • パンの耳の硬さが一部の人に人気がないのは知ってたけど、これまでその『嫌い』を本気に捉えてなかったっていうか、小さなことだとしか思っていなかったから、パンの耳を実際に残すって言い切ってる大人を目撃して、結構驚いた。だとすると、パンの真ん中の柔らかさが好きだって言ってる人の『好き』も、もしかするとあつこさんがこれまでに想像してきた好きの何倍も強い好きなのかもしれない。こういう認識の差って、結構あるのか [続きを読む]
  • 遡る女
  • 前回の日曜日。『おいトーチャン。今日は防災の日じゃ。』『そうだっけ?』『いや、東北の地震があった日でしょ?』『ああ、そうか。』『という訳で、今日は非常時に備えて、我が家の周辺の水源を調べたいと思う。』『いいねえ。』南海トラフ地震が起きる可能性は、30年以内に80%。九州か北海道あたりでカルデラ噴火が起こる可能性は100年で1%。カルデラ噴火のほうは、日本のどこに居たって死ぬしかない気がするから、現 [続きを読む]
  • 美味しもの
  • なんせ毎回、量が少ない。それに、大きく広がっている部分のほうが圧倒的にメジャーすぎる。そんな小さなアヤツ達が何十、何百とビニール袋に詰まってこっちを見上げてるのと目が合った。100円。ウソだろ。あの一派を調理する時は、まず電子レンジの力を借りる。やりすぎはよくない。ちょっと汗をかくくらいが丁度いい。アヤツ達も同じ調理法で良かろう・・・フライパンに多めのサラダ油をひいて、チンしたのを投入、片面に焼き [続きを読む]
  • 登る女
  • オリンピック、終わったねぇ世界中のアスリートの皆さん、ワクワクをありがとう。毎度ニワカのテレビ観戦組で申し訳ないんだけど、楽しませて頂いた。あつこさん的には、これまたベタだけど、怪我から復帰した羽生選手の活躍に一番元気をもらった。前回の金メダルの時はブラジルにいて、向こうでもNHKは観れたけど、どういう取り決めなのか、スポーツの映像だけは100%静止画に切り替わるシステムだったから、毎度イイ所で音だ [続きを読む]
  • 花と肉
  • ベランダに花の苗を植えた。何年振りだろう。花は心に余裕がないと植えられない。その通りの流れで植えることもあるし、そうでないから頑張って植えることもあるけど、一旦植えてしまえば、育っていく苗は必ず元気をくれる。ありがたや。買ってきた鶏肉の一部が内出血してることがある。もしかしたらこの鶏は、最期に多めに痛かったかもしれないって考えたりする。家畜はプロの手順によって最小限の苦しみで命を終えてると思いたい [続きを読む]
  • 『俺さ、昔は嫌いだったけど、最近好きになった言葉があって。』『何?』『ベストを尽くす』『あるねぇ、そういうの。二周三周まわって分かってくるやつ。』『そうなんだよ。若い頃はありふれた表現としか思わなかった言葉の奥深さに、この年齢になってあらためて気付くっていうかさ。』『実感を伴ってね。』『そうそう。』中年夫婦の会話は穏やかだった。入学試験は1人で行かせたのに、合格発表は家族そろって見に行った。今どき [続きを読む]
  • 帰還した男
  • 試験の日、日暮れ前になって帰ってきたリュウノスケ。さすがに疲れた顔で『長かった・・・』って言った。面接に随分時間がかかったらしかった。『僕の順番、真ん中くらいだったと思うけど3時間待たされたよ。まだ、やってる子、居るんじゃないかな・・・ていうかお母さん、あのメモさ?!お世話係でついてくれてたサッカー部のキャプテンの横で開けちゃったよ!』『おお、母の愛のメモ。』『面接室の前でメモのこと思い出してさ・ [続きを読む]
  • 出撃する男
  • 受験の日の朝は、5時45分起き。オーブンで熱々のカリカリに焼き直したタイヤキと甘いミロで軽めの朝食を済ませたリュウノスケは、緊張してるからなのか、朝早いからなのか、思春期で不愛想だからなのか、とにかく黙々と準備してた。『下着、あったかいの、ちゃんと着た?』『着た。』『上もヒートテック着てる?』『着てるよ。うるさいなぁ。』夫サトルちゃんは、あえてなのか単に眠かったのか、起きて来なかった。熱いお茶と、お [続きを読む]
  • 孤独な者
  • 『世界一孤独な鳥、死す』っていうネットニュースを見た。ニュージーランドのある島で、模型のコロニーに交じって一羽だけで暮らしてたシロカツオドリのナイジェルが、自分のパートナー(コンクリート製)の横で老衰で亡くなってたってニュースだった。『お母さん、何読んでるの?』いやいやいや、切ないんだよ、読んでみて、この記事。『 “模型に恋したナイジェル”・・・   えっ? この鳥、模型が仲間やと思ってたん? か [続きを読む]
  • 備え
  • 心が弱っている時には何かにつけてスキが出来るから、弱っている自覚のある時ほど自分の頭で物事を考える努力をしなきゃいけないと思うけど、そういうことは心が健康なうちから習慣付けておかなきゃ実践できない気がする。同じような理屈で、老い散らかさない人も、若い内から若さに甘えなかった人なのかなって、どっちも意識してみようとしてる46歳の2月。                                  [続きを読む]
  • 愛の形
  • 分かりやすく愛されたい人は、犬を飼いましょう。                                          [続きを読む]
  • 不兼好さん
  • 『あひる』ってタイトルの小説を読んだ。いまいちだった・・・・ザワザワと不安な気持ちにさせられる話は嫌いだ。すぐ図書館へ返しに行こう。年が明けて1月14日。母ヒデコさんの誕生日だ(おめでとう)。折角の日なのに何もできなかったばかりか、心配をかけた一件についてはお詫びしたい(ごめんね)。父タツオさんにも同件についてはお詫びしたい(ごめんね)。また気を取り直して明日から頑張ろう。愛息リュウノスケは今、静 [続きを読む]
  • How to fly
  • カブトムシとカナブンは似たような背中をしてるけど、カナブンの方がずっと高性能な飛び方をすることを知った。どちらも硬い羽の下に飛行用の薄い羽を収納してるんだけど、カブトムシが、硬いのと薄いの両方を開いて飛ぶのに対して、カナブンは、空気抵抗になる硬い羽は畳んだまま、スキマから薄い羽だけを伸ばして飛ぶんだそう。カナブン、賢いッ                                        [続きを読む]
  • サトル and ナッツ
  • クリスマス前に3度目の帰国を果たした夫サトルちゃんのオーストラリア土産は、さすがにネタ切れ感が否めなかった。『お土産は食べ物でなければならぬ』っていうヒキニク家の鉄の掟は死守してくれたものの、現地の品は『ハチミツ』ぐらいで、他は『インドの米』・『イタリアのドライトマトペースト』・『香港のカップヌードル』等々、単に現地の行きつけのスーパーのお気に入りアイテムじゃねーか!って内容になってた。そして正月 [続きを読む]
  • 君の名は
  • 他人の名前を間違うのは失礼だと思ってるけど、自分が間違われるぶんにはどうってこともないから、その場は間違えられたままでいたり、不都合がなければそれきりにしておいたりもする。そういえば、母ヒデコさんの姉のムツコおばちゃんも、長年あつこさんの名前を間違ってた。さすがに姪っ子の名前自体を間違うことはなかったけど、ある年の年賀状から、あつこのあつの字を『メジャーなほうのあつ』で出してくるようになって、いつ [続きを読む]
  • 新年だよ
  • そう、新年だよ。あっという間に年が明けたんだよ、まったくもう。昨日から帰省で名古屋の予定だったけど、体調崩して置いていかれたよ。おかゆを食べて、独りで年越し。猫と一緒に祝った。考えてみれば、ひとりで年を越したのは生まれて初めてだった。有難いことだ。毎年誰かが居てくれたってことなんだから。これからはいろんなパターンに慣れておくことも必要だろう。どんな未来の波にも乗っていける人間であらねば。サトルちゃ [続きを読む]
  • 師走だよ
  • そう、師走だよ。あっという間に師走なんだよ。全くもう。明日から名古屋に帰省だよ。といっても一泊二日だけども。今年は短い。リュウノスケさん、受験生だからね。2017年のあつこさんは冴えなかった。何してたか分からん1年だった。2018年はそうはいくか。絶対いい年にするぞ。ウォー!!みなさんよいお年を。元気に新年を迎えてね!(クロさん、ハナクソつけてる。相変わらずアホたんだなぁ・・・)          [続きを読む]
  • 品質
  • 少し前に100均で買った、ステンレス製の洗濯バサミの使い心地がグーだった。余程厳しい環境におかない限り、プラスチック製の洗濯バサミだって簡単には劣化しないんだから、ステンレス製なんかヘタすりゃ一生モノになったりして・・・恐るべし、日本の100均。いつもの流れになるけれど、ブラジルの洗濯バサミは本当に非力だった。バサミなのに全然バサめなかった。何もバサんでいないのに先が開いてたり、バサむことのすべて [続きを読む]